怜「秋といえば睡眠の秋や!」

京太郎「そうですね。確かに涼しくなって寝やすくなりますね」

怜「ちゅー訳できょうたろー。枕貸してーや」

京太郎「いや、枕なんて持ち歩いてませんよ。部室にも枕なんてありませんし」

怜「あほ、しっかりええもん持ってるやん」

京太郎「え?」

怜「ほな失礼しますー」

京太郎「ちょ、ちょっと怜先輩!?な、なにを…」

怜「なにって、膝枕や!」ドヤァ

京太郎「そんなドヤ顔されても…」

怜「ほぅ…、いつも竜華の膝枕だったけどきょうたろーも私が見込んだとおりええもんやなぁ」

京太郎「いやいやいや。部室でまずいですって!他の人たち来ちゃいますから!」

怜「なんや、きょうたろーはいやなん?」

京太郎「嫌とかそういうんじゃなくって、部室でこういうことしてたら起こられますって!」

怜「春は春眠、夏は惰眠、秋はまどろみ、冬は冬眠。がうちのモットーやから…」

京太郎「一年中寝てばっかりじゃないですか…」

怜「……もし竜華達が来たら見せつければええやん」ボソ

京太郎「え?今なんていいました?」

怜「…バカ。ほな、おやすみ~」ギュッ

京太郎「ちょっ…怜先輩!?」


その後部室に来た竜華に叩き起こされました。

カンッ!