『灼の尊敬の対象が晴絵から京太郎になってたら』

灼「キョウちゃんのあんな姿は見たくなかった、私の知ってるキョウちゃんはハンドボールを一生懸命してる姿だったのに」

玄「え? 京太郎くんなら中学でハンドボールを再開したよ。確か福岡のエバー何とかってチームにスカウトされたって」

灼「それ本当!?」

玄「う、うん。でも京太郎くんはおもち探究が忙しいからって断ったみたい」

灼「やっぱり私の好きなキョウちゃんじゃない……」

玄「だ、大丈夫だよ! 灼ちゃんの胸も成長の余地は……あるのかな?」

灼「うわーん!」

玄「あ、灼ちゃん、麻雀部に……」

灼「帰って! もう知らない!」

玄「そ、そんな~!?」

鷺森灼、勧誘失敗。