• 旅館にて-

玄「おねーちゃん!誕生日おめでとうなのです!」

灼「おめでた…」

憧「宥姉おめでと」

穏乃「おめでとうございます!」

宥「みんな…ありがとう」

玄「私からはこれをプレゼントするのです!この全国女子雀士おもち大全を…(バシッ!)アイタッ!」

憧「もう!なんていうものをプレゼントしてんのよ玄!」

玄「じょ、冗談だよ…後でちゃんと渡すから」

憧「ったく…はい、私からはこれ」

灼「…ん」

穏乃「これが私からです!」

宥「わあ嬉しい…!あったかい…!」

憧「にしても京太郎は何やってんのよ…宥姉の誕生日会を今夜やるって言ってたのに」

玄「…」

憧「もしかして来ないつもりなの?」

灼「私は何も聞いてな…」

穏乃「どうしても来れない用事があるのかな?」

玄「…」

玄(まだかなあ京太郎君)

憧「とりあえずパーティー始めましょ」

灼「ん」



穏乃「楽しかったあ!でも結局京太郎来なかったなあ…」

憧「ったく連絡ぐらい寄越しなさいよ…」

灼「もう日付も変わ…」

宥「まあいいんだよ。京太郎君にだって都合ってものがあるんだろうし」

玄「お、お姉ちゃん…じ、実は…」

宥「じゃあ今日はもう遅いし私は寝るね!みんな今日はありがとう」

宥「おやすみなさい」

バタン

憧「穏乃…?気付いた?」

穏乃「うん。宥さん凄く悲しそうな顔してたね…」

灼「やっぱり京太郎に会いたかったんだとおも…」

憧「ところでさっき玄は何を言おうとしてたの…?」

玄「実は京太郎君はね…」

玄「お姉ちゃんのためにずっと…」

ガラッ

京太郎「遅くなりました!」

灼「ん、京太郎がきた…」

憧「京太郎あんた何やってんのよ!来るのが遅いわよ!」

憧「もうパーティー終わっちゃったのよ!?」

玄「京太郎君…来てくれて良かった」

穏乃「京太郎!宥さんのところにいってあげて!」

穏乃「今からでもいいから!早く!」

京太郎「わ、わかった」

京太郎「玄さん、いきましょう!」

玄「はいなのです!」



宥(なんて言ったけど)

宥(やっぱり好きな人から誕生日を祝われたかったなあ…)

宥「…寒い。もう8月も終わるもんね」

宥「はやくあったかくして寝よう…」

京太郎&玄「「ちょっと待った!」」

宥「!」

宥「び、びっくりしたあ…って京太郎君!?」

京太郎「遅くなってすいません宥さん!誕生日おめでとうございます!」

京太郎「これ編んでたら遅くなっちゃって…本当はもっと余裕を持って作るべきだったんですけど…」

玄「私がデザインしたマフラーなのです!京太郎君と協力しておねーちゃんにマフラーをプレゼントしたくて!」

京太郎「こんな時間になってすいません…」

宥「」ポロッ

宥「う、嬉しい…すごく嬉しいよ玄ちゃん…!京太郎君…!」

宥「もう日付は変わっちゃったけど」

宥「本当に最高の誕生日になったよ…」ポロポロ

玄(おねーちゃん…)

玄「よかったね京太郎君…おねーちゃんすごく嬉しそう…」

京太郎「ええ。よかったです」

宥「あのね京太郎君にお礼がしたいんだけど、いいかな?」

京太郎「いやいや!誕生日プレゼントなんですから、お礼はいらないですよ!」

宥「いいから…ね?」

京太郎「は、はいわかりました。」

宥「ん…」チュッ

京太郎「!」

玄「!!!」

宥(凄くあったかい…大好きだよ京太郎君)

京太郎「ゆ、宥さん…」

宥「えへへどうかな…?いいお礼だったと思うんだけど…」

京太郎(と、とんでもないもの貰っちまった…)

玄「きょ、京太郎君!私も京太郎君にこれをあげるのです!」

京太郎「え、俺じゃなく宥さんに…」

京太郎「って!こっこれは!全国女子雀士おもち大全ですと…!?」

玄「う、嬉しいかな?」ウルウル

京太郎「いや…その…正直とても嬉しいです」

宥「ちょっと玄ちゃん!」

宥「京太郎君…?私のキスよりも嬉しいの?」

京太郎「いやいや!そんなことは!」

玄「キスなら私もしてあげるのです!んっ…」チュッ

京太郎「」

宥「玄ちゃん…それは宣戦布告とみていいのかなあ?」

玄「いくらおねーちゃんにでも、渡せないものがあるのです!」

宥「京太郎君…おもち大全もいいけど…私のおもちだったら自由にしていいよ…?」

玄「それは私もなのです!」

京太郎(なんだこれは天国か)

ガラララッ

京太郎&玄&宥「「「!?」」」

憧「あ、あんたたち何やって…!ふきゅ…」バタンッ!

穏乃「憧が倒れた!」

灼「いくら誕生日だからって抜け駆けはダメだと思…」

晴絵「そうそう。許されないよ」

京太郎&玄&宥&穏乃&灼「「「「「!?」」」」」

カンッ