やえ「今日は京太郎とのデート。ちなみに、私がデートプランを考えてきた。ふふっ魅せてやる、王者のデート術を!さて、寝るとするか…」

────。

やえ「はぁはぁ…ごめん、待ったか…?」

京太郎「いや、あの…はい」

─前日昂ぶり過ぎて一時間の遅刻─

────。

やえ「え、今日は休業なのか…あ、ここも、ここもか…」

京太郎「じゃ、じゃあ、あそこに行きましょう!」

─休業日を鑑みなかった凡ミス─

────。

やえ「あ…パスタが服に…」

京太郎「すいませーん、おしぼり頂けますか?」

─慣れない洋食屋での失敗─

────。

やえ「ぐすっ、今日は本当にすまない…」

京太郎「いえいえ、楽しかったですよ」

やえ「わざわざ立てなくても良い…私の調査不足、技量不足だった…」

京太郎「新しい先輩の一面を見れて俺、本当に楽しかったです。いつも完璧な先輩がこんな風に抜けてる姿を見て…本当は俺なんかが釣り合わないとか勝手に思ってたんですよ」

やえ「釣り合わないなんて、そんなことない!きょ、京太郎は…はぅ──!」

抱きつく京太郎。身長差もあり、包み込まれるようになるやえ。

京太郎「俺の前ではそんな先輩だからこそ愛おしく思いますよ」

やえ「きょ、─きょうたろぉ…」

たまにはこんな日も悪くないと思うやえであった。


やえさんは王道のどじっ子系が似合うかと。そんな妄想を形にしました。