竜華「かがやいて~ここ一番~」トントン

京太郎「…………」

竜華「自分の直感をしんじひゃぁっ!?」

京太郎(やっぱ大きいよなぁ……)モミモミ

竜華「きょ、京ちゃん! 人が料理してるときに胸揉まんといて!」

京太郎「……胸肉とかに塩をすりこんだりして下ごしらえするじゃないですか」

京太郎「俺もそれにならって夜のために下ごしらえしようかと」モミモミ

竜華「ほ、包丁つかっとるのにあぶないやろっ」

竜華「あんまり邪魔すると刺してバラして捏ねてハンバーグにするで!」キラーン


京太郎「今日の晩飯、ハンバーグなのにそんなこと言いますか!」

竜華「ご、ごめん……そういえばそうやった」アセアセ


竜華「あ、でも元々は京ちゃんが悪いんやでっ」

京太郎「うーん、じゃあ包丁置いてくださいよ」コネコネ

竜華「な、なんでそんなにおっぱい好きなん?」

京太郎「おっぱいにはね……夢が詰まってるんですよ」

竜華「いや、脂肪やで……」

京太郎「そんな現実聞きたくない!」

京太郎「竜華さんだっておっぱいで感じてくれてるじゃないですか!」

竜華「ち、ちが……これはビックリしてるだけや!」

京太郎「せやろか……」モミモミ

竜華「せ、せやせや……」

京太郎「じゃあこれは?」ギュッ

竜華「っ!?」

京太郎「……今日はノーブラでしたか」

竜華「ち、ちが……いまのはちが……」

竜華「おっぱいで感じるなんて、そんなオカルトないんやぁ……」グスッ

京太郎「試してみましょう……」

京太郎「俺のオカルトが正しいか、竜華さんのオカルトが正しいか……!」