どういうわけか量産され全国へと散らばった京太郎。
そして各校の特色に染まった京太郎たちが全国の頂点を目指して
しのぎを削る激戦が始まったのであった!!

透華「オーッホホホホ!!我が龍門渕の誇る執事から直々に指導を受けたうちの京太郎に
  叶うと思いまして?雑務遂行能力はもちろんのこと、掃除、料理、衣のお世話係りを
  全てをこなしたパーフェクト執事の京太郎こそが至高ですわ!!」

菫 「甘いな。照と淡という二大ポンコツのお世話でマネージャースキルを磨き、
  さらに照にせがまれ今やパティシィエ顔負けのお菓子係となった白糸台の京太郎を
  舐めて貰ってはこまる」

洋榎「わからんでぇ?うちが徹底的に仕込んだから揚げはもちろんのこと、
  お好み焼きたこ焼きといった粉もん全てをマスター!さらには絹恵お墨付きの
  サッカーとハンドボールもあるからどこの運動部でも助っ人が出来る
  姫松の京太郎こそが全国一や!」

玄 「えっと…うちの京太郎君はうちの旅館をよく手伝ってくれてますのだ!」



京太郎「なんでどこも普通にオレに麻雀教えてくれないんスかねぇ」

ちなみに宮守の京太郎は行方不明、臨海の京太郎は海外へ行き、
永水の京太郎は隔離されているため出場できませんでした。

カンッ