胸を触ったときの反応 穏乃編


京太郎「あっ」ペタッ

穏乃「わっ」

京太郎「わ、悪い! 手が当たっちまった、本当にゴメン!」

穏乃「う、ううん、いいよ! しょうがないよ、偶然だもん」

京太郎「本当にゴメンな」

京太郎「(やっぱあんま胸ないな……けど、柔らかかった。穏乃も女の子なんだなあ)」


穏乃「……」ジットムネヲミル

穏乃「あのさ、京太郎。……私の胸、触ってみてどうだった?」

京太郎「え? ど、どうだったって……」

穏乃「やっぱり私みたいな幼児体型じゃ、なんとも思わないかな」

京太郎「そ、そんなことねーって!」

穏乃「ホント?」

京太郎「確かに大きくはないけど、ちゃんと柔らかかったし。穏乃も女の子なんだなって思ったよ」

穏乃「そ、そっか」カアッ

京太郎「お、おう」カアッ


穏乃「そ、それならさ……もう一回、触ってみる?」

京太郎「も、もう一回?」

穏乃「今度は、京太郎の好きなように、触ってもいいよ?」

このあと沢山イチャイチャした。

カンッ