ネリー「ふぅん……結構美味しいじゃん」

優希「そうだろうそうだろう」

ネリー「これ、あんたのとこの男が作ったんだよね?」

優希「おう、でも最近は材料費取られるじぇ……」

ネリー「ただでこれ食べるとか贅沢すぎ、店売りなら1000円まで出して良い」

優希「う……そ、そんなレベルだったのか……」

ネリー「個人戦も居るんでしょ?」

優希「うん、咲ちゃん達の応援でインハイ終わるまでなら居るじぇ」

ネリー「だったら皆で食べに来ても良い?」

優希「もちろんだじぇ!」

京太郎「誰が作ると思ってんだお前は」

ネリー「ダメ?」

京太郎「別に構わねぇけど……」

ネリー「やった!じゃあ材料費はちゃんと払うね」

京太郎「え、いや」

ネリー「じゃあね!」

京太郎「お、おい!?」

優希「京太郎、材料費取るんだ、美味しいタコス作れよ」

京太郎「偉そうにいうんじゃねーよ」

なおこの翌日以降、メグの好物に『京太郎のタコス』が加わってしまったそうな

カン