咲「ごめんね、ついてきてもらって……」

京太郎「俺らの仲だぜ、言いっこなし。第一お前一人東京に行かせるわけにはいかねーよ、捜索願い出されそうでさ」

咲「もう、京ちゃん酷い!」

京太郎「ははは!……照さん、元気かねぇ」

咲「あのお姉ちゃんだもん、元気に決まってるよ」

京太郎「違いねぇ」ハハッ

ガタンゴトン ガタンゴトン

京太郎「う……むぅ……」ウツラウツラ

咲「あっ、眠たいの京ちゃん?」

京太郎「わりぃ……着い、たら……」ウツラウツラ

咲「分かってる分かってる。お休み、京ちゃん」

京太郎「おや……す、みぃ……」ガクッ

チャン… ウチャン…

照「京ちゃん?」

京太郎「……んぇ?」

照「もう少しで着くよ、準備だけでもしておいて」

京太郎「あ、おお……あれ?」

照「どうかした?」

京太郎「何で照さんが此処に?」

照「……寝ぼけてるの?京ちゃんが東京を案内して欲しいっていうから、わざわざ迎えにきたのに……あんまりだと思う」

京太郎「えっ、は?……そんな、はず……(どうなってるんだ?)」

照「……だったら京ちゃんは誰と一緒だったっていうの?参考までに聞かせて欲しい」

京太郎「……咲ですよ、貴女に会いに行くって言うから付き添いを名乗りでたんです」

照「……」

京太郎「あいつ方向音痴じゃないですか、だから俺が付いててやらないとーーーー」

照「ごめん、京ちゃん良い?」

京太郎「っとはい、何でしょう?」

照「……気に触ったらごめん……その私に会いたいって言う……」

「“咲って誰?”」

ガタンゴトン ガタンゴトン

京太郎「……は?」

照「京ちゃんの新しい女友達?今まで聞いたことない名前でーーーー」

京太郎「ちょっ、冗談はやめてくださいよ……流石に自分の実の妹の名前を忘れるわけ……」

照「……?」

「“私に、妹なんていない”」

京太郎「ーーーー」

照「そっちこそ悪い冗談はやめて、ただでさえ新聞記者に散々質問攻めにされて……ただ苗字が同じだけの他人の子なのに、あの子も心底迷惑そうで……」

京太郎「いや……いやいやいや……おかしい、おかしいですよ!」

照「違う、さっきからおかしいのは京ちゃんだよ。私があの話を気にしてるの相談受けて知ってるよね?なのにそれを持ち出すなんて、趣味が悪すぎる」

京太郎「(どう、なってるんだ……?咲がいない……?そんな……)ハッ!」カコカコカコ

照「……話の途中に携帯は酷いよ……」グスッ

京太郎「(ない、ない、ない、ない、ない!!?何でだよ!?咲のアドレスも、一緒に撮った写真も……経歴の全てが本当に何もかもない!!)」ガクッ

照「京ちゃん……!?」

京太郎「(これは何かの悪い夢だ……そうだ、夢なんだ……!だから寝れば、寝ちまえば良い!そうすりゃ覚める!覚めろ覚めろ覚めろ覚めろ覚めろ覚めろ!)」

プァーッ!! キキーッ

照「京ちゃん、もう着いちゃう!起きて!起きてったら!起きて!」

キテ… オキテ…

咲「起きてよ京ちゃん!」

京太郎「ハッ!……咲……?」

咲「そうだよ、もう東京着いたよ!早く降りよう!」グイグイ

京太郎「ハ、ハハハッ!(何だ……全部本当に……ただの夢なんじゃないか!)」

咲「ちょっ、何突然笑いだして!良いから行くよ!」

京太郎「あ、ああ悪い悪い!(良かった!夢で本当に良かった!)」

プシューッ ガタンッ

咲「んはぁ~、やっと着いたね東京!」

京太郎「そうだなぁ、何の問題もなく着けて一安心だな」

咲「さぁっ京ちゃん、“詳しいんだからちゃんとリードしてね!私本当に楽しみにしてたんだから!”」

京太郎「……ん?俺そんなに詳しくねぇぞ?」

咲「……ええっ!?酷いよ京ちゃん!もしかして嘘ついたの!?」

京太郎「いやいや俺そんなこと一言もーーーー」

咲「言ったよ!だから“だったら一緒に東京デートしたい”って私が言ったら京ちゃんがOK出してくれたんでしょう!?」

京太郎「ーーーーちょいちょいちょい!何色々すり替えてるんだよ!俺たち別にデートしに東京に来た訳じゃないだろ!?」

咲「ーーーーッ!ひ、酷いよ京ちゃん!ウソつきィ!!」ダッ!

京太郎「なっ、おい待てって!」ガシッ!

咲「離してよ!“彼女”にウソつくような人なんて思わなかった!」グスッ

京太郎「か、彼女!?俺と咲がか!?」

咲「そ、それすら否定するの!!?……ウッ……ウワァァァァアン!!」

ザワザワザワ…

京太郎「あ、あわわ……咲、とりあえず来い!!」グイッ ダッ!

ミーンミンミンミンミィーンッ!

咲「……」グスッ

京太郎「とりあえず……互いに落ち着こうぜ……正直俺も頭が混乱してるんだが……」

咲「……うん」グスッ

京太郎「お前の主張からするとだな。俺はお前の恋人で東京に詳しく、今回はデートを目的として東京に来た……で良いんだな?」

咲「……うん、そうだよ」グスッ

京太郎「(……おかしい……)じゃあ今度は俺の主張な?」

咲「……うん」スンッ

京太郎「俺は別に東京に詳しくはない、純然たる長野県民だ。そしてお前と付き合ってる記憶もない」

咲「……ウソつき」グスッ

京太郎「ああ~、でッ!今回東京に来た目的は、お前のお姉さんの照さんに会いに行きたいってお前が言ったから、俺はその付き添いで来たんだ」

咲「……え?」ピクッ

京太郎「な?意見が食い違ってんだよ、だからーーーー」

咲「京ちゃん」

京太郎「……何だ?」

咲「……先に謝っておくね、ゴメン……その私のお姉ちゃんだって言う……」

京太郎「(……あっ……まさか……まさか!)や、やめろ……!それいーーーー」

「“照って誰?”」

京太郎「あ、ああ……あああああ……!!」ガクッ

咲「京ちゃん!?」

誰でも、良い……俺を……助けて、くれ……。

チャン… ウチャン…

カンッ!