浩子「アホ! ふちが固まってきたらタコピンでひっかけて半分ほど返せって言うたやろ!」

京太郎「すんません! いまやります!」

浩子「いま直ぐやれ! 三秒と待たんで!」


セーラ「……何やっとるんや、あの二人は」

怜「須賀君がタコヤキは冷凍のギッシリ詰まってるやつがええって言ったんや」

竜華「それに浩子がキレてなぁ……」

泉「それでタコヤキの作り方叩き込まれてるんです」

セーラ「アホか。あんなの冷凍お好み焼きを丸めただけやないか、キレるのが正しい」

泉「そんな大げさな……」

浩子「泉ィ! お前もこっち来てひっくり返したいか!?」

泉「ひっ……そ、そんなことないですー」


京太郎「せ、先輩……できました」

浩子「どれ……。マズイ、作り直し」

京太郎「そ、そんな……タコヤキ作る以外でなんでもしますから許してください!」

浩子「アカン。これも須賀君が立派なお婿さんになるためや」

浩子「タコヤキ作るのがヘタなら、作るの上手な人のとこに嫁ぐしかないで! たとえば私のとことかな!」