美穂子さんがポケモンGOに興味を抱いたようです。

京太郎「…はい。これでチュートリアルも終わってネームもつけて…

   これで好きにプレイできますよ」

美穂子「ありがとう須賀くん。やってたかったんだけど私こういうのまだ苦手で…」

京太郎「でも意外ッスね。てっきりこういうのに興味ないと思ったんですけど」

美穂子「今すごく流行ってるだって華奈からも言われたの。

   (ビビッ)きゃっ、す、須賀くんなにこれ?なんか変なのが現れたんだけど…」

京太郎「おぉ、これはポケモンが近くにいるんですよ。で、これをタップすると…

   ってゲェー!?ガビゴンじゃねーか!!オレ初めて見た!!」

美穂子「え!?えっと、これどうすればいいの!?何かいけない事しちゃった!?」オロオロ

京太郎「それ滅茶苦茶レアな奴ッスよ!滅多に会えないポケモンです!!」

美穂子「あ、あれ?あのモンスターどこに行っちゃったの?」オロオロ

京太郎「カメラ…いやスマホを動かしてください!そう、ホラいた!そこです!

   早くモンスターボールを投げて捕まえるんですよ!」

美穂子「え、あ、えあ、な、投げる……えーい!!!」ブン ガチャーーン

京太郎「わ”ーーー!!スマホ投げちゃダメですってぇー!!!」

結局、風越女子高校でポケモンGOは禁止になった。

カンッ