少年は牌を愛し、慈しむ。

けれど牌は少年を愛さず、慈しむ事もない。

京太郎「……どうせ死ぬんだ、強く打てなきゃな!」

和「ロン、1300」

優希「また随分強気に行ったなー」

久「むしろ解ってて行ったって感じね」

まこ「京太郎、おんし今のは……」

咲「……読みきった上で振ったんだね」

京太郎「わりぃな咲、お前の倍満には振れねーわ」

咲「……!」

優希「どうみても……あ」

久「裏……か」

和「……強いのに、勝てないんですね、本当におかしな人……」

京太郎「ほんと、嫌われすぎだよなぁ……」

牌は、少年を愛さず、慈しむ事はないが……それでも、少年を気にはいっているようだ。

カン