久「ねえ須賀くん、マッサージしてよマッサージ」

京太郎「あのですね部長、俺は部員であって雑用係でも小間使いでもないんですよ」

久「いーじゃない、予算会議やら何やらで疲れてる部長のことを労わってくれたって」

京太郎「もー、しょうがないですねちょっとだけですよ」

久「やった、だから好きよ須賀くん」

京太郎「へいへい、凝ってるのは足ですか、肩ですか?」

久「てきとーに全体よろしく」

京太郎「適当って……まあいいです、とにかくやりゃいいんでしょ」

久「ん、いいわよ須賀くん、結構気持ちいいわ、その調子でお願い」

京太郎「はいはい、お姫様」

久「ん…は、く…」

京太郎「痛いですか?」

久「いいわよ、そのまま続けて……はぁ…んふ…あふ」

京太郎(これ他の人が見たら誤解されるんじゃないかなー?)

久「ん…気持ちいいわよ、須賀くん……あふぁ、前もちょこっと触ってみる?」

京太郎「しませんよ、明らかにセクハラじゃないですかそれ」

久「ま、そういうだろうと思ったわよ、でもガン見してたのはばれてたわよ」

京太郎「……マジですか?」

久「マジで。許してあげてもいいんだけど、どうしよっかなー、アイスとか食べたい気分だなー」

京太郎「分かりましたよ、奢ればいいんでしょ奢れば」

久「んふふ、一緒に買いに行きましょうか、須賀くん」

京太郎「言っときますけどね部長、ああいうの危ないから男に頼まない方がいいですよ」

久「だいじょーぶよ、須賀くんにしかしないから」

京太郎「いや、そうじゃなくてですね」

久「ほら行きましょ、アイスアイス」

京太郎「あーもう、部長はいつもわがままなんだから」

久(もう、誘惑してるんだから襲えばいいのに。鈍感なんだから須賀くんは)


カン