久「さあ須賀くん、買い物に付き合ってもらうわよ!」

京太郎「うっす、でもこんなに必要なんですか?」(メモちらり

久「優勝まで行くとかなり長期間だしね、暇な時に揃えて自分を追い込むのよ」

京太郎「あー、応援しかできない身でいうのはあれなんですけど、無理しないでくださいね
    部長は結構背負い込む性質なんですから」

久「あら須賀くんに心配されちゃうなんてね、ならお礼上げないとね」(頬にチュッ

京太郎「ぶ、部長からかわないでくださいよ」

久「ほらほら、早くしないと置いて行っちゃうわよ」

京太郎「荷物持ちを置いてどうやって買い出しするんですか、待ってくださいよー!」

愛宕の面白い方「清澄の……インハイ中に彼氏といちゃつくとかいい度胸しとるな
        ええやろ、卓で決着つけたるで! 泣いてない、うちは泣いてない!」

おもち探究者「あわわ憧ちゃんに教えなきゃ、でも和ちゃんが知ったら傷ついて……」(悶々

巫女痴女「向こうは青春真っただ中、こっちは秘境に女所帯、なんでこんなに世の中は不公平なんですかねー?」

ダルがり少女「ダル……見てるだけでダル……どこかに運んでくれる彼氏落ちてないかな」


カン