穏乃「うぅ……きょうたろー……あこー」

憧「うぅむ、我ながら悪乗りが過ぎたか」テヘッ

京太郎「オイオイ。和みたいな服装になったなぁ」

穏乃「こんなフリフリ、私には似合わないよー」モジモジ


穏乃「やっぱ、ジャージで……」

憧「ダメよ。アンタも女の子なんだから、少しはオシャレをしなさい」

穏乃「でもこのスカート短すぎだよ……すーすーするよ」

京太郎「普段のジャージはどうなんだ……」

憧「あっちの方がよっぽど短いって」

穏乃「んー……でも、ジャージの方が動きやすいよ?」

憧「着眼点はそこじゃないのよ……」

京太郎「動きやすくてオシャレなやつなら穏乃も拒否反応起こさないかな?」

憧「うーん、しずには制服以外にもスカート履かせたいのよね」

憧「スカートなんて大人になったらどんどん履きづらくなるしさ」


穏乃「んと、京太郎はスカートの方がいい?」

京太郎「うーん、ちょっと見てみたいかな?」

京太郎「いまの格好も可愛いしな。もうちょっと大人しめの方がいいと思うけど」

穏乃「京太郎がそう言うなら、そうする」フニャ

憧「従順すぎ! もうすっかり飼い犬ね……」


穏乃「えへへ……まあ、京太郎のくれた首輪の所為かな?」

穏乃「これ付けてると、いつも京太郎がいてくれるみたいで安心する……」ギュッ

憧「……須賀君、さいてー……」ジト...

京太郎「いやいやいや、首輪じゃなくて普通のチョーカーだからな!?」

憧「似たようなもんでしょ」


京太郎「さ、さあ、他の服も新子に見繕ってもらおうぜ!」

穏乃「わかったー」

憧「誤魔化したな……」