和「咲さん、優希、私須賀くんと付き合うことになりました」

優希「どういうことだ、のどちゃん!?」
咲「そうだよ、なんで和ちゃんが付き合うの!?」

和「私だって悩みましたよ
  二人ともいつも私に須賀くんとの恋愛相談をするじゃないですか、だから応援してたのに
  結局行動を起こさないから須賀くんの方から私に告白してきたんです」

咲「そ、そりゃ告白は出来なかったけど、和ちゃんは断ればいいんじゃないの!?」
優希「そうだじょ!」

和「だめですよ、だって私が断ったら須賀くんは麻雀部をやめますよ?
  そうなたら咲さんはともかく優希は接点が消えてしまうでしょう?
  親友のどちらかに肩入れはできません」

咲「う、でも、だからって付き合うことは……」

和「ならこれ以外の方法を教えてくださいよ! あれば私だってそうします!」

優希「……のどちゃん、のどちゃんは京太郎が好きか?
   好きじゃないのに付き合うのは京太郎にひどい仕打ちだと思う」

和「……嫌いじゃありません、好き、だと思います」

優希「なら、いいじぇ、そこで好きじゃないって言ってたら喉ちゃんでもぶっ飛ばしてたじょ」

咲「優希ちゃん、いいの!? だって京ちゃんが!」

優希「その京太郎が決めたんだ、なら親友の恋を応援するしかないだろ
   咲ちゃん、告白しなかった私たちの負けだじぇ」

咲「そう、かも、しれないけど……」(ポロポロ

優希「咲ちゃん、今日は振られた者同士夜通しタコスパーティだ!
   それで明日になったら、京太郎を祝ってやろう」

咲「……うん、そうだね、京ちゃんが、決めたんだもんね」

和「優希、咲さん……」

優希「のどちゃん、京太郎のことよろしく頼むじぇ」
咲「私からも、お願いします、京ちゃん色々抜けてるから」

和「……分かりました、二人の分まで幸せになります」

咲「和ちゃん、これからも親友でいてくれる?」
吸気「聞くまでもないよな、のどちゃん?」

和「ええ、もちろんです、では、二人とも、また明日」


咲「うう、ううっ」
優希「咲ちゃん泣くな、私まで泣きたくなるじぇ、ふぐっ、京太郎ぉ……」

~~~

和「なんて未来になると困るので、二人ともさっさと告白してください」

咲「ええ!? そ、そんなの無理だよぉ……」

優希「の、のどちゃん、もう少し時間を……」

和「そう言って来週には2年生ですよ!
  いい加減行動しないと私が須賀くんをもらいますよ、本当に!」

咲優希「それは許して~っ!」


カン