京太郎「はぁ!? 茨城の高校まで出張しろ!?!? しかも、俺だけ!!」

咲「部長!! どういうことですか!?」

優希「説明を要求するじぇ!!」

和「そうですよ! 須賀君独りで他県の高校へ行けって何事ですか!!」

久「ごめん!! 本当にごめんなさい!!」

まこ「…久、わりゃしょーもない理由じゃったら、タダじゃおかんけぇ…」

久「全部説明するから! まこ、その軽蔑した冷たい目はやめて!!」


少女説明中・・・



京太郎「…つまり茨城の大洗高校の生徒会長と知り合いで…」

久「そうなの…」

まこ「色々こなせる万能な人材を貸してほしいって打診されたと…」

久「はい…」

和「断ればいいじゃないですか」

久「それがそうもいかないのよ… 内木のバカが大洗の娘をナンパしちゃった前科があるから…」

優希「副会長ェ…」

京太郎「…で、期間は何時までです?」

久「…行ってくれるの?」

京太郎「生徒会同士の借りで拒否できないんでしょ? 部長が直接頼める人材が俺しかいない見たいですし」

久「ごめんなさい」

京太郎「ま、帰ってきてからなんか奢ってください、それで手を打ちましょう」

咲「そ、それでいいの? 京ちゃんは」

京太郎「尊敬する先輩の頼みをむげに出来る訳ないだろ?」

久「もう!須賀君! 大好き!!」

まこ「おい、久! 抜け駆けは禁止のはずじゃぞ!!」

和「そうですよ! 早く須賀君から離れてください!!」

優希「そーだそーだ!!」

島田ミカ説に対して、河嶋ルミ説を打ち立てて
「私に(あんなすぐ頭に血が上る)妹はいない…」
って言わせたかった人生だった




【大洗女子高】

京太郎「やっと着いた… ってか女子高じゃねえか!?」

???「あの… うちの高校に何か用ですか?」

京太郎「?」

???「どちらさまですか?」

京太郎「えっと… 長野の清澄高校から来ました、一年生の須賀京太郎と言います。何やら、再建された部活の手伝いに行って来いってうちの生徒会長に命令されてきたんですが…」

???「えっ! それじゃ、あなたが戦車道の助っ人ですか!!」

???「うそー! 男の子!?」

???「本当でありますか!?」

京太郎「えっと… 貴方達は?」

みほ「す、すいません… 西住みほといいます。大洗女子高の二年生です」

沙織「同じく二年生の武部沙織です!」

優花里「同じく二年生の秋山優花里であります!」

京太郎「せ、先輩だったのか…」

京太郎「ところで大洗って女子高ですよね? 俺みたいな野郎が入ってもいいもんなんですか?」

沙織「うーん… どうだろう…」

優花里「生徒会の盟約で派遣されたなら入ることに問題はないと思うのでありますが…」

みほ「あ、会長から電話だ…」

沙織「それにしても背が高いね~ スポーツやってるの?」

京太郎「中学時代にハンドボールをやっていました。今は麻雀部です」

優花里「麻雀ですか、面白そうです、今度教えてください!」

京太郎「は、はい、いいですよ…」

みほ「会長から連絡が来て、須賀さんを生徒会室まで案内してって…」

沙織「じゃぁ、いきましょ!」

優花里「おーー!!」

その後、戦車道の雑用兼助っ人として無理やりチームに入れられた京太郎
鍛えられた雑用スキルと持ち前の器用さ、そしてハンドボールで鍛えた勝負感で大洗戦車同チームを支える存在となる
加えて、高いコミュ力でチームに自然と溶け込むし、メンバーの悩みを聞いて解決してしまうなど大活躍する
周りは女性ばっかりの大洗の面々の中に突如現れた黒一点
しかも超優良物件とくれば持てないはずもなく、清澄にいたときには想像もできないようなモテっぷり
特にみほなんかはトラウマを受け止めて解決してくれた京太郎に完全にほの字…

そんな様子を見た大洗の角谷杏はひそかに京太郎の派遣を転校にすり替える工作を開始
それを察知した久は大激怒
当然、恋心を寄せてる男の子を横から掻っ攫われた清澄高校麻雀部の面々も大激怒


後の世に大洗清澄戦争と呼ばれる、大洗戦車同チームと女子校生麻雀連合の大戦争が起こるのだがそれはまだ先の話