咲「優希ちゃんに染谷先輩、部長はまだわかるとして和ちゃんもとはねぇ……ホントたらしだよね、京ちゃんって」クスクス

和「……」

咲「この分だと、他の学校の人たちも…って、どうしたの和ちゃん?」

和「…咲さんは」

咲「?」

和「咲さんはどうしてそんなに嬉しそうに笑っていられるんですか?」

咲「え?そりゃあ曲がりなりにも幼馴染みだし…京ちゃんが人に好かれてるのは嬉しい事じゃないかな?」

和「…恋敵が増えても、ですか?」

咲「……」

和「私は…ちっとも嬉しくないです。ただでさえ皆より遅れてるのに、どんどん彼の事を好きな人が増えていって、彼が遠ざかって行くのが…これ以上なく苦しくてたまらない」

咲「大丈夫だよ。ほら、和ちゃんには武器があるじゃない!その…くっ、大きなおっぱいが…ぐぬぬ」

和「そんなもので靡く人ならばこうも苦しいはずが無いでしょう!ふざけないでください!」

咲「あー、えっと……うん、ごめんね?」

和「…何故、あなたはそんなに余裕なんですか?」

咲「私が余裕?」

和「そうとしか思えません…距離が近くて、長年一緒にいるからなんですか?」

咲「…あはっ」

和「…?」

咲「あはっ、あはははははっ!」

和「さ、咲さん…?」

咲「あはっ、あははっ、わ、私が余裕そうに見えるなんて初めて言われたっ!あははははっ、お腹痛いっ!」

和「え、えっと…?」

咲「はー、笑いすぎた…ごめんね、急に」

和「…いえ」

咲「それで、何で私が余裕そうに見えるかって事だよね?」

和「…ええ。私はそれが知りたい」

咲「そだね。和ちゃんなら言ってもいいかな」

和「一体どういう…」

咲「私はさ。京ちゃんとは絶対に付き合えない」

和「……!?」

咲「あはは、そんな驚いてる顔久しぶりに見た」

和「咲さん!」

咲「ごめんごめん、ごめんってば。…それで、何で私が付き合えないか。それはね、私たちの距離が近すぎるのが問題なの」

和「近すぎるのが…?」

咲「もし私が今京ちゃんに告白すれば絶対に上手くいく。これは確信をもって言えること」

和「……」

咲「でもね、距離が近いってことはさ、お互いが相手の事をわかってること…そうじゃないね、わかってるって思い込んでること」

和「思い込んでる…?」

咲「そう。見たことない?あれ、とかそれ、とかで会話が成立してる人たち。あんな関係だと思ってくれれば良いよ」

和「…でも、それは」

咲「利点しかないって思っちゃうよね。けど人間って傲慢だからさ、これが通じるならあれも通じるって思っちゃうんだ」

和「……」

咲「私たちはまだ高校生だから、これから何十年も生きてるわけでしょ?その分、すれ違いや勘違いの不満が積もる量が多くなって、ふとした拍子にドカン!…だよ」

和「…きちんと話し合えば解決するのでは」

咲「和ちゃんはお父さんと話し合ってすぐに転校話なくせた?」

和「…!」

咲「どうやっても何らかのしこりは残っちゃうよね。いわゆる熟年夫婦の関係が良好なのは先が短いって言うのも要因のひとつではあるんだよ」

和「それは、そうかもしれませんけど…」

咲「和ちゃんがお互いを信じたいって言うのはわかるよ。でもね、私の家族はバラバラになっちゃったんだ。信じろって言う方が無理なんだよね」

和「……付き合えない、と言うのは納得出来ます。したくはないですけれど」

咲「和ちゃんは優しいね」クスクス

和「でも、その余裕の理由は聞いていません」

咲「んー、それはね…私達が付き合えないってのと同じぐらい私達が離れるってこともあり得ないから、かな」

和「……」

咲「わからない、って顔してるね。あれだけ言えばそうなるかな…」

和「…説明を」

咲「京ちゃんってさ、無意識にだろうけど判断を私任せにする時があるんだよ」

和「そうなんですか?」

咲「うん。それは些細なことだったり重要なことだったりまちまちなんだけど…今までで一番大きかったのって何かわかる?」

和「…いえ」

咲「心配だから、だってさ」

和「え?」

咲「私が心配だから、一緒の高校に行くって言ったんだよ?京ちゃん」クスクス

和「…そんなことって」

咲「どうやっても抜け出せないくらいに京ちゃんの人生に私が組み込まれちゃってるんだよ。さしずめ異性の親友ってところかな…和ちゃんは異性間の友情って信じるタイプ?」

和「…信じて、いました。ついさっきまでは」

咲「…私の所為で疑わせちゃったかな。ごめんね」

和「気にしないでください」

咲「まぁでも、それを含めての京ちゃんを好きになれないって言うなら…論外かな。悪いけど」

和「……」

咲「時には自分より優先されるかもしれないぐらいの深い繋がりがある私の存在ごと、京ちゃんのこと愛せないなら…邪魔だよ、そんな女」

和「…咲さん」

咲「…なーんて、色々言ったけど皆の応援をしてるのはホントだよ。京ちゃんが幸せになるのは嬉しいことだし…でも、その中で一番応援してるのは和ちゃんだよ」

和「…この場合、お礼を言うのが適当なんでしょうか」

咲「別に良いよ。私が応援したところで最後に決めるのは京ちゃんなんだから…うかうかしてると知らない人にとられちゃうかもしれないんだからね?」

和「…ええ、頑張ります」

咲「うん。それじゃ、もう遅いし帰ろっか…あ、帰り道に美味しいケーキがある喫茶店が出来たんだけど寄っていかない?」

和「ふふ…はい、お供しましょう」クスッ


カンッ