父親はマゾの敏腕刑事、母は元SMクラブの女王様

その二人の正義感と変態性を受け継いだ青年京太郎

普段の彼は麻雀部に属していながらも未だに麻雀の腕は未熟、

やってる事は雑用という冴えない日々を送っていた。

そんなある日、銀行強盗に襲われた幼馴染の咲を助ける為に

変装するつもりでマスクを被ったつもりがパンティーを被ってしまった京太郎。

だがその瞬間、京太郎は今まで経験した事も無いエクスタシーとエモーションを感じ

変態の血が覚醒した彼は無敵のヒーロー変態仮面へと変態…もとい変身したのであるッ!!


一「ぎゃーーー!!へ、変態だぁー!!!」

京太郎「君にだけは言われたくないな」


宥「わわわわ…さ、寒そう……」カタカタカタ

京太郎「問題は無い。私は見られて火照るタイプさ」



ハギヨシ「真の変態とは如何なるものか…この身でしかと確かめて頂きますよ」バァッ

京太郎「ハギヨシさん…いや、ハメハメハ仮面!!今日こそ私はあなたを越えてみせる!!」

衣「へ、変態が二人に増えた…」カタカタ

透華「むむむ…!わ、私よりもあんなに目立って…!!」

純「おい待て早まるな!!」






京太郎「咲…世界の為だ。


   お前のパンティを、オレにくれッ!!」






咲「ごめん京ちゃん。私履いてないの」

京太郎「チクショーッ!!!!」

カンッ