和「須賀くん私とエッチなことしませんか?」

((((こいついきなり何を?))))

京太郎「……は? すまん、よく聞き取れなかったみたいだ、もう一度言ってくれ」

和「須賀くん私とセックスしましょう」

咲(この腐れビッチが!)

まこ(の、和が、壊れおったぁ……)

京太郎「……えっと、冗談だよな?」

優希(え、えっ? 和ちゃん、嘘だよな?)

和「いえいえ、冗談じゃありませんよ」

京太郎「……マジで?」

和「はい。私のxxxxに須賀くんのxxxを突っ込んでxxxして、xxxxxxxxもしたりとかしませんか? xxxxxやxxxxをしても良いですよ?」

久(ちょ、ちょっと、そんな恥ずかしいことまでしたいの!?)

咲(ワタシノキョウチャンヲタブラカヂテンジャネエゾインピー)

優希(ヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテヤメテ…)

京太郎「い、良いのか?」

和「"京太郎くん"は私としたくないんですか?」

京太郎「滅茶苦茶したいです!」

咲優希まこ久「「「「」」」」

和「ふふ、じゃあ一緒に帰りましょう。父は明後日まで帰って来ないので私の家で、たっぷりとね」

京太郎「おう!」

和「それじゃあ皆さん、私たちは先に帰りますね」

咲(コロコロスコロスコロス!!)

優希(ウソダウソダウソダナンデナンデノドチャン)

久(スガクンニメヲツケタノハワタシアアマテバイイノネワルイホウニマテバキット)

まこ(しゅ、修羅場じゃぁ……わ、わしがしゃきっとせんとあかんのかぁ?)

和(ああ、最高です。その絶望して、嫉妬で狂いそうな顔……ずっと、我慢していた介がありました……もっと見せてください!)


カンッ!