京太郎「なあ、これはさすがに色々おかしくないか?」

穏乃「大丈夫、ばれないって!」
憧「結構スカート姿似合ってるわよ、京子ちゃん」(プッ、クスクス

京太郎「憧、てめえ!」

玄「京太郎くん、もとい京子ちゃん
  今日からは女の子だから言葉遣いには気をつけるのです」

京太郎「なんで俺がこんなことに……」

宥「ご、ごめんね、京太郎くん、私たちのせいで」
玄「おねーちゃん、京太郎くんはこれから阿知賀女子学院1年生の須賀京子ちゃんですのだ
  ばれないように外でも気をつけないと」

晴絵「すごく似合ってるぞ、京子」(ポン

京太郎「なんもかんもお前のせいだ、レジェンドぉっ!」

灼「怒鳴るのはよくないと思……」


一月前
憧「来月には高校生かあ」

穏乃「また一緒に通えるね、憧!」

玄「でも手が少し足りないね、私たちみんな小さいし」

宥「力仕事なんて無理だよぉ、ストーブつけていい?」

灼「確かに少し力不足なのは事実、荷運び大変」

晴絵「んー、じゃあ京太郎を阿知賀に通わせて雑用やってもらおっか」
全員『は?』


現在
京太郎「何をどう考えたら女装させて転校させるとかいう発想になるんだ!?」

憧「意外と女顔だからばれないわよ、背は高いけど」(ケラケラ

穏乃「ほら、私もこんなんだし、平気平気!」

宥「ご、ごめんね、きょ、京子ちゃん」

灼「もうどうでもい……」

晴絵「ドンマイ、京子」(グッ

京太郎「このレジェンド殴りたい」

俺の阿知賀女子学院生活はこうして始まってしまった
……なんでだよ本当にっ!?


つづかない