深々と振る雪は電車が北方へと進むほど強まっていく。俺にとっては慣れ親しんだ冬景色も、彼女にとっては違うのだろう。
 キラキラと瞳を輝かせ、まるで幼い子供のように興奮している姿は可愛らしく、愛しくて仕方がない。

「寒くないですか?」

 暖房の利いた列車の中でも、窓際や出入口に近い席は冷えていることも多い。

「私は大丈夫です! 京太郎さんはどうですか?」

 この人は心配した俺の方を逆に気遣うのだから、困ったもんだ。

「俺は長野の出身だから寒さには結構慣れてますよ。小蒔はそうじゃないでしょう。無理してないですか?」

 誤魔化すように彼女ははにかんだ。
 無理していないわけがない。意地の悪い聞き方だったかもしれない。

 だって、俺と彼女は二人で逃避行の真っ最中なのだから。

 霧島の姫。
 特別な立場である神代小蒔。
 本来、俺と彼女の道が交わることはなかったはずだ。だけど、あのインターハイで俺たちは出逢い、惹かれ、交差してしまった。

 しかし、俺たちの関係は許されない。
 神代家を頂点とする霧島神境の立場からすれば、絶対に認められない。二十一世紀、時代錯誤と呼べるような古の常識が彼の地では罷り通る。

 諦めるという選択もあった。
 心だけを通じ、袂を別ち生きる。
 現世を捨て、来世を夢見て共に果てる。
 そのどちらでもなく、第三の選択を選べたのは協力者がいたからに他ならない。

 本家の分家筋、滝見の傍流である戒能良子。
 六女仙に勝るとも劣らない、小蒔をライバル視していた藤原利仙。
 そして、六女仙である薄墨初美と狩宿巴。
 彼女たちの手引きがなければ、二人揃って霧島の地から抜け出すことは不可能だったと思う。

「きっと大丈夫です」

 俺の不安を敏感に感じ取ったのか手を繋いで彼女はそう言った。そんな所作を見ると、小蒔の方が俺よりも年上なのだと改めて思わせられる。
 幼馴染み程ではないけれど、俺のお姫さまはポンコツだ。だから、しっかりしないといけないのにな。

「そうだな」

 その手が少し震えていることには気づいていた。
 友達の安否、未来への不安、悩ましい問題は色々ある。既に追手も放たれているだろう。

 俺は彼女の手を強く握り締める。
 小蒔も同じように指に力を入れた。

 そうして静かに肩を寄せ合っていれば、いつしか車内に着駅を報せる音声が響いた。

「秋田と言えばキリタンポですね」

「小蒔は夕食にそれが食べたいと?」

「い、いえ、別に何でも良いですよ。気にしないでくださいね!」

 食いしん坊みたいに思われるのが恥ずかしいのかな。そういうところも可愛くて好きなんだけど。

「俺が食べたいので今夜はそれにしましょうか」

「本当ですか!?」

 喜びを隠せていない小蒔を見ていると笑みが零れてしまう。
 まあ、お金はあるから問題ない。
 家がお金持ちで良かった。子供が持つには不適切な額が俺の口座には入っているし、それに良子さんから渡された通帳や現金、黒いカードもある。
 だから、資金面で困ることはない。
 それでも、何時まで逃げられるかは分からない。少なくとも国内に留まれば早々に限界が来る。

 だから、北へ、北国へ、ローカル線を使って、切符も出鱈目に、鹿児島から少しでも遠く、その先は船か、飛行機か……

「さあ、京太郎さん早く行きましょう!」

 電車が停車し、ぐいぐいと引っ張って彼女は急き立てる。ああ、悩んでばかりいてもしょうがない。
 これは二人きりの逃避行なのだから、せいぜい楽しまないと損だよな。


カンッ!