久「…」ムスー

京太郎「どうしました?不機嫌そうな顔して」

久「別にー?」ムスー

京太郎「?」

久「別にさー、色っぽい話じゃないのは分かってたことなのよ?」

京太郎「はあ…」

久「それでも急に『付き合ってください』なーんて言うからどこに連れてくのかと思ったけど…」

ラーメン、スブタアガリャッシター!ギョウザチャーハンデマース!

久「まさか中華料理屋だとは思いもしなかったわ」

京太郎「何かいけませんかね?」

久「いけなくはないわよ。いけなくはないけどさあ…こう、何かさあ…」

京太郎「まぁ良いじゃないですか。誘った手前、お代は俺が持ちますし。ほらほら、そんな顔してちゃせっかくの料理も美味しくなくなっちゃいますよ」

久「はぁ…わかったわよもう…この際目一杯ご馳走になるからね」

京太郎「へーい」

―ご注文の品お待たせしましたー!

京太郎「お、きたきた!いただきまーす!」

久「いただきます、と。」

京太郎「かー、うめえ!やっぱ空きっ腹には中華だよなあ!」ガツガツ

久「にしても、何でいきなり中華なのよ?」

京太郎「ほふ?」モギュモギュ

久「あぁもう飲み込んでから喋りなさいって、行儀悪いわねぇ」

京太郎「んぐんぐ…ふぅ。何でかっつーと…急に酢豚が食いたくなったんすよねぇ」

久「酢豚?」

京太郎「そですそです。これぞ中華料理屋って感じのパイナップルを使わない、揚げたて作りたての酢豚」

久「これまた何で?」

京太郎「さあ…疲れた身体が酢を求めたのかはたまたさっぱりしつつもガッツリしたものが食いたかっただけなのか…」

久「ふーん…」

京太郎「まぁとりあえず我慢できないぐらい食いたかったってことです」

久「ま、空腹に理由を求めるのは野暮ね。餃子一つちょうだいな」ヒョイッ

京太郎「事後承諾ですか。別にいいですけど」

久「そういえば私、子供の頃酢豚苦手だったのよね」

京太郎「へえ?またなんで?」

久「あの甘酸っぱいのがなんかねー…酸っぱいのに甘いってのがものすごく違和感で」

京太郎「いちごとかオレンジは?」

久「それはまた違うでしょ。何ていうか、酢のツンと来る感じが駄目なのよ」

京太郎「あー、何となくわかりますねぇ」

久「ま、高校入る頃には苦手でもなくなったんだけどね。こんな風に」ヒョイッ

京太郎「あ」

久「もぐもぐもぐ…んくっ、普通に食べれるようになったし…てか美味しいわねここの酢豚」

京太郎「また事後承諾…別に良いですけど」

久「ふふっ、さっきと同じこと言ってる」

京太郎「そっちもさっきと同じことしてんじゃないですか」

久「ごめんごめん。ほら、チャーシューあげるから機嫌なおして」

京太郎「機嫌悪くなってませんってば。もらいますけど」

久「酢豚もそうだけど他のも美味しいわねぇ。しかも安いし…」

京太郎「また来ますか?一緒に」

久「それも良いかもね」

京太郎「次は割り勘でお願いしますよ」

久「そこは甲斐性見せるとこでしょー?」

京太郎「嫌ですよ、恋人って訳でもないのに…」

久「私が立候補しても良いわよ?」

京太郎「飯代でできる彼女ねぇ…」

久「別にそれが無くても良いくらいには好きよ、あなたのこと」

京太郎「…あー」ポリポリ

久「んふふ、ちょっと顔赤いわよー」

京太郎「…それより、料理冷めちゃいますから残り片付けちゃいましょう」

久「はーいはい」

カンッ