穏乃「京太郎京太郎、私のおっぱい大きくなったよ!」

京太郎「あからさまに不自然だし、隙間からボールが見えてるし」

穏乃「やっぱり、バレバレかー。少しは京太郎が喜んでくれると思ったのにな」

憧「まーた、しずはバカな事やって」

玄「穏乃ちゃん、京太郎君は偽おもちじゃ喜ばないよ」

穏乃「いつも京太郎に揉まれてるのに、なかなか大きくならないんだよなぁ…」

憧「ちょっと!?今、聞き捨てならない発言が聞こえたんだけど!?」

玄「どういう事なのです!?京太郎君!?」

京太郎「確かに大きい方が嬉しいけど、穏乃は抱き心地いいし抱き枕にちょうど良いから、それでちゃらだ」

穏乃「えへへ///」

憧「抱き枕… 揉んで… ふきゅ!」

玄「お、おもち同士の京太郎君がノーおもちの信者に…」

灼「二人とも恋人なんだから、そういう事もあると思…」

宥「仲良しであったかーい♪」

穏乃「あ、京太郎、私妊娠したよ」

京太郎「」

灼「いくらなんでも、その嘘はどうかと思…」

宥「そうだね…」

京太郎「ちょ、穏乃!お前安全日だって…あっ」

灼「流石に高校生で妊娠は不味いと思…」

宥「仲良しだけどあったかくなーい…」

穏乃「あー、安全日?あれは嘘」

憧「」

玄「」

灼「」

宥「」

京太郎「」

穏乃「って言うのも嘘!京太郎もまだまだだなぁ」

京太郎「おい、流石に心臓が止まるかと思ったぞこの」ギュー

穏乃「むぎゅ!苦しいよー!」

イチャコライチャコラ

憧「」

玄「」

灼「」

宥「」

――扉の外――

晴絵「そういう事に疎いと思ってた教え子に、思いっきり先を越されてた…」

カンッ!!