~全国大会決勝戦~

咲「ハァ・・・・ハァ・・・強すぎる・・・!これが白糸台の力・・・!」

淡「テルーとキョータローは私がもらう!だからサキーはここで・・・散れい!」ゴオッ!

咲「もう・・ダメ・・!」

ド ン ! !

京太郎「かはぁ!」

咲「え・・・・京・・・ちゃん・・?」

淡「な・・なんで・・・キョータロー・・?」

まこ「そんな・・・!京太郎が・・・京太郎がやられたぁ~!」

京太郎「ハァ・・・ハァ・・・!無事か・・・咲・・?」

咲「あ・・・あああ・・!」

京太郎「ごめんなぁ・・・咲・・ちゃんと支えてあげる事ができなくてよ・・・!すまなかった・・・!」

咲「何いってるの京ちゃん!バカなこと言わないで!誰か手当して!京ちゃんを助けて!!」

淡「ちが・・・私・・・そんなつもりじゃあ・・・!」

京太郎「無駄だ!!ハァ・・・ハァ・・自分の命の終わりくらい分かる・・・・・。ゼェ・・・もう持たねえ・・・!だから・・・聞いてくれ・・!!」

咲「・・・何言ってるの・・京ちゃん?・・・約束したじゃん!!・・ハァ・・ハァ・・最後まで一緒にいる
って言ったじゃない京ちゃん~!!」

京太郎「そうだな・・カピーの件と・・お前みたいな世話のやける幼馴染みがいなきゃ俺は生きようとも・・思わなかった・・・誰もそれを望まねえんだ・・・仕方ねえ・・!」

淡「嘘・・・いや・・・キョータロー・・・あああ・・・!」

京太郎「・・そうだ咲、・・高久田に会ったら・・よろしく言っといてくれよ・・。
なんだか・・死ぬと分かったら・・
あんな奴でもなつかしい・・・!
心残りは・・・一つある・・お前と照さんの"仲直りする夢"を見れねえ事だ・
      • だけどお前なら必ずやれる・・・!!俺の幼馴染みだ・・・!!
    • 昔・・言った通り・・・俺の人生には・・悔いはない!」

咲「・・ウソだ、ウソだよそんな!!」

京太郎「ハァ・・・ハァ・・ウソじゃねえ・・!・・俺がほんとうに欲しかったものは・・・どうやら”おもち”なんかじゃなかったんだ・・・!
      • 俺は"この世界に生まれてきても良かったのか"・・欲しかったのはその答えだった。
      • ハァ・・もう・・・大声も出ねぇ・・・咲・・・俺がこれから言う言葉を・・おまえが後からみんなに・・・伝えてくれ・・・優希・・和・・・染谷先輩・・・マホ・・・ムロ・・・みんな・・・!」

咲「嫌だ・・・!嫌だよ京ちゃん!お願いだから死なないでよぉ!」

京太郎「そして咲・・・・!今日までこんなどうしようもねえ俺を・・・男だったこの俺を・・・!
愛してくれて・・・ありがとう!!」

ガクッ・・・

淡「ごめんなさい・・・ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいいい・・・・!」

咲「京ちゃ・・・・京ちゃああああん!!!!」

カ ン ! !