香川真司マンチェスターユナイテッドデビュー記念小ネタシリーズ『うどん』


京太郎「そして、案の定迷ったという…どこの田んぼ道だここは」

照「あれ…?お、おかしいな。確かに思い出したと思ってたんだけど」

京太郎「あはは…ま、まあ、久しぶりに帰ってきたんだろ?仕方ない仕方ない」

照「うう…も、申し訳ない」

京太郎「いいって。こうして迷っても、照ちゃんと二人きりで歩けるんなら楽しいよ」

照「京ちゃん…」ジーン

京太郎「…」

京太郎(今のはちょっとクサすぎた…)カアアア

照「…うん。私も、楽しいよ」

京太郎「へ?あ、そ、そう?」

照「」コクコク

京太郎「…しかし、そろそろ真面目に軌道修正もしなきゃな。このままじゃ折角部活早退したのに、日が暮れちまう」

照「う…」

京太郎「それに、照ちゃんも歩きっぱじゃ疲れるだろ?」

照「…うん」

京太郎「よし。そうと決まったら、どこか人に道を聞けそうな場所は…」

照「人、歩いてないしね」

京太郎「お?なんだあそこ」

照「え?」

京太郎「ほら、あそこ。なんか旗が出てる」

照「本当だ。あれは…うどん屋?」

京太郎「うどん屋かぁ…そう言えば、腹減ったな」

照「確かに。私もちょっと小腹空いたかも」

京太郎「…寄ってかないか?ついでに道も聞けるかも」

照「うん。いいよ。行こうか」


店内

京太郎「おじゃましまーす」

店員(アフロ)「はいらっしゃーい!」

京太郎「えーっと…二人なんですけど、大丈夫ですか?」

店員「どうぞ空いてますよー。彼女さんとお二人ですか?」

照「かの…!?」ビクッ

京太郎「あ、はい」

照「ひゅあっ!?」クルッ

店員「可愛い彼女さんですねー」

照「ふぁう!?」クルッ

京太郎「えへへ。でしょ~。今日付き合い始めたばっかりなんですよ~」

照「ふうぅうっ!?」クルッ

店員「それはおめでとうございます!それならこのイカの天ぷらサービスしちゃいますよ」

京太郎「ラッキー!ありがとうございます!」



店員「ところで、注文決まってます?」

京太郎「ああ、じゃあ、釜玉で」

照「私はぶっか…あっ!ざ、ざるで!!」

京太郎「?」

店員「わかりましたー」

照「…」カアアア

京太郎「どうした?照ちゃん。急に顔真っ赤にして」

照「な、なんでもっ!ないっ!よっ!」

京太郎「はあ…?」

店員「はいおまちー」

照「あ、来た!ほ、ほら京ちゃん、うどん来たよ!」

京太郎「あ、どうもー」

店員「どーぞどーぞ」

京太郎「…うん、美味い。イカの天ぷらも」

照「…。うん、本当だ。美味しいね」

店員「ありがとうございますっ!」

京太郎「驚いたな、こんなに美味い店が近くにあったなんて」

照「私もこっちに居た頃は知らなかった」

店員「最近始めたばっかりでしてね。宣伝が下手だったのか、まだあんまりお客さんも来てくれないんですよ。ガラガラでしょ?」

京太郎「確かに。勿体無い」

店員「だからこうしてお客さんについつい話しかけちゃうんですけどねー」

京太郎「あはは…」

店員「迷惑だったら引っ込んでますが。…もし良かったら、馴れ初めを聞いても?」

京太郎「あっ!聞いてくださいよ!俺が片思いしてたんです。それで、しばらく離れ離れになってたんだけど、色々あって偶然再会して…」

店員「へえ、中々運命的かつドラマチックじゃないですか」

照「そんな。私も京ちゃんのこと、好きだったんだよ?むしろ私の方が先に惚れてたと思うけど…」

店員「おお、流石お熱い!」

京太郎「いーや。それは無いね」

照「え?なんで?」

京太郎「だって、一目惚れだったもん」

照「…」

京太郎「…ね?俺の勝ち」

照「…ううん。残念。私の勝ち」

京太郎「へ?」

照「私、ね。京ちゃんに会う前から、京ちゃんのこと、きっと好きだったから」

京太郎「いや、それって反則だろ。そういう事言うなら、俺は照ちゃんの事前世から好きだったとか言っちゃうぞ」

照「いや、そういうのじゃなしに」

京太郎「?」

照「咲に、京ちゃんの話、聞いてたから」

京太郎「…」

照「名前も知らない、顔もわからない、会ったことも無いその頃の『京ちゃん』だったけど」

照「その頃の『京ちゃん』は、私にとっては咲を救ってくれた恩人で、もうとっくに私のヒーローで、憧れの人で」

照「格好良い、初恋の人」

京太郎「…」

照「…だったの」

京太郎「…おうふ」

照「だから、私の勝ち」

京太郎「…参りました」カアアア

照「…は、恥ずかしいなぁ」カアアア

店員「…このわかめの天ぷらはサービスです」スッ

終わり