淡「…」

照「…と、言って別れたものの、その後私が京ちゃんに会う事は何年も無かったんだ」

誠子「どうして?」

照「咲が…妹が私と彼が会うのを良しとしなかったんだ。何度かこっそり病室に行こうとしても

、常にアイツが病室に居たし、彼の退院後は彼にベッタリになった」

照「…私は、アイツに責められるのが怖かった。京ちゃんが怪我したのは、紛れもなく私のせい

だったから。だから、文句も言わなかった」

照「…いや。それも実は言い訳で、京ちゃんに会うのが怖かったのかも知れない。その証拠に、

公園に行くのを避けるようになった」

照「ついでに、進学校を白糸台に変えた。…まあ、これは私達姉妹の喧嘩が原因で元から危うか

った両親の関係に亀裂が入って、別居が決まったって言うのも大きな原因ではあるんだけど」

照「次第に私もアイツとは険悪な関係になっていってね。妹とは、こっちに来るまでずっと険悪

なままだったよ」

照「…だから、アイツが突然一人で東京に来た時は、驚いた」

照「『今までごめん』って、謝られたんだ」

照「京ちゃんが、妹にもさっきと同じ話をしたらしいんだ。話すのは2人目だったらしい」

照「それがアイツに心境の変化を与えたそうだ」

照「…けど、今度は私の方が苛立ってしまって。京ちゃんが傍に居るからって余裕ぶってるのか

この野郎って」

照「まるで、完全に妹に京ちゃんを取られてしまったような気になってしまったんだ」

照「…昔話はこんなとこかな」

淡「そんな話があったんだ…」

菫「なるほどね。そんなこんなで変な性格の歪み方はしたが、なんとかグレずに済んだ、と」

照「…」

菫「…ふう。少し疲れたな。照。それで、それが最近の挙動不審にどう繋がってるかだが」

照「ああ、それは…」

菫「長い話は却下だ。三行で話せ」

淡「エエエエエエエエエエエエ!!?」

菫「うるさいなぁ。何を驚いてるんだ淡は」

淡「いや、だって!さっきまでの話聞いて!ええ!?」

尭深「」カチカチ

淡「何スマフォ弄ってるんですか渋谷せんぱああああああああああああああああああい!!?」

誠子「それでさー。うん。うん。だから頼むよー。そっちだって悪い話じゃ…」

淡「いつの間に電話してるんですか亦野せんぱああああああああああああああああああい!!」

照「…」

淡「ああ!ほら!!宮永先輩黙りこくっちゃって…」

照「京ちゃんに会いに行った」

照「告られた」

照「テンパッて逃げた」

淡「本当に纏めちゃった!!」

菫「馬鹿だろお前」

淡「ひっでええええええええええええええええええええええええええ!!!」

照「…」ショボン

菫「…はぁ」

淡「ちょっと!!この人でなしども!!」

菫「なんださっきから五月蝿い淡。その人でなしてのは私達の事か」


淡「あったりまえです!!」

照「…」

淡「あのですねえ!この鬼畜ども!折角宮永先輩が勇気出してこんなヘヴィなはなししてくれた

のに、なんですかこの態度!畜生ですか!」

菫「って言われてもなぁ…いや、馬鹿だろ。なんだこの救いようのない青臭いコミュ障の昔話は

。私なら恥ずかしくて墓の下まで持っていく」

淡「っきいいいいいいいいいいいいい!!」

菫「五月蝿いなぁ…」

淡「あああああああああああ!!」

菫「誠子」

誠子「アイアイサー」キュッ

淡「ゴフッ」

菫「もういいぞ。少しは血の気は収まったか?」

淡「血の気が引きました」

菫「よし。…で、誰に頼んだんだ」

誠子「ああ。最近内に良く取材に来る記者に」

淡「…は?」

誠子「スクープやるからって言ったら、今すぐ車で来ると」

淡「へ?」

菫「よし。尭深。清澄までの地図は」

尭深「バッチ」グー

菫「ん。それじゃあ、車来るまでに各自準備しておくように」

淡「…へ?」

菫「…照」

照「…」

菫「照!!」

照「」ビクッ

菫「お前も準備しろ。急げよ。これから清澄へ行くから」

照「…え」

菫「話は分かった。お前の凹んでる理由も分かった。ついでに解決法も分かった。だから解決に

行く」

照「ちょ…」

菫「拒否権は無いぞ。今までお前には3年間散々振り回されてきたんだ。最後の最後で渾身の力

で振り回してやる」

照「ま…」

菫「要は、お前がその『京ちゃん』に想いを伝え返せば全部解決なんだろう?簡単じゃ無いか」

照「ば、馬鹿言うな!そんな簡単な話しじゃ…」

菫「簡単ですぅー。お前が勝手にややこしくしてるだけじゃないか。テンパッて逃げてなければ

今頃ハッピーエンドだろ?浮かれたお前を私がぶん殴ってそれで終わってたはずだろ?なんでこ

んな面倒な事にしてくれてるんだ。ふざけやがって」

照「む、無茶苦茶…」

菫「無茶苦茶なのはお前だ。『京ちゃん』の身になれ馬鹿。想い人に一世一代の懺悔したと思っ

たらいつの間にか蒸発されて、数年後に奇跡的に出会って思い切って大告白したら逃げられて…

可哀想過ぎて泣きそうになったわ。アホか」

淡「言われてみれば…」

照「うぐ…」

菫「しかも、お前の話だと妹もその子が好きなんじゃないのか?よく今まで無事だったと思うよ

。運の良さだ・け・は!流石だと言っておいてやる。馬鹿」

淡「確かに奇跡ですよね」


照「おふ…」

誠子「先輩。車が来たみたいです」

菫「よし。それじゃあ行くか」

尭深「これ、カーナビです」スッ

菫「ありがとう。借りておくよ」

照「…」

菫「照」

照「はい」

菫「さっきの反論は」

照「ありません」

菫「ん。じゃあ行くぞ」

照「はい」

泡(あの宮永先輩が子羊のようだ…)

菫「じゃあ、誠子。尭深。明日の部活は任せた。私と照はサボりだ」

誠子「了解」

淡「…」

菫「…淡」

淡「は、はい!!」

菫「……お前も来るか?」

淡「…」

照「あの…菫。一応私がメイン…」

淡「…お願いします。私も連れて行って下さい。弘世先輩」

照「淡まで…」

菫「…ふ。いいだろう」

照「…」

菫「行くぞ。こんなのは、要は行動なんだ。さっさと行ってさっさと済ませるに限る。だろう?

照」

照「はい」

誠子「今から行けば、最短で明日の日の出前くらいまでには長野に到達するでしょう」

菫「よし。わかった。なら、現地に着いたら即効連絡して呼び出せ。連絡先は勿論知ってるんだ

よな?」

照「さっき聞いたけど…日の出前に連絡って常識的にどうなの」

菫「お前が言うな」

淡「ばっさりだ…」

菫「さて…それでは諸君。…行くぞ!!」

照「…はい」

淡「…はい」






数時間前
長野→清澄の在来線の中

京太郎「…くー…くー…」

咲「…」

優希「…なあ、咲ちゃん」

咲「…なに?優希ちゃん」

優希「…私は、早く告白しちゃった方がいいと思うじぇ」

咲「え…」

優希「…ん。なんでもない」

咲「それってどういう…」

優希「まだ清澄まで時間あるよな?私は寝るじょ」

咲「あ…」

優希「おやすみ」

咲「…」

優希「…すー…すー…」

咲「…」

咲「…私…」

咲「私は…」

咲「…」

ガタン…ガタン…ガタン…






清澄駅ホーム

優希「さて…それじゃあ、私はさっさと帰るじょ。じゃあな、お前ら」

京太郎「…ん。おう…」

咲「うん…」

優希「…はぁ」

優希「じゃーーーあーーーなーーー!!」

京太郎「うおっ!?」ビクッ

咲「きゃっ!?」ビクッ

優希「ったく…な~に二人してテンション下げてるんだか」

咲「…」

京太郎「わ、悪い悪い…ああ、じゃあな。また明日…」

優希「…京太郎。もしかして」

京太郎「?」

優希「…ん。なんでもないじょ」

京太郎「?」

優希「咲ちゃん」

咲「…うん。また明日。ばいばい」

優希「…ん」

咲「…」

優希「…京太郎」

京太郎「なんだよ」

優希「もう暗いし、咲ちゃん一人で帰らすの、心配だじょ。お前、送ってってやれ」

咲「はっ…!?」

京太郎「…分かった」

優希「うっし!」

京太郎「お前はどうすんだよ」

優希「私のような強者はお前ごときの見送りは不要よ」

京太郎「なんだよそりゃ」

優希「ふっふっふ。…じゃあ、任せたじょ」

京太郎「…」

咲「ゆ、優希ちゃん…」

優希「咲ちゃん」

咲「…なに?」

優希「…」

咲「…」

優希「にひっ」

咲「あ…」

優希「じゃあね~~~~」タッタッタッタッタッ

咲「優希…ちゃん…」



京太郎「…」

咲「…」

京太郎「…」

咲「あ、あの…京ちゃ…」

京太郎「行こうぜ。咲」

咲「…うん」

京太郎「…」スタスタ

咲「…」スタスタ

京太郎「…」スタスタ

咲「…」スタスタ

京太郎「…」

咲(…沈黙が、重い。京ちゃんと二人っきりで歩いて、家まで送って貰って…本来は凄く嬉しい

はずなのに、居心地が悪いよ)

京太郎「…」

咲(…さっき電車の中で優希ちゃんに言われた言葉が頭に響いてるから?)

咲(…早く告白した方が良いって…そんな、いきなり言われても、私は…どうすれば)

京太郎「…」

咲(それに、京ちゃん、さっきから元気が無い)

咲(ううん。正確には、さっき長野駅のホームでトイレに行ってから。あれから帰ってきた時、

京ちゃん、目に見えて落ち込んでた)

咲「…」

京太郎「…咲」

咲(何かあったの?京ちゃん。電車の発車時間ギリギリに帰ってきて、電車に乗ったと思ったら

すぐにふて寝みたいに眠っちゃって…ちょっと怖かったよ)

咲「…」

京太郎「咲?」

咲「あ…う、うん。なに?」

京太郎「お前んち、どっちだったっけって」

咲「え?」

京太郎「いや、お前んち行くの久しぶりだったから。ちょっと記憶曖昧で」

咲「あ、それは…」

咲「…あれ?」

咲「…わかんない」

京太郎「…お前に聞いた俺が馬鹿だった」

咲「むっ…」

京太郎「しっかし参ったなー」

咲「…う」

京太郎「どうすっかね」

咲「えっと…」

京太郎「仕方ねーなー。スマフォで確認すっか。住所は流石に覚えてるよな?」

咲「うん…って、馬鹿にしすぎ!」

京太郎「ははは…で、住所は?」

咲「あ、えっとね…」

咲「ん。この道見覚えあるよ。ここからなら大丈夫」

京太郎「そっか。じゃあもう地図は見なくて大丈夫か」

咲「けど、おかしいなぁ。いつも通ってる道のはずなのに…」

京太郎「それはあれだな。今がもう真っ暗だからだ」

咲「…」

京太郎「夜道は、いつもと違って見えるもんだ」

咲「…」

京太郎「ま、しかたねーよ」

咲「…なんか」

京太郎「ん?」

咲「なんか、優しいね。京ちゃん」

京太郎「…そうか?」

咲「うん。いつもなら絶対私の事からかい倒すのに」

京太郎「…」

咲「…なにかあったの?」

京太郎「…」

咲「その…さっき、の。長野駅で」

京太郎「んー…」

咲「…」

京太郎「まあ、な」

咲「…」

京太郎「…」

咲「…あの」

京太郎「…」

咲「…何があったか…聞いてもいい?」

京太郎「…」

咲「…」

京太郎「…」

咲「…」

京太郎「…どうすっかなー」

咲「…」

京太郎「ん~…」

咲「…」

京太郎「…誰にも言うなよ?」

咲「…」

京太郎「…実は、さっきさ」

咲「…うん」

京太郎「ふられちった」

咲「え…」



京太郎「…さっき、電車の待ち時間に。照ちゃんに、さ。告白しに行ったんだわ」

咲「…」

京太郎「…好きです!っつってさ。そしたら、泣かれちゃった。で、ごめんね!って言われて、

そのまんま新幹線に乗ってっちまった」

咲「…」

京太郎「まさかあんだけ拒否られるとはなー。せめてお友達のままで…くらいだったらまだ良か

ったんだけど…いや。これもやっぱヘコむか」

咲「…」

京太郎「以上」

咲「…」

京太郎「…昔から、ずっと好きだったんだ。諦めかけてたんだけど、まさかの偶然の再開で、テ

ンション上げすぎちまったんかね」

京太郎「そりゃ冷静に考えて、昔ちょっと一緒に遊んだガキなんかに今更告られてもどーせいっ

ちゅーねんって感じだわな」

咲「…なにそれ」

京太郎「…悪い。キモかったか?引いた?」

咲「…」

京太郎「…そりゃそうだよな」

咲「…」

京太郎「…っと。着いたんじゃね?確かここだろ。お前んち」

咲「…」

京太郎「…じゃ、俺は帰るから」

咲「…って」

京太郎「さって…と。それじゃあ、また明日な。咲」

咲「待って…」

京太郎「お、今日はそう言えばまだまだオリンピックやってるよな。よし、ダッサイふられ男は

コンビニ寄って菓子でも買って、自棄食いしながら朝まで生観戦…」

咲「待って!!」

京太郎「…どうした?」

咲「…ちょっと、待ってて…!!」

京太郎「…はぁ」

咲「いい!?待っててね!絶対待っててね!!絶対絶対!黙って帰ったら駄目だからね!!」

京太郎「お、おう…」

咲「っ!!」ダッ

バタン ダダダダダダ

ドタン バタン ドタン バタン ゲシッ                ウギャアアアアアアアア!!

京太郎「?」

バタン

咲「おまたせ!!」

京太郎「お、おう…」

咲「あ、あのね!?京ちゃん!」

京太郎「ああ」

咲「…きょ、今日、お父さんお仕事で帰って来れないんだって」

京太郎「え…?けど、お前んち電気点いて…」

咲「…消し忘れて出てっちゃったんだって。置き書きしてあった」


京太郎「いや、それはなんかおかしくな…」

咲「だ、だから!!!」

京太郎「はい」

咲「…せ、折角だから…わ、私。京ちゃんの自棄食いに付き合ってあげるよ」

京太郎「…」

咲「…うちでテレビ、一緒に見てかない?」

京太郎「咲…」

咲「…う、うち、さ。テレビ結構大きいし、お菓子も飲み物もいっぱいあるし、その、私の他に

は誰も居ないから大声出しても迷惑にならないし…」

京太郎「…」

咲「え、えっと…あ、そうだ。それに、今から家に帰ってたら見逃しちゃう競技も、今から私の

うちで見たらいっぱい見れるし…」

京太郎「…」

咲「…ど、どう…かな?」

京太郎「…」

咲「あ、か、勘違いしないでよ!あくまで京ちゃんの残念会の自棄食いに付き合ってあげるのが

メインなんだからね!」

京太郎「…」

咲「…って、わけなんですが」

咲「い、いかがでしょうか…」

京太郎「…はは。ありがとうな。…それじゃあ、お言葉に、甘えちまおう…かな」

咲「…」

京太郎「…なんて」

咲「う、うん!!じゃあ、入って!」グイッ

京太郎「おっとっと…」




長野行きの車の中

淡「」ソワソワ

照「…淡?」

菫「…どうした淡」

淡「えっと…その…ま、まだ長野には着かないんでしょうかね」

照「いや…まだまだだけど」

菫「やっと首都高を出たところだぞ」

淡「うぐぐぐ…」

照「どうしたの?」

淡「えっと…その…お、お小水が…」

照「ああ」

菫「淡。どんまい」

淡「ええええ!?」

菫「我慢しろ。事態は一刻を争うんだ。…最悪、黙っててやるから」

淡「お、鬼!悪魔!人でなし!」

菫「くー…」

淡「うわああああああん!寝たふりしたこの人ーーー!」

照「菫…それは流石に淡が可哀想…」

記者「って言うか、私の車の中でおしっこなんか漏らさないでよ。記事にしちゃうわよ」

淡「そんなんされたら自[ピーーー]るぅううううううう!!」

菫「仕方ないな…記者さん。次のパーキング停まってあげて下さい」

照「お願いします」

記者「もとからそのつもりだわよ…っていうか、もう着くわよ」

淡「ほっ…」

記者「はい、到着。行ってこーい」

淡「ありがとうございますううううう!!」タタタタ

記者「ついでに、悪いけど私もちょっとコンビニ行ってくるわ。眠気覚まし買ってくる」スタスタ

照「…」

菫「お前も行ってこい」

照「えっ…」

菫「気分転換も必要だろ。ついでに適当に菓子でも買ってくればいい」

照「…」

菫「今からソワソワしても、仕方ないだろ?今の内にちょっとリラックスしておきなさい」

照「…うん。じゃあ、ちょっと行ってっくる」

菫「あ、ついでにコーヒー買ってきてくれ。UCCのブラックのな。財布は出すの面倒だからお前

の奢りでいいぞ」

照「…」

菫「なんだその顔。ほら、行け」シッシ

照「…はい」スタスタ



コンビニ

照「…菫、最近酷くない?」

照「…えっと。お茶と、お菓子買ってこう。あとは、菫のはなんだっけ。…あれ?ミルク入りの

コーヒーだっけ。…あれ」

照「まあいいや。このカフェオレにしよう。ミルクと砂糖たっぷりのほうが美味しいし」

照「淡にもなんか買っていってあげよう。コーラでいいかな」

照「…消臭ガム買ってこう」

照「えっと、あと、あぶらとり紙も」

照「…ん?」

照「…あ。折角長野に行くんだし、時間有ったら久しぶりに実家に寄ってもいいかな。みんなに

昔の話したら、すっきりしちゃった。咲とも仲直りしたい…」

照「…うん。それじゃあ、これを買っていこう」ヒョイヒョイヒョイ

照「あとは…」チラッ

照「…えっ?」

照「そ、そんな…」

照「なんでコレがここに…!!?」



車内

照「ただいま」

菫「おかえり」

照「はい、コーヒー」スッ

菫「サンキュ…って、これ、カフェオレ…はぁ。お前は…」

照「?」

菫「…まあいい。で?随分と大量に荷物を抱えているけど、どうしたんだ?適当に菓子でも…と

は言ったが、車内で宴会でも始める気か」

照「ふふ…」

菫「…?久しぶりに笑ったな」

照「見ろ、菫」

菫「んあ」

照「奇跡だ」ガサガサ

菫「なにが…って」

照「じゃーん。東京ばな奈」

菫「…まあ、高速のコンビニって、たまに名物とか置いてるよな」

淡「すいませーん!おまたせしましたー」タッタッタ

記者「おらぁ!!気合入ったぁ!!」タッタッタ

照「2個はお土産。後は私が食べる」モックモック

淡「うわ…また東京ばな奈だ…」

菫「…見てるだけで胸焼けしそうだ。やっぱりブラックが良かったな」

記者「うおおおおおおお!!レッドブル8本効っくぅうううううう!こっから先はぶっとばすぞ

おおおおおおお!!」

淡「え…」

記者「振り切るぜ!!!!」

淡「なにを…」

ギュルルルルル  ブオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!





宮永家

咲「…」

京太郎「…」

咲「…」

京太郎「…」

咲「オリンピック、凄いね」

京太郎「ああ…」

咲「…お菓子、食べないの?」

京太郎「ん…まだいいや」

咲「そっか…」

京太郎「うん。もうちょっとテレビ見るのに集中する」

咲「…」

京太郎「…」

咲「……い」

京太郎「…咲?」

咲「…京ちゃんはズルイよ」

京太郎「…あ、ああ、悪い。お邪魔してる立場なのに、1番テレビ見やすい正面のソファに座っ

ちまって」

咲「…」

京太郎「…あれ、そうじゃなくて?」

咲「…」

京太郎「咲?おーい」

咲「…ううん。その通り」

京太郎「ごめんごめん。今どけるから…」

咲「いいよ」

京太郎「え?」

咲「そのままでいい」

京太郎「…」

咲「…」スッ

京太郎「ちょ!?」

咲「…私が京ちゃんの隣に座るから」

京太郎「お、お前…!」ドキドキ

咲「」ピトッ

京太郎「あわわわわ」

咲「…ねえ」

京太郎「は、はい!?なんでしょう!!」

咲「…これって、今どっちが勝ってるの?」

京太郎「え?あ、テ、テレビか!?え、えっとな!これは…」

咲「…」


京太郎「それで、これは…こういうルールで…」

咲(…京ちゃん)

京太郎「で、これはこっちが…………で………」

咲(京ちゃん…)

京太郎「この大会のルールだと……で……………の場合は…」

咲(京ちゃん…!!)

咲(好き)

咲(大好き)

咲(大大大大大好きだよ)

京太郎「……だって…………ってルールで…俺の好きな………は……」

咲(愛してる)

咲(…けど、京ちゃん)

咲(私、私、私…!!)

咲「…」

咲(私は……っっっっっ!!)

咲「…ありがとう」ボソッ

京太郎「…へ?」

咲「…」

京太郎「…咲?」

咲「…」

咲(…私は、京ちゃんには告白しないよ)

咲「…」

京太郎「…寝ちまったのか?」

咲(好きだけど。愛してるけど。告白しないよ)

咲「…」

京太郎「…そっか。寝ちまったか…」

咲(うん。私は…眠ってしまったの)

京太郎「…」

咲「…」

咲(…京ちゃんの好きな人が、お姉ちゃんなのなら…)

咲(私は、京ちゃんに告白しないんだ)

咲(絶対に。絶対に告白してあげないんだ…)

咲(してあげないんだから…)





咲(…京ちゃんが、言っちゃったから悪いんだよ?)

咲(私が、それを知ってしまったから…)

咲(だから、告白しないんだよ)

咲(…京ちゃん、今私が身体を寄せた時に、ドキドキしてくれたでしょ?)

咲(…だから、告白してあげないんだよ)

京太郎「…咲」スッ

咲「…」

京太郎(…止めた。寝てる咲に何しようとしてんだ俺は。頭撫でるつもりか。さっきの今で。…

馬鹿野郎。これ以上屑になる気か俺は)

京太郎「…はぁ」

京太郎(…咲がもたれ掛かってるし。動けないな)

京太郎(…俺も、寝よう)

京太郎「…」

咲(…京ちゃんが、お姉ちゃんを好きだから悪いんだよ)

咲(京ちゃんが、お姉ちゃんに告白したから悪いんだよ)

咲(…京ちゃんの中の私が、お姉ちゃんに負けてたって、知ってしまったから)

咲(…だから、私は、告白しないんだ。私は京ちゃんに告白しないよ。京ちゃんが私に告白して

くれるなら応えてあげるけど)

咲(…お姉ちゃんに、負けたまんまじゃ、応えてあげないんだから)

咲(京ちゃんは寂しんぼだから、もしかしたら今私が本気で告白したら、応えてくれるかもしれ

ないけど)

咲(…けど、それをしたら、お姉ちゃんにも、優希ちゃんにも顔向けが出来ないから)

咲(…だから)

咲(…だから、ねえ京ちゃん)

咲(…私、馬鹿だよね)

咲(…だけど、決めたんだ)

咲(…京ちゃんを、本気で惚れさせてやるって。お姉ちゃんに勝って、京ちゃんの告白に『しょ

うがないなー』言って応えてあげるって)

咲(それまで、京ちゃんの1番はお姉ちゃんで良いよ)

咲(けど、絶対に負けないから)

咲(…負け…)

咲(…怖いけど)

咲(不利かもしれないけど)

咲(今のままじゃ、お姉ちゃんがその気になったらあっという間に終わってしまうけど)

咲(…時間もないし、勝ち目も全然見えないないけど)

咲(…それでも、私はこんな不器用な戦い方をする自分を、誇りに思える。肯定できる。だから

、闘う)

咲(…)

咲(…私)

咲(…馬鹿だなぁ)

咲「…」

京太郎「…すう…すう…」

咲「…」パチッ

京太郎「…すう…すう…」

咲「…京ちゃん?」


京太郎「…すう…すう…」

咲「…寝たの?」

京太郎「…すう…すう…」

咲「…寝たんだね」

咲「…」

咲「…京ちゃん」

咲「…待っててね」

咲「それと」

咲「ごめん」

咲「…あとは」

咲「…ばーか」

咲「…」

咲「…」チュッ

咲「…」

咲「…ほっぺただけは、貰っておくよ」

咲「…」

咲「…」

咲「…」

咲・京太郎「「…すう…すう…」」





未明
清澄

記者「着いたぁああああああああああ!!…すみません。体力の限界ですので休ませて下さい」

菫「…着いた、か。ご苦労さまです。ふう。流石に田舎だけあって清々しい空気だ」ノビー

淡「うぐぅ…」フラフラ

照「ごふぅ…」フラフラ

菫「なんだお前ら。随分とフラフラじゃないか」

淡「だって…あの激しい運転…」ヨロヨロ

照「…」

菫「情けない…これからが本番だというのに…」

淡「化物ですか先輩の体力」

照「えう…」

菫「…照?」

照「うぷ…」

菫「…おい」

照「…ごぷ」

菫「おい!」

淡「ちょ!?まさか…!」

記者「ま、待って宮永さん!せめて車の外に…」

照「えろろろろろ…」ゴッポォォ

記者「ぎゃああああああああああああああああああああ!!!」

淡「うわぁ…」

菫「やっちまいやがった…」ハァ

照「ギボジワルイ」ウルウル

記者「」

淡「高速の車の中であんなに甘いもの食べるから…」

菫「…おい。大丈夫か?」

照「まずい。死ぬ」

菫「参ったな…流石にこんな状態のコイツにターゲットを会わせるわけにもいかないし…」

淡「どこか、休める場所とかありませんかね」

記者「」

淡「…記者さん、真っ白になってます。…すみません。せめて安らかに…」ナームー

菫「この辺はとんでも無い田舎だしな。休憩出来そうな場所あるか?ホテルとか、カフェとか、

マンガ喫茶とか」

照「…無い。間違いなく」フラフラ

菫「むむむ…」

淡「かと言って、宮永先輩のゲロまみれの車の中は…」

菫「却下だ」

照「その辺の道端でも大丈夫…」

菫「却下。虫が多い」


淡「じゃあ、どうしましょうか」

菫「…照」

照「なに…」

菫「…お前の家はどこだ」

照「…?」ポヘ?

菫「いや。お前の実家だよ。こんな時間に訪ねるのもアレだが、実家なら休憩くらい出来るだろ

うが」

淡「あ、ナイスアイディア」

照「えー…」

菫「なんだ。嫌そうな顔だな」

照「なんか咲に顔合わせにくいっていうか…」

菫「お前、今更なぁ…」

照「むぅ…」

菫「兎に角だ。この辺は虫多いし、暑いし、私はいい加減一刻も早くクーラーの効いた室内に行

きたいんだよ」

淡「それが本音ですか」

照「菫、酷い」

菫「五月蝿い。いつまでも駄々捏ねてるとそのトコロテンのような頭をシェイクするぞ」

照「ごめんなさい」

淡(この人にだけは、本当に逆らわないようにしなければ…)

菫「分かったな?それじゃあ早く案内しろ。迷ったらシェイクだ」

照「はい」

淡「あの…」

菫「ん?」

淡「記者さんは…」

記者「」

菫「…記者さん」

記者「あ、は、はい…」

菫「今晩中には東京に戻りたいので、車の中綺麗にしておいて下さい」ニコッ

記者「…」

菫「ありがとうございます。では、よろしく。…さ、行くぞ、照」ズンズン

照「はい…」トボトボ

淡(哀れな…って)

淡「…」チラッ

記者「…」

淡「…えっと」

記者「…?」

淡「…よ、よろしくお願いします!」ペッコリン

記者「…」

淡「弘世先輩ー!宮永先輩ー!待ってくださいよー!」トテテテテ





宮永家

京太郎「…ん」パチッ

咲「あ、起きた?」

京太郎「咲…」

咲「おはよ」

京太郎「…おはよう。今何時?」

咲「まだ5時前だよ」

京太郎「なんだよ。ぜんっぜん寝てねーじゃん…」

咲「ふふ…狭いソファーの上に二人だったからね。無理な体勢でよく寝れなかったのかも」

京太郎「」ドキッ

咲「京ちゃん?」ズイッ

京太郎「あ、ああ…なんでもない」

咲「そっか」

京太郎「お、おう…あ、そういえば今日学校じゃん。授業道具取りに行かなきゃ…」

咲「まだ結構時間はあるよ?」

京太郎「そうだけど、風呂入ってねーしシャワーくらい浴びてきてーし」

咲「…うちの浴びてく?」

京太郎「はぁ!?」

咲「…ふふふ。なんちゃって」

京太郎「お前なぁ…」

咲「あはは!」

京太郎「んじゃ、行くぞ。お邪魔しました…」

咲「ちょっと待って」

京太郎「なんだよ」

咲「私、早起きしたから、朝ごはん作ってたの」

京太郎「…」

咲「ついでだから、食べてかない?」

京太郎「…いいの?」

咲「うん。あと、私はもう食べたし、これからシャワー浴びてくるから」

京太郎「…」

咲「私が上がってきたら、一緒に学校行こ?」

京太郎「…」

咲「京ちゃんが家でシャワー浴びてる時間くらい、外で待ってるから」

京太郎「咲…」

咲「それじゃあ、行ってくるね。あ、ご飯は炊飯器から好きなだけよそって良いよ!おかわりも

ご自由に!」タタタタ

京太郎「…行っちまった」

京太郎「もう配膳されてるし」

京太郎「目玉焼きに、味噌汁に、肉じゃが?」

京太郎「…ま、いっか。折角だし、いただきますか」

京太郎「…」ゴソゴソ

京太郎「…」パクッ

京太郎「…ん」

京太郎「んまい」モグモグ


京太郎「…」モグモグ

京太郎「…」モグモグ

京太郎「…」モグモグ

京太郎「…」モグモグ

京太郎「…ごちそうさまでした」ペッコリン

咲「ふう。いいお湯だった」スタスタ

京太郎「ぶふっ!」

咲「あれ、どうしたの?京ちゃん」

京太郎「…いや、なんでもないです」

咲「そう?」

京太郎「…」

京太郎(すでに制服だけど…湯上りだから髪濡れてて艶っぺー!?)

京太郎(くっそ…!なんなんだよ昨日から!このぉ…咲の癖にぃい…!)

咲「…ご飯、どうだった?」

京太郎「ん。美味かったよ。ごちそうさま」

咲「そう。良かった。お粗末さま」ニコッ

京太郎「…」

咲「洗い物は帰ったらするから、じゃあ、もう出ようか」

京太郎「ん?あ、ああ…そうだな」





道端

照「あれ…えっと…」キョロキョロ

菫「…」

淡「…」

照「えーっと…こっちがあれで、あっちがそれで…えっと…」

菫「…おい。ジモティ」

照「あれ…」ウロウロ

淡「宮永先輩って…」

照「あ、こ、この道!この道なんだか見覚えがある!」

菫「当たり前だ」

淡「…さっきもこの道通りましたよ」

照「…困った。道が変わってる」

菫「お前の生まれ故郷は不思議のダンジョンか」

淡「ああ。それなんか納得しました」

照「あれ?なんで?あれ?」

淡「迷ったんですね…」

菫「まさか本気で生まれ育った故郷で道に迷う奴が居るとは…」

照「あううう…あ、こ、こっち…かも…」

菫「おい、淡。コインランドリー探せ。コイツ一回乾燥機で回してやる」

淡「落ち着いて下さい弘世先輩」

照「しまったな…どうやって私はこの町で生きてきたんだろう」

菫「本当にな…」

照「…キボジワルヒ」

淡「またですか!?」

菫「ほら、道端行け。幸いこの辺田んぼばかりだ。お前の酸っぱいゲロも肥料になろう」

照「オボロロロロロロ…」

淡「…私、なんだか泣けてきました」サスサス

菫「それにしても…ふう。どうしたものか。このままじゃ我々はこのド田舎で遭難してしまうか

もしれん」

淡「人様の街を…」

照「…はぁ。はぁ」

淡「…あ、もう大丈夫ですか?」

照「ん」

淡「…なんか、この人随分大人しくなりましたね」

菫「そうだな。麻雀部では威張り腐ってる癖にな」

照「…」

淡「…」

菫「ん?何か言いたそうな顔だな」

淡「いえ。何も」

菫「そうか」

淡(逆にこの人は何故こんなに理不尽なのだろうか)


照「…っ」ピクッ

菫「…ん?」

淡「どうしたんですか?宮永先輩」

照「…ねえ、何か聞こえない?人の声…」

淡「え?ん…言われてみれば確かに」

菫「おお、丁度いいじゃないか。道を尋ねられる」

淡「あ、確かに」

照「…」

菫「良かった、これで遭難を免れられるぞ。早く道を押しえて貰って宮永家に行こう。流石に歩

き疲れた」

照「…」

淡「そうですね。私もお腹すいちゃいましたし…シャワー借りられないでしょうか」

照「…」

菫「…照?」

照「…この声」

淡「…宮永先輩?」

照「…聞き覚えがある」

菫「は?何を…」

照「あっちだ…!」タッ

菫「あ。おい、照…!」

淡「えっ!?えっ!?えっ!?」

菫「淡!ぼさっとするな!追うぞ!」ダッ

淡「あ…は、はい!!」ダッ



咲「          」

京太郎「           」

咲「             」

京太郎「             」



淡「…そして、勢い良く走っていった割にコソコソ後ろをつけるんですね」コソコソ

照「…うん。あの子達が、妹の咲と、私の好きな人の須賀京太郎君」コソコソ

淡「良くあの遠距離で確認できましたね。今だって顔を確認出来るような距離じゃないのに」

照「二人は私の大切な人だもん」

淡「…そうですか」

菫「…何を話してるかは聞き取れないが随分親しげじゃないか。それにこんな時間に二人で歩い

て…もう付き合ってるんじゃないのか?今は朝帰りに的な」

照「」ガーーーン

淡「弘世先輩!」

菫「いや、でもあれはどう見ても」

照「…」クスン

淡「ほらぁ。また凹んじゃったじゃないですかぁ…」

菫「面倒くさい…わかったわかった。まだ付き合ってない付き合ってない」

淡「…」

照「…そう、かな」

菫「ああ。大丈夫だ」

照「」ホッ

淡「信じた!?」

菫「しかし、それでもあの二人が随分仲良さそうなのは間違いないぞ」

照「あわわわわ」オロオロ

淡「面倒な人だなぁ…」

菫「どうする?照。まさかここで会うとは色々と手間が省けた感じではあるが…」

照「こ、心の準備まだ出来てないよ…」

菫「だよなぁ…」

照「ど、どどどどうしよう、ねえ、菫、淡…私…」

淡「それに、妹さんもいる前じゃ、ちょっと…」

照「そ、そうだよ。今は咲が居るし。駄目だよ。それにもし二人が本当に付き合ってたら私…」

菫「ったく…」ボリボリ

淡「…菫先輩?」

菫「…照。お前、そこでちょっと待ってろ」

照「…へ?」

菫「行くぞ。淡」

淡「へ?」

菫「私に考えがある。上手いことあの妹ちゃんをターゲットから引き離すぞ」

照「え?」

菫「照。私達がここまでするんだ。まさか私達の頑張りを無視してこのままウダウダしてるなん

て情けない真似で終わるんじゃないだろうな」


淡「ちょ!?強引過ぎませんそれ!?」

菫「大丈夫、別に危害を加えるわけでは無いさ。ただちょっと照の告白までの時間稼ぎをさせて

貰うだけだ」

淡「なんか怖いですよ。言っておきますけど、私は不良の真似事なんて絶対にしませんからね」

菫「馬鹿言うな、私がそんな真似するわけないだろ。なあ?照。お前ならわかるだろ」

照「い、妹に手を出すなよ…!」

淡「ほら、信用されてない!」

菫「あれ…おかしいな」

照「い、幾ら菫だって、咲に危害を加えるなら私だって…」

淡「信頼ってなんなんでしょうか…」

菫「めんどくせえなぁ…」

淡「そういうのが悪いんですって!」

菫「ったく。兎に角、行くぞ。照。このままそこで縮こまってたらもうどうなっても知らんぞ。

どうしても妹が心配なら、告白の結末だけ着けてから来い」

淡「妹さん人質!?」

菫「今まで色んな事から逃げてばかりで、情けないと思わないのか」

照「…」

菫「いじめから逃げて、妹と向き合うことから逃げて、自分の気持から逃げて、挙句に好きな人

からの告白からすら逃げて。次は何から逃げる気だ?麻雀か?学校か?人生か?」

照「…」

菫「一個でも最後まで立ち向かって見ろよ。お前、確かに麻雀はバケモノだけど、このままじゃ

壁にぶつかったらそこで終わるぞ」

菫「…麻雀だけじゃなくてもさ。他になんにも取り柄の無いお前だけど、それでも逃げずに立ち

向かえばなんとか打ち勝てるものだって今までの人生には幾らでもあったはずなんだよ」

照「…」

菫「立ち向かえ。お前がさっき妹を私から守ろうとしたろ。そんな風に立ち向かえ。一人が怖い

なら私達に頼れ。お前が望むなら、私達が幾らでも力になってやるから」

菫「お前、長野は敵ばかりで、友達が居なかったって言ってたよな?じゃあ、今はどうだ?私は

?淡は?誠子は?尭深?他の麻雀部やクラスの連中は?」

照「…」

菫「例えどれだけダメ人間のお前でも、友人の私達の力が有れば、お前、幾らでも強くなれるだ

ろう?」

菫「だから、安心してぶつかってこい。戦うべき時に戦ってこい。勇気出してやりたい事、やる

べき事やって、結果見届けて、自分の限界知ってこい」

菫「失敗したら笑ってやるから。一緒に泣いてやるから。成功したら一緒に喜んで笑ってやるか

ら」

菫「…それで、私が困ってたら、お前が私を助けてくれればそれでいい」

照「…」

菫「逃げるな。たまには逃げてもいいけど、今だけは逃げるな。逃げるべき時は逃げていいから

。今だけは絶対に逃げるな」

照「…」

菫「…行くぞ。淡」スッ

淡「あ…」

照「…」

淡「…宮永先輩」

照「…」

淡「私も、戦ってきます」

照「…」

淡「だから、待ってます」

照「…」

淡「…っ!」タタタタタ


咲「それでね、京ちゃん…」

京太郎「…ん?」

咲「…京ちゃん?」

菫「おはよう、少年少女達」スタスタ

淡「えーっと…お、おはようございます」

咲「…?お、おはようございます…」

京太郎「…誰?」

菫「ああ、失礼。私は東京の白糸台高校というところの人間だよ。3年生にして麻雀部部長の弘

世菫だ」

淡「お、同じく1年の大星淡です」

京太郎「…はぁ」

咲「えっ。白糸台って…お姉ちゃんの…」

京太郎「へ?」

菫「その通り。宮永照はうちのエースだ」

京太郎「えっ」

菫「そう。宮永照。…私達は親しみを込めて『照ちゃん』と呼んでいるがね」ニヤリ

淡(嘘ばっかり…)

京太郎「えっ!?」

咲「…何の用…ですか?」

菫「ん?何。大したことじゃない。これは恥ずかしながら今まで知らなかった事だが、我等が絶

対的なエースに、なんと妹さんが居ると言うじゃないか」

菫「あの子は恥ずかしがり屋でなかなか自分の事を話さないから、まあ無理もないのだけれどね



咲「…」

菫「それで、今日は君をスカウトに来た」

咲「は…」

京太郎「はぁあああああああああああああああああ!?」

淡(この人、悪役やったら板につくなぁ…)

菫「おや、何を驚いているんだい?」

京太郎「ふ、ふっざけんじゃねぇよ!!」

菫「至って真剣だが」

京太郎「尚更悪い!!」

菫「クククク。おや、何故だい?」

京太郎「何故って…全国前にしたこの時期に、王者がチャレンジャーの戦力引き抜きに来るって

、どういう了見だってんだよ!」

菫「おや、と言うことは君達も全国に出るのか、初めて知ったよ。なにせ我々は王者なので、下

々の者には興味が無い」

京太郎「この野郎…!!馬鹿にしやがって」

淡(初出場校はダークホースになりやすいって、いっつも入念に調べまくってる癖に)

菫「そう言われてもね。本当にこの子の存在を知ったのは最近なんだ」

京太郎「それは残念だったな!行くぞ咲!」

咲「あ、う、うん…」

菫「いいのかい?」

咲「…え、えっと…ごめんなさい…」

京太郎「だとよ!悪いけどお引き取り願おうか!王者様!!」


菫「本当にいいのかい?」

咲「…?」

京太郎「咲!耳貸すな!早く行くぞ」

咲「う、うん…」

菫「君の姉から、君宛てにと言って預かっている物があるんだが」スッ

咲「えっ…」

淡(あ…宮永先輩がコンビニで買ったっていう、妹さんへのお土産が入った袋。いつの間に)

菫「実は私もまだ中身を検めてはいないんだが…君にどうしても渡して欲しいと言われているん

だが」

咲「…」

京太郎「咲!」

菫「…私と、サシで話をしないか。丁度すぐそこに神社がある。そこで二人きり、ゆっくりとな



咲「…わかりました」

京太郎「咲!」

咲「大丈夫だよ。京ちゃん。この人、雑誌で見たことある。本当に白糸台の部長さんだ」

京太郎「けどよ…」

咲「…お姉ちゃんの名前を出したって言う事は、きっと本気でしたい話があるんだ。危ないこと

されるとも思えない」

菫「懸命な判断だ」

淡「ひ、弘世部長…?」

菫「なんだ?淡」

淡「い、いや…なんですかこの状況。サシで話って…私が一緒に来た意味一瞬で無くなっちゃっ

たじゃないですか。私どうすればいいんですか」ヒソヒソ

菫「さあね」

淡「絶句です」

菫「…お前、昨日から言いたい事あったんじゃないのか?コイツに」

淡「…へ?」

菫「お前、東京には小学生の時に転校してきたんだって?」

淡「…」

咲「…あの」

菫「…ああ、すまない。ちょっと打ち合わせをね」

京太郎「…咲」

咲「大丈夫だよ。…待ってて、京ちゃん」

京太郎「…わかったよ」

菫「こいつは人質だ。私がこの子に危害を加えたら、コイツをいじめ殺して良いぞ」

淡「ふえっ!?」

京太郎「誰がんな事するかよ!」

菫「ふふ。そうだったか失礼。それじゃあ行こうか」スッ

咲「はい」スッ

京太郎「…」

淡「…」

京太郎「…」イライラ

淡「…」ダラダラ


京太郎「…」イライラ

淡(ど…)

淡(どどどど…)

京太郎「…」イライライラ

淡(どおおおおおおおおおおおおおおおしよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!)

京太郎「…チッ」

淡「」ビクッ

京太郎「…あ?」

淡(なんか嫌な予感はしてたんです。確かにしてたんです。宮永先輩の話聴いてた時に、ちらっ

と確かに思ってたんです!)

淡(ま、まさか…まさか…まさか…!って!うっすらと嫌な予感はしてたけど、だけど、だけど

!顔見た後にああ、やっぱりって思ったけど!だけど!)

淡(まさか、宮永先輩が好きになるような人だし、なんだかんだ言って人畜無害そうな感じの人

だって思ったのに!信じたかったのに!)

淡(それでも一応なんか確かめなきゃいけないと変な使命感覚えてノコノコ付いてきたけど!)

淡(もうずっと前だし、名前も覚えてなかったし、顔もうろ覚えだったし!流石にトラウマ克服

したと思ってたのに!!)

淡(思い出してしまったぁあああああああ!!この人だ!!間違いない!!5年2組の須賀京太

郎だあぁあああああああああ!!!)

淡「」ガタガタ

京太郎「…おい」

淡「ひゃぃっ!!?」ビクッ

京太郎「…なんでそんなビビってんだよ」

淡「す、すみ、すみま、すみません…」ガタガタ

京太郎「…ん?」

淡(ひいいいいいい!)

京太郎「…アンタ、どっかで見たことあるような…」ジーッ

淡「そ、そうですか!?私アナタはじめて見ましたけど!お初にお目にかかると思いますけど!

!けど!!」

京太郎「そうだっけ…まあ、確かにそうか。俺に東京の知り合いなんか居ないはずだし…」ブツフ

゙ツ

淡(そしてとっさに誤魔化してしまったぁあああああ!ああああ!だから嫌だったんです!弘世

先輩の鬼!悪魔!弘世菫!あの人が傍にいるならって一緒に飛び出したのに!)

淡(なんで私とコイツが二人きりになる状況作り出してくれちゃってるんですかぁああああああ

あああああああ!!?しかも敢えて挑発しまくって印象と機嫌悪くした後に!!)

淡「あわわわ…」ボソッ

京太郎「…ん?」

淡「ひゅっ…」

京太郎「…」

淡(し、しまった…この口癖」。『あわわわ』って、昔からの癖なんだった。下手に使ったら思

い出されてしまう…)

京太郎「あわわわ…って…」

淡(手遅れ!?)ビックーーーン

京太郎「なあ、アンタ」

淡「は、はひ!?」

京太郎「悪い。さっき不意だったから、名前良く聞き取れなかったんだ。もう一回教えてくれる

か」

淡「あわわわ…」

京太郎「そう、その口癖。なんか引っかかるっつーか…」

淡「…」

淡(うわああああん!どうしましょう宮永せんぱぁあああああい!!)


淡「あのぉ…」

京太郎「ああ」

淡「そのぉ…」

京太郎「…」

淡「あー…」

京太郎「…」

淡「…」

京太郎「…」

淡「…」

京太郎「…」イライラ

淡(イライラしていらっしゃるぅううううううう!!)

淡(どうしようどうしようどうしようどうしよう)

淡(怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい)

淡(嫌。コイツからのいじめが耐えがたくて、わざわざ長野から東京まで転校してきたのに。も

う二度とコイツに会う事なんて無いと思ったのに)

淡(いじめられるのが嫌で、地味な外見が原因なのかもって悩んだ挙句に怖い外見になろうとア

イツの髪の色真似て染髪までしたのに)

淡(それが…それが、なんでこんな状況になってるの!?)

京太郎「なあ。答えろよ。オイ」イライラ

淡(いやああああああああああああああああああ!!何にも変わってないじゃないコイツ!!)

京太郎「なあ…アンタ」

淡(宮永先輩!コイツ、やっぱり駄目ですって!外見は確かにちょっと丸くなった…ってか柔和

そうな顔にもなりましたけど、やっぱりコイツ悪い奴です!)

淡(正解です!告白に応えないで正解でしたよぉおおおお!宮永先輩がコイツ彼氏としてうちの

部室に連れてきたりしたら、私ストレスで死にますから!!)

京太郎「…」

淡(無言で睨むなぁ!!あああああもうっ!逃げたい!逃げたい!逃げたい!逃げたい!逃げた

い!逃げたい!逃げたい!逃げ…)

淡「…逃げ?」ピタッ

京太郎「…?」

淡「…」

京太郎「…なぁ「大星淡です」」

京太郎「…へ」

淡「大星淡です。覚えてませんか?この名前」

京太郎「大星…淡…」

淡「はい。まあ、見た目はこの通り大分大人っぽくセクシーになってたので、外見で気付かれな

いのは仕方ないかも知れませんが」

淡「…ってか、タメだし敬語使う必要ないよね。須賀京太郎」

京太郎「おお…ぼし…」

淡「思い出せないって言うなら自己申告すれば良いよ。その瞬間ぶん殴ってやる」

京太郎「…お前、まさか…」

淡「思い出した?」

京太郎「…俺が、昔いじめてた」

淡「正解。じゃあ、殴られても仕方ないって、自分でもわかってるよね?」

京太郎「は…」

淡「[ピーーー]!!」バキッ!!


京太郎「いってぇ!?」

淡「ふん。思わず禁止用語を使ってしまいましたが。まあ、これで私の怒りはわかりましたね?

この糞野郎」

京太郎「…大星」

淡「ったく…宮永先輩には、今度プリンの王様プリン・ア・ラ・モード奢ってもらわなけりゃ気

が済みませんよ本当に」ブツブツ

京太郎「…あの」

淡「なんですか?この下郎」

京太郎「げろ…い、いや。その、待ってくれよ。お前には色々言いたい事も聞きたい事もあるん

だ」

淡「私には聞きたい事も教えたい事もありませんが」

京太郎「…」

淡「…はぁ。なんですか?一個だけ聞いてあげます」

京太郎「…その、昔は、すみませんでした」

淡「はっ。別に今更貴方に謝罪されても私の心には響きません。自分の気を済ませたいなら、穴

掘ってその中でごめんなさいって繰り返してればいいんじゃないですか」

京太郎「それでも、言わせて欲しいんだ。…あの頃は俺が馬鹿だった。大星が嫌がってるのに、

くだらない理由でお前に嫌がらせ繰り返して」

淡「知りませんよ。いじめっ子の心境なんて聞きたくもありません」

京太郎「…」

淡「…けど、まあ、それでも貴方のお陰であるものもありましたし」ボソッ

京太郎「え?」

淡「…いくつか、教えてあげてもいいって思った事がありました。時間が無いので手短に」

京太郎「時間が無い…?」

淡「1つ。私は強くなりましたよ。貴方なんかよりずっと強く。もう負けません。いつだって相

手になってやります」

京太郎「…」

淡「2つ。けど、私が貴方を許す事はありません。少なくとも現時点では、よっぽどの奇跡が起

こらない限りは」

京太郎「…」

淡「3つ。でもまあ、私が自分より弱い奴を恐れる事はもう無いです。覚えておくといいですよ

。私の心は健全です」

淡「そしてもう1つなんですが…」

淡「…照ちゃんは、我々だけでは面倒見切れません。貴方のせいで無駄に元気なので、とっとと

保護義務を果たして下さい」

京太郎「へ?」

ドドドドドド

照「あわあああああああああああああああああ!!」バキイイイイッ

淡「ごふっ」

京太郎「」

淡「」ドサッ

照「京ちゃん!京ちゃん!?いきなり淡に殴られてたけど、大丈夫!?怪我は無い!?ちょっと

淡!何話してた知らないけど、いきなり殴る事ないじゃない!!」ギューッ

京太郎「へ?へ?へ?照ちゃん?へ?」

照「京ちゃん!京ちゃん!京ちゃん!痛くない!?大丈夫!?ねえ!ねえ!ねえ!ええええええ

えええん!!」

京太郎「えーっと…」チラッ

淡「…ふん。なんですか、もう話す事はありません」サスサス

京太郎「…まいったな…」

淡「…。あー、そうだ。じゃあ、もう一個だけ教えてあげましょう。これ、実は今までで一番重

要な話かもしれないんですが」

淡「私はプリンが大好きです。以上。じゃあ、言いたい事言ったのでどっか行きます」ムクッ


京太郎「ちょ、待てって、大星!お前さっきから何言って」

淡「嫌です。…宮永先輩。先輩には良く分かんないかも知れませんけど、私は勇気を出しました

。なんか、今なら矢でも鉄砲でも来いって感じです」

照「淡?」

淡「勇気を出してみた先達としてアドバイスを言うとですね。勇気出すと、すっきりしますよ。

気持ちいいです。モヤモヤが晴れます」

淡「あとは、宮永先輩次第だと思いますんで。じゃあ、頑張ってください」

照「…」

淡「では」スタスタスタ

照「…」

京太郎「…」

淡「あ、ところで須賀京太郎。余計な事言ったらぶっ殺しますから。私には完璧超人なりのイメ

ージってもんがあるんで」

淡「…ふんっ」スタスタ

京太郎「…なんも言うなってか」

照「京ちゃん?」

京太郎「…照ちゃん。はは。半日ぶり…くらい?」

照「…うん。そうだね」

京太郎「…まさか、こんな早く再会する事になるとはなぁ」

照「…」

京太郎「…何か、用だった?」

照「…うん」

京太郎「落し物したとか」

照「…ちょっと違う」

京太郎「じゃあ、間違えて誰かのもの持ってっちゃったとか」

照「それもハズレ」

京太郎「忘れ物?」

照「それも、あるかな。でもちょっとハズレ」

京太郎「…」

照「…正解は、迷子。道を間違えちゃったんで、正しい道の歩き直し。そのスタート地点まで、

歩いてる最中なの」

京太郎「…」

照「いっぱい、いっぱい、さ。私、迷っちゃったんだ」

京太郎「照ちゃん、方向音痴だしな」

照「本当だよ。だから、何回だって迷って、変な道行っちゃって。気付いたらいっつも暗い道だ

ったり、険しい道だったり、寒い道だったり。心細くていっつも泣いていた」

照「…けど、昨日、今まで歩いて来た道をふと振り返って見て気付いたの。その度に誰かが私の

腕を引いてくれたから、今私はここに居る」

照「行き先もわからずに歩いてきたけど、それでもなんとか道を踏み外さずに引っ張ってもらっ

て、ここに居る」

照「さっきの偉そうな奴とか、生意気そうな奴とか、他にも東京には殺し屋みたいな奴とか、お

茶ばっか飲んでる奴とか。後は、咲とか。他にもいっぱい。いっぱい手を引いてくれた」

照「…その中でも、京ちゃんは、私が1番怖い道を歩いてる時に、一緒に歩いてくれてたんだ。

矢が降ってきても、爆弾降ってきても、なんでも無い振りして、傷だらけになって」

照「私、お姉さんなのにいっつも子供みたいにベソかいて道を歩いてたんだ。誰かに手を引っ張

ってもらうまで蹲って。本当、頼りない子だったと思う」

照「…でも、それだけじゃ駄目なんだ」

照「私は方向音痴だから。この先もきっと誰かに手を引っ張って貰わなきゃ歩けない」

照「けど、この先はきっと、自分で行くべき場所を決めなきゃいけないんだ。暗い道を照らすの

は、私がやらなきゃ駄目なんだ。歩くのは、自分の意志で歩かなきゃ駄目なんだ」


照「一緒に歩いてく人を支えてあげたい。擦れ違う人を励ましてあげたい。迷った人を照らして

あげたい」

照「私を今まで支えてくれてきた人たちのように、今度は私が誰かを支えてあげたい。私が今此

処に在れるように、誰かが其処に在れるようにしてあげたい。その為に、迷子から抜け出したい



照「だから私は、戻ってきたの。この、君が居る街に」

照「…ねえ、君。名前、教えてくれるかな。私の名前は宮永照。東京の、白糸台高校に通う3年

生。特技は麻雀。宝物は、妹の宮永咲」

照「…君が、いじめっ子から助けてくれた子」

京太郎「…っ!!」

照「…受かった高校。教えたよ」

京太郎「…お、俺っ!!」

京太郎「…俺は…!」

京太郎「…俺は、須賀京太郎!!長野の、清澄高校に通う、1年生!!麻雀部員だけど、麻雀は

素人。ペットはカピバラ。好きな人は…!」

照「…」

京太郎「好きな人は…!!」

照「…うん」

京太郎「照ちゃんだよ!!!」

照「うん…!」

京太郎「…~~~~っ!!」

照「…やっと、迷子から抜け出せた」


照「やっと、追いついた」

照「やっと、捕まえた」

照「やっと、隣を歩ける」

照「やっと、声を届けられる」

照「ねえ、京ちゃん。じゃあ、忘れ物、返すね」

京太郎「…」

照「…これは昨日の忘れ物だけど…」

照「…『私も好きです』って」

照「『私はすぐ迷子になるので、どうか私が迷わないよう、あなたの手を繋いで下さい』って」

照「『その代わり、私はあなたが道を見失いように、照らし続けます』って」

照「『どうか、私と一緒に道を歩いてください』」

照「『あなたの横で歩かせてください』」

照「『大好きです』って、言い忘れた言葉を。初めて会ったその瞬間から暖めていた想いを乗せ

て、あなたに渡します」

照「どうか、受け取ってください。京ちゃん、大好きだよ」

照「付き合おう」

照「…」

京太郎「…ありがとう」

京太郎「改めて…よろしくお願いします…!!」

照「…うんっ!!」





神社の階段のてっぺん

淡「…はぁ」スタスタ

菫「ああ、淡。ご苦労」

淡「ご苦労って…なんですかその、計画通り…!!みたいな顔。なんですか。私の事どこまで知

ってるんですか先輩は」

菫「いやあ、お前の親御さんからな?実は、入部に当たって、相談があったんだ。この部に不良

系は入部することは有り得ないんでしょうかって」

淡「は…」

菫「素晴らしい親御さんじゃないか。お前が小学校の頃いじめられて転校してるのを気にして、

色々手を尽くしてくれてたらしいぞ。お前、ちゃんと感謝しておけよ」

淡「」パクパク

菫「まあ、私も顧問の先生から聞いた話だが。そんな話を聞いたら私も少々気になってな。小学

校やらの経歴は全部調べた。いやあ、まさか照と同じ地域出身だとは。魔境かここは」

淡「あわわわ…」

菫「はっはっは」

咲「…はぁ」

淡「…あ、妹さん…良かった。〆られて無かった」

菫「誰がんな事するか。照の買ってきた土産を二人で食ってたんだ。特等席の神社の階段の上か

ら観戦しながらな」

淡「何を買って…って、うわ。東京ばな奈」

咲「…うええええ…京ちゃぁん…」モックモック

淡「しかも泣きながらもすっごい食べてるし」

菫「好物らしい」

淡「はぁ…」

咲「うええええええ…」グスグスモグモグ

淡「なんか、悪いことした気になってくるなぁ」

菫「お前が彼を殴った時、この子も飛び出しそうになってたんだぞ」クスクス

淡「それは…うん。ごめんね」

咲「いいの。全部話はきいたから。私が口挟める問題じゃ無いと思うし…」シクシクモグモグ

淡「…良かったら元いじめられっ子同士仲良くしましょうか。私が元いじめられっ子っていうの

は、トップシークレットだけど」

咲「うん…うん…」シクシク

菫「お、もう全部食ったのか」

咲「…うええええ…もっとありません?」チラッ

菫「中々したたかな…照よりしっかりものじゃないか?この子。だがすまん。もう無い」

咲「うえええええええええ…!!」

菫「…はぁ」

淡「…今度、長野代表で東京来るんだっけ?日持ちしないけどマジキチレベルの美味しさって噂

の東京ばな奈バウムブリュレ奢ってあげる」

咲「ううううう…ありがとうございますぅ…」シクシク

菫「…やれやれ」ナデナデ

淡「…あ」

菫「…む?」

咲「…ああぁ~!」



照「…ねえ、京ちゃん」

京太郎「…ん?何だ?照ちゃん」

照「…キス…しよ」

京太郎「…え」

照「…いや?」

京太郎「い、いやじゃない…ってか、その…むしろ嬉しいくらいだけど…その…」

照「?」

京太郎「は、恥ずかし…」

照「ふふ…」

京太郎「わ、笑うなよ!」

照「可愛い」

京太郎「うう…なんだこれ。いきなり照ちゃんが大人になったみたいだ」

照「何言ってるんだ。私は京ちゃんより、2つもお姉さんなんだぞ?ちゃん付けじゃなくて、照

さんって呼ぶべきだ」

京太郎「…照」

照「な!?」

照「なわわわわわ!?きょ、京ちゃん!?今、な、なんて…」

京太郎「付き合ってるんだし、呼び捨てでも良くねぇ?」

照「こ、この!馬鹿!」

京太郎「あははは!ごめんごめん。でもこんなんで動揺するようじゃまだまだだーね」

照「もうっ!もうっ!もうっ!」ポカポカ

京太郎「いって!あは!ごめんって!」

照「~~~~~っ!」

京太郎「で、えっと、なんだっけ。えーっと…」

照「…」

照「…キス…だよ」スッ

京太郎「…へ?」

照「キス」

チュッ



照「…」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…」

照「…ぷは」

京太郎「…」カチコチ

照「…ふふふ。びっくりした?」

京太郎「…」

照「あー。これは完全に固まってるな。ふふふふふ」

京太郎「…」

照「どうだ。見たか。これが年上のお姉さんの実力だ。まいったか」

京太郎「…ハッ」

照「…ふふ。気付いた?京ちゃん」

京太郎「あ、あわわわわ」オロオロ

照「ふふふ。可愛いなぁ」

京太郎「て、照ちゃ…照ちゃん!」

京太郎「うわ…うわ…やっべえ…俺、今照ちゃんとキス…うわ…うっわ…やべ…うわ…顔あっつ

…」

照「あはは。その反応、初キスだったかな?」

京太郎「な、なんだよ、その余裕っぽい反応!まさか照ちゃんコレが初じゃない!?」

照「いや、コレが初だよ」

京太郎「へ?」

照「…ふふふふ。顔アッツイ…駄目だ。もう立ってられない」チジコマリ

京太郎「…」

照「あうううう…恥ずかしい…」

京太郎「…えっと…」

照「マズイ。死ぬ。恥ずかしくて死ぬ。あう。あうううう…」キュー

京太郎(この生き物かわええ…)

照「と、ところで、京ちゃん?」クルッ

京太郎「あ、は、はい」

照「…は、初キス…どうだった?」

京太郎「どうって…」

照「その…き、気持ち良かったとか。男の子の唇って思ったより弾力有ってびっくりしたとか。

そういうの」

京太郎(そういう感想だったのか照ちゃんは)


京太郎「…あー。そうだなぁ」

照「うん。正直に言って」

京太郎「…まず、照ちゃんが近づいて来る度にどんどんいい匂いがして」

照「うん」

京太郎「すっげー胸がどきどきして」

照「うん」

京太郎「唇が触れた瞬間に、ものすごい柔らかい感触が唇を擽って」

照「うん」

京太郎「照ちゃんの体温を、今まで感じた事が無いくらい身近に感じられて、嬉しくなって」

照「…うんっ!」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…」

照「…京ちゃん?」

京太郎「…ほんのり、ゲロ臭かった」

照「…」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…ごめん」



終わりっ!!