• 清澄麻雀部-

新学期到来

まこ「おお、おんしらが入部希望者か?」

優希「そうみたいだじぇ」

モブ子「は、はい!」

モブ美「うわあ!あの染谷さんだ…!本当に会えるなんて!」

モブ乃「先鋒の片岡さんもいますね。感動しちゃいます…!」

和「新入生の皆さん、今日からよろしくお願いしますね」

咲「よ、よろしくね」

モブ子「!!!」←感激で言葉が出ない

モブ美「は、原村さんだーーー!中学の時からずっとファンでした!」

モブ乃「あ、あの伝説の決勝戦を制した宮永さんに会えるなんて…」

まこ「大げさすぎるぞ。これから一緒の部員として頑張るんじゃからな」

優希「気軽にするといいじぇ」

モブ子・モブ美・モブ乃「「「はい!」」」

京太郎「そうだぞ。皆、よろしくな!」

モブ子(この人は…?)

モブ美「え?誰?」

モブ乃「…」

京太郎「ぐはっ!」

咲「きょ、京ちゃん…!」

和「失礼ですよ、きちんと先輩に挨拶をしてください」

モブ美「は、はい!すいません…」

京太郎「まあ仕方ないよな…俺は大会に付いて行っただけで、
    試合には出てないから知らないだろ普通…」

京太郎「麻雀部2年の須賀京太郎だ。改めてよろしくな」

モブ子「は、はい」

モブ美「はい、よろしくお願いします!」

モブ乃「よろしくお願いします」

まこ「まあ今日は麻雀部の活動を見ていったらええ」

モブ子・モブ美・モブ乃「「「わかりました」」」

  • 数週間後-

優希「くう…!1年がここまで強いとは思わなかったじぇ…!」

咲「うん、皆強いよね。私たちが教えることなんてほとんどなかったよ」

和「基本がきちんとできているのは良いことだと思いますね」

まこ「まあ、だからなんだろうけどのお…」

京太郎「だーっ!また振り込んだ!」←ネット麻雀中

モブ美「須賀先輩!そこでそれを切っちゃいけないでしょ!」

モブ乃「先輩、焦りすぎ…!」

モブ子「私だったらこうしますよ。ほら、これが出てるじゃないですか。だから…」

まこ「京太郎は後輩にたくさん教わっとるのお」

咲「それは良いことなんですが…」

モブ美「先輩、ここはね…」フニュッ

京太郎「お、おい近いぞモブ美(あ、当たってるし…)」

モブ美「近づかないときちんと教えられないも~ん///」

優希「ちょっと近すぎるじぇ…」

和「…」スタスタ…

まこ「お、おい和対局中にどこへ…」

モブ美「それで、ここは…」

京太郎「な、なるほどな…この場合はどうしたら良いんだ?」

モブ美「この場合は 和「この場合はですね」」

モブ美「!?」

和「こちらの牌を切るのが定石だと思います」ポニョン

京太郎「の、和!?近い!近いって!」

和「いいじゃないですか、いつも教えてるときはこうやってたじゃないですか?」

京太郎「そ、そうか?で、でもな…(うおおお理性を保て!理性を保つんだ!)」

和「続けますよ、この場合は…」

モブ美「…」ガックシ

優希「和ちゃんの武器は偉大だじぇ」

咲「あれには誰も勝てないよ…」

京太郎「うーん、なんかこの状況みたことあるような…
    気になるな、ちょっと牌譜を見直したいな…」

京太郎「あの棚の上の所か…うーんわずかに届かないな…」

モブ乃「で、でしたら私を持ち上げてください」

京太郎「い、いや流石に悪いよ。何か乗るもの探してくるぜ」

モブ乃「わざわざそんなことしなくても大丈夫です。さあ、お願いします」

京太郎「でもよ…」

優希「…」スタスタ…

咲「あれ、優希ちゃんまで京ちゃんのところに…」

モブ乃「さあ早く…///」

京太郎「わ、わかっ 優希「待つじぇ京太郎」」

モブ乃「!?」

優希「私を持ち上げるんだじぇ。私の方が小さいし持ち慣れてるだろ?」

優希「モブ乃は別に重くはないと思うけど、身長が高いし出会ってそう経ってない
   女の子相手に持ち上げるのはどうかと思ってたんじゃないか?」

京太郎「そ、そうなんだよ。ごめんなモブ乃、なんかさセクハラみたいになりそうで
    やりにくかったんだ」

京太郎「じゃあ、優希頼む」

優希「任せるじぇ!さあ来い!」

モブ乃(べ、別にセクハラされても良かったのに…)ガックシ

和「小柄だと良いこともたくさんあるんですね」

咲「優希ちゃんは色々と行動力があるね…」

京太郎「じゃあ、ちょっと買い出しに行ってきますね」

まこ「別におんしがせんでも…」

京太郎「いいんですよ!こういうのは俺に任せてください!」バタンッ

優希「相変わらず京太郎はよく働くじぇ」

和「本当に…素敵な人ですね」

咲「それが京ちゃんだもん」

  • 数分後-

京太郎「ふーっ!疲れたぜ!ちょっと休憩したいな…」

モブ子「で、でしたら…!私がマッサージをしてあげましょうか?」

京太郎「そうか?なら頼むぜ」

モブ子「はい…///」

モブ子「んしょ…んしょ…」

京太郎「んー」

モブ子「ど、どうですか?」

京太郎「そうだな、少し身体が楽になってる感じがするぜ」

モブ子「そうですか…///良かったです」

優希「京太郎の奴気持ちよさそうだじぇ」

和「私も後でしてもらいましょうか」

咲「…ってない…」

優希「ん?どうしたんだじぇ咲ちゃん?」

咲「全然なってないよ!!!」スタスタ…

和「さ、咲さん!?一体どこへ…」

モブ子「先輩…もっとしてあげま 咲「京ちゃんはここを押すと気持ちいんだよね」」

モブ子「!?」

京太郎「うおっ!咲、それめっちゃ気持ちいい!」

咲「私がマッサージしてあげる」サスサス

京太郎「身体が凄く軽くなった…流石だな咲」

咲「えへへ///私は京ちゃんの事なら何でもわかるんだから///」

モブ子「…」ガックシ

優希「咲ちゃん…やはり最大のライバルとなりそうだじぇ」

和「幼馴染というのは大きなアドバンテージですからね」

  • 部活終了-

京太郎「おーい咲帰るぞ!お疲れっした!」

咲「まっ、待ってよ京ちゃん!」

バタンッ

和「さて、京太郎君もいなくなりましたね」

優希「1年共に聞く!」

3人「「「…?」」」

優希「お前ら全員京太郎に惚れてるじぇ?」

3人「「「…はい///」」」

和「はあ…彼も罪な人ですね。ですが負けませんよ」

優希「私ものどちゃんも、そして咲ちゃんも皆京太郎のことが好きだじぇ」

優希「1年共!今日からライバルだじぇ!正々堂々戦おうではないか!」

3人「「「は、はい!」」」

和(大げさすぎる気もしますがね…私も負けたくありません)

  • 帰り道-

京太郎「結局一回も勝てなかったなー」

咲「でも2位にはなれたんでしょ?」

京太郎「まあそうなんだけどな…後輩がもともと強いとはいえ、
    先輩の面子が立たないぜ…」

咲「良いんだよ京ちゃん。私がたくさん教えてあげるからね!」

京太郎「ありがたいんだが、咲の説明はどうもわからなくて…
    とにかく色々と訳が分からないんだ」

咲「な、なにそれ!私ってそんなに説明下手!?」

京太郎「いや、そういう訳じゃないんだけどな…」

京太郎「とにかく、後輩に少しでもいいところ見せれるようになりたいぜ。
    これからもよろしくな咲」

咲「うん!あと2年もないけど、たくさん麻雀しようね!
  そして、たくさん思い出作ろうね京ちゃん?」

咲「じゃあ明日も迎えに行くから!」

京太郎「おう!じゃあな」

咲「うん」

咲(中学生の時からずっと秘めてるこの想い。叶えてみせる)

咲(絶対に誰にも負けない!)

カンッ