京太郎「俺がモブという風潮」

京太郎「あると思います」キリッ

憧「急にどうしたの?」

京太郎「いや、人生何があるかわかんねぇなって」

憧「??」

京太郎「いやほら、高校で麻雀部に入って雑用としてこき使われてさ、2年3年になったらそれなりに打たせてもらったとはいえやっぱ不完全燃焼みたいなさ」

京太郎「つっても、高校卒業しちまったらなーんか今更新しくはじめるのもなーって大学入ってまた懲りずに麻雀部に入ってよ」

京太郎「そこでお前と出会って、会う度喧嘩して喧嘩して喧嘩して付き合って喧嘩して、そんでもって更に喧嘩して、ふと気づいたら同棲してんだぜ?」

憧「喧嘩の原因は京太郎でしょ?竜華さんや和のおもちばっか見て」

京太郎「や、俺ばっかってこともないだろ?最初の頃は俺を見るなりヤンキー扱いしてめちゃくちゃ敵視してたじゃねーか」

憧「そりゃそうよ。金髪でちゃらちゃらした奴が私の大切な和の隣にいたのよ?危険じゃない」

京太郎「あくまで自分は悪くないと……」

憧「付き合い始める前まではいいわ。でも付き合ってからも彼女以外のおもち見てるとかありえないわよ」

京太郎「まぁそれは……な?男たるもの皆そうっつーか…」

憧「へー、開き直るんだ。ふーん」

京太郎「うぐっ……すまん……」

憧「まったく……。ほら、腕開いて」

京太郎「はいよ」

憧「ん…」ポスッ

憧「ほんと…甘いわね、あたしも」

憧「ありえないわよ?こんな可愛い彼女がいるのに他の女の子に鼻の下伸ばしてる彼氏なんて」

憧「でもまぁ…いいわ。どこに行っても最後にあたしのところに帰ってきてくれたら。あたしは寛大だからそれで許してあげる」

京太郎「……あのさ、こんなこと言っても信じてもらえねーかもだけど、お前には相当感謝してるんだぜ?」ナデ…

京太郎「高校の時にさ、俺って必要なのかって思ってた。誰かに見られてんのかって」

京太郎「俺がどれだけ頑張っても誰も見てくれない。感謝してくれない。そう思ってた」

京太郎「けど憧、お前と出会ってその認識も変わったよ。お前が見てくれて、感謝してくれて、俺すげー嬉しい。喧嘩するのでさえ、正直幸せなくらいだからな」

憧「なに?ドM?」

京太郎「ドMって…。酷いなそれ……」

憧「ふふっ。冗談よ」

京太郎「なんつー冗談だ。けどまぁ、そういうわせだからさ。憧以外のところなんて行かねーよ」

憧「ふーん。せっかく彼女が公認してやるって言ってるのにいいの?」

京太郎「なんだよ。憧は俺に浮気してほしいのか?」

憧「……そんなわけないじゃない、ばか」

憧「日頃から不安と嫉妬で一杯なのよ。それでもそれを出すのはなんか悔しいじゃない」

憧「だから余裕ぶってるだけ。本当は京太郎にはどこにも行って欲しくない。ただ普通の会話をしてるのだって…本当は……」

憧「でも、そこまで京太郎を縛ることなんてあたしはしたくないし、そうするのは京太郎や、麻雀部の皆を信じてないってことだからしないの。だからこれはそんなあたしのちっぽけな強がり」ギュッ

京太郎「憧……」

憧「あんたの思ってる以上に、あたしはあんたにやられてる。実際に浮気されちゃっても、許すわよ、たぶん」

憧「2番目でも3番目でも、京太郎にまたこうして抱きしめてもらえるならって」

京太郎「だからしないって。そんな悲しいこと考えてんじゃねーよ」ナデナデ

憧「ふふっ。いいじゃない。たまにはこういうセンチメンタルな雰囲気も。だから京太郎。もっとぎゅーってして。あたしが大好きなら」

京太郎「ん」ギュ-

憧「……京太郎大好き」

京太郎「俺もだよ」

カン!