塞「京太郎君!またやらしい事を企んでたでしょう!?」

京太郎「なっ、いきなり何を言ってるんですか塞さん!」

シロ(ダル……また始まった…)

塞「ほらコレ!こんなものを部室に持ち出すだなんて京太郎君はなんて変態なの!」バッ

京太郎「……ただのハンドクリームじゃないですか」

塞「とぼけたってそうはいかないよ!私には京太郎君が何を企んでいるのかお見通しなんだから!」

京太郎「はぁ………?」

塞「どうせ無垢なエイちゃんにそのハンドクリームを全身に塗らせるつもりだったんでしょ!?いやらしいにも程がある!」

エイスリン「エッ?」キョトン

豊音(訳が分からないよー)

京太郎「塞さん……ちょっと落ち着いて…」

塞「京太郎君の性欲は私が塞いでみせる!だからエイちゃんの代わりに私がやる!だから早く服を脱ぐがいいよ!」ハァハァ…

胡桃「塞!いい加減にして!」

京太郎「胡桃さん……」

胡桃「やるんだったら私の見えない所でやってよ!」

京太郎「」

塞「もちろん!さあ京太郎君!あっちの部屋でたっぷり塞いであげるからね…!」ガシッ

京太郎「ちょっ、誰か助け……!」

シロ「頑張って京太郎……」

エイスリン「ガッツ!」

胡桃「充電充電!」

豊音「後で私が身体を癒してあげるから心配ないよー」

塞「皆…!私、精一杯塞いでみせるからね!」

アアッ……モウッ……ダイジョウブ……フサイデアゲルカラ………ソノママナカニ…♪

カンッ