石戸霞です。

 須賀京太郎さんを頼って清澄に来て、早三日が経ちました。

 しかし、身一つで来た都合上着るものがなくて困っていいるの。

 私とサイズが近いという、京太郎さんの友達たちに聞いてみました。


 ……
 …

 「原村和さんはどのようなものを着ているんですか?」

 「NAGANO STYLEです」

 「えっ?」

 「これが長野の標準ですよ」

 「そ、そうですか」

 …
 ……


 ううっ、あんなはしたない格好をして外に出るなんて考えられないわ。

 それにそれに、京太郎さんに見られるなんてその、恥ずかしい。

 でもでも、京太郎さんとデートするときにはちゃんとした服装を着たいわ。

 隣に立っても恥ずかしくない格好をしたいのよ。だって、京太郎さんは格好いいし……。


 「何を悩んでいるんですか?」

 「うひゃぁ!?」

 「うひゃぁって……」


 ケタケタ笑いながら私を見る京太郎さん。

 もう! いきなり驚かせないでください!


 「その、今度のデートで着る服について考えていたの」

 「霞さんなら何でも似合いそうですよね」

 「それがそうでもないのよね。

  京太郎さんはどんな服装が好み?」


 もし京太郎さんがあの服装を好みというなら頑張って着てみよう。

 本当は露出の多い服装は着たくない。

 小さい頃からこの大きすぎる胸をコンプレックスに感じていた。

 でも、やっぱり男の人はああいうのがいいのかしら?


 「なるべく露出の少ない格好、とか」

 「へ?」

 「俺の好みですよ!

  霞さんならもこもこした服装とか似合いそうです!

  今度俺がコーディネートしますよ」


 そう言ってウンウン唸りながらコーディネートを考え出す京太郎さん。

 きっと、私のコンプレックスなんて知らないんだろうけれども、それを気にしてくれているような振る舞い。


 ドキッとした。


 「もう、京太郎さんは卑怯よ!」

 「?」


 カン!