咏「はぁ…………」

京太郎「どうしたんですか咏さん、ため息なんか吐いて…」

咏「いやね………最近こっちの事を歌丸呼ばわりする人が増えていてね…」

京太郎「歌丸って……あの歌丸師匠ですか?」

咏「そうさ、どうしてこの三尋木咏と歌丸師匠が結びつくのか全くわっかんねーけど…そのせいかハゲタカの娘だの天国に一番近いプロだの……酷い言われようなんだ」

京太郎「それはひどい」

咏「つー訳だ京太郎。この可哀想な咏さんを抱き締めて慰めてくれないかねい」チラッ

京太郎「訳が分からないよ」

咏「………嫌かい?」ウルッ

京太郎「い、いえ!?分かりましたよ…」ギュッ

咏「んっふっふっ……やっぱり京太郎の体は最高だねい……」スリスリ

終わり