京太郎「――あっおはようございます」

恭子「ん?あぁおはようさん、今日も冷えるなぁ」

京太郎「そうですね、まぁ長野よりましですよ」

恭子「あぁあっちは寒いってよくきくかんな~」

京太郎「恭子先輩、恭子先輩」

恭子「ん?」

京太郎「今日は何の日ふっふ~♪」

恭子「なんやそれ?」

京太郎「今日と京をかけてみました」ドヤ

恭子「あっそ」

京太郎「なんか冷たい・・・」

恭子「つまらんギャグ聞かされたこっちの方が冷たいわ」

京太郎「グスン」

恭子「まぁ誕生部おめっとさん」ポンポン

京太郎「あっなんだわかってたんすね?」

恭子「まぁ大事な後輩やしなぁ」

京太郎「その前に一番弟子っす」

恭子「あぁそうやったな、まぁどうでもええけど」

京太郎「同じきょうちゃん同士で同志!! あぁどうs」

恭子「――どうしよう! なんて言ったらもう口きかんで」

京太郎「すんません」

恭子「わかればよろしい」

京太郎「言い訳してしまいますけど誕生日ってわけもなく浮かれたりするでしょ?そんな気分の朝でして」

恭子「そうやなぁ、まぁその浮かれついでに朗報や」

京太郎「?」

恭子「放課後に弟子の誕生日祝ってどっか遊びにいくで!」

京太郎「おぉマジっすか?」

恭子「マジやマジ、こういうの主将やゆーこも好きやからな絶対くるで」

京太郎「楽しみですねぇ」

恭子「まぁそんかわり部活はしっかりな、気抜かんように」

京太郎「うっす!」

京太郎「今日は何の日ふっふ~♪」

京太郎「今日と京と恭でかけてみました!!」ドヤッ!!

恭子「もぉええわ!!」

カンッ