久「女子だって偶にはシモの話をしたっていいと思うの」

まこ「また唐突に何をアホなことぬかしとるんじゃこの部長は」

優希「おっ、ぶちょーいける口だな!? わたしは一向に構わないじぇ」

和「はい咲さんこっち来て一緒にさわやか三組見ましょうね」

咲「えっ、和ちゃん、どうして私の耳を塞ぐのかな?」

久「なによぅつまんないわね。いいじゃない今は女子しかいないんだから。女子校の方がそういうネタはキツいってよく聞くわよー?」

まこ「おんし下ネタ話す為に京太郎を買い出しに行かせたんか……」

久「女子トークの為よ。須賀くんは犠牲になったのよ……女子トークの犠牲にね」

まこ「世の男子が聞いたら夢が粉々に砕け散る女子トークもあったもんじゃのう」

久「いいじゃないたーまーにーはー。ノリ悪いぞ副ぶちょー」

優希「そーだそーだー」

久「そこで耳を大きくしてる清純派もカマトトぶってんじゃないわよー」

和「なっ、私はそんな話に興味なんかありません!」

久「誰とは言ってないのにどうして反応するのかしら」

和「……この人はっ……!」グヌヌ

咲「私は別に平気だから、和ちゃん離して」ジタバタ

久「あら意外。咲も話せるタイプなのね」

咲「京ちゃんとかお父さんとか、身近に男の人がいるとポロっと会話を聞いちゃうこともありますから。別にそういう話を拒絶するってほどじゃ……」

久「はーいこれで三対二ー。民主主義的にそういう話をするって決まりましたー。部長権限でーす」

まこ「子供か。……はあ、仕方ない。和も申し訳ないが付き合っとくれ。こうなると適当に発散させてやらないとどうにもならん」

和「……しょうがありませんね」

久「そうは言ってるけど和って耳年増っぽいわよね」

和「舌鋒がこちらに向くの早すぎませんか!?」

久「そうは言ってもその身体じゃない? 男子からの視線が鬱陶しいのは分かるけど、その分そういう知識を蓄え始めるの早そう」

優希「あー、分かるじぇ。特にのどちゃんは気になったことをとことんまで追求しそうだから知識だけは凄いことになってそうだじぇ」

久「それで勝手に脳内で膨らんじゃって男子に対する壁を無駄に高くしちゃってたり?」

優希「ありそうだじぇー」

和「貴方達はっ……」

まこ「おー、どうどう。……にしても酔っ払ったおっさんみたいになっとるのうおんしら」

久「まこは落ち着いてるわね。なんで?」

まこ「雀荘やっとるとその手のセクハラ発言は切っても切れないからのう。慣れたわ」

久「苦労してるのねー。……あ、そうだ。須賀くんはよく女子の胸に視線が行くわよね。特に胸がおっきい子の」

まこ「労いはするが止めはしないんじゃのう」

久「男子だから仕方ないんだろうけど、あれって女子が男子のアレのサイズを勘案してるのと似たようなものなのかしら」

優希「アレ?」

久「アレ」

優希「アレってなんだじぇ?」

久「やだ、ノリがいいと思ったら案外トゥーピュアピュアガール。しょうがない、和、教えてあげて」

和「嫌ですよ! どうして私が!」

久「そこまで嫌がるってことは和はアレが何を指しているのか分かってるんだーへぇー」

和「……ああもう! 分かりましたよ! 教えればいいんでしょう!? 優希、こっち来て下さい!」

優希「おー」トコトコ

和「……いいですか……アレっていうのはこの場合……その……男性の……おちん……」コソコソ

優希「……」

優希「……っ~~」カオマッカ

和「優希!? 優希!? 気をしっかり保ってください!」

久「純情乙女。眩しいわね……」

まこ「おんしは失ってしまったものじゃのう」

久「そういう訳で須賀くんのサイズってどれくらいなのかしらね」

まこ「開き直っとるしどういう訳でなのか文脈が繋がらんぞ」

久「日頃須賀くんから不躾な視線を送られているからセクハラし返そうのコーナー」イェーイ

まこ「本人おらんとこでやってどうする」

久「……だって、男の人の前でそんなはしたないこと、出来ないし……」

まこ「今までの言動がなければ乙女っぽいと思えたんじゃがのう。こんヘタレめ」

久「当たり強くない?」

まこ「我が身を振り返れ」

久「という訳で須賀くんの須賀くんのサイズを考えてみようのコーナー」

まこ「一人で完結していて欲しいコーナーじゃのう」

久「一番手、竹井久、行きます! ……こんくらい、とか?」

咲「あの、もっと大きかったですよ?」

久「えっ」

まこ「はっ?」

和「咲さんっ!?」

優希「ふえぇ」

咲「あっ、いやっ、そのっ、中学校の夏に京ちゃんの家に遊びに行ったら丁度シャワー浴びてたところで。鉢合わせしちゃって、その時一瞬……」

久「……セーフ?」

まこ「……セーフ」

和「事故です、事故!」

優希「ふぇえ」

咲「だから、もっと大きかった、ような。……いえ、一瞬だから分からないですけど!」

久(絶対仔細記憶してるわ)

まこ(鮮烈に覚えてそうじゃ)

和(そ、そそそ、そんなオカっ、オカルトっ)

優希(ふえええええ)

久「……じゃあ、どれくらい、だった?」

咲「えっと、……これ、くら……い?」

久(でかい)

まこ(大きい)

和(逞しい)

優希(ふきゅう)

咲「多分、普通……ですよね? 子供の頃お風呂入っていたの、お母さんと一緒だったから、男の人って京ちゃんのしか見たことなくて」

和「そんなオカルトありえません!」クワッ

久「知っているのかエロ孔明!」

和「誰がエロ孔明ですか!」

まこ「絶賛墓穴掘っとるのう」

久「あのサイズが男性の平均だってことがオカルトなんでしょ? なら和が教えてあげればいいのよ」

和「ええ分かりました! 私が教えてあげます!」

まこ「吹っ切れおった」

和「一般男性の平均は! ええと、その……これくらい……です! いいですか咲さん! これは保健体育です! 目を逸らさない!」

咲「……え、じゃ、じゃあ、私が見た京ちゃんのこのサイズ……って」

和「……そのぅ、あのぉ、……凄く、大きいです……」ボシュウ

久「顔真っ赤になったわね」

まこ「ノックアウトじゃのう」

久「……そーかー。須賀くんの須賀くんは須賀くんどころか須賀さんレベルだったのね……」

まこ「らしいのう。……意外……ではないかもしれん」

咲「そっかぁ、京ちゃんのは……そっかぁ」

和「あうあうあう」

優希「じぇじぇじぇ」

久「……それにしても」

久・まこ・咲・和・優希(付き合ったとしたら、受け止められるの?)



扉の外



京太郎「……どんな顔して入ればいいんだ」キイテタ