セーラ『まっ、そのうちまた打とうや!』

憧『……ッ!?』

憧『ちょっ、やめてよ!!』

セーラ『えー…参加校同士の美しいスキンシップやのに…』

憧『また打ちたくはあるけどっ!』


「あこちゃんすげー!!」ワキャー

初瀬「憧…」

京太郎「……」

初瀬「あの江口セーラとなんかためっぽくやりあってますよ!憧が!!」

望「あの子、誰にでもタメだからね………」

初瀬「いやでも仲良くなるまでは逆に敬語とか多いんですよ?」

望「逆に?」

望「ところで京ちゃん?」

京太郎「え、はい?なんすか?」

望「どしたの?ムスッとして」

京太郎「いや、そんなことは…」

初瀬「彼女が頑張ったんだからもっと喜びなよ」

京太郎「ちゃんと喜んでるって…」

望「あっ、もしかして」

初瀬「なんです?」

京太郎「??」


望「江口セーラに嫉妬してる?」

京太郎「はぁ!??」

初瀬「あー」

京太郎「初瀬もなんで納得してんだよ!」

初瀬「須賀くん、結構そういうところあるし」

京太郎「そういうところってどういうところだよ」

初瀬「実はヤキモチ焼きっていうか、案外嫉妬深いっていうか、結構独占欲強いっていうか」

望「心配しなくても相手は女の子だよ」ポンポン

京太郎「だからそんなんじゃねーって!!」

望「憧が遠くに行っちゃって寂しいんだよね、うんうん」

京太郎「なに一人で納得してんの!?」

望「しかたない、お姉ちゃんが慰めてあげよう!おいで!」

京太郎「うるせーよ!」

初瀬「わ、私もいるよ?」

京太郎「何言ってんのお前?」

初瀬「……」


カン