照「私、原村和と愛し合ったなぁ」

咲「!」

照「コナをかけたらすぐに寄ってきた」ムフフ

咲「……女と女のやること(咲世界では)珍しくもない」

照「須賀京太郎、京ちゃんもだ」

咲「!?何を、言ってるの…?」

照「いやな、男だなんてバカにしてたさ…がな?いや味わい深かったって感動した」

咲「カン!」ゴッ! 照「おっと」ヒョイ

照「何を怒ってる?普通こういう話は面白がるものらしい。淡が言ってた」

咲「嘘だ!お姉ちゃん流の強がりだよ!」

照「なら京ちゃんに聞いてみるといい、情熱を秘めた肉体…」

咲「おねえちゃぁぁーん!!」

照「心配するな、京ちゃんはちゃんと可愛がってやる。私、包容力はあるつもりだから」ギュルルルル



咲「お姉ちゃんのやったこと、どんな理由があっても池田さん以下だ!鬼だ!外道の極みだ!うわあああああああん!!」