咲「じゃ、京ちゃんはテレビでも見ててよ。洗い物済ませちゃうから」

京太郎「んー」

咲「~♪」カチャカチャ ジャー

京太郎「……」

京太郎「なあ、咲」

咲「なあに?」カチャカチャ


京太郎「…お前さ、もし俺が浮気してるって言ったら…どうする?」


ガチャーン!

京太郎「!?」

咲「……」

京太郎「お、おい!大丈夫かさ…っ!」

咲「――京ちゃん」

京太郎「……ぉっ…」ゾゾッ

咲「…相手は誰なの」

京太郎「ぇあ…いや、咲さっきのは」

咲「和ちゃん?優希ちゃん?部長とか?龍門渕の人もあやしいかな?」

京太郎「さ…」

咲「悔しくて悲しくて憎くてたまらないけど話してくれたってことはやっぱり私を選んでくれたんだよね?私はいいよ…結局帰ってきてくれるなら、京ちゃんは許してあげる」

咲「でも許せないのは相手だよね、卑劣だよね、京ちゃんの優しさにつけ込んで垂らし込んだ豚が居るんだそうに決まってる許せない許せない許せない…」ブツブツ

京太郎「ほ、包丁を置いてくれ…は、話を…」

咲「ねえ京ちゃん?」

京太郎「ひ…」



咲「あいては、だれなの?」ニコ…





咲「も、もう…嘘なら嘘って早く言ってくれればよかったのに…」

京太郎「お前が言わせてくれなかったんだろ~?このお茶目さんめ♪」

咲「きゃ~♪」