京太郎「(…はぁ、今日もまた大変だった)」

京太郎「(朝のでネリーが嫉妬したんだろう)」

京太郎「(ずうううっと部活中ベッタリで、俺から離れようとしなかったし)」

京太郎「(それでもちゃんと練習はしてたから、まだあまり注意はされていなかったけど…)」

京太郎「(何か言いたげな辻垣内さんと…)」

京太郎「(完全に呆れ返っていたハオさんの視線…)」

京太郎「(ついでに明華さんやメグさんの嫉妬のアレが痛かった…)」

京太郎「(正直、今日はずっとネリーにつきっぱなしだったから)」

京太郎「(身体の方はそれほど疲れてないんだけど…)」

京太郎「(でも、精神的な疲労がヤバイ)」

京太郎「(正直、このまま部屋で一眠りでもしたいくらいだ…)」フゥ

京太郎「(ま、何はともあれ…)」

京太郎「ただいまー」ガチャ

絹恵「おっかえりー」パァン

京太郎「…………え?」

京太郎「(…き、絹さん!?)」

京太郎「(なんで、絹さんが俺の家に!?)」

京太郎「(つーか、なんでクラッカー!?)」

絹恵「ふふ、驚いたー?」ドヤァ

京太郎「いや、驚かない理由がないっすよ」

絹恵「そうやんなー。クラッカーの音大きいし」

京太郎「いや、それもありますけど」

京太郎「でも、それよりも大きいのは絹さんの存在なんですが」

絹恵「…も、もう。そんな恥ずかしい事言って」カァァ

絹恵「そんなんいきなり言われたらドキドキするやないの」モジ

京太郎「(可愛い)」

絹恵「あ、それよりもやね」

絹恵「はい。カバン」スッ

京太郎「え、いや、でも…」

絹恵「疲れとるんやろ?」

絹恵「カバンくらい運んであげるから貸して」

京太郎「じゃ、じゃあ…」スッ

絹恵「はい。無事にお預かりしました」ニコ

絹恵「じゃあ、京くんはくつろいでてな」

絹恵「私、このカバンを部屋に持って上がっといてあげるから」

京太郎「い、いや、そこまでしなくても良いっすよ」

絹恵「そう?」

京太郎「はい。それに今日の牌譜見て、復習しなきゃいけないんで」

京太郎「リビングまでで大丈夫です」

絹恵「そっかー…」

絹恵「ちょっと残念やね、京くんの部屋に入れると思ったのに」

京太郎「そ、それはまた今度、片付けた後にお願いします…」

絹恵「うん。楽しみにしとるね」ニコ








~リビング~

絹恵「で、えっと…お茶とか出してあげるべきなんやろうけど」

京太郎「あ、良いですよ。そんなの」

京太郎「つーか、絹さんお客さんなんで俺がやりますし」

絹恵「でも」

京太郎「良いから座ってて下さい」

京太郎「俺がとびきり美味しい麦茶を入れますから」

絹恵「そう言って、冷蔵庫の中から入れるだけやん」クス

京太郎「いやー、やっぱ夏は冷たい麦茶が一番だと思うんですよね」

絹恵「うん。それはちょっと分かるわ」

京太郎「でしょ?」

京太郎「だから、俺がこうして麦茶を入れるのもベストな選択なんですよ」コポコポ

京太郎「はい。どうぞ」コトン

絹恵「ん。ありがとう、京くん」

京太郎「いえいえ。…それで」

絹恵「ん?」クビカシゲ

京太郎「…どうして絹さんは俺の家に?」

絹恵「あー…それやねんけど」

絹恵「…………京くん、あの女がこの家に寝泊まりしとるやろ?」

京太郎「あの女って…」

絹恵「…うちのオカンの事」

京太郎「まだ仲が悪いんですか」

絹恵「しゃーないやん」

絹恵「あんな格好悪いオカン、仲良ぅなれるはずないわ」ムスー

京太郎「あー…」

京太郎「(…俺は格好悪いとは思わないんだけどなぁ)」

京太郎「(元麻雀プロで、今は名門の監督で…)」

京太郎「(しかも、二人の子どもを女一人で立派に育ててるんだから)」

京太郎「(正直、凄いくらいだと思うんだけれど…)」

京太郎「(でも、それを絹さんに言っても…きっと受け入れられるもんじゃないんだろう)」

京太郎「(俺は絹さんと子どもの頃から仲良くしているけれど…)」

京太郎「(でも、だからって何もかもを知ってる訳じゃないんだ)」

京太郎「(俺の知らない絹さんも…そして雅枝さんもいて当然だろうし…)」

絹恵「…あの女、京くんに迷惑掛けとらへん?」

絹恵「またみっともない真似して京くんの事、誘惑したりしとらへんやろうか?」

京太郎「だ、大丈夫ですって」

京太郎「そもそも雅枝さん俺の監督役としてここに泊まってくれてる訳ですし」

京太郎「迷惑だなんて事ないですよ」

絹恵「…あの女が監督役ってのが一番、信じられへんのやけどなぁ」

京太郎「え?」

絹恵「…ううん。何でもない」

絹恵「…ま、何事もなかったんやったら一安心やわ」

絹恵「正直、あの女が京くんのところに寝泊まりしてるって聞いて血の気が引いたくらいやし」

京太郎「はは。大げさですって」

絹恵「(大げさやないんよ…)」

絹恵「(うちのオカン…京くんの事、完全にオトンの生まれ変わりやって信じとるんやから)」

絹恵「(子どもの頃から京くんがどんな目で見てこられたか…京くんが知らへんだけや)」

絹恵「(アレはずっと…京くんが熟すのを待っとったんや)」

絹恵「(一見、気のいいおばさんみたいな顔しながら…ずっとメスの目で京くんの事見とって…)」

絹恵「(まるで狩人みたいに…『大人』になるのを待っとったんやで)」

絹恵「(そんな女が…もうすぐ結婚可能になる京くんと一つ屋根の下で暮らしとるって聞いたら…)」

絹恵「(絶対に何か間違いを起こすつもりやって思って当然やろ)」

京太郎「あ、それより…」

絹恵「ん?」

京太郎「絹さんは何処からそれを知ったんですか?」

京太郎「雅枝さんとは仲が悪いでしょうし…もしかして浩ちゃんから?」

絹恵「………………実はあの女からや」

京太郎「え?」

絹恵「まるで宣戦布告のように京くんの部屋の前にいる自分の写メ送ってきよってな…!」グッ

絹恵「(…京くんの家においで)」

絹恵「(また一緒に家族『四人』で暮らそうってそんな文面まで…!)」

絹恵「……だから、心配になって、来てみたんや」

絹恵「幸い、今日はうちんところもオフで自由時間やったしな」

京太郎「あぁ。なるほど」

絹恵「…ちなみにここの鍵も無理やり開けた訳ちゃうで?」

絹恵「うちが来た時にはもうオカンがおって、開けてもろたんや」

絹恵「…まるでもう自分の家になったみたいにな…」ゴゴゴ

京太郎「あ、あはは…」

絹恵「…ま、そういう訳やから」

絹恵「京くんに一つ…大事なお願いがあるんやけど」

京太郎「お願いですか?」

絹恵「うん…その、すっごい迷惑やって分かっとるけど…」

絹恵「…私も当分、ここに住まわせてもらって構わへん?」

京太郎「はい?」

絹恵「あ、あんな、私もこんなんはしたないって分かっとるんやけど…」

絹恵「でも、京くんとあの女が二人っきりなんは絶対にアカンと思うねん」

絹恵「あの女…間違いなく京くんに何かするつもりやから」

絹恵「それを止める為にも、うちも一緒におった方がええかなって」

京太郎「いや、でも…」

絹恵「ちなみに監督と京くんトコのご両親には許可取ったで」

絹恵「どっちも京くんがオッケーなら大丈夫やいうとったし」

絹恵「後は京くんの気持ち次第やねんけれど…」ジィ

京太郎「(…これはもう迷う余地なんかないよな)」

京太郎「(俺としても雅枝さんと二人っきりって言うのは色々な意味で危ない)」

京太郎「(絹さんが気にしてるのとはまったくの真逆だけど…)」

京太郎「(正直、このままインハイ終わるまで一緒…ってなると血迷ってしまいそうで怖い)」

京太郎「(それを防ぐ意味でも絹さんの存在は大きいし…)」

京太郎「(何より、絹さんと雅枝さんの関係は最悪と言っても良いくらいなんだ)」

京太郎「(家でもマトモに会話したりしないらしいし…)」

京太郎「(それをここで一緒に暮らす事で少しでも改善出来るなら…)」

京太郎「(その手伝いを俺が出来るなら…それに越したことはない)」

京太郎「(あっちの監督はさておき…俺の親がオッケーだしたのもその辺りが原因なんだろう)」

京太郎「(遠くはなれた大阪に過ごしているとは言え、家族ぐるみでの付き合いがあったし)」

京太郎「(あっちの不仲は俺の親父達も気にしてた事だからな)」

京太郎「…良いですよ」

絹恵「ホンマに!?」パァ

京太郎「えぇ。幸い、来客用の部屋は余ってますし」

京太郎「どれでも好きなの使って下さい」

絹恵「…良かったぁ」ホッ

京太郎「…そんなに不安だったんですか?」

絹恵「うん。まぁ…私と京くんは仲良ぅしとるけど…」

絹恵「でも、やっぱり男と女な訳やん?」

絹恵「幾ら小学校の頃から一緒にボール追いかけてたと言っても…」

絹恵「やっぱりこの年頃になったら、色々と気にされるかなぁって…」

京太郎「はは。んな事ないっすよ」

京太郎「絹さんは俺にとって何時でも絹さんですし」

絹恵「…その割には、中学校くらいの頃から敬語使い出したやん」ジト

京太郎「うぐ」

絹恵「…昔は絹ちゃん絹ちゃんって言うてくれとったのに」ムスー

京太郎「あー…いや、それは…」

京太郎「(…ぶっちゃけ、絹さんの胸がでっかくなってきたからな!)」

京太郎「(昔からおっぱいフェチだった俺としては、やっぱりその辺、意識してしまう訳で)」

京太郎「(昔みたいに気易くちゃんづけで呼べなくなったのも、それが原因だったんだけど…)」

絹恵「…まぁ、私はオカンとちゃうし、別にその辺、気にしとる訳とちゃうけど…」

絹恵「でも、その…京くんがサッカー止めてハンドボールに行ったんもそれが原因とちゃうかって」

絹恵「一時は悩んでたくらいやねんからな」

京太郎「それは誤解ですって」

京太郎「どうしても勝ちたい奴がハンドに行ったから俺もハンドに移ったわけで」

京太郎「絹さんの事が嫌いになったとかそういうんじゃないですよ」

絹恵「…うん。それは何度も聞いとるし、分かっとるけど…」

京太郎「けど?」

絹恵「……ん。なんでもない」

絹恵「(…流石に言えへんよね)」

絹恵「(…もしかしたらあの女の所為で、京くんがサッカーやめたんとちゃうかって)」

絹恵「(あの女が京くんにベタベタするんが嫌で…私達から距離を取る為に…)」

絹恵「(一緒にやっとったサッカーやめたんとちゃうかって…未だに思っとるなんて…)」

絹恵「…ま、それはさておきや」

絹恵「こうして数週間とは言え、一緒に過ごす事になった訳やし…」

絹恵「京くんの為に一杯、ご奉仕せえへんかったらあかんな」

京太郎「ご、ご奉仕…っ」ゴク

絹恵「ま、私に出来るのはマッサージくらいやねんけどな」アハハ

絹恵「でも、京くんちょっとお疲れみたいやし」

絹恵「サッカー部秘伝のマッサージ術をたまには披露しようかなって」

京太郎「良いんですか?」

絹恵「うん。私は今日はオフで力も有り余っとるしね」

絹恵「何もなかったら適当なところでランニングでもしようと思ってたくらいやし」

絹恵「その受け入れ先になってくれるんやったら私としてもありがたいわ」

京太郎「じゃあ、遠慮無く…」イソイソ

絹恵「ん。あ、でも…」

京太郎「でも?」

絹恵「…元気有り余っとるから激しくイくけど我慢してな?」ニコ

京太郎「え?…ってぐああああああっ」メキメキ









京太郎「うばぁー…」グタァ

京太郎「(き、絹さん…激しすぎるぜ…)」

京太郎「(まさかただ揉んだり押したりじゃなくて…本格的な整体まがいの事をされるなんて…)」

京太郎「(正直、身体中がボキボキいってヤバかったわ)」

京太郎「(まぁ…その分、身体は大分、軽くなったけれど)」

京太郎「(自分で思ってた以上に色々と負担やらなんやらがたまってたんだなぁ…)」

京太郎「(それがなくなったのはありがたいけど…でも、今の俺は見事に動けなくて…)」

洋榎「おーおー…」

洋榎「まーた派手にやられとるなぁ」

京太郎「……え?」

洋榎「やっほ。京」

洋榎「久しぶりやな、元気しとったか?」ニコ

京太郎「…洋さん」

京太郎「ってか、なんでここに?」

洋榎「そりゃ絹がおるのに、うちがおらへん訳ないやろ?」ドヤァ

洋榎「うちと絹は一心同体やからな!」

京太郎「あぁ、まぁ、うん。姉妹仲がイイのは結構な事なんですけど」

洋榎「まぁ、うちにも絹と同じメールが届いたからな」

洋榎「絹と一緒に監督に直訴してこっちに来たんや」

京太郎「…じゃあ、もしかして」

洋榎「ん。絹だけやなくてうちの事もよろしくな、旦那様」ニコ

京太郎「俺の奥さんになるには胸のサイズが物足りないかなぁ」

洋榎「大丈夫や!それは絹が補ってくれるから!」

京太郎「どうやって補って貰うつもりなんですか」

洋榎「そりゃ勿論、うちとイチャイチャエロエロしながら絹の胸をモミモミって」

京太郎「…ぶっちゃけ心惹かれなくはないですが、洋さんはそれで良いんですか」

洋榎「んー…うちは心広い方やからなー」

洋榎「絹とやったら浮気くらいは許さなくはないで」

洋榎「…あ、でも、オカンとヤッたら即OHANASIAIやけどな」ニコ

京太郎「あ、あはは」

洋榎「ま、一番はうちだけを心ゆくまで愛してくれる事やけどね」チラッ

京太郎「なら、そういう男を捕まえて下さい」

京太郎「俺の心はもうOPPAIにあるんで」

洋榎「なんでや!おっぱいがそんなにええんか!」

洋榎「あんなん脂肪の塊やないか!」

洋榎「痩せてる方がええいうのに胸だけは太ってるのがええとか贅沢やって思わんの!?」

京太郎「人間、向上心を失ったら堕落するだけだと思うんですよ」

洋榎「そういう向上心は要らへんのとちゃうかなぁ」

京太郎「いや、急にマジになられても」

洋榎「だって…なぁ」

洋榎「女としては色々と不公平やって思うもん」

洋榎「胸のサイズとかほとんど生まれながらにして決まっとるんやし」

洋榎「…絹と何時も同じもん食べてるうちがこの状態ってだけで分かるやろ?」

京太郎「…まぁ、確かに」

洋榎「だから、京はうちの事もちゃんと愛するべきやっておもいまーす」

京太郎「どうしてそんな結論に達するんですか」

洋榎「おっぱいだけ好きなのは不平等 → 貧乳も愛するべき」

洋榎「つまり貧乳であるうちを愛さなきゃいけないってQDEや!」

京太郎「QEDっすからね」

京太郎「つーか、それで俺が愛してるぜ、洋さんつったらどうするんですか?」

洋榎「え…そ、それは…」カァァ

洋榎「……………い、言わへんもん」プイッ

京太郎「言えないような事をするつもりだったのかー」ボウヨミ

洋榎「お、おおおおオカンやないんやからそんなんするはずないやろ!」

洋榎「た、ただちょっと婚姻届書いて貰って、役所に提出しに行くだけや!」

京太郎「いや、俺まだ結婚出来る年齢じゃないですし」

洋榎「…今すぐ大きくなるんや、京太郎!」クワッ

京太郎「無茶言わないで下さいよ…」

京太郎「(…ホント、洋さんは相変わらずだよな)」

京太郎「(冗談では色々言えるのに、ちょっとマジになったらすぐヘタレるんだから)」

京太郎「(そういうところが割りとマジで可愛いと思う)」

京太郎「(勿論、結婚するかどうかは別問題だけれど!)」

京太郎「(俺の理想はやっぱりおっぱいの大きい美人さんなんだし)」

京太郎「(それに、こういうやり取りは昔っからやってる訳だからなぁ)」

京太郎「(洋さんとしても冗談のつもりで、決して本気じゃないんだろう)」

京太郎「…つーか、それよりもですね」

洋榎「ん?」

京太郎「その位置に立たれると洋さんとパンツ見えるんですが」

洋榎「ふぇええ!?」バッ カクシ

京太郎「嘘です」キリ

洋榎「っ!」

洋榎「京のアホ!スーパーアホ野郎!!」ゲシゲシ

京太郎「い、いてて!つーか、マジで見えますから!」

京太郎「今、蹴るとマジで見えちゃいますから!!」

洋榎「~~~~っ!」マッカ

洋榎「(…はぁ、ホント焦ったわ)」

洋榎「(絹が京の事歓迎しとる間に…うちは京の部屋で一発オナっとった訳やからなぁ…)」

洋榎「(一応、パンツは変えたけど…でも、びしょ濡れやったし…)」

洋榎「(こうして久しぶりに京と話してる間にドキドキもしとるから…)」

洋榎「(多分…いや、間違いなくパンツがまたぐっちょりしとる)」

洋榎「(そんなん京に見られたら…絶対に軽蔑されるし)」

洋榎「(即座に押し倒して…うちから離れられへんようにするしかないやないの)」フゥ

京太郎「…っと」ムクリ

洋榎「チッ…アレだけ蹴ったのにまだ立ち上がるか」

洋榎「タフな野郎やで…」

京太郎「ふふ。貴様のような貧相な身体では我を倒す事など出来んわ」

京太郎「そのカップを6はあげてから出直せいっ!」

洋榎「うっさいわ、この馬鹿!」ダキッ ギュゥゥ

京太郎「ちょ、待って!サブミッションはらめええっ!!」

京太郎「関節技は洒落にならないのぉおおっ!!」ビックンビックン

洋榎「…で、何か言う事は?」シリニシキ

京太郎「ヒロエサマノオッパイハスバラシイデス」シリニシカレ

洋榎「よろしい」

洋榎「…後、ついでにうちも今日からここで泊まるからな」

京太郎「あー…やっぱりですか」

洋榎「当然やろ」

洋榎「京を絹と一緒にしとったら何が起こるか分からへんし」

京太郎「一応、雅枝さんもいるんですが」

洋榎「あのオカンは間違いなく背中を押すから当てにならん」キッパリ

京太郎「(雅枝さん、マジ娘に対して信用ないんだな…)」

洋榎「それにもう絹にオッケー出しとるんや」

洋榎「うちだけアカンなんて寂しい事言わへんやろ?」ニッコリ

京太郎「…もしかしてその為に最初、絹さんだけ…?」

洋榎「なんのことかわからへんなー」

京太郎「おのれ…!俺が巨乳に弱いと知って…!!」

洋榎「敵の弱点を突くのは戦闘の基本やろ?」

洋榎「…まぁ、正直、腹立つけどな」グリグリ

京太郎「ぐあああああっ」

洋榎「ふふふ、ここがええのんかー」

洋榎「ここがええのんかー」

京太郎「…いや、もう絹さんにマッサージして貰ったんで全然、良くないですが」

洋榎「もう…乗りが悪い奴やなぁ」

洋榎「ここは媚薬漬けにされた騎士みたいな反応するところやろ」

京太郎「男がそんな反応しても誰得じゃないっすかねぇ」

洋榎「んー…少なくともうち得ではあるし」

洋榎「ついでにそこに隠れとる絹得でもあるんちゃう?」チラッ

絹「っ」ギク

絹恵「…バレとったん?」

洋榎「そりゃバレるやろ」

洋榎「うちに気遣って、邪魔せんように外から覗いとる可愛い妹なんや」

洋榎「気づかんかったら姉失格やで」

絹恵「お、お姉ちゃん…」ダキッ

洋榎「おぉ、よしよし。可愛い子やね」ナデナデ

京太郎「あのー…俺の上で感動の再会みたいなネタやらないでくれます?」

洋榎「なんや、京ってば寂しいんか?」

京太郎「いや、それもない訳じゃないですが、単純にそろそろ重くて…」

洋榎「よし。絹、京の背中に乗るんや」

京太郎「ちょっ」

絹恵「…ごめんね、京くん」

絹恵「私、お姉ちゃんに逆らえへんから」ヨッコイショ

京太郎「ぬぉおおお!!」

洋榎「よし、これでうちだけ重いなんて言わせへんで!」

京太郎「い、いや、例え絹さんを誘っても洋さんが重いのには変わりが…」

洋榎「なーんか言ったかー?」ズシンズシン

京太郎「ら、らめえっ!」

京太郎「お尻でドシンドシンしちゃらめなのおお!」

洋榎「ふふん。これもうちのスレンダーなボディを重い呼ばわりした罰や!」

洋榎「と言うか、うちよりも絶対、絹の方が重いもん!!」

京太郎「知ってるか、洋さん…」

洋榎「…何がや?」

京太郎「…巨乳はな、中に夢が詰まってるから軽いんだぜ?」

京太郎「そして貧乳には妬みが詰まってるから重…」

洋榎「…ふんっ」ズシン

京太郎「ぬがああああああああ」

絹恵「さ、流石にちょっと恥ずかしいなぁ…」モジモジ

洋榎「で、どうや?」

京太郎「どうって…何がですか?」

洋榎「美人姉妹!美人姉妹やで!」

京太郎「いや、強調せずとも分かってますが」

洋榎「そのお尻に敷かれるなんて何か言う事あるんちゃうん?」

京太郎「あー…そうですね」

洋榎「…」ワクワク

京太郎「…………洋さんって胸小さいわりにはお尻大き…」

洋榎「せいや!」ズシンズシンズシン

京太郎「ぐあああああああ!」

絹恵「…もうお姉ちゃんったら」クス

京太郎「絹さんも笑ってないで助けて…」

絹恵「…でも、本当はこうやっておねちゃんとじゃれあうの好きなんやろ?」

絹恵「それに、私はそんな二人の事が大好きやから」

絹恵「京くんには悪いけど止めたりせえへんよ」

洋榎「…と言う訳や」

洋榎「このままお仕置き続行やでー!」グリグリ

京太郎「ぬわああああああああ」









京太郎「(…ただ、にこやかなのはそこまでだった)」

京太郎「(娘の歓迎会の為に山程、食材買ってきた雅枝さんが帰って来た途端…)」

京太郎「(二人の顔から明るい色が薄れていって)」

京太郎「(代わりに敵意とか警戒心とかが目に見えるほど浮かんでいた)」

京太郎「(…以前会った時から結構時間が経ったし…)」

京太郎「(俺の為とは言え、自分から雅枝さんと一緒に暮らすって言い出してたから)」

京太郎「(少しは家族仲もマシになったのかな…って思ってたけど…)」

京太郎「(どうやら二人にとって雅枝さんは未だに許せない相手であるらしい)」

京太郎「(そんな三人の事を何とかしようと食卓でも、色々と働きかけたけど…)」

京太郎「(二人は俺としか話さず、雅枝さんが呼びかけても無視するだけで)」

京太郎「(…雅枝さんの手料理は相変わらず美味しかったけど、中々に胃が痛い夕飯だった)」

京太郎「(出来れば、そういうのが改善出来れば良いんだけど…)」

京太郎「(でも、こういう問題って根が深いだろうし…)」

京太郎「(昨日今日で改善するって言うのはまず無理だろうな…)」

京太郎「(まぁ、雅枝さんの手料理を楽しめないのはちょっと寂しいけれど)」

京太郎「(でも、二人のお陰で雅枝さんのスキンシップが若干、マシになったのは事実だ)」

京太郎「(雅枝さんが俺に触れようとした瞬間、二人がかりで引き離されているし)」

京太郎「(昨日に比べれば、男の純情に悪くはない)」

京太郎「(…はず、なんだけれど)」ビーン

京太郎「(…なんで俺、こんなに勃起してるんだろう)」

京太郎「(今日はまだ昨日よりマシだって言うのに…)」

京太郎「(やっぱ美人姉妹と未亡人が一緒の家で暮らしてるってのがダメなのか…?)」

京太郎「(…いや、でも、流石にそれでここまでガチガチになるほど俺は変態じゃないと思いたい)」

京太郎「(とりあえず夕飯食べた後からやたらとムラムラしていたような気がするけど…)」

京太郎「(…まさか雅枝さんが怪しい薬を食事に混ぜていたとか…?)」

京太郎「(い、いや、流石にそれはないよな、うん)」

京太郎「(雅枝さんがそんなものを俺に盛るメリットがないし)」

京太郎「(ただ、なんとなくムラムラしちゃってるだけなんだろう)」

京太郎「(…が、これはまずい)」

京太郎「(何がまずいって…割りと今の俺、余裕が無いからなぁ…)」

京太郎「(何もしてないのにムスコがパンツの中でガチガチになって収まらないくらいだ…)」

京太郎「(こうなる前に何とか部屋に逃げ込んだからバレちゃいないと思うけど…)」

京太郎「(だからって安心なんか出来ない)」

京太郎「(一人になった途端、エロい妄想がずっと浮かびっぱなしで止まらないし…)」

京太郎「(…このままじゃトチ狂って石版にエロい事でも書いてしまいそうな勢いだ…)」

京太郎「(そんな状態であの石版を出す訳にはいかないし…)」

京太郎「(もうちょっと待って…皆が寝静まってから…)」

京太郎「(それからオナニーして…それで寝よう)」

京太郎「(また今日も問題を先送りにしてしまう訳だけれど…)」

京太郎「(でも、俺が血迷わない為にはそれが一番なんだ)」モゾモゾ

コンコン

京太郎「…う……」

京太郎「(ヤバイ)」

京太郎「(一応、ベッドの中に入ったとは言え、俺のムスコはガチ勃起中…)」

京太郎「(下手に仰向けになったら…絶対に勃起がバレてしまう)」

京太郎「(だが、横向けになったまま来客を迎え入れるなんてあまりにも無理があるし…)」

京太郎「(ただ、失礼なだけじゃなく俺の勃起に勘付かれてしまう可能性が高い)」

京太郎「(だから、ここは…相手は誰であっても…)」

京太郎「(無視…狸寝入りが一番だ…!)」コソコソ

雅枝「…京太郎君?」

京太郎「(ねてまーす)」

雅枝「寝とるん?」

京太郎「(はい。ぐっすりです)」

京太郎「(だから、早く帰って…)」

雅枝「…失礼しまーす」ガチャ

京太郎「(え゛っ!?)」

京太郎「(ちょ、寝てますよ、雅枝さん!)」

京太郎「(もう熟睡ですから!)」

京太郎「(爆睡中ですから早く帰ってください!!)」

雅枝「…ふーん」クンクン

雅枝「…………この感じやとまだ…かな」

京太郎「(…何がまだなんだろう?)」

雅枝「…と言う事は…」スタスタ ストン

京太郎「(うぉ…っ!?)」ギシ

京太郎「(い、今、揺れたって事は…何かがベッドの上に乗ってきた…!?)」

京太郎「(ってこれ、どう考えても雅枝さんじゃねぇか!!)」

京太郎「(で、でも、どうしてそんな近くに…!?)」

京太郎「(部屋の電気だってもう落として、俺もベッドに入ってるのに…)」

京太郎「(こんなに近くに来て一体何をするつもりなんだ…?)」

雅枝「……ふぅぅうぅ♪」

京太郎「ふぉお…」ビクン

京太郎「(やっべ、今、変な声出た…)」

京太郎「(い、いや、でも、今のは無理だって)」

京太郎「(いきなり耳に息吹きかけられるとか絶対に反応するに決まってる)」

京太郎「(ましてや、今の俺はやたらとムラムラして敏感になってるのに…)」

京太郎「(我慢なんて出来るはずないって…!)」

雅枝「…んー起きひんなぁ」

雅枝「よっぽど熟睡しとるんやろか?」

京太郎「…ぐー…」

雅枝「…ふふ。ホンマ、可愛ええ子やわぁ?」クス

雅枝「…そんな寝顔を見せられると…悪戯したくなるやろ…♪」ナデ

京太郎「あ…っ」ビクン

京太郎「(ま、ままままま雅枝さん!?)」

京太郎「(どうして布団の中に手を突っ込んでるんですか!?)」

京太郎「(い、いや、手を突っ込むだけならばまだしも…俺の身体を撫でるなんて…)」

京太郎「(勿論、雅枝さんにとっては悪戯なんかも知れないですけど…)」

京太郎「(それは今の俺には効き過ぎるんですって…!)」

京太郎「(敏感肌の俺にとってはヤバイ奴なんですってば…!)」

雅枝「こうやって触ると逞しいなぁ…♪」

雅枝「やっぱりこの前までスポーツやっとった子は違うね?」

雅枝「パジャマ越しにもはっきりと筋肉がついとるのが分かるわ…?」

雅枝「…もう京太郎君の事、子どもやなんて言えへんなぁ…♪」

雅枝「体つきはもう立派な男の子やん…?」

京太郎「(え、えぇ。そうです)」

京太郎「(俺ももう立派な男です)」

京太郎「(だから、その、そういうセクハラはほどほどに…)」

雅枝「だから…もう…」ギュゥ

京太郎「ふあ…っ」

雅枝「…こーんな風に後ろから君におっぱい押し付けたりしたら…あかへんのやろうねぇ…?」クス

京太郎「(お、おっぱいがあ!おっぱいがあああ!)」

京太郎「(お、俺の背中に思いっきりむにってふにふにって来て…!!)」

京太郎「(ま、まずいぞ、コレは…!)」

京太郎「(ただでさえムラムラしてるってのに…そ、そんな事されたら…)」

京太郎「(ガチ勃起どころの話じゃなくなってしまう…!)」

京太郎「(チンポムズムズして…今すぐオナニーしたくて堪らなくなるわ…!)」グッ

雅枝「んふ…?」

雅枝「どうしたん?身体、急に固くして…♪」

雅枝「もしかして嫌な夢でも見とるん…?」

雅枝「…それやったら…?」モゾモゾ

京太郎「(ま、雅枝さんが離れた…?)」

京太郎「(ざ、残念…い、いや、これはチャンスだ)」

京太郎「(俺が相変わらず反応ないからこのままセクハラしても面白くないって思ったんだろう)」

京太郎「(後はこのまま沈黙を護って、雅枝さんが部屋から出ていくのを待てば…)」フニョン

京太郎「(…………って、もしかしてこの柔らかいのは…)」

雅枝「…前からギュって…したげるね…?」

京太郎「(あばばばばばばばばば)」

京太郎「(目を開けられないけど…この感触を俺が見間違えるはずがない…!!)」

京太郎「(こ、これ、雅枝さんのおっぱいじゃねぇか!!)」

京太郎「(すっげぇいい匂いして柔らかくて…)」

京太郎「(包容力を感じさせる素敵な大きさ…!)」

京太郎「(…ってか、これブラしてねぇ!?)」

京太郎「(何時も感じるワイヤーの感触まったくないし…これ絶対にノーブラじゃねぇか!!)」

京太郎「(おおおおおおおおお落ち着け、俺)」

京太郎「(冷静に…そう、冷静になるんだ)」

京太郎「(まず落ち着いて状況を整理しよう)」

京太郎「(俺は今、雅枝さんの胸に顔を包まれてる)」

京太郎「(その柔らか素敵なおっぱいに押し付けられるように抱きしめられてるんだ)」

京太郎「(流石に密着ってほどじゃないけど…)」

京太郎「(息を吸えば、雅枝さんの匂いが)」

京太郎「(息を吐けば…すぐ前に何かがあるのを感じるくらいに)」

京太郎「(…しかも、その何かは普段、つけてるブラを外してて…)」

京太郎「(何時も以上に無防備で…近くで…甘いにおいがしてて…)」

京太郎「(こ、こんなの無理じゃねぇか…!)」

京太郎「(は、反則すぎる…)」

京太郎「(ただでさえムラムラしてる俺に…耐えられるはず…ない…っ)」ハァハァ

雅枝「…ふふふ♪」

雅枝「どうしたん?急に息が荒くなって…?」

雅枝「もしかして…悪い夢からエッチな夢に変わってもうたん?」

京太郎「(当たらずとも遠からずってところです!)」

京太郎「(こんな状況なんて淫夢じゃないとあり得ないですしね!!)」

京太郎「(つか、割りとこれが夢じゃないかって疑ってる自分がいるくらいですし!!!)」

雅枝「…じゃあ、もしかして…♪」スル

京太郎「うあ…」

雅枝「この辺とか…熱くなっとるんかなぁ…?」ナデナデ

京太郎「(ま、雅枝さんの手が…今度は俺の下半身に…)」

京太郎「(しかも、パジャマの上から優しく撫でるように…なんて…っ)」

京太郎「(もうガチガチに勃起してる上に…おっぱいにまで押し付けられてるんだぞ…!)」

京太郎「(理性なんてもうぶっ飛びそうなのに…そんな事されたら…)」

雅枝「……えぃ♪」ズポ

京太郎「~~~っ!」

京太郎「(ま、雅枝さあああああああん!?)」

京太郎「(そ、そこは…!そこはまずいですって…!!)」

京太郎「(そこ…ズボンの中!)」

京太郎「(ガチガチに勃起したムスコのすぐ側ですから!)」

京太郎「(そんなところに手を突っ込んだら…お、俺……っ)」

雅枝「うわ…すっごくおっきい…♪」

雅枝「男の子って高校一年生で…もうここまで『大人』になるんや…?」

雅枝「寝てるのに…こんなにガチガチになっちゃうような…♪」

雅枝「やらしくて…淫乱な大人チンポになるんやねぇ…?」ナデナデ

京太郎「っ!うぅ…っ!」ビクン

雅枝「あは…♪今、ビクンってしたぁ…?」

雅枝「…寝てるのに、気持ちええんやな…♪」

雅枝「相手が誰なのかも分からへんのに…?」

雅枝「こうして大人チンポナデナデされるだけで…身体震わせるくらいに…♪」

雅枝「エッチ大好きな男の子に育ってしもうたんやね…?」スリスリ

京太郎「く…うぅ…」ハァハァ

雅枝「…私は悲しいわぁ…♪」

雅枝「絹が友達やって連れてきた時から…君の事をずっとずっと大事に思ってたのに…?」

雅枝「まさか…こんなに淫乱に育ってるなんて…本当に…ショックぅ…♪」

京太郎「(い、いや、これは絶対無理ですって!)」

京太郎「(他の男でも絶対にこうなりますから!)」

京太郎「(寧ろ、こうならない奴って絶対にインポか何かですって!!)」

京太郎「(だから、別に俺が淫乱って訳じゃ…いや、まぁ、エロい事は好きですけれど!!)」

雅枝「…だから、ちゃんと躾てあげへんかったらあかんね…?」

雅枝「ここにいない京太郎君のご両親の為にも…♪」

雅枝「ちゃんとした男の子って言うもんを教えてあげへんかったら…あかんわぁ…♪」ナデナデ

京太郎「あ…あぁ…っ」

雅枝「でも…その前に…ぃ♪」

雅枝「ここから悪いもんを…ピュッピュしようなぁ…?」

雅枝「京太郎君をダメにしてる…悪いお汁やから…♪」

雅枝「君を淫乱ビッチにする…エッチなもんやからぁ…?」

雅枝「それを搾り取らへんかったら…京太郎君も辛いやろ…?」

雅枝「だから…射精してええんやで…♪」

雅枝「私の手で…ナデナデって可愛がられながら…?」

雅枝「びゅくびゅくって気持ちええの…一杯、出しても…ええんや…?」レロォ

京太郎「ふあ…あぁ…っ」

京太郎「(こ、こんなの…無理だ…!)」

京太郎「(耐えたいけど…た、耐えられない…っ)」

京太郎「(射精…させられる…!)」

京太郎「(雅枝さんに…友達の…お母さんに…!)」

京太郎「(子どもの頃から憧れてた人に…おっぱいを押し付けられ…ながら…!)」

京太郎「(俺…もう本気…で!)」

京太郎「(イ…く…!イ…ってしまう……ぅっ)」ビクン

雅枝「…はい♪びゅーぅ…?」シコシコシコ

京太郎「あぁぁあああっ」ビュルルルルルルル

京太郎「(で…射精…たああ…)」

京太郎「(や…べ…ぇ)」

京太郎「(何時もよりも…気持ち…良い…っ!)」

京太郎「(いや…ただ、気持ち良いだけじゃなくって…)」

京太郎「(射精が…っ射精が…全然、収まらなく…て…っ)」ビクンビクン

京太郎「はー…はぁぁ…」

京太郎「(…あ、頭の中、真っ白になるかと思ったわ…)」

京太郎「(何時も以上に気持ち良い射精が…十分以上にも思えるほど出まくってたんだから)」

京太郎「(正直…気持ち良すぎて身体に力が入らない…)」

京太郎「(パンツの中、もう精液でグチョグチョだけど…変える気力すらないわ…)」

雅枝「んふ…?すっごく長い射精やったね…♪」ナデナデ

雅枝「こんなに貯めこんどったら…そりゃ悪いチンポにもなるわなぁ…?」

雅枝「ちゃんと定期的に処理せえへんかったらあかんよ…♪」

京太郎「(…いや、処理してたんですけどね)」

京太郎「(なんでか今日だけやたらとムラムラしてただけで)」

京太郎「(…まぁ、でも、雅枝さんに思いっきり射精させて貰ったお陰で…それもマシになったし…)」

京太郎「(このまま目を閉じれば眠れてしまいそう…ではあるんだけれど)」

雅枝「まぁ、まずはこっちの方から処理せえへんかったらあかんね…?」サワサワ グチュ

京太郎「うあ…」

雅枝「こうやってズボンの上からなでただけでも指に精液がついてしまうわ…♪」

雅枝「こんなグッチュグチュのチンポで心地よく寝れへんやろ…?」

雅枝「大丈夫…♪私に任せておいて…?」

雅枝「ちゃーんと…京太郎君のココ綺麗にしてあげるからね…♪」

京太郎「(う…ど、どうしよう)」

京太郎「(綺麗にって事は…お、俺のムスコが見られるって事だよな)」

京太郎「(正直、それはかなり恥ずかしい…)」

京太郎「(け、けど、ここで起きたら…間違いなく雅枝さんと気まずくなってしまう)」

京太郎「(どうしてかは分からないけど…俺は雅枝さんの手でイかされてしまった訳で…)」

京太郎「(雅枝さんとしても俺に知られたくないだろうし…)」

京太郎「(俺としても、それを知っている事にはしたくない…)」

京太郎「(だから、ここは…正直、かなり恥ずかしいけど…)」

雅枝「はい。ごろ~~ん♪」グイ

京太郎「…」ゴロン

雅枝「ふふ…♪良く出来ましたぁ…?」

雅枝「じゃあ、後はタオルケットどけてー…♪」

京太郎「…っ」ビンビン

雅枝「…あはぁ…?」

雅枝「…京太郎君、まーだビンビンやねんな…?」

雅枝「まだまだ…このチンポに悪いの貯めこんどるんやねぇ…♪」

雅枝「…まぁ、でも、まずはお掃除の方を先にせえへんかったらあかんし…?」

雅枝「…とりあえずズボンとパンツからヌギヌギしようなぁ?」ヌガセヌガセ

京太郎「…ぅ」ボロン

雅枝「~~~っ♪」ブル

雅枝「…あぁぁ…?こ、こんなん…あかんわぁ…?」

雅枝「もう…こんなエッチな形しとるなんて流石の私も予想外やで…♪」

雅枝「カリ首も思いっきり張って…ピンク色の亀頭もズル剥けで…♪」

雅枝「…女殺しもええところの…淫乱チンポやんかぁ…?」

雅枝「この間まで中学生やった癖に…こんなん持っとるとかホント反則やで…?」ペロ

雅枝「まだ新芽って感じやのに…精液でグチョグチョになって…ぇ♪」

雅枝「発情したオスの匂いをプンプンさせとるなんて……?」

雅枝「こんなん…処女じゃなくても我慢なんて出来ひんわぁ…♪」

雅枝「いただき…まぁす?」パクッ

京太郎「う…あぁ…っ」

京太郎「(な、何だ、コレ…!?)」

京太郎「(何が起こったんだ…!?)」

京太郎「(いきなりチンポを暖かくてヌルヌルしたものが包んで…)」

雅枝「おいひぃぃ…?」レロォ

京太郎「う…ふぉぉ…っ」ビクン

京太郎「(い、今、何か動いた…!?)」

京太郎「(その上、雅枝さん何かを口に含んでいるような声を漏らして…っ)」

京太郎「(…も、もしかして…コレ雅枝さんの口…なのか?)」

京太郎「(俺、雅枝さんに…フェラされてるのかよ…!?)」ゴクッ

京太郎「(し、しかも、ただのフェラじゃなくて…お掃除フェラ…!)」

京太郎「(精液を舐めとって綺麗にする為って言う…)」

京太郎「(エロマンガならともかく普通じゃ絶対にしてもらえないもので…!!)」

雅枝「ちゅるぅ…♪んふぅ…?」

雅枝「じゃーめんの匂い…しゅっごいぃ…♪」

雅枝「くちんにゃかじゃーめんまみれににゃったみたいに…プンプンひてるぅ…?」

京太郎「(しゃ、しゃべらないで…っ!)」

京太郎「(チンポしゃぶりながらそんな事言われたら…し、刺激が…!)」

京太郎「(刺激が…あまりにも強すぎる!!)」

京太郎「(ただでさえ…俺の身体は敏感な上、)」

京太郎「(その上、イッたばっかで、チンポがさらに過敏になってるんですよ…!)」

京太郎「(それなのに…そんな風に刺激されたら…)」

京太郎「(また…すぐ射精…ちゃう…!)」

京太郎「(綺麗にして貰ってるはずなのに…また汚してしまって…っ!)」

雅枝「きょうらろぉくん…ビックンビックンひてるぅ…♪」

雅枝「おふぉぉじフェラで感じへりゅんやなぁ…?」

雅枝「ガッチガチのチンポぉ…あちゅくしてくれへるんやぁ…?」

雅枝「嬉ひぃ…♪わらひ…しゅっごく嬉しひわぁ…♪」

雅枝「らから…もっとしゃーびすしてあげりゅわ…ぁ?」チュロロ

京太郎「お…おぉ…っ」

京太郎「(す、す…げぇ…っ)」

京太郎「(俺のチンポを美味しそうになめしゃぶってくれて…っ)」

京太郎「(その上…飽きないように時折、バキュームまでしてくれる…っ!)」

京太郎「(人妻のテク…や、ヤバイ…!)」

京太郎「(こ、こんなの…童貞に耐えられる訳ないわ…!)」

京太郎「(例え、今の俺が敏感じゃなくても…瞬殺される…!)」

京太郎「(あっという間に…精液絞られるっての…!!)」

雅枝「うふゅぅ…♪にゃまいきやわぁ…?」

雅枝「いちゅもなら…こうしてあげればしゅぐにびゅっぴゅしゅるのにぃ…♪」

雅枝「我慢しゅるなんて…ゆるしゃへん…よぉ…?」グチュゥ

京太郎「あひぃ…っ」

京太郎「(雅枝さんの中、さらにグチュグチュになってる…!?)」

京太郎「(唾液の量が一気に増して…お、俺のチンポに絡みついてきて…!!)」

京太郎「(さらにグチュグチュになった口の中…マジ気持ち良い…っ)」

京太郎「(その上、雅枝さんただ舐めとるだけじゃなくって…)」

京太郎「(あっちこっちに亀頭を擦りつけて…っ)」

京太郎「(ぬ、ヌルヌルの粘膜の中でズリズリってされて…)」

雅枝「じゅぽぉっ♪ぐ…ぷぅうっ?」

京太郎「(そ、その上…雅枝さんの口が…動いてる…っ♪)」

京太郎「(先っぽだけ口に含むんじゃなくて…その顔を動かすように激しくフェラしてて…)」

京太郎「(こ、こんなの…ほとんど擬似セックスみたいなもんじゃないか…!)」

京太郎「(が、我慢とか…そういうレベルじゃない…!)」

京太郎「(もう…もう…無理…いぃ…っ!)」ビュルルルル

雅枝「んぴゅぅっ♪♪」ビクン

雅枝「んぐ…っ♪ごく…ごくっ…?」

京太郎「(あぁぁ…っ!)」

京太郎「(雅枝さん…お、俺の精液…飲んでる…)」

京太郎「(お掃除フェラ初めて…数分も持たなかった俺の精液を…)」

京太郎「(一滴残らず逃がさないように…口をすぼめて…っ)」

京太郎「(粘膜を絡みつけてくれて…っ)」

京太郎「(射精する度に…喉鳴らしながら…全部、飲んでくれてる…っ)」

京太郎「(なんだよ…コレ…!)」

京太郎「(本当に…これ現実…なのか…!)」

京太郎「(分からない…もう頭の中グチャグチャで分からない…けど…ぉっ)」ビククン

雅枝「ひぐぅっぅっ♪♪」ゴクゥ

京太郎「(気持ち良い…っ!)」

京太郎「(射精も…止まらない…!)」

京太郎「(さっきあんなに出したのに…また出まくってる…うぅぅ…!!)」

雅枝「ん…んぽぉ…?」

雅枝「はー…はぁぁ…ぁ♪」トローン

雅枝「もぉ…♪京太郎君…すごすぎ…やでぇ…?」ウットリ

雅枝「さっきあんなに射精したのに…すぐさまあれほど特濃の精液準備するなんて…ぇ…♪」

雅枝「私…飲んでる最中に食道詰まって窒息するかおもたわ…?」

雅枝「処女やったら…あんな量絶対に飲みきれへんよぉ…♪」

京太郎「(…いや、つか、処女ならフェラなんてしないと思うんですけど)」

京太郎「(そう突っ込みたい気持ちはあるけど…もうホントダメだ)」

京太郎「(さっき以上に身体が疲れて…起き上がる事すら億劫だし…)」

京太郎「(それに何より…ここで突っ込んだらさっきの我慢が全部、水の泡になるんだ)」

京太郎「(一応、今のでお掃除フェラも終わっただろうし…)」

京太郎「(今度こそ雅枝さんも帰ってくれるだろうから大人しく…)」

雅枝「…んふ…♪」ギシ

京太郎「(…え?)」

京太郎「(…こ、この重さは…)」

京太郎「(もしかして…雅枝さん、俺に馬乗りになってる…?)」

京太郎「(い、いや、でも…俺、未だに下半身丸見えで…)」

京太郎「(チンポもまだ勃起したままなんですけど!!)」

京太郎「(そ、そんな状態で…俺の上に乗っかられたら…お、俺だって…)」ゴクッ

雅枝「…でも、京太郎君の精液…ホンマ美味しかったわぁ…?」

雅枝「こんなん飲むの十数年ぶりやけど…♪」

雅枝「子宮が震えるくらい…最高ののどごしと味やったよぉ…?」

雅枝「…だから、その分のお礼…してあげへんかったらあかんね…♪」ヌギ

京太郎「(…お、お礼!?)」

京太郎「(ってか…この布擦れの音って…!?)」

京太郎「(も、もしかして雅枝さん脱いでる…?)」

京太郎「(俺の上で…服脱いじゃってるのか…!?)」ドキドキ

雅枝「んふ…♪」シュル

雅枝「…はい。これで私も京太郎君とお揃い…?」

雅枝「何時でもエッチオッケーの…裸んぼになったで…♪」

京太郎「(や、やっぱり…!)」ゴクッ

京太郎「(雅枝さん、本気で俺の上で裸になってるんだ…)」

京太郎「(ま、雅枝さんの…あこがれのお姉さんの裸…っ)」

京太郎「(しょ、正直、見たい…!)」

京太郎「(見たい…けど…っ)」

雅枝「…ふふ♪まだ起きひんのやねぇ…?」クス

雅枝「…じゃあ、ええやんな…♪」

雅枝「こんな…チンポ丸出しのエロい格好で寝とるんやし…?」

雅枝「このまま…京太郎君とエッチしてもええって事なんやろ…ぉ?」

京太郎「(え…っ!?)」

京太郎「(え、エッチ…!?)」

京太郎「(そ、それってつまり…本番って事だよな…!?)」

京太郎「(ま、待ってくれ…そ、それはまずい…!)」

京太郎「(い、いや、俺としては正直、良いんだけれども!)」

京太郎「(雅枝さんで童貞卒業とか念願叶ったと言っても良いくらいなんだけど!)」

京太郎「(でも、今の雅枝さんは明らかにおかしいんだ)」

京太郎「(少なくとも…何時もの旦那さんを想ってる様子なんて何処にもない)」

京太郎「(きっと…いや、間違いなく石版がおかしくしてるんだ)」

京太郎「(だ、だから…拒まなきゃ)」

京太郎「(明日から気まずくなるのは嫌だけど…)」

京太郎「(でも…ソレ以上に本番はマズイ…!)」

京太郎「(絶対に…関係が修復出来なくなってしまうのは目に見えているから…っ!)」

雅枝「じゃあ…挿入れるで…♪」

雅枝「京太郎君の童貞…私が貰ってあげるからな…ぁ?」

京太郎「ま、待ってください…っ」パチ

雅枝「…あ、京太郎君、起きたんや…?」

京太郎「は、はい。起きました。だから…」

雅枝「…でも、ざーんねん?」

雅枝「もう…遅い…わぁ??」ズチュゥゥ

京太郎「あっあぁあああっ」

雅枝「は…あぁあぁあああああんっ♪♪♪」ビクン

雅枝「す…す…ごぉぉ…♪♪」

雅枝「久しぶりのチンポ…ぉっ♪硬くて…おっきぃぃ…?」

雅枝「さ、流石…京太郎君の…大人チンポやわぁ…?」

雅枝「挿入れただけで…私、一気にイかされてしもうた…ぁ♪♪」

雅枝「童貞チンポで…子宮で…マジイキしちゃっとるよぉ…お?」

京太郎「ま、雅枝…さ…っ」

雅枝「んふ…♪私にレイプされるのが意外…?」

雅枝「…でもね、京太郎君が悪いんやで…?」

雅枝「本当は起きとるのに…ずっとされるがままやったんやからぁ…♪」

雅枝「ちょっと悪戯するつもりが…もう私、我慢出来ひんようになったんやぁ…?」

雅枝「京太郎君のチンポ欲しくて…もう子宮キュンキュンしっぱなしやったんやでぇ…♪」

京太郎「し、知ってたんですか…!?」

雅枝「勿論…部屋に入った時から…ね…?」

雅枝「発情したオスの匂いがムンムンしとるのに、精液の匂いはしとらへんかったし…♪」

雅枝「オナニーするの我慢して必死に寝たフリしとるんやろうなって一発で分かったわ…?」

京太郎「~っ!」カァァ

雅枝「ふふ…可愛かったで…♪」

雅枝「私が一杯、悪戯しとるのに必死に我慢しようとする君の顔…っ?」

雅枝「その顔だけで…私もう軽くイっちゃいそうになっとったくらいやねんからなぁ…♪」

京太郎「だ、だからってこれはやり過ぎですよ…!」

京太郎「フェラしたからと言っても…ご、ゴムナシはまずいですって!」

京太郎「妊娠しちゃいますよ!」

雅枝「だって…ゴムに京太郎の童貞奪われるの嫌やったんやもん…?」

雅枝「それに…私は妊娠しても構わへんし…ね?」

京太郎「…え?」

雅枝「ふふ…♪まだ君には分からへんやろうね…?」

雅枝「でもね、私は決して尻軽な女やないで…♪」

雅枝「心に決めた人は…何時も一人…??」

京太郎「(…どういう事だ?)」

京太郎「(雅枝さんの心に決めた人ってのは…間違いなく今はなき旦那さんのはずだ)」

京太郎「(それなのにどうして俺の事を襲った挙句…)」

京太郎「(妊娠しても良いなんて…そんな事を言うんだ…?)」

雅枝「だか…らぁ…っ♪♪」ズルル

京太郎「う…あぁあっ」ビクン

京太郎「ま、雅枝さん…っダメですって…!」

雅枝「今のままの方が…ダメやってぇ…♪」

雅枝「一回イったとは言え…挿入も途中のまんまやもん…?」

雅枝「ちゃぁんと最後まで挿入れへんかったら収まりも悪いし…♪」

雅枝「…それにちゃんと子宮で歓迎してあげへんかったら童貞喪失って言えへんやないの…?」

京太郎「基準がまったく分からないんですが…っ!?」

雅枝「うーん…やっぱり女心は中々、男の子には理解されへんもんなんかなぁ…♪」

雅枝「…ま、ええわ…?」

雅枝「それやったら…身体で分かってもらうだけやし…ね…っ?」グチュゥ

京太郎「ああぁ…っ」

雅枝「んふ…♪ええ声…ぇ?」

雅枝「そういう声を聞くと…私も余計…興奮するわ…ぁ♪」

雅枝「子宮にキュンキュン来て…もっともっと犯してあげたくなる…ぅ?」ズチュゥ

京太郎「(だ…ダメだ…!)」

京太郎「(このままじゃ…駄目だ…!)」

京太郎「(何が起こってるのかまったく分からないけど…!)」

京太郎「(でも…このままじゃ俺、流されてしまう…!)」

京太郎「(雅枝さんのマンコはあっちこっちにブツブツが生えてて…っ)」

京太郎「(グチョグチョになったチンポを出し入れする度に…それら全部がこすってくるんだから…!)」

京太郎「(まるで無数の舌が…ムスコの動きに合わせてなめしゃぶってる来るようなオマンコ…!)」

京太郎「(そんなの…フェラでさえ瞬殺された俺が耐えられるはずない…!)」

京太郎「(このままじゃ…あっという間にイかされてしまう…!)」

京太郎「(またあっさりと射精させられて…雅枝さんを妊娠されてしまう…!!)」

京太郎「(それだけは…それだけは何とか避けなきゃ…!)」

京太郎「(このままじゃ雅枝さんだけじゃなくて…洋さん達にも顔向けが…出来ない…からっ!)」グッ

京太郎「(例え、力づくでも…っ)」グイッ

雅枝「んふ…だーめ…?」グッ

京太郎「え…っ」

京太郎「(ちょ…な、なんで!?)」

京太郎「(幾ら俺がイかされ過ぎて身体が言う事を聞かないって言っても…)」

京太郎「(女の人を一人はねのけられるくらいの力はあるはずなのに…!)」

雅枝「ふふ…♪男の子が女に腕力で勝てるはずないやん…?」

雅枝「エッチしちゃったら…もう終わりやで…♪」

雅枝「逃げる事なく…女の中に精液吐き出すしかなくなるんやからなぁ…♪♪」

京太郎「(ま、マジかよ…!?)」

京太郎「(確かに色々と逆転してるとは想ってたけど…)」

京太郎「(そんなところまで逆転しちゃってるのかよ…!!)」

京太郎「(じゃあ…お、俺、これどうすれば…)」

京太郎「(こんなの…どうやって抜け出せば良いんだよ…っ!!)」

雅枝「それより…ほら?」スッ

京太郎「ぅ…」

雅枝「私に触れるんやったら…こっちのおっぱいにした方がええで…?」

雅枝「京太郎君、おっぱい大好きやろ…♪」

雅枝「これはもう今日から君のモンやから…好きにしてええんやで…っ?」

雅枝「私も…京太郎君のチンポを好きにするから…ぁあっ♪♪」

雅枝「ふあぁあああっんっ??」

雅枝「深いトコまで…グリグリクるぅうううっ♪♪」

雅枝「コレ…やあっ??」

雅枝「これが…コレが欲しかったんやぁっ♪♪」

雅枝「バイブじゃ届かへん…エッチなトコロぉおっ???」

雅枝「チンポじゃないとグリってこうへん…ココに欲しかったのぉおっ♪♪♪」グリングリンッ

京太郎「あ…ひぃいっ!」

雅枝「やっぱ…さいこぉおっ♪♪」

雅枝「アンタのチンポ…最高やあっ??」

雅枝「私…今、すっごい…すっごい幸せになっとるぅ…♪♪♪」

雅枝「久しぶりにアンタとエッチ出来て…わ、私…私…いぃいっ??」プッシャアア

京太郎「うあ…っ」

雅枝「あは…ぁ♪潮…吹いてしもうたぁ…?」

雅枝「ホント…アンタのチンポは女殺しやわぁ…♪♪」

雅枝「正直…アンタがおらへんようになってから…ずっとこういう事しとらんかったからぁ…??」

雅枝「ブランクありすぎて…相手出来るかどうか分からへん…けどぉ…っ♪」ヌルルル

雅枝「でも…私だって負けへん…よぉっ♪♪」グッポォ

雅枝「アンタの弱点は私だってよぉけ知っとるんやからねぇ…っ♪♪♪」

雅枝「アンタだって…イかせてやるんやからぁ…っ??」

雅枝「絶対に絶対に…次の子を産むんやからねぇ…ぇっ♪♪♪」ジュポジュポ

京太郎「ひ・・・うぅうっ」

京太郎「(…雅枝さんは何を言ってるんだ…)」

京太郎「(完全に…これ俺に向けてる言葉じゃない…)」

京太郎「(そ、そもそも…俺、童貞で、雅枝さんとエッチした記憶なんてないんだから)」

京太郎「(でも…雅枝さん完全に本気で…っ)」

京太郎「(俺の事を…その人と重ねあわせてて…っ!)」

京太郎「(何より…マジで俺のチンポを絞りとりに…来てる…!)」

京太郎「(俺でさえ知らなかった弱点を的確についてきて…)」

京太郎「(ち、チンポが…も、もう耐えられない…っ!)」

京太郎「(ダメだって分かってるのに…っ)」

京太郎「(イ、イか…イかされる…うぅっ)」

京太郎「(雅枝さんの膣内で…お、俺…もう…っ)」

京太郎「(射精…るっ!)」

京太郎「(射精…るぅうううっ!!)」ドッピュウゥウゥウ

雅枝「んあぁあぁあああっ♪♪♪」

雅枝「射精とるううっ??」

雅枝「アンタの…京太郎君のザーメンぅうぅう♪♪♪」

雅枝「す…すっごいぃ…??」

雅枝「三回目とは思えへんくらい…のうこぉおお…♪♪♪」

雅枝「子宮が…ぁっ?」

雅枝「子宮が悦んどるのが…分か…るぅうう…???」

雅枝「久しぶりの…ぉっ♪♪」

雅枝「十数年ぶりのザーメンうぅううっ???」

雅枝「幸…せぇえ…♪♪♪」

雅枝「また…ぁ♪またコレが味わえる…なんてぇ…??」

雅枝「私…もう…もう諦めとった…のに…っ♪♪」

雅枝「子宮に膣内射精される…メスの幸せなんてもう手に入らへんって思うとった…のに…いぃ…???」

雅枝「…アカン…わぁ…っ♪」

雅枝「今ので完全に…私の身体目覚めてしもうた…ぁ??」

雅枝「アンタとのエッチがどれだけ幸せやったかをぉ…♪♪」

雅枝「全部…全部、身体で思い出してしもうた…ぁあ???」ブルル

京太郎「ま、雅枝…さ…っ」

雅枝「もう…もう…あかんよぉ…♪♪」

雅枝「そんな可愛い声出しても…私、もう我慢出来ひんの…っ???」

雅枝「もう…十数年我慢してたんやからぁっ♪♪」

雅枝「ずっとずっとアンタに操立てとって…バイブオナニーしとらへんかったからぁっ???」

雅枝「だから…ご褒美…ぃっ♪」

雅枝「ご褒美のザーメン…もっとちょうだぁいっ??」

雅枝「十数年分の…ご褒美欲しいんっ♪♪」

雅枝「アンタにまた…また心も身体も愛されたくてしかたがないんやぁ…っ???」ズッチュゥゥ

京太郎「(い、今ので…なんとなく分かった…)」

京太郎「(雅枝さん…俺の事、旦那さんだとそう思ってるんだ…)」

京太郎「(でも…俺は…)」

京太郎「ち、違…違い…ます…」

京太郎「雅枝さん…お、俺は…俺は旦那さんじゃ…」

雅枝「んーんっ♪京太郎君は…私の大好きなあの人やでっ??」

雅枝「私…絹が連れてきた時に一目見て分かったんや…っ♪♪」

雅枝「あの人が…私との約束護ってくれたんやってぇっ??」

雅枝「生まれ変わって帰ってくるって約束…ぅうっ♪♪♪」

雅枝「おかしくなりそうな私を繋ぎ止めてくれた約束を…ちゃんと覚えててくれたんやってぇっ♪♪♪」

雅枝「君の事を見た瞬間に…本能で分かったんやぁ…??」

京太郎「(なんて…はた迷惑な約束を…!!)」

雅枝「勿論…ね?」

雅枝「勿論…私も分かっとるよ…??」

雅枝「京太郎君には…あの人の記憶なんてないってぇ…♪♪」

雅枝「私との約束なんて…覚えてるはずないって事…ぉ??」

雅枝「後でちゃんと…理解しとったんよぉ…♪♪♪」

雅枝「でもね…でも、私…アンタの事やっぱり大好きなんやぁぁっ??」

雅枝「生まれ変わりでも…記憶なんてなくてもええっ♪♪」

雅枝「それでも、世界中の誰よりもアンタの事を愛しとるからぁ…っ??」

雅枝「だから…分か…ちゃうんやぁっ??」

雅枝「このチンポも…アンタのものやって事ぉ…???」

雅枝「もう十何年も味わっとらへんのに…ハッキリあの人のチンポやってぇ…っ♪♪♪」

雅枝「だから…私、もう我慢なんて…出来ひんの…ぉっ♪♪」

雅枝「久しぶりの…アンタとのセックス…うぅうっ??」

雅枝「ずっとずっと夢見とったセックスが…もう止められへん…っ♪♪♪」

雅枝「本気のセックス…したくてたまらへんのやぁ…ぁ???」グッ

京太郎「あ…うぁあ…っ」

雅枝「あ…はぁ…♪♪」ブル

雅枝「どうや…ぁ?アンタの…京太郎君の為のオマンコはぁ…??」

雅枝「君が生まれる前から…ココは京太郎君専用のモノやったんやでぇ…♪♪♪」

雅枝「私…アンタとしかエッチしとらへんからなぁ…??」

雅枝「昔っからアンタのチンポに一杯、愛されて…ぇ???」

雅枝「調教されきった…オナホマンコなんやでぇ…♪♪♪」ギュゥ

京太郎「う…ひぃいっ」

雅枝「んふぅ…♪バッチリ…密着しとるやろぉ…??」

雅枝「君のチンポの形…もうバッチリ覚えとるからなぁ…♪♪♪」

雅枝「こうして本気になった以上…もう隙間なんか与えへんで…ぇ♪♪」

雅枝「チンポとマンコが張り付いて離れへんくらい…ぴったり愛してあげる…うぅ…??」グリングリン

京太郎「(や…ばい…っ!)」

京太郎「(本気で雅枝さんのマンコ…隙間が全く無くて…っ!)」

京太郎「(まるで俺の事溶かすようにして…張り付いてる…!!)」

京太郎「(なのに、雅枝さんの腰使いに反応して、俺のチンポを擦るから…っ!)」

京太郎「(チンポとマンコの境界線が…どんどんと薄くなっていく…!!)」

京太郎「(本当に…挿入しているのが当然な気持ちに…)」

京太郎「(雅枝さんと離れられなく…なってしまう…!!)」

雅枝「ん…ふぅ…♪♪」

雅枝「どんどんええ顔になっていくねぇ…??」

雅枝「私…そういう顔が見たかったんやぁ…♪♪」

雅枝「アンタが…私に夢中になってくれてる顔…ぉ???」

雅枝「私以外の事なんてまったく考えてへんようなその顔、大好き…いぃ…???」

雅枝「だか…らぁ…っ♪♪♪」ジュポジュポジュポジュポォ

京太郎「あぁあぁああっ」

雅枝「グラインドで休憩してからのマジセックスぅうっ♪♪」

雅枝「ぴったりマンコで本気の種付けセックスするぅううっ??」

雅枝「アンタも…ぉっ♪♪アンタもこれ大好きやもんねぇっ???」

雅枝「いっつも私にコレしてしてって目で頼んでた…しぃっ♪♪」

雅枝「本当は今も、期待しとったんやろぉっ???」

雅枝「優しいのも好きやけど…激しいのはもっと好きやもんなぁっ♪♪」

雅枝「エッチ大好きな…淫乱チンポぉおっ♪♪♪」

雅枝「私が…満足させたげるぅうっ???」

雅枝「旦那の欲求に応えるのは奥さんの義務やもんねぇ…えっ♪♪♪」

雅枝「だから…今日からずっとぉっ♪♪」

雅枝「毎日…アンタのチンポ管理したげる…からぁっ??」

雅枝「これが最後じゃなくて…まだまだエッチするからぁあっ♪♪♪」

雅枝「やから…あっ??ええよぉおっ♪♪♪」

雅枝「このまま種付けしてえっ♪♪」

雅枝「レイプされるように犯されながらビュッビュしてぇえっ???」

雅枝「私…もうずっと一緒やからああっ♪♪」

雅枝「もうアンタのこと絶対に離さへんからああああっ???」

京太郎「ひ…ぐぅううっ」

京太郎「(こ、これ…つ、辛…いぃっ)」

京太郎「(気持ち良すぎて…ぎゃ、逆に辛すぎる…うぅっ)」

京太郎「(あっちこっち張り付いて…ギュンギュンチンポ締めてきて…っ)」

京太郎「(その上…今までにないくらい俺の上で…雅枝さんが腰振ってる…ぅっ)」

京太郎「(ノーブラでむき出しになった胸を揺らしながら…っ!)」

京太郎「(本気の腰使い…してて…っ)」

京太郎「(幸せそうに涙漏らしながら…一心不乱に俺の事好きって言ってくれて…っ)」

京太郎「(もうこんなの…とっくの昔に射精してもおかしくないのに…!)」

京太郎「(気持ち良すぎて…射精ない…っ!)」

京太郎「(今にも射精しそうなくらい気持ち良いのに…!)」

京太郎「(射精って言う形にはならなくて…)」

京太郎「(その代わりに…俺のムスコの奥で…何かが滾ってる…!)」

京太郎「(グツグツメラメラって…まるで燃えるみたいに強くなって…)」

京太郎「(雅枝さんに…本気で種付けするみたいに…)」

京太郎「(射精の準備が…進んでいく…ぅっ!)」

京太郎「(ダメ…だっ)」

京太郎「(これ…射精したらダメな奴だ…!)」

京太郎「(今までだってヤバイくらい気持ちよかったけど…)」

京太郎「(でも…これは絶対にそれを超えてる…!)」

京太郎「(解放したら…ただ頭の中真っ白になるだけじゃなくって…)」

京太郎「(頭の何処かが歪むのが…絶対に分かる…)」

京太郎「(だから…我慢…しなきゃ)」

京太郎「(俺は…おかしくなりたく…ない…)」

京太郎「(俺は……まだ何も…)」

雅枝「ん…うぅうっ??」ムチュゥ

京太郎「ふ…きゅぅっ」

雅枝「ちゅぅ…♪ん…ひゅぅ…ぅ??」

京太郎「(ってキスなんて…)」

京太郎「(ここで…そんな…)」

京太郎「(腰激しく動かしながら…優しい…キスされたら…)」

京太郎「(まるで泣きつくような…悲しいキスされたら…)」

京太郎「(たえ…られない…)」

京太郎「(頭のタガ…外れて…)」

京太郎「(我慢しなきゃって気持ちも薄れて…)」

京太郎「(この…ままじゃ射精…ちゃう…!)」

京太郎「(ダメな…奴が…!)」

京太郎「(おかしくなる…射精…が…あぁぁ!)」

京太郎「(堪え…られ…ない…っ)」

京太郎「(もう…イ…くうう…っ)」

京太郎「(キスされながら…イかされ…るううぅうっ)」ドックン

京太郎「~~~~~~っ」ビックンビクン

雅枝「(…あぁぁ…射精てるぅ…♪♪)」

雅枝「(四回目の…精液ぃい…っ???)」

雅枝「(京太郎君の身体、ビックンビックンさせながら…ぁ♪)」

雅枝「(チンポから射精されたのが…私の中に染みこんでくる…うぅう…♪♪♪)」

雅枝「(もうイきすぎてクリトリスみたいに敏感になったマンコに…ぃ??)」

雅枝「(グチュグチュって絡みついて…とっても幸せにしてくれて…えぇ…???)」

雅枝「(もう精液の感触だけでも…私、イけちゃう…うぅ…♪♪)」

雅枝「(精液、私にとってはそれくらい嬉しいのぉっ??)」

雅枝「(でもぉおっ♪♪私が欲しいの…そこじゃないぃっ???)」

雅枝「(オマンコも嬉しいけど…大好きやけどぉっ♪♪)」

雅枝「(ソレ以上にもっと好きなのは子宮やからぁっ♪♪♪)」

雅枝「(ずっとずっとアンタの精液欲しくて疼いとった子宮やないとぉっ???)」

雅枝「(うち…もう満足出来ひんからぁあっ♪♪♪)」ジュルルルル

京太郎「お゛おおぉっ!!」

雅枝「(子宮…口ぉっ♪♪)」

雅枝「(キったああっ♪♪♪)」

雅枝「(射精しっぱなしのチンポがズシンってキたああっ??)」

雅枝「(やっぱりここで射精されるのが…一番…ぅうっ♪♪)」

雅枝「(一番、気持ち好くて、一番シアワセでえっ??)」

雅枝「(一番一番…思い出すんやぁ…♪♪♪)」

雅枝「(アンタに愛されてた事ぉ…??)」

雅枝「(どれだけ…どれだけ幸せやったかって事ぉ…っ???)」

雅枝「(もう忘れようと思って胸の奥にしまいこんでた思い出が…いくらでも浮き上がってきて…っ♪♪)」

雅枝「(もっともっと…アンタの事…好きになってしまうんやぁ…??)」

雅枝「(こんなの『京太郎君』には迷惑やって頭ではまだ分かってるのに…ぃ♪♪)」

雅枝「(私…もう心が…本能がおかしくなって…えぇ…???)」

雅枝「(もう…もう止まらへんの…ぉっ♪♪)」

雅枝「(好きな気持ちが…寂しさが…っ??)」

雅枝「(私の事をもっともっとおかしくしていって…ぇ♪♪♪)」

雅枝「…なん…で…」ポロ

雅枝「…なんで死んだんや…」

雅枝「私の事、一生愛するって言ったやんかぁ…」ギュゥ

雅枝「堕とした女には責任取る主義やって言うたやん…!」

雅枝「なのに…なのに、なんでや…」

雅枝「なんで…うちの事置いてったんや…っ」

雅枝「私は…アンタと死んでも良かったのに…」

雅枝「アンタが一緒に死んでくれって言ってくれたら何時でも死ぬつもりやったのに…!」

雅枝「なんで…なんで最後にあんな事言うたん…」

雅枝「娘の事を頼むって…必ず帰ってくるからって…」

雅枝「あんな事言われたら…私、死ねへんやん…」

雅枝「そんなんあり得へんって分かってるのに…もしかしたらばっかり考えて…」

雅枝「苦しいのに辛いのに…生きていくしかないやんかぁ…ぁ」ボロボロ

京太郎「(……誰かが泣いてる)」

京太郎「(…でも、それが誰かは分からない)」

京太郎「(…もう俺は頭の中が真っ白で…)」

京太郎「(身体も…もうちりぢりになったみたいにふわふわしてる…)」

京太郎「(結果、目も何もかもが働かなくて…)」

京太郎「(泣いてるって言うのがかろうじて分かるだけ…)」

京太郎「(……でも)」

京太郎「(俺は…この人に泣いていてほしくない…)」

京太郎「(この人にだけは…笑っていて欲しい…)」

京太郎「(なぜかは分からない…)」

京太郎「(でも、心の底よりももっと深い部分で…)」

京太郎「(『何か』が俺に…そう言っているから…)」スッ

雅枝「…え?」

京太郎「…泣かない…で」

雅枝「…京太郎…君」

京太郎「雅枝…俺は…ただ…君に……」

京太郎「生きて…いて…欲し…かった…だけで」

雅枝「っ!」

京太郎「……ごめ…んな」ギュゥ

雅枝「あ……アンタ…?」

雅枝「も、もしかして記憶が…っ」

京太郎「(……ダメだ)」

京太郎「(もう…もう限界…)」

京太郎「(意識の方はともかく…身体がもうついていかなくて…)」

京太郎「(もう…堕ち……る…)」

雅枝「アンタ!アンタ!!」

京太郎「(……おやす…み、雅枝)」










京太郎「(起きた時にはもう何もかもが元通りだった)」

京太郎「(俺はパジャマを着ていたし、タオルケットも綺麗にかかっていた)」

京太郎「(…でも、だからって昨日の痕跡を消せる訳じゃない)」

京太郎「(俺の部屋には濃厚な性臭が立ち込めていたし…)」

京太郎「(パジャマもパンツも俺の記憶とは違っていた)」

京太郎「(きっと俺が気絶した後に雅枝さんが着替えさせてくれたんだろう)」

京太郎「(そう思うと色々と恥ずかしいけど…でも、ソレ以上に気になるのが…)」

雅枝「…」チラッ

京太郎「(…朝から雅枝さん、何か言いたげに俺の事を見ている)」

京太郎「(普段ならそのままストレートに口にするだろうに…)」

京太郎「(今日の雅枝さんは、まったく俺に対して話しかけなくて…)」

京太郎「(日頃の激しいスキンシップも鳴りを潜めていた)」

京太郎「(まぁ…まだ昨日の事を上手く消化出来てない俺としては有り難い話ではあるんだけれど…)」

京太郎「(…でも、やっぱり俺にとって雅枝さんは大事な人だし)」

京太郎「(何をそんなに言いたそうにしているのか…やっぱり気になってしまう)」

京太郎「(…でも、なぁ)」

洋榎「…」ボヘー

絹恵「もう…お姉ちゃん、髪ボサボサのまんまやで?」

絹恵「女の子なんやからちゃんと手入れせえへんかったら」

京太郎「(…今は洋さんとかがいる訳で)」

京太郎「(ここで下手に踏み込んで昨日の話になってしまったら…)」

京太郎「(間違いなく今まで以上に家族仲が滅茶苦茶になってしまう)」

京太郎「(洋さんとしても絹さんとしても…)」

京太郎「(自分の母親が、年下の男を旦那の生まれ変わりだって思い込んでいるなんて…)」

京太郎「(そんな風に思いたくはないだろうしさ)」

京太郎「(…だから、正直気になるけれど…)」

京太郎「(でも、今はとりあえず踏み込まないでおいて)」

京太郎「(また今度、二人っきりになった時にでも聞いてみよう)」ゴクッ

京太郎「…ご馳走様でした」

雅枝「あ…も、もうええの?」

京太郎「はい。今日はちょっと急ぎですし、もう出ますね」

雅枝「そ、そうなんや。今日も頑張ってな」

京太郎「えぇ。行って来ます」

絹恵「あ、待って、京太郎君」

京太郎「え?」

絹恵「えっと…これ」ハイ

京太郎「えっと…これって…」

絹恵「…昨日なお姉ちゃんと一緒に作ったんや」

絹恵「今は夏休みやし…食堂なんて開いとらへんやろ?」

絹恵「だから、二人で一緒にお弁当作ったげよう思って…」モジ

京太郎「…お、おぉぉぉ…」

京太郎「(絹さんと洋さんの手作り弁当…!)」

京太郎「(朝からなんてレアなものを手に入れてしまったんだ…!)」

京太郎「(これは否応なく気合が入るぜ…!!)」

絹恵「あ、で、でも、あんまり期待せんといてな?」

絹恵「その…あんまり私もお姉ちゃんも料理得意な訳ちゃうし」

絹恵「あんまり美味しくないかもしれんけど…」

京太郎「そんなの気にしないっすよ!」

京太郎「二人からのお弁当ってだけでもう俺にとってはご馳走確定ですって!」

絹恵「も、もう…本当に調子ええんやから」テレテレ

絹恵「…まぁ、でも、そう言ってくれるなら私も安心…かな」

絹恵「あ、けど…よければ感想きかせてくれると嬉しいかな」

絹恵「またお弁当作るときにでもそれを活かしたいし…」

京太郎「了解です!」

京太郎「っと、じゃあ、俺そろそろ行きますね」

絹恵「うん。行ってらっしゃい」

絹恵「気をつけてな」

京太郎「はい。行ってきまーす」

ガチャ

ネリー「……」

京太郎「…え?」

京太郎「(お、オーケー、落ち着こう)」

京太郎「(ま、まず俺は扉を開けた)」

京太郎「(絹さん達お手製のお弁当を持って上機嫌に扉を開いて…)」

京太郎「(…んで、その先にがネリーがいた)」

京太郎「(…勿論、俺の後ろには俺を見送ろうとしてくれていた絹恵さんが…)」

京太郎「(パジャマ姿のライバル校レギュラーがいて…!!)」ダラダラ

ネリー「……お兄ちゃん?」

京太郎「は、はい…!」

ネリー「……今の誰?」

京太郎「え、えぇっと…」

京太郎「(…ネリーはあんまり対策とかしない)」

京太郎「(それよりも自分の力を磨いて、相手を叩き潰す方がパフォーマンスになるって分かってるから)」

京太郎「(…しかし、そんなネリーでも名門のレギュラーくらいは覚えているだろう)」

京太郎「(つまり…ここで下手な誤魔化しは逆効果…!)」

京太郎「(今にも消えそうなネリーのハイライトさんが完全にバイバイしてしまうのは目に見えている…!!)」

京太郎「そ、その、親父の知り合いの娘さんなんだ」

京太郎「また親父たちが海外に調査に出かけたから、その間に監督役として住み込んでくれてるんだよ」

ネリー「…へぇ」

京太郎「(…う、嘘は言ってないよな、うん)」

京太郎「(オヤジの知り合いの娘さんである事に間違いはないし)」

京太郎「(ただ…それ以前に俺の友達であるって言うのを言わなかっただけで)」

ネリー「…………で、お兄ちゃん」

京太郎「お、おう」

ネリー「お兄ちゃんの童貞を奪ったのは、今のメガネおっぱいなの?」

京太郎「…ど、どうて…っ」カァァ

京太郎「(…な、なんでバレてるんだよ!?)」

京太郎「(確かにオーラで恋人の有無は分かるけど…でも、経験人数なんて見えないはずなのに…!)」

京太郎「(も、もしかして…そんなの関係なく俺が脱童貞オーラ出しちゃってるのか!?)」

京太郎「(今の俺は一歩大人の階段をのぼっちゃった感があるのか!?)」

京太郎「(い、いいいいいや、落ち着け)」

京太郎「(幾らなんでもそんなもの分かるはずがない)」

京太郎「(そもそも俺は童貞喪失した事なんて今まであんまり意識していなかったし…)」

京太郎「(そんなオーラなんて出ていなかったはずだ…!)」

京太郎「(だから、これはきっとカマかけ…!)」

京太郎「(ネリーなりの引掛けなんだ…!!)」

京太郎「(うん、なんか昨日も同じ事言ったような気がするけれど…)」

京太郎「(今日こそそうに違いない!!!)」

京太郎「な、何の話だ?」

京太郎「俺はまだまだ清い身体だぞ?」

京太郎「童貞なんてそう簡単に奪われるはずないじゃないか」

ネリー「…ホント?」

京太郎「本当だぞ」

京太郎「俺がネリーに嘘なんて吐くはずないだろ」

ネリー「…………へぇ」










ネリー「昨日、約束したのに…」ボソ









京太郎「…え、ごめん」

京太郎「今、なんて言ったんだ?」

ネリー「…ううん。なんでもない」

ネリー「それより…お兄ちゃん、今日の昼、予定ある?」

京太郎「昼…?いや、特にないけど…」

ネリー「それじゃちょっと付き合ってくれないかな?」

ネリー「ちょっと一緒にいきたいところがあるんだ」

京太郎「行きたいところ?」

ネリー「うん。とっても良いところ」

ネリー「…とってもとっても…ね」

京太郎「って事は…何処か聞いても教えてもらえない感じか?」

ネリー「うん。出来るだけサプライズを演出したいし」

京太郎「分かったよ、それじゃあ何も聞かない」

ネリー「あ、後、ご飯は食べる前が良いな」

京太郎「って事はあんまり遠くない感じか?」

ネリー「…うん。すぐ近くだから安心して」ニコ








~昼休み~

ネリー「ほら、お兄ちゃん、こっち」グイグイ

京太郎「っておい、ちょっと落ち着けって」

京太郎「(…なんか今日のネリーは変だ)」

京太郎「(昼になるまではあんまりベタベタしなかったのに…)」

京太郎「(昼になった途端、いきなり俺の腕を掴んで走り出しそうな感じだったし…)」

京太郎「(まるで遊園地か何かに来た子どもみたいな押しの強さだ)」

ネリー「だって、もうちょっとなんだもん」

ネリー「もうちょっとで…もうちょっとで…ふふふ…」

京太郎「(…しかも、すっげえ嬉しそうなんだよな)」

京太郎「(何がもうちょっとなのか…正直、まったく分からないけれど)」

京太郎「(でも、ここまで楽しみにしてるネリーに水を差すのは可哀想だ)」

京太郎「(…………ただ)」チラッ

京太郎「(…明らかにここ普通のマンションなんだよな)」

京太郎「(しかも、やたらと静かで…何の音も聞こえない)」

京太郎「(換気扇の音すら聞こえないのは…正直、ちょっと不気味だ)」

京太郎「(このフロア一帯に人なんてまったくいないような気がするくらいなんだから)」

京太郎「(…一体、ネリーはこんなところで俺に何を見せたいのか)」

ネリー「はい。ここだよ」

京太郎「…ここ?」

京太郎「(…ここって一番奥の角部屋じゃないか)」

京太郎「(一体、ここに何があるって言うんだ…?)」

ネリー「ね、お兄ちゃん、入って」

ネリー「きっと気に入ってくれると思うから」

京太郎「入るって鍵は…?」

ネリー「大丈夫だよ。ちゃんと開けておいたから)」

京太郎「(…開けておいたって…)」

京太郎「(ここネリーの部屋なのか?)」

京太郎「(でも、ネリーは基本、寮に住んでて部屋を借りる理由なんてないはずなんだけど…)」

ネリー「…お兄ちゃん?」ジィ

京太郎「あ…いや」

ネリー「…入ってくれないの?」

ネリー「私…お兄ちゃんの為に準備したのに」

京太郎「い、いや…そんな事ないぞ」

京太郎「今、開ける…今、開けるから」

京太郎「(…なぜだか今、凄い嫌な予感がした)」

京太郎「(でも…ネリーがこうまで言っているんだ)」

京太郎「(開けない訳には…いかないよな)」

京太郎「(まぁ、ちょっと怖いけど…所詮、ネリーだし)」

京太郎「(精々、びっくり箱レベルだろ)」

京太郎「(だから…)」グッ

ビリリリリ

京太郎「が…っ」バタン

京太郎「………ぅ」パチ

京太郎「(…ココ…何処だ…?)」

京太郎「(俺…どうしてこんなところで眠って…)」

京太郎「(…確か俺は…ネリーに言われたままにドアノブに触れて…)」

京太郎「(瞬間、身体中に激痛が走ったと思ったら…意識がトんで…)」

京太郎「(それで…ココに…)」チャリ

京太郎「…え?」

京太郎「(…これって鎖…!?)」

京太郎「(しかも…これ俺の首輪につながってる……?)」

京太郎「(一体…どういう事なんだ…?)」

京太郎「(いや、とりあえず今はこんな巫山戯たものを外す方が先…っ)」グッ

京太郎「ぐ…ふんぬ…!!」

京太郎「(…ってはずれねぇ…!?)」

京太郎「(なんだ、この首輪…!!)」

京太郎「(もしかしてこれ…アクセとかプレイに使うようじゃなくて…ガチの首輪なのか?)」

京太郎「(俺がここから逃げられないようにする為の…鉄で出来た奴なのかよ…)」ゾッ

京太郎「(…なん…だよ)」

京太郎「(意味が分からねぇ…)」

京太郎「(どうして俺にこんなものがつけられてるんだよ…)」

京太郎「(それに…ネリーはどうなった?)」

京太郎「(俺がこうしているって事は…ネリーも何処かに捕まってるのか…!?)」

京太郎「(…分からない)」

京太郎「(分からない…けど、とりあえず冷静にならなきゃ…)」チラッ

京太郎「(…………まず部屋にあるのはベッドと申し訳程度のオマルだけ)」

京太郎「(他はむき出しの壁紙だけで何の飾り気もない)」

京太郎「(で、俺の首輪に繋がった鎖は部屋の柱に括りつけられてる…)」

京太郎「(鎖の距離は長いけど…でも部屋から出れるほどじゃない)」

京太郎「(なら、まずここで調べるべきは…鎖と柱についてだな)」

京太郎「(首輪の方は無理だけど…柱の方はどうにかなるかもしれない)」

京太郎「(まぁ、かなり希望的な観測だけれど…)」ジィ

京太郎「(…………あれ?)」

京太郎「(これ…なんか思ったよりも簡単に外れそうじゃないか?)」

京太郎「(まぁ…勿論、かなり時間は掛かりそうだけれど…)」

京太郎「(でも、俺を縛った奴は焦ってたのか…柱に巻きつけるのがかなり杜撰だ)」

京太郎「(てっきり専用の工具でもなければ外れないような括り方をしていると思ったんだが…)」

京太郎「(これは…頑張れば解けるかもしれない…!)」

京太郎「(いや、頑張らなきゃいけないんだ…)」

京太郎「(ここで俺が脱出して…誰かにこの事を伝えなきゃ…)」

京太郎「(ネリーの身も危ないかもしれないんだから)」

京太郎「(男の俺はともかく…ネリーの方は洒落にならない…!)」

京太郎「(もし、レイプなんてされたりしてたら…一生の傷になってしまう…)」

京太郎「(だから…手遅れになる前に、ここから脱出しないと…!)」グッ

京太郎「(頑張れよ…須賀京太郎!)」

京太郎「ぬ…おぉぉ」ギリギリ

京太郎「(…ふぅ)」

京太郎「(何とか柱の鎖は解けたな)」

京太郎「(…まぁ…鎖の方はまだくっついたままだけれど)」

京太郎「(でも、動けるようになっただけマシだ)」

京太郎「(ともかくこれで部屋から脱出する準備は整ったんだから…)」

京太郎「(このまま部屋の扉を開いて…)」ガチャ

京太郎「(………ってもう夜になってたのか)」

京太郎「(部屋の中は雨戸が締まって真っ暗だったから分からなかったわ)」

京太郎「(ま…それよりも今は…警察だ)」

京太郎「(とりあえず、この部屋を覚えて…)」クル

京太郎「…………え?」

京太郎「(……ここ、ネリーが案内した部屋じゃないか)」

京太郎「(…一体、どういう事なんだ?)」

京太郎「(なんで俺がネリーが契約していただろう部屋の中に繋がれて…)」

「ね、お兄ちゃん入って」

京太郎「…」

「きっと気に入ってくれると思うから」

京太郎「(違う)」

「私…お兄ちゃんの為に準備したのに」

京太郎「(……違う)」

「とっても良いところ」

京太郎「(…………違う)」

京太郎「(ネリーはそんな奴じゃない)」

京太郎「(ネリーはそんな事をする子じゃない…!)」

京太郎「(アイツは…確かに守銭奴だけど…でも…とても優しい奴なんだ…!)」

京太郎「(自分を育ててくれた孤児院の為に一生懸命金を稼ごうとしてる凄い奴なんだよ!!)」

京太郎「(そんな奴が…こんな事するはずない)」

京太郎「(するはずが……ないんだ…!)」グッ

京太郎「(……とりあえず帰ろう)」

京太郎「(携帯はないけど…途中で寮に寄って…)」

京太郎「(そこでネリーが帰って来たかを聞けば、安否は分かるはずだ)」

京太郎「(…でも、もし)」

京太郎「(もし…それでネリーが普通に帰って来ていたら)」

京太郎「(俺は……俺はどうしたら良いんだ?)」

京太郎「(…この事を通報する?)」

京太郎「(いや…そんな事出来ない)」

京太郎「(そんな事したら…皆の夢が壊れてしまう)」

京太郎「(インハイ目前でこんな問題を起こしたら…)」

京太郎「(今年だけじゃなく…数年先のインハイまでなくなってしまうかもしれない…!)」

京太郎「(だから…なかった事にするのが一番なんだ)」

京太郎「(そう…きっとそれが…一番…)」グッ