~インハイ会場~

優希「おー…ここがインハイ会場かー!」

和「長野のモノとはやはり規模が違いますね」

久「まぁ、日本中の高校生が集まる訳だしね」

まこ「高校生だけじゃなくてマスコミまでやってきとる訳じゃしのぅ」

咲「うぅ…なんだか緊張してきた…」ブル

京太郎「…先にトイレでも行っておくか?」

咲「こ、これは武者震いだよ!!」カァァ

京太郎「じゃあ、案内はいらない?」

咲「…………後でお願いします」メソラシ

優希「ホント、咲ちゃんはポンコツだじぇ」

咲「ぽ、ポンコツじゃないよ」

咲「ちょっと緊張するとトイレに行きたくなって、たまに方向が分からなくなるだけだから」

まこ「それが方向音痴と言うんじゃと思うがなぁ…」

久「さて、それじゃあ、派手に乗り込みましょうか」

優希「ヒャッハー!」

まこ「長野の品性が疑われるような真似だけはしてくれるなよ」

和「大丈夫ですよ…………多分」

咲「その多分に不信感がにじみ出てるよ、和ちゃん…」

優希「ま、今日の私は大人しくしてるじぇ」

優希「どの道、一回戦からは否応なく目立つ訳だからな!!」ドヤァ

京太郎「あぁ、あの赤マントでか」

優希「麻雀の腕で!だじぇ!!」

久「…そうね」

久「私達は地方予選からさらに強くなった」

久「今なら全国の強豪達にもそうそう負けたりしないはずよ」

久「だから…リラックスして目にもの見せてあげましょう」

咲「はい」

和「えぇ。頑張りましょう」

まこ「(…ふふ。自分がいっちゃん、緊張しちょる癖に)」

久「…で、京太郎君は…」

京太郎「あぁ。俺は適当に会場の中をぶらついてますよ」

京太郎「いざと言う時、迷子になった咲を見つけてやらないといけませんし」

咲「そ、そんなに簡単に迷子になったりしないよぉ」

和「…私が咲さんと知り合ってから今までの間に五回は迷子になってたと思うんですが」

咲「少ないよね?」キョトン

優希「…いや、普通は一回でも多い方だと思うじぇ」

咲「うぅぅぅ…何処もかしこも道が複雑なのが悪いんだよ…」

京太郎「幾ら複雑だからってバックヤードに紛れ込んだりしないと思うがなぁ…」

久「まぁ、京太郎君はそんな咲発見のエキスパートだからね」

京太郎「何を隠そう、俺は迷子探しの達人だ」キリッ

優希「キャー!」

久「最悪の事態は彼に任せて、私達は行きましょうか」

優希「京太郎、ステイ!ステイだじぇ!!」

京太郎「犬じゃねぇっての」

京太郎「…ま、開会式だから何かあるとは思わないけど…皆、気をつけてな」

咲「…京ちゃんの方もね」






京太郎「(…さーって…ではどうするかなぁ)」

京太郎「(一人だと色々と手持ち無沙汰だ)」

京太郎「(まぁ、スマホは持ってきたから時間潰すの事態は楽なんだけどさ)」

京太郎「(でも、折角、インハイ会場まで来てるのにスマホ使うのもなんか勿体無いし…)」

京太郎「(ここはやっぱり探検だな!!)」

京太郎「(まぁ、所詮、インターハイの会場だからそんなに見るものもないだろうけれど)」

京太郎「(でも、やっぱり新しい場所って言うのは冒険心が疼くもんだ)」

京太郎「(いざいかん神秘を求めて…なーんて)」

尭深「…あの」

京太郎「え?」クルッ

京太郎「(…こ、これは…なんて素敵なおっぱいなんだ…!)」

京太郎「(流石に和には負けるが…制服をここまで持ち上げるのは…!)」

京太郎「(おっぱいマイスターである俺としては是非B級おっぱいの称号を差し上げたい…!)」

尭深「…その、不躾で申し訳ありません」

尭深「私と同じ制服を着た金髪ロングの女の子を見ませんでしたか…?」

京太郎「え…いや、ごめんなさい。見てないです」

尭深「そうですか…もう。何処に行っちゃったんだろう…」

京太郎「…もしかして迷子ですか?」

尭深「はい。ここに来るまでは一緒にいたんですけれど…」

尭深「ちょっと目を離した隙にいなくなってしまって」

尭深「まぁ…方向音痴と言う訳ではないので何時か帰ってくるとは思うのですが…」

京太郎「あー…もうすぐ開会式ですもんね」

尭深「はい。流石にそろそろ帰ってきてくれないとまずいなと…」

京太郎「では、俺も手伝いましょうか?」

尭深「…良いんですか?」

京太郎「えぇ。丁度、俺も暇していますし」

京太郎「それに何を隠そう。俺は迷子探しの達人なので!」ドヤァ

尭深「……え?」

京太郎「…………すみません。滑っちゃいましたか」

尭深「あ、いえ…その、ごめんなさい」

尭深「ちょっとびっくりしちゃって反応が…」

尭深「…あの…達人さんなんですか?」

京太郎「…まぁ、達人と呼べるほど大したものじゃないですけど」

京太郎「でも、日常的に迷子になる幼馴染がいるんで、迷子探しには慣れてます」

尭深「…そっちもですか」

京太郎「そっちも?」

尭深「…はい。その…身内の恥を晒すようで恥ずかしいのですが」

尭深「こっちにも一人、迷子の常習犯がいまして…」

尭深「その人は何とか全員で監視して迷子にならずに済んだのですが…」

尭深「結果、もう一人の監視が薄くなってしまって」

京太郎「あぁ、なるほど」

京太郎「それで白糸台としてもそっちの監視が必要であんまり人員を裂けないって感じですか」

尭深「…ご存知だったんですか?」

京太郎「この会場にいる奴で、白糸台の制服を知らない奴はモグリですよ」

京太郎「ついでに貴女の事も知っていますよ」

京太郎「そのおっぱいは渋谷尭深さん…ですよね」キリ

尭深「…おっぱい?」

京太郎「(…は、しまった…!?)」

京太郎「(あ、あんまりにも素晴らしいおっぱいだったんだ口が!口が素直に!!)」

京太郎「…ごめんなさい。口を滑らせてしまいました」

尭深「…ふふ。ユニークな方なんですね」クス

尭深「よろしければ、貴方のお名前を聞かせてもらって良いですか?」

京太郎「あ、清澄一年の須賀京太郎です」

尭深「清澄…?」

尭深「(…照さんと同じ名字の子が大将で…特に気にしてたあの…)」

京太郎「まぁ、清澄なんて言われても分かんないですよね」ハッハッハ

尭深「ううん。知ってますよ」

京太郎「マジっすか」

京太郎「やっべぇ。初出場だからあんまりマークされてないと思ったのに…」

京太郎「流石ですね、渋谷さん…!」

尭深「まぁ、地方予選に出てくる学校の数なんて知れてますから」

尭深「それにあの魔境・長野を勝ち抜いてきた学校となれば当然、チェックもしてます」

京太郎「あ、やっぱ外でも魔境扱いなんですか」

尭深「うん。…と言うか、地方予選決勝、すごかったですよね」

尭深「去年より強くなってた龍門渕と言い、ダークホースの鶴賀と言い、名門の風越と言い…」

尭深「何処が勝ち上がってきてもおかしくなかったと思います」

京太郎「そう言って貰えると有り難いっす」

京太郎「清澄が勝ち上がったことで長野が弱くなった…なんて事言う人もいますし」フゥ

京太郎「あ、いや、まぁ…敵である白糸台さんには油断しててもらった方が嬉しいんですけど」ワタワタ

尭深「…ふふ」

尭深「やっぱり須賀くんって面白い人ですね」

尭深「ううん、ただ面白いだけじゃなくて、とても学校思いで良い人」クス

京太郎「あー…ぅ」カァァ

尭深「…もしかして照れてます?」

京太郎「そりゃ面と向かって言われたら照れますよ」

尭深「…可愛い」

京太郎「うーあー…!」カァァァ

京太郎「そ、それよりもアレっすよ、アレ!」

尭深「アレ?」

京太郎「俺の方が年下なんて敬語とかいらないっす」

京太郎「気軽に京ちゃんって読んでくれても良いんですよ?」

尭深「…うん。じゃあ、京ちゃん」ニコ

京太郎「ごふ」

尭深「ど、どうかしたの?」ビックリ

京太郎「…いや、何処ぞの貧乳幼馴染と違って、破壊力が凄いな、と」

尭深「…そんなにおっぱいが好きなの?」

京太郎「大好きです」キリリ

尭深「そうなんだ…変わってるね」

京太郎「…変わってますか?」

尭深「うん。男でおっぱい好きなんてあんまり聞いたことないよ」

尭深「まぁ…私自身、あんまり男の人と面識ないけど」

京太郎「あー…白糸台って女子校ですもんね」

尭深「うん。まぁ…麻雀は好きだから白糸台に進んだことは後悔してないけど…」

尭深「…たまーに自分の灰色の青春が気になる事も…」ズーン

京太郎「(…そうか。女子校って事は、俺の感覚で言えば、男子校みたいなもんだし…)」

京太郎「(周り皆が男の中、青春を終えるって思ったら、そりゃ凹むよな)」

京太郎「…でも、ほら、俺とこうして友達になれたじゃないですか」

尭深「…え?」

京太郎「あ、馴れ馴れしすぎました」

尭深「う、ううん。そんな事ないけど…良いの?」

京太郎「昔の偉い人も、一度会ったら友達で毎日会ったら兄弟だって言ってますしね」

尭深「…それNHKじゃなかった?」

京太郎「細かい事は良いんです。大事なのは自分が感銘を受けたかどうかって事ですし」キリ

京太郎「それにまぁ、おっぱい大きい渋谷さんとならこっちの方がお友達になってほしいくらいですし!」

尭深「…もう。そんなにおっぱい好きなんだ」クス

尭深「…………じゃあ、触ってみる?」

京太郎「え?」

尭深「あ、勿論、服の上からだよ?」

尭深「直接、触られるのは流石に恥ずかしいし」

京太郎「い、いや…ふ、服の上からって…)」

京太郎「(って、それでも十分ヤバイんですけど!?)」

京太郎「(つーか、どうなってんの!?これホント、どうなってんのよ!?)」

京太郎「(おっぱい好き公言してたら、初対面の美少女に触っていいって言われるとかホントマジそれどんなエロゲ!?)」

京太郎「ほ、本当に良いんですか…!?」

尭深「うん。別に減るものじゃないし」

京太郎「(な、なんという痴女…!!)」

京太郎「(おとなしそうな顔してコレとかもうヤバイっすわ)」

京太郎「(股間にギュンギュンくる…って言うか…正直、辛抱堪らん…!!)」

京太郎「(正直、何も考えずパイタッチしてしまいたい…!)」

尭深「(…触ってくれるかな?)」

尭深「(正直、こんなに大きく育ったおっぱいとか…あんまり良いものじゃないと思うんだけど)」

尭深「(でも、これだけフェチ公言してるなら…きっと触ってくれるはず)」

尭深「(…と言うか、触ってくれないとちょっと凹むかも)」

尭深「(おっぱいフェチの美男子とか…絶滅危惧種に近いくらいだし)」

尭深「(正直…結構、触れてもらえるのに期待しちゃってる私がいたりして…)」ドキドキ

京太郎「じゃ、じゃあ…ちょっとだけ…」プニ

尭深「ん…♪」ピクン

京太郎「(うぉおお!うぉおおおおお!!)」

京太郎「(分かる!分かるぞ…!!)」

京太郎「(服とブラ越しだが…はっきりと分かる!!)」

京太郎「(この柔らかさ…!おっぱいだ!!)」

京太郎「(俺の探し求めていたおっぱいがここにある…!!)」

尭深「(…京ちゃん、凄い顔しておっぱい突いてる…)」

尭深「(本当にこの子おっぱいフェチなんだ…)」

尭深「(すっごい可愛い…出来ればこのままお持ち帰りしたいくらい…)」

プルルル

尭深「」ビクッ

京太郎「あ…っと」ハッ

尭深「(…もう。良いところだったのに…)」

尭深「…はい。もしもし」

尭深「…え?淡ちゃん見つかった?」

尭深「うん…うん…」

尭深「…あぁ、そうなんだ」

尭深「暇になって抜けだした…と…」

尭深「淡ちゃんらしいね」クス

京太郎「(…くぅぅ…良いところだったのに!)」

京太郎「(我が世の春がそこにあったはずなのにいいいい!!!)」

京太郎「(…まぁ、でも、おかげで少し冷静になれた)」

京太郎「(実際触っても、特に表情、エロいって感じじゃなかったし)」

京太郎「(多分、女の子にとっておっぱいは以前ほど大事なセックスアピールじゃないんだろう)」

京太郎「(つーか、その価値観が大分、男に近くなってる事を考えれば…)」

京太郎「(男で言う筋肉とか…そういう感じなのかもしれない)」

京太郎「(実際、初対面なのにあっさり触らせてもらえたしな)」

京太郎「(だから…)」

京太郎「(…その気になれば、その辺の女の子の胸も触らせて貰えるんじゃないか?)」

京太郎「(いや、仲良くなっていけば、触るだけじゃなくて揉ませて貰う事だって…)」ゴクッ

京太郎「(って…お、俺は何を考えてるんだよ…!)」

京太郎「(この世界は俺の所為でおかしくなってるんだぞ…!)」

京太郎「(そんな世界で役得を味わおうなんざゲスにもほどがある…!)」

京太郎「(今の事は忘れてしまおう…うん、忘れろ忘れろ)」

京太郎「(…………まぁ、でも、今の感触で一回くらいオナニーしても…)」

尭深「…京ちゃん」

京太郎「ひゃいっ」ビクッ

尭深「…どうしたの?」

京太郎「あ、いや、何でもないっす。本当に」シドロモドロ

尭深「…そう?なら良いけど…」

尭深「後、ごめんなさい。探してる子が見つかったから私もそろそろ戻らないと」

京太郎「あ、そうですか」

京太郎「俺は何もしてないですけど、見つかったようで何よりです」

尭深「うん。ありがとう」ニコリ

尭深「…それで…ね」

尭深「あの…おっぱい触ったからって訳じゃないけど…その…」モジモジ

京太郎「…えっと、連絡先、交換します?」

尭深「っ、い、良いの!?」

京太郎「良いも悪いも、俺も渋谷さんと交換したかったですし」

京太郎「渋谷さんさえ良ければ、またお話もしたいですから」

尭深「…私もだよ」

尭深「私も…京ちゃんともっともっとな…仲良くなりたいし…」カァァ

京太郎「はは。じゃあ、お揃いですね」

尭深「ぅん…」コクン

京太郎「じゃあ、もっと仲良くなる為にさっさと交換しましょうか」

京太郎「あんまり待たせちゃうと渋谷さんの方が迷子扱いされちゃうかもしれませんし」

尭深「…流石にそれは嫌だなぁ」

尭深「だから…うん。交換お願いします」スッ

京太郎「喜んで」スッ








咏「はぁー…」

咏「(まったく…何も開会式からプロが出なくても良いと思うんだけどねぃ)」

咏「(解説の本番は明日からなんだし、打ち合わせとかも当日で良いじゃん)」

咏「(なのに見栄の為にもう出勤させられるとか…ホントわっかねー)」

咏「(…まぁ、一応、ギャラは発生するからちゃんとお仕事するけどさー)」トテトテ

尭深「ん…♪」

京太郎「おぉぉぉ…」

咏「(…ってなんだよ、あのカップル)」

咏「(こんなところで胸なんか触らせてさー)」

咏「(こっちは万年貧乳かつ喪女だってのに…魅せつけるなんて)」

京太郎「…」ゴクッ

咏「(…ってか、男の方、結構、格好良いよなぁ)」

咏「(まぁ、流石に夏場だって言っても、第二ボタンまで開けてるのはちょっと恥じらいがなさすぎるけど)」

咏「(でも、愛の無いお付き合いをするには悪くない相手かもねぃ)」

咏「(…ま、こっちは処女だけどさ!!)」

咏「(でもさ、一応、腕力としてはこっちの方が強い訳だし)」

咏「(無理矢理、手錠でもハメて、驚いてるところを唇奪って…)」

咏「(そのまま顔中ベタベタにする勢いでなめまわしながら、服の中にてぇ突っ込んで…)」

咏「(乳首とか色々と触りながら前戯して、勃起したら即座に合体)」

咏「(そのまま処女穴で射精するまで何度も何度も生レイプ…)」

咏「(…うん。良いね、すっごく良い)」

咏「(あんなに大きな身体の男が私の下で泣きじゃくりながらよがり狂うの想像しただけで…)」

咏「(子宮からドロドロっとしたのが漏れでて来ちゃうくらい…)」

咏「(…………ってあれ?)」

咏「(なんであの二人、連絡先交換してんの?)」

咏「(…え、もしかして私、援交現場とか見ちゃってる?)」

咏「(なんて羨ま…い、いや、違う。そうじゃない)」

咏「(…とりあえず観察して……)」

咏「(ふーん…なるほど)」

咏「(…あの二人、まだ出会ったばっかりなんだ)」

咏「(あの男も…出会ったばっかりなのに…あんな事するような淫乱なんだ…)」キュン

咏「(だったら…)」ゴクッ







尭深「…じゃあ、京ちゃん、またね」

京太郎「えぇ、また」

京太郎「(ふっふっふ…やったぜ、俺)」

京太郎「(これで俺の持つ巨乳連絡先が一つ増えたぞ!!)」

京太郎「(…まぁ、増えたところでどうこうなる訳じゃないんだけどさ)」

京太郎「(まだ友達にはなったばかりでお互いに恋愛感情はない訳だし)」

京太郎「(だが、巨乳の連絡先と言うだけで、俺にとっては黄金に値するほど尊い…!!)」

京太郎「(これを縁に仲良くなって、今度はあのおっぱいを直接触ったり…)」グヘヘ

咏「見ちゃったぞー」

京太郎「うぇ?!」ビクッ

京太郎「ってみ、三尋木プロ!?」

咏「って、私の事知ってるんだ」

京太郎「そりゃ当然じゃないですか」

京太郎「日本でもトップクラスの女子プロとなれば、顔と名前くらい覚えてますよ」

咏「そっかそっかー」

咏「若いのに関心だねぃ君」ケラケラ

咏「(…こりゃ思いの外、簡単に食べられちゃうかもねぃ)」ペロ

咏「ところで君はどうしてここに?」

咏「今日は女子の開会式だぜ?」

京太郎「あ、俺は付き添いです」

京太郎「俺の通ってる学校…えっと、清澄って言うんですけど」

京太郎「そこが今日の開会式に出るんで」

咏「清澄清澄……あぁ、長野の?」

京太郎「えぇ。そうです」

京太郎「ご存知なんですか?」

咏「まぁ、これでもプロだからねぃ」

咏「わっかんねー事は沢山あるけど、調べ物は欠かさないぜ」

京太郎「すげー…っ」キラキラ

咏「(…なんて純真な目)」

咏「(淫乱そうな見た目とは裏腹に、割りと清純派なのか?)」

咏「(…まぁ、どっちにしろ…超そそる)」ゾク

咏「(こんな子を穢すと思っただけで…もう今日は眠れなくなっちゃいそうだよ…)」

咏「しかし、清澄の男子は…」

京太郎「あぁ。俺は初戦敗退でインハイには来れなかったッス」

京太郎「まぁ、初めて数ヶ月ですし仕方ないんですけどね」

京太郎「でも、来年は必ず自分の足でここにやってきてみせますよ」

咏「(これは…チャンス…!)」キュピーン

咏「ほうほう。最近の男子にしちゃ随分とやる気に満ちてるねぃ」

咏「気に入ったよ、それだけやる気があるなら私が直接指導してあげる」

京太郎「ま、マジっすか!?」

咏「うんうん。まぁ、私も解説の仕事とか色々とあるけれど…」

咏「インハイが終わるまではあっちこっち飛び回ったりはしないからねぃ」

咏「君一人の指導くらいはしてあげられるよ」

京太郎「で、でも…ほ、本当に日本のトッププロが俺なんかの為に…」

咏「後進の育成もプロの務めだよ」

咏「それにわっかんねーけど、君には見どころがありそうだしねぃ」

京太郎「ほ、本当ですか!?」パァァ

咏「(…うん。まぁ、精液奴隷としての見どころだけどねぃ)」

咏「(麻雀の腕?そんなの本気でわっかんねー)」

咏「(一喜一憂するこの子をどう穢すかで頭が一杯で、麻雀の実力なんかまったくこれっぽっちもわっかんねー)」

咏「で、良ければ私とも連絡先を交換しない?」

咏「こっちの都合が良い時になるけれど、指導してあげるぜぃ」

京太郎「お、お願いします!」ペコ

咏「(…掛かった…!)」

咏「(ふふ…これでこの子は半分、堕ちたも同然…)」

咏「(まぁ、今日はこのままお仕事だから、そのままパクリって訳にはいかないけどさ)」

咏「(でも、さっき私が言った通り…時間をつくる事は可能なんだから)」

咏「(今日は肉が熟成するのを楽しみに待ちながら…)」

咏「(思いっきり部屋でオナニーでもしよう)」ジュン








京太郎「ふんふふんふんふーん」スキップ

京太郎「(やべー。今日マジやっべー)」

京太郎「(東京に来て一日目でおっぱい美少女のおっぱい触った上、知り合いになって…)」

京太郎「(さらには日本のトッププロから直接指導を受けられるようになったなんて…!)」

京太郎「(東京ってすげぇよ…マジチャンスの宝庫だよ…!)」

京太郎「(やっぱり若い内は無理をしてでも東京出てチャンスをつかむべきなんだな…!)」ルンルン ツル

京太郎「っ!?」

京太郎「(って、しまっ!?)」

京太郎「(床すべ…ワックス…!?)」

京太郎「(ダメ、止まれな…)」

由暉子「…ん?」

京太郎「(前…人…!?逃げ……!!)」

由暉子「ひあ…!?」ガツン

京太郎「ぬぉあ…!!」ドシン

京太郎「い…ててて…」

京太郎「(…くっそ…ワックスか何かが残ってたのか…)」

京太郎「(アソコだけやけに滑って…人にぶつかってしまったじゃねぇか)」

京太郎「(…まぁ、何とか反応間に合って俺の方が下になれたけれど…)」

由暉子「………」ウマノリ

京太郎「(って口で愚痴ってる場合じゃないよな)」

京太郎「(ほぼ曲がり角での事故だったとは言え、俺が巻き込んだのは事実なんだし)」

京太郎「(まずこの子にお詫びしないと…)」

京太郎「あ、ごめんなさい」

由暉子「あ、いえ、こちらこそごめんなさい」ペコ

京太郎「え…?」

由暉子「…この態勢…所謂、ToLoveってしまったと言う奴です」

京太郎「(…あー…まぁ、確かに服さえなければ騎乗位っぽい態勢になってるけど)」

由暉子「なので、私は責任をとらなければいけません」

京太郎「はいぃ!?」

京太郎「(責任!?一体、何の!?)」

由暉子「大丈夫です。安心して下さい」

由暉子「不慮の事故とは言え、私は責任逃れするつもりはありませんから」

由暉子「この子と一緒に強く生きていきましょう、アナタ」サスサス

京太郎「ちょ、ま!?待って!待ってください!!」

由暉子「…?」クビカシゲ

京太郎「あ、可愛い」

由暉子「…いきなりそんな事言われると恥ずかしいです」

由暉子「出来れば、そういうのはベッドの中で…」モジ

京太郎「あ、う、動かないで!そ、そこ真上だから!!」

京太郎「って言うか、その早くどいてくれると嬉しいんですが…!!」

由暉子「……そうですね」

京太郎「(何故、今、一瞬の躊躇があったのかは聞かないでおこう)」

由暉子「…まずは役所に婚姻届を出しに行かなければいけません」

京太郎「どうしてそう飛躍するんですか…!」

由暉子「幸せな未来に羽ばたかなければいけないので」

京太郎「誰が上手いこと言えと…!!」

由暉子「上手い事…?」キョトン

京太郎「しかも、素かよ!くっそ可愛いなぁ、マジで!!」

由暉子「…」テレテレ

京太郎「…まぁ、それはさておきですね」

由暉子「はい」

京太郎「そろそろ本気でどいてください」

由暉子「…このままじゃダメですか?」

京太郎「ダメです」

由暉子「…そうですか。残念です」

京太郎「(…ふぅ。渋々って感じだけどのいてくれたか…)」

京太郎「で、まずお聞きしたいんですが」

由暉子「あ、私は有珠山の一年、真屋由暉子といいます」ペコリ

京太郎「これはご丁寧に」

京太郎「俺は清澄の一年、須賀京太郎です」ペコリ

由暉子「…なるほど。同い年なんですね」

由暉子「安心しました」

由暉子「これで二人一緒に大往生を迎えられる可能性がグっと上がりましたし」

京太郎「とりあえず結婚から離れて下さい」

由暉子「…でも、私が押し倒してしまった訳ですし」

由暉子「現実は少女漫画のように甘くはないのですからちゃんと責任をとるべきだと思います」

京太郎「その責任感の強さは魅力的ですが、今は発揮しなくて大丈夫です」

由暉子「…魅力的ですか」テレテレ

京太郎「はい。ですが、個人的には後ろの方をより注目してくれると嬉しかったです」

由暉子「ちなみに須賀くんは男の子と女の子はどれだけ欲しいですか?」

京太郎「男1女1が理想だと思ってますが、結婚の話題からそろそろ離れて下さいお願いします」

由暉子「そうですか。私も同じです」

由暉子「やっぱり私達、相性が良いですね」

京太郎「はい。真屋さんほどの美少女と相性が良いのは俺も嬉しいですが、とりあえず話を先に進めましょう」

由暉子「あ、私は由暉子で結構ですよ。後、敬語も必要ありません」

京太郎「いえ、お願いですから敬語でいかせてください」

由暉子「……須賀くんは意地悪です」

京太郎「寧ろ、俺は今、人生で最も寛容だと言っても良いと思います」

京太郎「後、押し倒したとかそういうの気にしなくて良いですよ」

京太郎「つーか、ぶつかったのはこっちの方なんですから」

京太郎「真屋さんは被害者です」

由暉子「…そう言えばそうでしたね」

京太郎「(普通に忘れてたのか、この人)」

由暉子「男の人を押し倒してしまったって事で頭が一杯でした」

京太郎「あー…その、ホント、ごめんなさい」ペコ

由暉子「謝らなくても大丈夫です」

由暉子「…と言うか、須賀くんの方こそ大丈夫でしたか?」

由暉子「私の下敷きになって重かったのでは…」

京太郎「いや、重いなんて事はなかったですよ」

京太郎「買い出しの荷物の方がよっぽど重かったくらいです」

由暉子「……そうですか」テレ

京太郎「(…女と男の価値観なんかが逆になってる感じだけど…)」

京太郎「(やっぱり今でも女の子はこの辺、気になるもんなんだな)」

京太郎「(ただ、真屋さんは本当に軽かったし、気にするほどでもないと思うんだけど)」

京太郎「(…つーか、身体もびっくりするほど小さいし、もっと食うべきだって言っても良いと思うんだよな)」

京太郎「(そうすれば和並の巨乳もさらに大きく…ってそれはさておき)」

京太郎「真屋さんの方は怪我とかありませんか?」

由暉子「はい。須賀さんが庇ってくれたおかげで何ともないです」

由暉子「…女としては情けない話ではありますが」

京太郎「いやいや、そんな事気にしないでください」

京太郎「大体、真屋さんは有珠山の選手でしょう?」

京太郎「それが怪我で牌を握れなくなった…なんて事になったらこっちの方が申し訳なくなっちゃいます」

由暉子「ご存知だったんですか?」

京太郎「勿論です。これでも全国に出てくる学校は全てチェックしてますから」

京太郎「(…世界が変わってから買い出しに行かされなくなって暇になったからなぁ)」

由暉子「それは素直に嬉しいですね」

京太郎「はは。まぁ、俺は敵側の人間なんで、素直に応援してあげる事は出来ませんけれど」

由暉子「敵…?」

由暉子「…………あれ、もしかして男の人じゃなくて女の人だったんですか?」

京太郎「男です」キッパリ

由暉子「そうですか。安心しました」

由暉子「こんなに可愛い女の子がいたら、ちょっと太刀打ち出来ないので」

京太郎「いや、俺は可愛いとは縁遠い気がしますよ」

京太郎「と言うか、太刀打ちって一体、何ですか?」

由暉子「有珠山は打倒瑞原はやりを掲げていますので」

由暉子「ゆくゆくは牌のお姉さんの座を奪うのが目標…らしいです」

京太郎「らしいって」

由暉子「個人的にはあまり興味がないものですから」

由暉子「ただ、皆と色々な事をするのは楽しいですし…」

由暉子「何より、先輩たちには返しきれないほどの恩があります」

由暉子「それを返すためにも全力で取り組む所存です」

京太郎「(…あぁ、なるほど)」

京太郎「(この子、ちょっと変…と言うかかなり天然入ってるけど)」

京太郎「(でも、一生懸命で友達思いの良い子なんだな…)」

京太郎「(さっきその独特の勢いにびっくりして敬語のままで…なんて言ったけれど)」

京太郎「(ちょっと悪い事をしてしまったかもしれない)」

由暉子「まぁ、そういう訳なので、今はこのインハイで目立とうと思っているんですが」

京太郎「ですが?」

由暉子「…ちょっと不安もあります」

由暉子「ここに来て周りを見れば私よりも可愛かったり綺麗な子ばっかりで」

由暉子「そんな人達の中で、一際目立つ事が出来るのかな…と」

由暉子「先輩たちは私ならば大丈夫だと言ってくれていますが…」

京太郎「…大丈夫ですよ」

由暉子「え…?」

京太郎「真屋さんは色々と独特な雰囲気のある人ですから」

京太郎「そのまま自然体でいれば、人の目も惹くでしょうし」

京太郎「何より、貴女はとても可愛くて魅力的です」

京太郎「顔立ちも整っていますし、スタイルだって抜群じゃないですか」

京太郎「正直、うちの貧乳幼馴染にも分けてあげて欲しいくらいですよ」

由暉子「…ごめんなさい、流石にそれは無理です」

京太郎「分かってます、言葉の綾ですから」

京太郎「まぁ、何はともあれですね」

京太郎「俺が言いたいのは真屋さんならインハイで一番目立つのも不可能じゃないって事ですよ」

京太郎「それは他の出場校全部をチェックしている俺が断言します」

由暉子「…須賀さん」

京太郎「まぁ、麻雀ではウチも負けませんけどね」

京太郎「こっちの雀士は粒ぞろいですから」

京太郎「アイドル勝負では負けても、麻雀では勝ってみせます」

由暉子「…ダメですよ」

由暉子「アイドル勝負でも麻雀でも…勝つのは私達、有珠山です」

由暉子「先輩たちはとっても欲張りで…そして頑張り屋なんですから」

由暉子「清澄がどれだけ強かろうと、私達が優勝してみせます」

由暉子「……でも」

京太郎「ん?」

由暉子「…ありがとうございます、須賀さん」

由暉子「こんな事先輩達には言えなかったので、少し…いえ、とても気が楽になりました」ニコ

京太郎「(うぉお…や、やべぇ…今の笑みドキッとした…)」

京太郎「(さっきまでほとんど表情が変わらなかったのに、この瞬間だけ子どもみたいに嬉しそうにして…)」

京太郎「(こんなの絶対反則だろ…!)」

由暉子「…須賀さんは不思議な人ですね」

京太郎「そ、そうですか?」

由暉子「はい。初対面の私がついつい弱音を漏らしてしまったのもそうですけど…」

由暉子「私が男性器に触れてしまったのにあっさりと許してくれるなんて…」

京太郎「その話はもう忘れましょう」

由暉子「…責任とらなくて良いですか?」

京太郎「とらなくて大丈夫です」

由暉子「……やっぱりこういう事に慣れてるんですか?」

京太郎「慣れてません」

由暉子「じゃあ、責任…」

京太郎「話題、ループしてますよ」

由暉子「…じゃあ、せめて連絡先だけでも聞かせてもらえないですか?」

京太郎「連絡先…ですか?」

由暉子「はい。さっき励まして貰ったお礼もしたいですし」

由暉子「それに生殖器同士で接触してしまった縁をここで終わりにするのも寂しい話ですから」

京太郎「接触はしてません」

京太郎「って言うか、それお願いですから他の人に言わないで下さい」

由暉子「……ダメですか?」

京太郎「ダメです」

京太郎「…まぁ、でも、連絡先交換してくれるのであれば、喜んでお受けしますよ」

京太郎「他の部員と違って、俺、麻雀弱いんで色々とアドバイスなんかも欲しいですし」

由暉子「私で良ければ何時でもお付き合いしますよ」

由暉子「ネト麻のアカウントも持っていますから対局も可能です」

京太郎「あ、じゃあ、そっちもまた聞かせてください」

由暉子「はい。勿論です」

京太郎「…はい。登録完了っと」

京太郎「…あ、そう言えば、真屋さんはどうしてここに?」

京太郎「そろそろ開会式も始まる頃だと思うんですが」

由暉子「………あ、そう言えば」

京太郎「そう言えば?」

由暉子「…私、トイレに行こうとしてたんでした」

京太郎「え?」

由暉子「……思い出したら尿意が」ブル

京太郎「ちょ、ストップ!ストップです!真屋さん!!」

京太郎「ここでやっちゃうと色々とアウトですから!!」

由暉子「頑張ります」

由暉子「…でも、トイレってどっちの方角にありますか?」

京太郎「…俺が入り口まで案内しますね」

由暉子「宜しくお願いします」フルフル







~インハイ会場~

京太郎「(って訳でインハイもスタートした訳だけれど)」

京太郎「(あんまり俺がやる事がある訳じゃないんだよなぁ)」

京太郎「(勿論、俺の立ち位置はほとんどマネージャーだし、色々とサポートする事はあるけれども)」

京太郎「(でも、皆が見れない試合を見に行くくらいで牌譜作りとかを任されてる訳じゃなく)」

京太郎「(暇って程じゃないけれど…なんとなく手持ち無沙汰って言うか)」

京太郎「(もうちょい色々とやらせてくれても良いんだけどなぁ)」

京太郎「(気遣ってくれるのは有り難いんだけれど、俺だって皆の事をもっとサポートしたい)」

京太郎「(まぁ、とりあえずタコス娘のタコスは俺でも作れるようになったし)」

京太郎「(わざわざ外に補給しに行かなくても良くなったって言うのは大きいはずだ)」

京太郎「(これを期にまたいろんなことを任せてくれれば良いのになぁ…って)」

ネリー「んーっ!」ノビー

京太郎「(…あの特徴的な服は…)」

京太郎「…どうしたんです?」

ネリー「え?」

京太郎「もしかしてボタン届きません?」

京太郎「俺で良ければ押しましょうか?」

ネリー「…あ、じゃあ、そこの剛拳武茶って奴を…」

京太郎「はい」ピッ

ガコガコン

ネリー「ありがとう。助かった」ニコ

京太郎「いえいえ」

京太郎「じゃあ、俺はこれで」

ネリー「あ、ち、ちょっとまって」

京太郎「はい?」

ネリー「……」ジィィィ

京太郎「(…なんで俺は自販機の前にいた合法ロリを助けたらじっと見つめられているんだろう)」

京太郎「(しかも、視線に隙がない…って言うか、思いっきり値踏みされてるみたいな感じだし…)」

京太郎「(…とりあえず相手は臨海の大将だって事は分かるけど…何か気に障ってしまったんだろうか)」

ネリー「うーん……分かんない」

ネリー「…資産レベルは中金持ちってところだと思うのに…」

ネリー「なんでこんなにヤバイ匂いがするのかなぁ…」

京太郎「…え?」

ネリー「ねぇ。君のところって何かすっごいお宝とかない?」

ネリー「それも…多分、普通の資産では換算出来ないような奴」

京太郎「そんなものあるはずが…」

京太郎「(…いや、あるわ)」

京太郎「(結局、封印出来ないまま放置してたあの石版)」

京太郎「(今は実家のタンスに幾重にも布被せて隠してはいるけれど…)」

ネリー「…へぇ、あるんだ」ニヤ

ネリー「ね、ちょっと色々と『お話』しない?」

京太郎「い、いや、俺、ちょっと忙しいんで…」

ネリー「忙しいって言っても、どうせ他校の偵察かなんかでしょ?」

ネリー「それなら大丈夫。私も同じだから」

ネリー「良ければ、色々と解説してあげたりもするよ」

京太郎「う…」

京太郎「(…確かにそれは魅力的だ)」

京太郎「(ド素人の俺とは違って、この人はあの名門臨海の大将)」

京太郎「(いずれ世界でも活躍する事を約束されている若手ホープなんだ)」

京太郎「(その人が解説してくれるとなれば、俺一人で色々と見て回るよりも効率が良い)」

京太郎「(それは…俺も分かってるんだけど…)」

ネリー「…どうどう?」

ネリー「『お話』するだけでこんなにサービスして貰えるなんて滅多にないよ?」

ネリー「普段ならお金取るからね!それもガッツリ!」

京太郎「どんだけ守銭奴なんですか」

ネリー「そりゃ未来のトッププロの解説だもん」

ネリー「安売りしちゃ相場崩して他のプロにも迷惑掛けちゃうしね」

ネリー「それくらい当然です」キリリ

京太郎「(…それっぽい事言ってるけど、確かこの人、まだプロじゃなかったんだよなぁ)」

京太郎「(それにまぁ…性格的にどう考えても守銭奴だし)」

京太郎「(多分、この人、まず何よりお金が好きってタイプだ)」

ネリー「あ、それと私に敬語使わなくても良いよ」

ネリー「もうわかってると思うけど、私一年だから、多分、同い年か、君の方が年上だから」

ネリー「呼び方もネリーで良いし」チラッ

京太郎「(…だから、話しようぜって事ですね分かります)」

京太郎「……分かったよ」フゥ

ネリー「ホント!?」パァ

京太郎「あぁ。…でも、家の資産の事とか突っ込まれても応えられないからな」

京太郎「流石にそこまでは俺も知らないし」

ネリー「大丈夫。流石にそこまでは聞いたりしないよ」

ネリー「ただ、ちょっとお話して仲良くなって…それからちょっと調べるだけだから」ニヤリ

京太郎「…調べるって?」

ネリー「日本って便利だよね」

ネリー「お金は掛かるけどこーしんしょってところでほとんど資産が丸裸になっちゃうんだから」ニッコリ

京太郎「こえぇ…」

京太郎「(…なんだ、この合法ロリ)」

京太郎「(普通の高校生と発想が違うぞ)」

京太郎「(まぁ、外国育ちだから、価値観が違うのも当然かもしれないけど…)」

京太郎「(普通の高校生で興信所の事しってる奴なんてどれだけいるんだってレベルだと思うんだが…)」

ネリー「それに私はあんまり君のトコの資産には興味ないし」

ネリー「これでも色々とパトロンもいるから、大金持ちレベルとの付き合いもあるしね」

ネリー「中金持ちレベルだって分かってる君のところを調べて無駄金使いたくないもん」

京太郎「…ちなみにそれ何で分かるんだ?」

ネリー「え?匂い」

京太郎「こえぇよ、マジで」

ネリー「えー。なんとなくだけど分かるでしょ」

ネリー「お金の匂いとかそういうの」

京太郎「いや、普通は分からないし、分かったとしても相手のレベルを判断出来るレベルじゃないと思う」

ネリー「まったく…これだから平和ボケしてる日本人は」

京太郎「平和ボケは関係ねぇよ」

ネリー「むむむ…」

京太郎「何がむむむだ」

ネリー「まぁ、私が興味あるのは君の家の資産以外」

ネリー「それも私がビビビって来るような何かだけだから安心して」

京太郎「まったく安心出来ねぇよ」

ネリー「あ、もしかして私の事好きになった?」

ネリー「ダメだよ、私の事、好きにしたいならせめて大金持ちレベルになってくれないと」

京太郎「安心してくれ。貧乳にはまったく興味はない」

京太郎「(…ただ、どうしてだろうな)」

京太郎「(あまり人を見る目があるってつもりはないんだけれど…)」

京太郎「(この子はあんまり悪い子には見えない)」

京太郎「(まぁ、確かに守銭奴だし、価値観が違うって感じる事も多いけれど)」

京太郎「(でも、ここまでオープンだといっそすがすがしいって言うかさ)」

京太郎「(ちょっと変わった子ではあるけれど…まぁ、嘘のつけない子ではあるんだろう)」

京太郎「(まぁ、その価値観が独特ではあるから、色々と警戒が必要だけれども)」

京太郎「(こんな子にあの石版の事知られたらどうなるか分からないからなぁ…)」

京太郎「ま、それよりもそろそろ行こうぜ」

京太郎「あんまりここにいて試合始まっちゃ偵察の意味がなくなるし」

ネリー「そうだね。ってあ、そうだ」

京太郎「ん?」

ネリー「私、まだ君の名前聞いてない」

京太郎「あぁ。須賀だよ」

京太郎「清澄一年の須賀京太郎」

ネリー「あ、じゃあ、やっぱり同い年なんだ」

ネリー「多分、そうだと思って普通に話してたけどちょっぴり安心した」ニコ

京太郎「(…この子、守銭奴な癖に笑顔だけは綺麗なんだよなぁ)」

京太郎「(ロリロリしい外見に相応しい純真な笑みにころっと騙されそうに…)」

ネリー「…後、名前もあっさり教えてくれたし…これで調べるキッカケも出来たよ」ニヤリ

京太郎「ホント、油断も隙もねぇのな」

ネリー「ふふーん。油断する方が悪いんだよー♪」






京太郎「(…で、まぁ、色々と話しもしていたけれど)」

京太郎「(なんつーか、思った以上に常識的な話しかしなかった)」

京太郎「(まぁ、勿論、油断も隙もないのは確かなんだけれども)」

京太郎「(でも、思ってた以上に踏み込んだ話はしなかったっていうか)」

京太郎「(ごくごく普通の友人同士としての話で始終してた)」

京太郎「(本人は油断を誘う為だって言ってたけど…まぁ、そのとおりなんだろうな)」

京太郎「(実際、ネリーに用事が出来た頃には連絡先くらい交換してもいいかって気になってたし)」

京太郎「(…なんだか上手く乗せられちゃってる気がするんだけど…)」

京太郎「(まぁ、それがあんまり嫌じゃないっていうか)」

京太郎「(あっちも割りと正直で、打てば響くような会話を続けられるからそれなりに楽しかった)」

京太郎「(…まぁ、それももう終わっちゃったけど…あのネリーの事だ)」

京太郎「(まだ石版の事に何も確信を得られてないって事で、頼んでもないのに話しかけてくるだろう)」

京太郎「(それよりも今は喉が乾いてるしジュースジュース…っと)」

照「……あ」バッタリ

京太郎「あれ?」バッタリ

京太郎「(…ってアイエエエエエエ!?チャンピオン!?チャンピオンナンデ!?)」

京太郎「(いや、まぁ、一応、ここインハイ会場だし、エンカウントしてもおかしくないんだけども!!)」

京太郎「(でも、相手はチャンピオンだぞ!!去年一位だった人なんだぞ!?)」

京太郎「(まさかこんな普通の草むらみたいな場所でバッタリ会うなんて想像出来るか!!)」

照「……やっぱり京ちゃんだった」

京太郎「え?」

照「京ちゃんの匂いが尭深に染み付いてたから…きっと京ちゃんもこっちに来てると思って…」

照「一生懸命、探した甲斐があった…」ニコ

京太郎「いや、連絡先知ってるんだから、LINEの一つでもくれればよかったのに」

照「……久しぶりの再会には、やっぱりロマンが必要かなって」

京太郎「(あ、これ完全に忘れてたな)」

照「…それより久しぶり、京ちゃん」

京太郎「ですね。まぁLINEとかで連絡はしてますけど」

照「…以前に比べて連絡してくれる事は減った」

京太郎「い、いや、その…照さんも忙しいかなって思って」

照「忙しいけど、幼馴染をないがしろにするほどじゃない」

照「…………どうせ、おっぱいの大きい子に夢中になってたんでしょう?」

京太郎「い、いやぁ、んな事ないですよ、えぇ」メソラシ

京太郎「(…丁度、照さんが引っ越した時期とモモと知り合った時期が重なるけれど言わないでおこう)」

照「…隠してもバレバレ」

照「これでも私はお姉ちゃんだから」

照「京ちゃんがどういう本を何処に隠してるのかもバッチリサーチ済み」フンス

京太郎「プライバシー侵害で訴えるぞ、宮永」

照「…大丈夫。私はお姉ちゃんだから」

京太郎「それは何でも許される免罪符じゃないんだよなぁ…」

照「…それより京ちゃん」

京太郎「はい?」

照「お姉ちゃんに何か言う事ない?」

京太郎「あー…その、綺麗になりましたね」

照「…」テレテレ

照「…って違う。そうじゃない」

京太郎「あー…それじゃあ咲の事ですか?」

京太郎「知ってると思いますが、あいつもこっちに来てますよ」

照「…それも違う」

照「と言うか私に妹なんていない」スネー

京太郎「はいはい」

京太郎「じゃぁ…えっと…」ウーン

京太郎「…………すみません。分かんないっす」

照「…京ちゃんは本当にダメな弟」

照「略してマダオ過ぎ」

京太郎「マはどっから来たんだポンコツ姉」

照「そんなマダオな京ちゃんに私が応えを教えてあげる」

京太郎「聞けよ」

照「…………私の胸、2cm大きくなったよ」ドヤァ

京太郎「…………あ、おめでとうございます」

照「うん。ありがとう」

照「日頃頑張ってた成果が出ました」ニコリ

京太郎「…うん。で、それを俺に言った意味は?」

照「…京ちゃんおっぱい好きだから、大きくなった私の胸揉むかなって」

京太郎「まな板にどれだけ+してもまな板である事には変わらないんだよなぁ」

照「…」ゲシゲシ

京太郎「い、いてててっ」

照「まったく京ちゃんは素直じゃないんだから」

照「どれだけ釣らない態度をとっても私には京ちゃんの視線が胸にいってる事はお見通し」

京太郎「いや、照さん小顔だからそっち見ると自然にまな板まで視界に入るだけなんですが」

照「…」ゲシゲシ

京太郎「いてて!だ、だから脛は!脛はNGだって…!」

照「…揉みたいでしょ?」

京太郎「いや、まったく」

照「…揉みたいに決まってる」

京太郎「貧乳に興味はねぇよ」

照「揉みたいって言え」ギュルルル

京太郎「ちょ、待って!それ洒落にならない!!」

京太郎「それ絶対にダメな奴だから!!!」

照「…大体、尭深の胸を揉んだのに私の胸を揉まないとか不公平…」スネー

京太郎「貧乳と巨乳が同じ権利を享受出来ると思うなよ」

照「…私はこの日の為に頑張ってバストアップに勤しんできたのに…」

京太郎「どうせお菓子食べてたとかそんなのだろ」

照「…どうして分かったの?」

照「まさか私と離れてる間に京ちゃんがエスパーに…」ハッ

京太郎「目覚めてねぇよ」

照「…良かった」

照「私が京ちゃんに対して行ってるアレやコレやと言った妄想を知られたら生きていけない」

京太郎「俺も出来ればそれを知りたくなかったかなぁ」

照「ちなみに京ちゃんの匂いで私の下着はもうグチョグチョになってるから」

照「…後で履き替えるけど、今のショーツいる?」

京太郎「いらねぇよ!!!」

照「一応、シルクのだから扱き心地は良いと思うよ」

京太郎「そういう問題じゃねぇんだよ」

照「…………あ、すべすべよりもゴワゴワの方が好み?」

照「ごめん。私、あぁいうの肌があれて苦手だから…」

京太郎「種類の問題じゃないって言ってるダロォ!」

照「…………で、こうやって隙見せてるのに何時になったら揉んでくれるの?」

京太郎「俺はもう今の会話で完全に手一杯だったよ!」

照「…京ちゃんの癖に中々、上手な切り返し」

京太郎「そういう意味じゃないから!!」

京太郎「…と言うかアレだよ」

京太郎「久しぶりに会った幼馴染との会話がコレってどうなんだよ」

京太郎「他の男にこういう会話してないよな…?」

照「…もしかして独占欲?」クス

京太郎「寧ろ、照さんが嫁入り出来るかどうか心配してるんだよ、こっちは」

照「大丈夫。他の人の前では猫かぶってるから」

京太郎「…まぁ、記者会見とかだと結構、マトモっぽく見えるけどさ」

照「…見ててくれたんだ?」

京太郎「そりゃ…まぁ、幼馴染の晴れ舞台だしさ」

照「…そっか」ニコ

照「…でも、ごめん。私、京ちゃんの晴れ舞台とか見てなかった…」

京太郎「あぁ、うん。折角、いい話になりかけてたのに台無しになったな」

照「…だから、その分、身体でお詫びを…」

京太郎「いらねぇって言ってるだろ」

照「……京ちゃんのイケズ」

照「私…京ちゃんとズッコンバッコンするのを楽しみに今日まで待ってたのに…」

照「どうしてエッチな事してくれないの?」

京太郎「公衆の面前でそんな事言い放つ幼馴染の相手で一杯一杯だからだよ」

照「…普段は我慢してるんだからこれくらい許して欲しい」

京太郎「まぁ、それだけ信頼してくれてる事に感謝する気持ちがない訳じゃないけど」

京太郎「でも、出来れば異性って事で控えてくれると俺は嬉しいかな」

照「…まだこれは先走りだよ?」

京太郎「何故、それで例えようと思った」

照「こっちの方が京ちゃんも馴染みがあるかなって」

京太郎「うん。そういう心遣いはいらないかな」

照「…………まぁ、でも」

京太郎「ん?」

照「……こうやって私が自分を曝け出せるのは京ちゃんだけだから」

照「私が私でいて引いたりしないのは…京ちゃんだけだから」

照「だから…久しぶりに会えて…本当に嬉しい」ニコ

京太郎「照さん…」

照「…………じゃあ、再会を祝して、一緒にラブホ、行こっか?」

京太郎「せめて一分はこの雰囲気持たせろよ!!!」






京太郎「はぁぁぁ…」

京太郎「(疲れた…いや、ホント、マジ疲れた…)」

京太郎「(なんかこうアレだけ世界観が違うレベルで疲れきったわ)」

京太郎「(まぁ…決して楽しくなかった訳じゃないけどさ)」

京太郎「(初対面の他人ならともかく、相手は照さんだし)」

京太郎「(子どもの頃から見知った相手との会話はやっぱり久しぶりで…)」

京太郎「(まぁまぁ…楽しかったとそう言えるものではあったんだけど…)」

京太郎「(この前まで普通だったじゃん!!)」

京太郎「(俺が照さんと別れた時はあくまでも普通だったじゃぁああん!?)」

京太郎「(なのに、なんで再開したらオープンスケベの変態になってるんだよおおおお)」

京太郎「(いや、石版の所為なんだろうけどね!)」

京太郎「(ひいては俺の責任なんだろうけれども!!)」

京太郎「(…なんか俺が知らないだけで昔からあんな感じだったのかなぁって思うと)」

京太郎「(ちょっと…いや、結構、ショックを受けてる俺がいて…)」フゥ

竜華「…ね、そこの君」

京太郎「ふぇ?」クル

京太郎「(って、こ、この人は…!?)」

京太郎「(大阪の名門、千里山の大将…清水谷竜華さんじゃないか!!)」

京太郎「(おぉ…雑誌で見てたけど…やはり良いおっぱいだ…!)」

京太郎「(千里山はあまりおっぱい偏差値高くはないが…)」

京太郎「(その分、一人で他校のおっぱい担当と渡り合えるほどの大きさ…!!)」

京太郎「(だが…彼女が特筆すべきはおっぱいだけじゃない)」

京太郎「(生まれた時からおっぱい派閥であった俺でさえ認めざるを得ない…その太もも!!)」

京太郎「(く…思わず宗旨替えが脳裏に浮かぶほど…魅惑的なむっちりさ加減じゃないか…)」

京太郎「(これもう凶器だろ、どう考えても青少年の育成に不適切だって)」

京太郎「(18歳未満は見られないようモザイクを掛けるべきだとボクぁ思うな)」

京太郎「(…いや、それだったら余計にエロくなってダメか、うん)」

竜華「あ、あの…」

京太郎「あ、い、いや、ごめんなさい」

竜華「ううん。うちの方こそいきなり話しかけてごめんね」

竜華「その、さっきから結構、ため息吐いとるからちょっと気になって」

京太郎「あー…もしかして心配させちゃいましたか」

竜華「心配って程大したもんやないけどね」

竜華「でも、まぁ…目の前でそうため息を吐かれるとやっぱ気になるし」

竜華「何か悩み事があるんやったら吐き出していかへん?」

竜華「これでも口は硬い方やで」ニコ

京太郎「…天使だ、天使がいる」

竜華「え、えぇぇ…」カァァ

竜華「い、いきなりそんなん言われたら照れるやないの…」モジ

京太郎「(あぁ、なんて常識的な反応…)」

京太郎「(照さんで荒んだ心が癒やされていくのを感じる…)」

竜華「それに…うちは天使とかやあらへんよ」

竜華「一応、これでも下心もあって…あ、いや、その…別にナンパとかやないんやけど…」

竜華「で、でも、あの…君、可愛えぇし仲良くなれたらええなって…」

京太郎「お近づきになるどころか、もうそのまま恋人までいっちゃっても良いくらいっす」キリリ

竜華「え、えぇぇ…!?」カァァ

京太郎「はは。まぁ、流石に冗談ですけれど」

竜華「そ、そうやね。幾ら何でも早すぎやもんね…」

京太郎「でも、そんな風に気にしてくれて有難うございます」

京太郎「清水谷さんほどの美少女に気にしてもらえるなんてちょっと…いや、かなり嬉しいです」

竜華「…アレ、うちの名前…まだ名乗っとらへんよね?」

京太郎「あ、すみません」

京太郎「一応、これでも麻雀部員なのでめぼしい人はチェックしてて」

京太郎「その関係で清水谷さんの事も事前に知ってました」

竜華「そ、そうなんや…」

竜華「ちょっと照れくさいなぁ」テレテレ

京太郎「(可愛い)」

竜華「…で、君の名前は?」

京太郎「あ、申し遅れました」

京太郎「俺、清澄一年の須賀京太郎です」

竜華「あー…清澄っちゅーと、確かインターミドルチャンプの原村さんがいる…」

京太郎「です。まぁ、他にもポンコツとかタコスとか色々いますけど」

竜華「ぽ、ポンコツ?タコス…?」クビカシゲ

京太郎「あ、気にしないでください」

京太郎「清水谷さんのおっぱいに比べれば、あまりにも貧しい連中なので」

竜華「…おっぱい?」キョトン

京太郎「あ、いや、その…」

竜華「…須賀くんっておっぱい好きなん?」

京太郎「大好きです!」キリリ

竜華「へ、へぇ…そうなんや」

竜華「でも、今時、おっぱい好きって珍しい子やね」

京太郎「そうですか?」

竜華「うん。だって、今の流行りって手のひらに収まるサイズくらいやろ?」

竜華「あんまり大きすぎても見栄えが悪いっちゅーて相手はされへんらしいよ」

京太郎「何と勿体無い…!」

竜華「え?」

京太郎「良いですか!おっぱいとは宇宙の心です!真理です!!」

竜華「う、うん」

京太郎「その中には人類の夢と希望…!いや、ありとあらゆるロマンが詰まっていると言っても過言ではありません!」

京太郎「それを見栄えが悪い!?」

京太郎「手のひらサイズが流行だああ!?」

京太郎「清水谷さん、そのような流言に耳を貸す必要はありません!」

京太郎「おっぱいは常に正義! おっぱいイズびゅーてぃふる!!」

京太郎「貧乳や普乳よりも遥かに尊いのが貴女のおっぱいなんです!!!」

竜華「そ、そうなんやー…」

竜華「う、うん。まぁ…ともかく」

竜華「須賀くんがうちのおっぱいを気に入ってくれたのは良く分かったよ」カァァ

京太郎「(…ハッ、この流れ…!)」

京太郎「(昨日の尭深さんの時と同じだ…!!)」

京太郎「(さっきは意識してなかったけど…もしかしたら…)」

京太郎「(本当にもしかしたら…このまま清水谷さんのおっぱいを揉ませて貰えるかも…)」

竜華「……だーめ」カクシ

京太郎「え?」

竜華「そんな目で見ても触らしてあげへんよ」

竜華「流石に初対面の男の子にポンポン触らせるほどうちのおっぱい安くはないしね」

京太郎「ですよねー」

京太郎「(…まぁ、幾ら男と女の立場が入れ替わったってそう上手くいくはずないよなぁ)」

竜華「…まぁ、仲良くなってくれたらちょっとは考えてあげるかもしれへんけどね」クス

京太郎「な、仲良くなります!もう滅茶苦茶、仲良しになります!!」

京太郎「クレジットカードの暗証番号教える勢いで仲良くなりますとも!!」

竜華「さ、流石にそれはこっちが困るかなぁ…」

竜華「…まぁ、でも、須賀くんは本当におっぱいが好きなんやね」

竜華「さっきとは雰囲気、全然、違うよ」クス

京太郎「あー…まぁ、ちょっと色々あって気疲れしてただけですから」

京太郎「清水谷さんのおかげでおっぱいパワーも溜まりましたし元気百倍です」

竜華「ふふ。安い子やね」

竜華「じゃあ、おっぱいは触らせてあげんでもええかなー?」チラッ

京太郎「あ、すみません。俺、ちょっと今にも病院に運ばれそうなくらい元気がないんで…」

竜華「もう。流石にそんなんじゃ騙されへんよ?」

京太郎「ダメですか」

竜華「ダメでーす」クス

竜華「ま、元気になったんやったら良かったよ」

京太郎「すみません。そちらも忙しいでしょうに」

竜華「んーん。大丈夫」

竜華「うちは今、休憩中やったから」

竜華「寧ろ、ちょっと暇やったし須賀くんが通りがかってくれて渡りに船やったんや」ニコ

京太郎「なら、良かったッス」

竜華「それに…ちょっとコンプレックスやったおっぱいの事、褒めてくれたのなんて君くらいやしね」

京太郎「間違っているのは世界の方ですから」キリリ

竜華「…うん。いっそそこまで自分を信じられるのは凄いと思うよ」

竜華「それがおっぱいの事やと思うと、あんまり見習いたくはないけど」

京太郎「解せぬ」

竜華「まぁまぁ、一応、これでも2割くらいはほめとるし」

京太郎「残りの八割は?」

竜華「ドン引きしとるよ」

京太郎「ぐぬぬ」

竜華「ま、それでも須賀くんが面白い子やって言うのは分かったしね」

竜華「暇やったら君もここでちょっと一服していかへん?」

京太郎「え?良いんですか?」

竜華「うん。折角やし、色々と話も聞いてみたいしね」

京太郎「そ、そう言って俺から仲間の事を聞き出すつもりなんでしょう!?」

京太郎「俺がそのおっぱいに逆らえないって知ってて!!」チラッチラッ

竜華「うーん…」

竜華「じゃあ…こんなんどう?」タニマツクリ

京太郎「ぐふっ」

竜華「うわぁ…効果絶大やな」

京太郎「何でも聞いて下さい、貴女の下僕となった須賀京太郎が全てお答えします」キリリ

竜華「ホンマに安い子やねぇ」クス

竜華「まぁ、そんな風にかしこまらんでええよ」

竜華「今のところ、清澄の事にあんまり興味ないしね」

竜華「それよりも単純に須賀くんと仲良ぅなりたいから」ニコ











京太郎「ふんふふんふんふーん」

京太郎「(いやぁ…清水谷さんと過ごした時間は素晴らしかったな)」

京太郎「(流石にあのおっぱいは触らせてもらえなかったけど、すっごく常識的な人だったし)」

京太郎「(俺のくだらない会話にも何だかんだ言って付き合ってくれてた)」

京太郎「(やはり巨乳は心が大きくて余裕があるんだな、ハッキリと分かったよ)」

京太郎「(…まぁ、あんまり深くは言わなかったけど…あっちにも色々とあるんだろうけれどさ)」

京太郎「(一瞬、清水谷さんが見せた自己嫌悪の色は決して小さいものではなかったし)」

京太郎「(おっぱいが大きすぎるとあんまり良い顔をされないっていうのは事実だったんだろう)」

京太郎「(それを正す為にもあの石版を……い、いや、ダメだろ)」

京太郎「(確かに俺がやった事の責任を取る意味ではそれはアリかもしれないけれど…)」

京太郎「(でも、アレはそうそう簡単に使って良いものじゃないんだ)」

京太郎「(それが世界に与える影響を考えれば、もっと良く吟味しないと…)」

明華「あ、あの…」

京太郎「ん?」

明華「もしかして貴方…須賀京太郎さんでは…」

京太郎「(…なんか俺の方が名前知られてるって珍しいパターンだな)」

京太郎「(しかも、こんな美乳っぽい子に知られているなんて…)」

京太郎「(今日は清水谷さんとも知り合えたし、空から隕石でも降ってくるんじゃないだろうか)」

京太郎「(ってそれはさておき)」

京太郎「はい。そうですが…」

明華「や、やっぱり!」ガシッ

京太郎「お、おうふ」

明華「わ、私、フランスで貴方の記事を読みました!」

明華「日本のハンドボール界に世界で通用する逸材が現れたって!」

明華「試合のシュートもすごくて…!こっちでもすぐにでもやっていけると私も思います!!」ブンブン

京太郎「(な、何故だ…)」

京太郎「(どうして美乳美少女が俺の手をいきなり掴んだ挙句、ここまで興奮しているんだ…!?)」

京太郎「(い、いや、まぁ、中学の頃にやってたハンドボールでファンになってくれたっていうのは分かるんだけど!!)」

京太郎「(いきなり過ぎてちょっと…い、いやかなり追いつけないんだけれども!!)」

明華「で、でも、どうして、急にハンドボールを止めてしまったのですか?」

明華「私、貴方の試合を生で見られる事を楽しみにしていたのに…」シュン

京太郎「あー…その…深い理由はないんですが…」

京太郎「(…ぶっちゃけ、ハンドに行き詰まりを感じたってだけだからな)」

京太郎「(怪我とかそういう大した理由じゃないし…)」

明華「…」ゴクッ

京太郎「(…しかし、それをこのままこの人に言ってしまっても良いだろうか)」

京太郎「(明らかに俺に対して期待してくれているのが伝わってくる眼差しだし…)」

京太郎「(こ、ここはやっぱり…適当に誤魔化してしまおう)」

京太郎「じ、実は…膝に矢…もといボールを受けてしまいまして」

京太郎「以前のような動きが出来なくなってしまったんです」

明華「そ、そんな…」

明華「須賀さんはこちらでも特集が組まれるほどの逸材だったのに…」

明華「それが世界に羽ばたくのをずっと楽しみにしながら…貴方でオナニーしていた私は…一体、どうすれば…」

京太郎「(…うん。今のは聞かなかった事にしよう)」

京太郎「(と言うか、割りとマジで忘れてしまいたい)」

京太郎「(海外から俺のファンだって言ってくれる子が来たのに、それが照さんに並ぶオナニストだったとか…)」

京太郎「(正直、俺の人生の中でも2位にランクインするほどの黒歴史だからな)」

京太郎「(勿論、不動の一位は照さんだけれど)」

明華「で、でも、大丈夫です!」

明華「私の母は最先端医療にも関わる技術者ですから!!」

明華「きっと母の同僚ならば、貴方の傷を治してくれます!!」

京太郎「(うわぁ…とんでもない事になっちゃったぞ…)」

京太郎「い、いえ、大丈夫です」

明華「で、でも…」

京太郎「それにハンドボールへの未練って実はもうなくって」

明華「え?」

京太郎「元々、行き詰まりのようなものを感じてたんです」

京太郎「だから、俺は自分の怪我も積極的に治すつもりがなくって」

京太郎「それに今は麻雀をやってる方が楽しいので大丈夫ですよ」

明華「そ、そう…ですか…」シュン

京太郎「(やべぇ。目に見えて落ち込んでるよ)」

京太郎「(憧れの選手が再起不能だっただけならばまだしも…)」

京太郎「(昔の情熱を完全に失っている状態だからなぁ…)」

京太郎「(そりゃファンとしては落ち込んで当然だろう)」

京太郎「(正直、その気持ちが分かるだけに何とかしてあげたいけれど…)」

京太郎「(でも、ここで下手に何か言って希望を持たせる方が可哀想だ)」

京太郎「(だから…)」

京太郎「それに男ばっかりに囲まれているよりも、やっぱり女の子がいる環境の方が楽しいですしね」

京太郎「やっぱり男はボールよりもおっぱい追いかけてる方が正しい姿かなって」

明華「…………」

京太郎「…アレ?」

明華「…………私、貴方の事を誤解していました」

明華「私が貴方のファンになったのは…ただ実力や才能だけではありません」

明華「誰よりもハンドボールを楽しそうにプレイしていたからです」スッ

京太郎「え、えっと…」

明華「…でも、そんな人は最初からいなかったんですね」

明華「まさかそんな不真面目な人だったなんて…」

明華「…幻滅しました」プイッ スタスタ

京太郎「あ…………」

京太郎「(…やっちまったなぁ…)」












由暉子「~♪」

爽「あれ、珍しく上機嫌じゃん」

爽「何か良い事でもあった?」

由暉子「はい。さっき新しく友達が出来たので」

爽「へぇ。どんな子?」

由暉子「えっと」ポチポチ

由暉子「この人です」シャメミセ

爽「…………え?」

由暉子「どうかしました?」キョトン

爽「…男?」

由暉子「はい。男性です」

爽「イケメン?」

由暉子「多分、一般的にはそう呼べる顔立ちだと思います」

爽「…友達?」

由暉子「はい。馬乗りになった私をトイレに連れてってくれました」

爽「どんな過激なプレイしてんの!?」

由暉子「はい。生殖器同士が触れ合った私をトイレに連れてってくれました」

爽「どんな過激なプレイしてんの!?」

爽「つ、つーか、ちょっとまって」

由暉子「はい。待ちます」

爽「(お、落ち着け、私)」

爽「(これはかなりの大事件だぞ…)」

爽「(今まで私達以外にろくな友達がいなかったユキに友達が出来るだけならともかく…)」

爽「(しかも、男!イケメン!ただならぬ関係っぽい!!)」

爽「(その上、ユキがここまで上機嫌になるって事はかなり気に入ってる訳で…)」

爽「(割りとチョロいユキが堕ちないはずないじゃん!!)」

爽「(でも、この写メ見る限り、相手は大分遊んでる感じだし…)」

爽「(恋愛初心者なユキの手に負える相手じゃない…!)」

爽「(私としても出来れば応援してあげたいけれど…)」

爽「(でも、私だって今まで男の子と遊ぶ以上の事はした事ないし…)」グルグル



ピポーン

由暉子「…あ」

爽「ど、どうかしたの?」

由暉子「京太郎さんからのLINEです」

爽「き、京太郎さん!?」

爽「(も、もう下の名前で呼んでいるなんて…)」

爽「(あの根暗だったユキがって思うと感慨深いものを感じるけれど…)」

爽「(でも、それ以上に騙されてるような気がしてお姉さん、心配だよ!?)」

由暉子「…~♪」

爽「(…で、でも、幾らユキが素直だって言っても、騙されてるかも、なんて言ったら気分を悪くするだろうし…)」

爽「(実際、私もその男の人を知ってる訳じゃないもんね…)」

爽「(……だから、とりあえず今は様子見に徹しておこう)」

爽「(で、後で皆を招集してその男の子の情報を集める…のがベストかな)」

爽「(しっかし…ユキに男友達かぁ…)」

爽「(…テンパって結婚しようとか言い出してなきゃ良いんだけど……)」








ネリー「んー…」ゴロゴロ

ネリー「(夜になるとやっぱり暇だよねー…)」

ネリー「(これは自分の家だと電気代もったいないから早く寝よう!って気になるけど…)」

ネリー「(基本、寮暮らしで電気代掛かんないしー)」

ネリー「(何かお金稼ぐネタ探そうにも株価や為替のチェックも終わっちゃったしー)」

ネリー「(とは言え、寝ようとしても眠気が出てくる訳じゃないしー)」

ネリー「(今日は偵察ばっかりで麻雀も打ってないから疲れてないしー)」

ネリー「(それも特に得るものがなかったからちょっと今日一日無駄にしちゃった気分…)」

ネリー「(…あー、いや、でも…あのキョータローが居たか)」

ネリー「(私でも価値が分からないようなお宝を持ってる人)」

ネリー「(でも、その割には正直で…表情もコロコロ変わって)」

ネリー「(ちょっぴり馬鹿っぽいけど…でも、まぁ、男は多少、馬鹿っぽい方が愛嬌があるし)」

ネリー「(外見からして大分、チャラそうな感じだったから、きっと女をとっかえひっかえして遊んでるタイプだと思うんだけど…)」

ネリー「(それでも…あんまり嫌いなタイプじゃないんだよね)」

ネリー「(体を売る男の人とか見てきたし、貞操観念じゃお金稼げないって思ってるからかもだけど…)」

ネリー「(でも…キョータロー、私の事、嫌ったりしてなかった)」

ネリー「(この国では私の事を知ると嫌そうな顔をする人がほとんどなのに…)」

ネリー「(お金お金って言っても特に嫌わず、私の事を受け止めてくれて)」

ネリー「(まぁ…正直、名前が分かった以上、もう会う必要もないんだけどさ)」

ネリー「(名前さえわかれば、芋づる式に色々と調べる事が出来るし)」

ネリー「(寧ろ、出会ったところで特にお金になったりしないんだから適当に煙に巻くべきなんだろうけれど…)」

ネリー「(でも、また会っても良いって思うくらいには気に入っちゃってるし)」

ネリー「(…予定が合えば、また解説してやっても良いかなぁ)」

ネリー「(もしかしたら、私の金づるにもなってくれるかもしれないし…ね)」








咏「あ…あぁ…っ♪」クチュクチュ

咏「このままイかせてやる…ぅ♪」

咏「私の中でっ?子宮…でえっ♪」

咏「あは…はっ♪今更、嫌だって言っても…遅いぃっ?」

咏「このまま一滴も金玉の中に残らないくらい…にぃっ♪」

咏「レイプ…してやるぅっ?搾精レイプぅ…♪」

咏「泣きじゃくってもっ♪嫌がってもっ♪壊れてもぉおっ♪」

咏「容赦してやらな…いからあぁぁああああっ?」ビクン

咏「あ…あぁぁ…あぁぁぁ…っ♪」フルフル コテン

咏「(…あー…凄かった…)」

咏「(今のオナニー…人生で一番、気持ち良かったかもしれない…)」

咏「(今日初めて会った男をオカズにしたとは思えないほど妄想がマッチして…)」

咏「(子宮からイけちゃったぜ…♪)」ハフン

咏「(運命の赤い糸とか信じるほど子どもじゃないけど…)」

咏「(これだけ相性が良いなら…もしかしてあの子が私の運命なのかもねぃ)」

咏「(…ま、一般的に言う恋人とか夫婦とかじゃなくて…)」

咏「(精液奴隷としての運命…だけどさ…?)」ペロ

咏「(まぁ…でも、仕方ないよね…)」

咏「(こんなにエロい身体なのに…第二ボタンまで開くような格好しちゃってさ)」

咏「(その上、子どもっぽいくらい素直に喜ばれたら…もう我慢なんて出来るはずないって)」

咏「(存在そのものが女にレイプされる為にあるような子だよ)」

咏「(…だから、私が保護してあげないとねぃ)」

咏「(このまま放置してたら、どんな酷い女に奴隷されるかわっかんねーし…)」

咏「(私だったら多少はほら、大事にしてやらなくもないから…さ♪)」

咏「(…だから…早く私のモノになりなよ、京太郎…?)」ペロ

咏「(壊れるまで…ううん、壊れても…)」

咏「(その骨の髄まで…レイプし続けてやるからねぃ?)」









照「…うーん」

照「(私の誘い方は完璧だったはず)」

照「(その上、京ちゃんと離れてる間に、胸も大きくなって…より大人っぽくなったのに)」※当社比

照「(どうして京ちゃんは私とラブホに行ってくれなかったんだろう?)」

照「(…やっぱり照れてる?      照だけに)」

照「(………うん、今のは良かった)」

照「(心のボキャブラリーの中に登録しておこう)」ウンウン

照「(…まぁ、それはさておき)」

照「(問題は京ちゃんの事…)」

照「(渾身と言っても良い誘い文句が効果をなさなかった今、次の策を考えないと)」

照「(…折角、京ちゃんが東京にいるのに何もしないとか耐え切れないもんね)」

照「(インハイ中だったら邪魔者の咲も、私を止められないだろうし…)」

照「(このままグチュンと一発、京ちゃんとヤってセフレになりたい)」

照「(…って言うかならないと欲求不満で死んじゃう)」

照「(幼いころから私の性の対照は京ちゃんだけだった)」

照「(どれだけ格好良い男の子を見ても、どれだけ可愛い男の子を見ても…)」

照「(私はまったく心を動かされる事はなかった)」

照「(多分、それは私の身体が、もう京ちゃんじゃないとダメだから)」

照「(幼いころから一緒にいて、弟みたいに思っていて…)」

照「(私の事をお姉ちゃんって呼んでくれた京ちゃんじゃないと興奮出来ない変態が私…)」

照「(急にオスの匂いをさせるようになった京ちゃんで、一日中オナニーしまくった時から…)」

照「(私の身体は京ちゃん以外を受け付けなくなってしまった)」

照「(どれだけエッチにAVを見ても、オマンコが濡れないのに…)」

照「(京ちゃんの顔を思い浮かべただけで、もう疼いて止まらないくらいに)」

照「(…そんな私がもう一年以上も京ちゃんから引き離されて…マトモでいられるはずがない)」

照「(もう頭の中で何回だって犯した)」

照「(こそっと持って帰ったパンツで何百回もオナニーした)」

照「(…でも、もう妄想や匂いの薄れたパンツじゃ我慢出来ない)」

照「(私は…私は京ちゃんが欲しい)」

照「(ほかの人なんていらないから…京ちゃんとセックスがしたい…)」

照「(だから……)」







憧「(う、うわぁ…)」コソコソ

憧「(たまたま会場の中歩いてたら…なんか凄い光景を見ちゃった…)」

憧「(人が人を軽蔑する瞬間なんて普通見れるもんじゃないよね)」

憧「(いや、まぁ…正直、見たいもんじゃないけどさ)」

憧「(普通の修羅場とはちょっと違ったけど…下手に動けずに困ったくらいだもの)」

憧「(…しっかし、あの男も酷いよね)」

憧「(一体、何があったのか知らないけど…)」

憧「(ファンだって言ってくれてる女の子の前で、あんな事言うなんて…)」

憧「(見た目通りと言えば見た目通りなんだろうけど…それでも最低)」

憧「(なんか困った顔してるけど軽蔑されて当然でしょ)」

憧「(…ただ、あの男ほど酷いのは稀だろうけれどさ)」

憧「(多かれ少なかれ、世の中の男ってそんなもんだよね)」

憧「(どれだけ清純そうな男でも、腹の中には黒いもの溜め込んでいるだろうし)」

憧「(綺麗な笑みを浮かべて、内心、相手の事を軽蔑してるなんて珍しくともなんともない)」

憧「(勿論、例外はいるだろうけれど…そんなのは極少数でしょ)」

憧「(昔は良く日本男子なんて言ってたらしいけど…)」

憧「(でも、そんなの最初から幻だったか…)」

憧「(或いは男の社会進出によってほとんど絶滅しちゃってる)」

憧「(…だから、やっぱり女の子を裏切らない二次元が一番だよね)」ポチポチ

憧「(はぁ…今日も加州はイケメンだなぁ)」

憧「(綺麗だし一途だし…)」

憧「(リアルとは大違いだわ)」デレデレ









京太郎「(うーん…失敗だったなぁ)」

京太郎「(出来れば暗い雰囲気吹っ飛ばせれば…ってそんな風に思ってたんだけど)」

京太郎「(暗い雰囲気だけじゃなくて好感度までふっ飛ばしてしまうとは)」

京太郎「(ぐああああっ!惜しかった!本当に惜しかった…!!!)」

京太郎「(俺に対して、あそこまで好意を示してくれる美乳少女なんて少ないのに!!)」

京太郎「(絶滅危惧種だって言っても良い女の子にあそこまで失望されるなんて…!!)」

京太郎「(……出来れば連絡先の一つくらい聞きたかったけど…アレじゃもう無理だよなぁ)」フゥ

モモ「…京さん?」ムスー

京太郎「ってモモ、どうしたんだ?」

京太郎「…なんか不機嫌そうだけど」

モモ「…これが上機嫌に見えたら、眼科言ったほうが良いと思うっす」スネー

モモ「(…京さん、さっきの子にデレデレしてたっす)」

モモ「(近くに私が来たら…大抵、気づくはずなのに)」

モモ「(そんなの気づかないくらいにあの人に呑まれてて…)」

モモ「(まぁ…確かにあの人は綺麗だったと思うっすけど…)」

モモ「(…でも、やっぱりどうしても釈然としないっす)」

モモ「(胸の中、モヤモヤして…腹が立つっすよ」スネー

京太郎「えーっと…モモ?」

モモ「…何っすか?」

京太郎「…なんでそんなに怒ってるんだ?」

モモ「ふーんだ…」

モモ「京さんには教えてあげないっすよ」ツーン

モモ「(…と言うか言えないッスよ)」

モモ「(私自身、どうしてこんなに腹が立つのか分かってないんっすから)」

モモ「(ううん…分かっているけれど…それはわかっちゃいけない事で…)」

モモ「(だから…)」

京太郎「もしかして、嫉妬か?」

モモ「~っ!」カァァ

京太郎「そっかー嫉妬かー」

モモ「ち、違うっすよ!」

モモ「と、言うか…ど、どうして私が京さんに嫉妬しなきゃいけないんっすか!」

モモ「べ、別に私は京さんの事なんてどうとも…」

京太郎「思ってない?」

モモ「…そ、そういう訳じゃ…ないっす…けど…」

京太郎「じゃあ、嫌いか?」

モモ「う………き、嫌いと言う訳でも…」

京太郎「なら、好きか?」

モモ「~~~~っ」プシュゥ

京太郎「はは。ホント、モモは可愛いなぁ」ナデナデ

モモ「ふ、ふにゃあ…」フルフル

モモ「(あうぅぅ…ま、また京さん気軽に私の頭撫でて…)」

モモ「(わ、分かってるっすか?)」

モモ「(それって…男の人のオチンチン周りを撫でるに近い行為なんっすよ…?)」

モモ「(ただ、心地良いのとはまた別の気持ち良さを…相手に与えるんっすから)」

モモ「(…普通、こんな事しちゃったら…そりゃもうオッケー状態だって思われても仕方ないっす)」

モモ「(何時でもレイプされても構わないんだって言う…ビッチアピールっすよ…っ)」

京太郎「まぁ、アレだ」

京太郎「嫉妬なんかさせちゃってごめんな」

モモ「べ、別に嫉妬してた訳じゃ…」

京太郎「でも、なんか俺が不機嫌にさせちゃったのは事実なんだろ?」

京太郎「だから、ごめん」

モモ「……………京さんは卑怯っす」

京太郎「何故かモモにはそう言われる事が多いけど、俺は普通だと思うぞ」

モモ「(ど、何処が普通なんっすか…)」

モモ「(自分で友達だって言ってる女の子の頭をこんなに気軽に撫でて…)」

モモ「(優しく…暖かく…胸の奥まで幸せにしてくれて…)」

モモ「(…そんな男の子が普通な訳ないっす)」

モモ「(…正直、私じゃなかったらレイプされてるっすよ?)」

モモ「(そっちから誘ったんだろうって…一滴残らず絞りとるような本気レイプされちゃうんっすからね?)」

モモ「(…まぁ、それが分かっているからこそ、京さんもこうして私の事をなでてくれているのかもしれないっすけど…)」

モモ「(…どっちにしろ、京さんが危なっかしい事には代わりがないっす)」

モモ「(今は良くても…何時か絶対、誰かにレイプされて…心から傷ついちゃうっすよ)」

モモ「(外見は淫乱そのものだし…色々と誤解されがちな仕草もするけれど…)」

モモ「(でも、京さんは今時めずらしいくらい純情なんっすから)」

モモ「(…だから、それを防ぐ為にも…)」

モモ「(私が…護ってあげなきゃ)」

モモ「(私の家で…他の誰にも合わないように…)」

モモ「(私だけを見て…私だけを撫でてくれるよう…にぃ…?)」ハァ

京太郎「…モモ?」

モモ「ハッ…」

モモ「(…私、何を考えてたっすか)」

モモ「(……いや、流石に監禁とかそういうのはダメでしょう)」

モモ「(そもそも監禁とか…ガチ犯罪じゃないっすか)」

モモ「(今はストーカーしても京さんが見逃してくれるっすけど…)」

モモ「(流石に監禁までやったら、京さんでも誤魔化せないっす)」

京太郎「…大丈夫か?」

モモ「だ、大丈夫っすよ」

モモ「(………でも、もし)」

モモ「(もし、絶対に見つからなくて…)」

モモ「(二人でずっと一緒になれるなら…私は……)」グゥ

京太郎「…ぷっ」

モモ「あ、い、いや、その…」カァァァ

京太郎「分かってる分かってる」

京太郎「たまたま腹が鳴っただけだよな」

モモ「そ、そうっすよ」

モモ「じ、実は最近、お通じが悪くてお腹の調子が」ワタワタ

京太郎「はは。じゃあ、健康に良い物でも食べに行こうか」

モモ「…良いんっすか?」

京太郎「俺も丁度、小腹がすいてきたところだしさ」

京太郎「折角だし、一緒にコンビニにでも行こうぜ」

京太郎「また今日も奢ってやるからさ」

モモ「…もう。普通、逆だと思うんっすけどね」

京太郎「いいんだよ、可愛い子におごるのは俺の趣味みたいなもんだからさ」

モモ「…また調子の良い事言って…」

モモ「…何時か監禁されたりしても…知らないっすよ?」









~清澄宿泊所~

和「…ふぅ」

京太郎「…あれ、和?」

和「あ、須賀くん」

京太郎「どうしたんだ、なんだか疲れてるみたいだけど」

和「…そう見えますか?」

京太郎「あぁ。だって、普段はため息なんか吐かないだろ?」

京太郎「なんかあったのか?」

和「いえ、改めて何かあったと言う訳ではないのですけれど…」

京太郎「けど?」

和「…少しネト麻に集中し過ぎまして」

和「何時もならリクライニングチェアであまり疲労も感じないんですが…」

和「ここはそういうのはないので何時もよりも疲れやすくって」

京太郎「あぁ、なるほど」

京太郎「(確かにここ和室ばっかでちゃんとした椅子もあんまりないもんなぁ)」

京太郎「(長時間ネト麻やってれば、そりゃネト麻魔神の和でも疲れるか)」

京太郎「(ましてや、和の場合、胸に重たいものぶら下げてる訳だしなぁ)」

和「…須賀くん?」

京太郎「え?」

和「また胸見てるのバレバレですよ」

京太郎「う…い、いや、ほら」

京太郎「なんだか重そうだって思ってさ」

和「…まぁ、実際、重いのは否定しませんけれど」

京太郎「だろう?だ、だからさ」

京太郎「俺がマッサージしようか?」

和「マッサージ…ですか?」

京太郎「あぁ。俺はこれでも元運動部だしさ」

京太郎「ストレッチやマッサージに関しては日常的にやってたし」

京太郎「そういうのには手馴れてる方だし、きっと和にも満足して貰えるんじゃないかと…」

和「…そう言って胸を触るつもりなんでしょう?」

京太郎「そんな事はしないよ!」

京太郎「でも、マッサージ中の事故は仕方ないよね!!」キリリ

和「…本当にもう…理解出来ないくらいのおっぱいフェチなんですから」フゥ

和「まぁ、良いですけどね、別に揉まれても減るものじゃないですし」

京太郎「…え?」

和「…いや、え、じゃないですよ」

和「自分から言ったんじゃないですか」

京太郎「あ、い、いや…でもさ…」

京太郎「(エロい事に忌避感持ってる和にそう言われるなんて思ってもなかったんだよ!)」

京太郎「(日頃から俺がおっぱいネタ言ってるのは知ってるし、引かれる事はないと思ってたけれど…)」

京太郎「(でも、拗ねた顔で釘の一つでも刺されると思ったのに…そんな事言われたら…)」ゴクッ

和「…?」タユン

京太郎「(…首傾げるだけでも揺れるあののどっぱいを心ゆくまで堪能してしまいたくなる…!)」

京太郎「(マッサージにかこつけて…思いっきり揉みしだいてやりたくなるじゃないか…!!)」

和「……それで、どうするんですか?」

京太郎「あ、え、えっと…」

京太郎「や、やるよ。い、いや、やらせてください!」

京太郎「何でもしますから!」

和「…いえ、何もそこまで言わなくても最初からやって貰うつもりですし…」

和「(…そんなにこのおっぱいが好きなんですかね)」

和「(正直、ここまで育っちゃうと男の人に引かれるだけであんまり好きではないんですけれど…)」

和「(…何だかんだと仲良くしていますが、やっぱり須賀くんは理解できないです)」ウーン








~京太郎の部屋~

和「じゃあ、お願いしますね」ゴロン

京太郎「お、おうふ…」

京太郎「(あ、あの和が…俺の部屋に来て寝転んでる…!)」

京太郎「(い、いや…まぁ、正確にはここは俺の部屋じゃなくって、俺が寝泊まりしてるだけの部屋なんだけど…)」

京太郎「(それでも興奮するって言うか…もう夢見心地って言うか…)」

京太郎「(浴衣姿の和が布団にうつ伏せになってる光景だけで…もうムスコがウェイクアップしちゃいそうだ…)」

京太郎「(正直、浴衣を持ち上げるその安産型なお尻に思いっきりこすりつけたいけど…)」

京太郎「(でも、和がこうして俺に無防備な姿を晒してくれているのは信頼が故なんだ)」

京太郎「(その信頼は絶対に裏切りたくはないし)」

京太郎「(何より…仮にも気になってる女の子を傷つけるなんて男のやる事じゃないからな)」

京太郎「(ここはまじめにマッサージしよう)」

京太郎「じゃ、じゃあ…ちょっと重いかもしれないけど我慢してくれよ」ヨイショ

和「…いえ、これくらいなら大丈夫です」

京太郎「そ、そうか。じゃあ…始めるぞ」モミモミ

和「ん…♪」

和「(…須賀くん、言うだけの事はありますね…)」

和「(私の気持ち良いところを的確に揉みほぐしてくれて…)」

和「(思わず…声が出ちゃうくらいに気持ち…良い…)」

和「(…その上、一つ一つがとても丁寧で…じっくりやってくれるから…)」

和「(須賀くんのマッサージが終わったところはもう軽く火照って…)」

和「(筋肉も甘く蕩けちゃってる…みたいです…)」

和「(…正直、癖になっちゃうかも…しれません)」

和「(こんなの味わったら…電動マッサージとかじゃ満足出来ません…)」

和「(血の通った…人の手の…)」

和「(とても丁寧で優しいマッサージ…)」

和「(身体がこれじゃないと受け付けなくなっちゃいくらいに…)」

和「(私…ダメになっちゃいます…よぉ)」トローン

和「(それに…何より…)」チラッ

京太郎「しょっと…」モミモミ

和「(…須賀くん、きっと気づいてないですよね)」

和「(私の前に窓があって…その姿が見えちゃっている事…)」

和「(さっきまではちょっとぎこちなかったけれど…)」

和「(でも…今はとっても真剣です)」

和「(私の身体に全神経を集中してくれているのがハッキリと伝わってくるくらいに)」

和「(…そんな顔見たら…意識…しちゃうじゃないですか)」

和「(ただの友達だってそう思ってたのに…初めての男友達なんだってそう思ってたのに…)」

和「(そんなに真剣に私の事マッサージされたら…)」

和「(幾ら鈍感な私でも…気づいちゃうじゃないですか…)」

和「(本当は…須賀くんの事好きだったんだって…)」

和「(咲さんの言う通り…ずっとずっと意識しちゃってたんだって…)」

和「(…恋なんて知らなかった私が…それを知ってしまうじゃ…ないですか)」ギュゥ

和「(…私、嬉しくなって…しまってます…)」

和「(須賀くんが…私にこんなにも真剣になってくれている事)」

和「(私を誠心誠意癒やそうとしてくれている事)」

和「(…何より、今の私が彼の事を独占出来ている事)」

和「(それが…それがとてもうれしくて…堪りません)」

和「(これが…これが恋なんですね)」

和「(誰か一人にこんなにも気持ちが集まって…)」

和「(そして胸の奥から…嬉しく…幸せにさせられてしまうような心地…)」

和「(私、こんなの…こんなの初めてです)」

和「(でも…嫌じゃありません)」

和「(それはきっとマッサージが心地良いだけじゃなくって…)」

和「(相手が須賀くんだから…)」

和「(こんなに大きな胸で…男の人に驚かれる事も少なくない私に…)」

和「(それを好きだって言ってくれて…まったく忌避感なく接してくれて…)」

和「(そんな須賀くんだからこそ…私は…)」

京太郎「ふぅ…」

京太郎「(…とりあえず背中の方は終わったか)」

京太郎「(しかし…やっぱ凝ってるもんだなぁ)」

京太郎「(たまに咲相手にもマッサージするけど…こんなに凝ってないし)」

京太郎「(思わず、マッサージの方に集中し過ぎちゃったぜ…)」

京太郎「(まぁ…その御蔭で、あんまり不埒な事考えなかったんだけどさ)」

京太郎「(正直、和の身体って胸だけじゃなくてそのほかの柔らかいから…)」

京太郎「(下手に意識してたら勃起してたかもしれない)

京太郎「(まぁ、それはさておき…だ)」

京太郎「和、終わったぞ」スッ

和「お、終わって…ないですよ…」

京太郎「…え?」

和「…」コロン

京太郎「…………え?」

和「…まだこっちのマッサージが残ってます…から…」

京太郎「こ、こっちって…」

京太郎「(いやいやいやいやいやいや)」

京太郎「(待ってくれ、ほんとに待ってくれ)」

京太郎「(背中がまだ良いんだ、うん)」

京太郎「(あの素敵過ぎるのどっぱいが見えなくなってるからさ)」

京太郎「(で、でも…こ、ここで…仰向けになんてなられたら…)」

京太郎「(どうしても和のおっぱいを意識しちゃうっていうか…)」

京太郎「(マッサージしたくなるっていうか…!!)」

和「良い…ですよ」

京太郎「…な、何が…?」

和「だから…胸の…マッサージ…です…」

和「…須賀くん、こっちもマッサージ…したいんです…よね?」チラッ

京太郎「~~~っ」ゴクッ

京太郎「(あああああああ!もう!!!)」

京太郎「(ほんっとうにもおおおおおおおお!!)」

京太郎「(何なんだよ!本気でなんなんだよおおおおお!!)」

京太郎「(そんな事言われたらホイホイいっちゃうだろうが!!)」

京太郎「(マッサージとか関係なしに胸にダイブしたくなっちゃうだろおおおおお!!!!)」

京太郎「(正直、これだけ据え膳用意されたら食わない方が失礼だわ!!)」

京太郎「(一も二もなくケダモノのようにむしゃぶりつきたいのが本音だよ!!!!)」

京太郎「(………………でも、さ)」

京太郎「(…でも、これは本当に和の意思なのか?)」

京太郎「(いや、まぁ…ここで強制される理由なんてないし…和の意思である事に間違いはないんだろうけれども)」

京太郎「(それはまったく何の影響も受けていない和の意識なんだろうか?)」

京太郎「(…多分、違う)」

京太郎「(和は元々、そういった事に忌避感を感じているタイプだったんだから)」

京太郎「(自分から男を誘うなんて出来るはずがない)」

京太郎「(…だから、これはきっと俺が石版に書いてしまったあの言葉の所為)」

京太郎「(女が男に対して積極的になるっていう…あのルールに従った故なんだろう)」

京太郎「(…だから、俺はここで据え膳を食べる訳にはいかない)」

京太郎「(渋谷さんの時みたく軽く振れるだけならばまだしも…)」

京太郎「(マッサージまでしてしまったら…俺は間違いなく…最後までいってしまう)」

京太郎「(そして…最後までいったら、俺はきっと一生、後悔する事になるはずだ)」

京太郎「(気になってる女の子に酷い事をしてしまったんだと…負い目を抱え込み続ける事になる)」

京太郎「(…それは、嫌だ)」

京太郎「(だから…)」

京太郎「ご、ごめん!」

和「え…?」

京太郎「お、俺、ちょっと急用を思い出したからさ!!」

京太郎「ほ、本当は和の胸も丹念にマッサージしたいけど…!!」

京太郎「こ、今回は急いでるからナシにしてくれ…!」

和「え…あの…須賀くん…?」

京太郎「じゃ、じゃあ…またな、和!」ダッ

和「あ…」

和「(…逃げられてしまいました)」

和「(……相手から言われるのはともかく、自分から言うのは結構、勇気が必要だったんですけど…)」

和「(正直、ちょっと…いえ、かなり残念ですけれど…)」

和「(…でも、なんだか安心…と言うのは初心な須賀くんの姿が見れたから…ですよね)」

和「(あんなに派手でエッチな格好をしているけれど…あの反応を見る限り、やっぱり彼は純情で…)」

和「(そんなところが可愛いとそう思ってしまうほど、私はもう彼の事を好きになってしまっているんですから…)」

和「…………次は逃しませんよ、須賀くん」