番外編【竜華が須賀家に遊びに来てエロ展開】

※勿論本編では起きてません。







竜華「うーん!もふもふー!」

カピバラ「」ジタバタ ジタバタ

竜華「よーしよしよしよーし」

カビパラ「」イヤー! ヤメテー!

竜華「ほーれもふもふもふー」

カビパラ「」タスケテー!

京太郎「…………………」

竜華「うしゃしゃしゃしゃー」

カビパラ「」ヤタラ モフモフ シテクルヨー! タスケテー!

京太郎「……部長…動物好き…ですか?」

竜華「可愛いのは好きやで!そーれもふもふもふー」

カビパラ「」キュー! ヤメテー!

京太郎(………すまん…耐えてくれ…!)

カビパラ「」ソンナー!?

竜華「ほーれほれほれ!もふもふもふー」

カビパラ「」イヤー! ジタバタ

京太郎(…というわけで部長がウチにカビパラ見に来ました)

京太郎(…動物と戯れる部長は凄く可愛らしいんだけど………)チラッ

竜華「ぎゅー!」

カビパラ「」クルシイヨー! ハナシテー!

京太郎(…どうも過度な愛情からウチのカビパラさんには不評らしい)

竜華「ぎゅぎゅぎゅー」ムニュゥ

カビパラ「」グエエェェェ

京太郎(………代われ…!代わってくれ…!そのオモチを…堪能する係を代わってくれよ…!)

竜華「ぼふー」

カビパラ「」…キュー

京太郎「あっ。冗談抜きで部長ストップです。ヤバいって」


………
……

京太郎「というわけでここが俺の部屋…です」

竜華「ほー。流石に片付いとるねー。ベットぼふー」ボフッ

京太郎「じゃ。ちょっとお茶でも淹れてきますからくつろいでてください」ガチャ

竜華「はーい」

竜華「……………………」

竜華「……………………」ソワソワ

竜華「………………ぼ…ぼふー」ボフッ

竜華(…あ…当たり前やけど…須賀君の匂い…)

竜華(…そっかー…ここ…須賀君の部屋なんや…)

竜華(…………………)///

京太郎「部長ー。ちょっと扉開けてくださーい」

竜華「はっ!?はい!」ビクッ

京太郎「何故敬語…。あれ?部長顔が赤いですけどどうかしました?」ガチャ

竜華「な…なんでも…ない…」カァァ

京太郎「?」

………
……

京太郎「さて…何かしますか?…ちなみにウチのカビパラさんは凄い勢いで寝ました」

竜華「えー…なんでー?」ブーブー

京太郎(……疲れたんだろうな…)

竜華「ま。ええわ。…男子の部屋と言うたら…探すしかないって前に浩子が言っとった!」

京太郎「…や…やめてくださいよ!?」

竜華「そして先ほど本棚の奥で見つけたものがこちらに…」スッ

竜華(まぁただのカマかけなんやけど)

京太郎「なっ!?か…返してくださいっ!」バッ ///


ドサッ


竜華「………あ…」

京太郎「…………え」←よくフィクションある相手に四つん這いで上乗っちゃうあれ

竜華「…………ご…ごめん…う…嘘…やから」カァァ

京太郎「す…すみません!ど…退きますから!」ズルッ

京太郎「うわっ!?」

竜華「きゃっ!?」

竜華「………………ぁ」///

京太郎「……す…すみませ…」

京太郎(ず…ずっこけた拍子にだ…抱きついてしまった…)///


京太郎「す…すすす…すみません…!」

竜華「う………うん……」///

京太郎「折角来ていただいたのに不快な思いを…」

竜華「…!」

竜華「……………ゃない…」ボソッ

京太郎「え?」

竜華「い…嫌や…ないで…。す…須賀君…なら…」///

京太郎「…そういう冗談は顔真っ赤にして言うもんじゃないですよ部長」

竜華「じょ…冗談とちゃう!」バッ

京太郎「!?」

京太郎「ぶ…部長…!?なんで抱きつい…!?」

竜華「……これでも…冗談やと…思う…?」

京太郎「………そんなことされたら…」

京太郎「…我慢…出来ませんよ…俺」

竜華「……ええよ。…す…須賀君…なら」///

京太郎「っ!ぶ…部長!」

竜華「いーやーや」

京太郎「えっ?」

竜華「…………りゅーか」

竜華「…………りゅーかって呼んでくれへんと…嫌…」///

京太郎「りゅ…竜華…!」ガバッ


京太郎「…りゅ…竜華…好きだ…」

竜華「ウ…ウチも…!ウチもやで!………嬉しいっ…」

京太郎「………竜華…」

竜華「……須賀君…」

ちゅっ

竜華「…………えへへ…。ウチのファーストキス…やからね」

京太郎「俺だって…」

竜華「……やった」ニコッ

京太郎「………」チュッ

竜華「………ん…」チュッ

竜華「…んちゅ…っ…んっ…む…ちゅっ…」

竜華「………えへへ…」

京太郎「…………竜華…」

竜華「……………待ってーな…さ…流石に…脱がされるんは…恥ずい…から…」カァァ

京太郎「…………わかりました」

竜華「………………」/// シュル

京太郎(……やっぱり…間近で見ると…すばらな…オモチ…)

竜華「……あ…あまりみんといてーな…」///

京太郎「…………綺麗だよ。竜華」

竜華「……………もう」///

京太郎「……………」チュッ

竜華「…んっ…ん…んんっ…ちゅ…」

京太郎(……ちょっと…揉んでみる…か)ピトッ

竜華「んっ!」ビクッ

京太郎「あ…ごめ…」

竜華「…………や…優しく…ね?」

京太郎「………っ!」

京太郎「…じゃ…じゃあ…」ムニュッ

竜華「んっ」

京太郎(うわ…すっげぇ柔らか…癖になりそう…)ムニュッ ムニュ

竜華「…んんっ」

京太郎「………………」ムニュ

竜華「…………須賀君」///

京太郎「はい?」ムニュ

竜華「…………ん」

京太郎「?」

竜華「……ん!」

京太郎「…あぁ…。………」チュッ

竜華「…ちゅっ………えへへ…」///


京太郎「……お…俺…もう…我慢できません…」

竜華「…うん……」

京太郎「竜華……いい?」

竜華「………………聞かんで…ばか…」///

京太郎「じゃ…じゃあ…行くぞ…。……て…あれ?」

竜華「も…もうちょっと…下…」

京太郎「ん…?…んー…わかりづらい…」

竜華「…………………」

竜華「………じゃあ…ちょっとだけ…広げる…から…そこに…ね?」///

京太郎「………」ゴクリ

竜華「で…でもでもでも!あ…あんま見んといて!は…恥ずい…し…」///

竜華「そ…それじゃ…いき…ます…」///

京太郎「………………」

竜華「…………こ…ここ…やから…」///

京太郎「…………凄く綺麗ですよ…」

竜華「…………あ…当たり前…やろ…須賀君に…とっといたんやから…」///

京太郎「…………竜華っ!」グッ

竜華「んっ!」





??「残念ながらここまでのようじゃ」

??「まぁここままじゃ誰も満足せんから…そうじゃな…ワシのメイド姿でも堪能しんしゃい。ほれほれー」

??「…………キングクリムゾンは禁止されたからのう……」

??「…………ギアス!」キュィィィィン!

??「悪いのう…これでおんしらの体感時間を止める…」

??「………さて。もういいじゃろ。ギアス解除!」キュィィィィン!





竜華「はぁ…はぁ…はぁ…」///

京太郎「はぁっ…はぁっ…」

竜華「す…凄く…気持ち良かった…」

京太郎「ちょっと血付いちゃいましたけどね」

竜華「ええの。………須賀君と…一つになった…証…やし…」///

京太郎「…………竜華」

竜華「…………………ん」

京太郎「…………甘えんぼさんめ」


ちゅっ


竜華「えへへ…。こ…こんなん…須賀君だけやもん…」///


fin!



番外編if【携帯を買おうとする姫様】



時は流れ…所は鹿児島…。


小蒔「……………」

小蒔父「………………」ゴゴゴゴ



初美「な…なんか雰囲気が重いのですよー…」ノゾキノゾキ

霞「いきなり「お父様に直談判します!」だもの…」コソコソ

巴「なんの話をするんでしょうね…?」

春「……………きっと…婚約の話…」ポリポリ

初美「はるる!黒糖止めるのですよー!音で覗き見してるがバレたらどうするんですかー!」コソコソ

春(…………黒糖の音でバレるならもうバレてるって…)



小蒔「お父様!お話があります…!」

小蒔父「……………言ってみなさい」ゴゴゴゴ

小蒔「……私…私…!」

小蒔父「………………………」ゴゴゴゴ

小蒔「……………!」





小蒔「携帯電話が欲しいです!」

四人「「「「ずこーっ!」」」」ズコーッ!






小蒔父「……………携帯電話…だと…?」ゴゴゴ

小蒔「…………はい。…携帯電話です…」





小蒔父「うん。別にいいんじゃないかな?」

四人「「「「軽ーっ!?」」」」


霞「ちょっと!?さっきまでの重い空気は何よ!?」コソコソ

初美「というか軽いですよー!姫様の決心はなんだったんですかー!?」


小蒔「良いんですか!?」

小蒔父「うん。いいよ別に」

小蒔「今まで買ってくれなかったのに…」

小蒔父「だって今まで欲しいって言わなかったし」

小蒔「…………確かに言いませんでした…」

小蒔父「だろ?」



小蒔「でも…!親なら空気とか雰囲気で察してくれてもいいじゃないですか!」

小蒔父「だって今までそんな雰囲気も出さなかったし」

小蒔「……………確かに出してませんでした…」

小蒔父「でしょ?」



小蒔「じゃあ買っても良いんですね!?」キラキラ

小蒔父「いいよ。いいよ。…小蒔も年頃の女の子だしね…友達と繋がりが欲しいだろ?」

小蒔「わーい!」


巴「ここで「友達じゃなく婚約者との連絡を取るのが主です」とか言ったらどうなるんだろうね?」

霞「……お怒りになるんじゃないかしら…流石に…」

初美「意外と軽くOKするかもしれないのですよー…」


小蒔父「よし。なら善は急げで今から買いに行こう」

小蒔「本当ですか!?」キラキラ

小蒔父「………ただし…!条件がある」

小蒔「じょ…条件…!」ゴクリッ

小蒔父「……………学校の成績を落とさないようにしなさい。今まで通り神事を頑張りなさい」

小蒔父「……………守れるな?」


四人「「「「小学生並みの条件!?」」」」


………
……

小蒔父「悪いね…。…からっきし…というわけでは無いんだけど…疎くてねー」

霞「いえいえ。お店に一緒に行くぐらい…気にしないでください…」

小蒔「はっちゃん!聞いて聞いて!私携帯買ってもらえる!さっきお父様にね…」

初美「ひ…姫様…。その話は4回目ですよー…」

初美(はるるー!チェーンジ!)アイコンタクト

春(……………………)

春(……………)b グッ!

初美(うわあああぁぁぁん!はるるのばかー!)


………
……


小蒔「け…携帯が沢山あります…!」

霞「とりあえず小蒔ちゃんは機種とかさっぱりだろうから…皆で一つずつオススメを持ってきましょう」

巴「わかりましたー」

………
……

春「……………姫様」トテトテ

小蒔「なんですか?」

春「…………お勧め」つ『らくらくフォン』

小蒔「ボタンが少なくてわかりやすいですね!」

初美「はるる!姫様をバカにするのはやめるのですよ!」サッ

春「……………今後ろに隠したのは何?」

初美「…………なんのことやらですよー…」

春「…………ネタが被った?」

初美「そんなわけないですよー!」

春「……………隙あり」スッ

初美「あっ!?取られた!?」

春「…………………」つ『きっずケータイ』

春「………………」

初美「………………」

春「……………こっちが正解…。…負けた…」

初美「よしっ」


………
……

小蒔「結局巴ちゃんに選んでもらって霞ちゃんに色を決めてもらいました!」

霞「気に入ってくれたみたいで良かったわ」

小蒔「早速皆登録しました!」

巴「…「石戸 霞」「狩宿 巴」「薄墨 初美」「滝見 春」……親の名前もフルネームで入ってる…」

初美「姫様ー…登録名はかしこまらなくていいのですよー。「はるる」とか「はっちゃん」とかでいいのですよー」

小蒔「そうなんだ!じゃあ変えるね!」ピッピッ


小蒔父(…………つい最近まで…あんなに小さかった小蒔が…。…今ではもう高校生か…)

小蒔父(…昔は飴買って…だの…お菓子買って…ってねだってきたのに今じゃ携帯電話…)

小蒔父(…私の膝の上に乗ってたあの頃から早10年以上になるのか…)

小蒔父(…大きくなったなぁ…小蒔…。…友達にも恵まれて…子供の成長とはこんなにも早いものなのか…)

小蒔父(…無邪気なまま育ってくれて…反抗期もなく親孝行な娘で…本当に私は嬉しいよ…)

小蒔父(…………………ふふふ…。ちょっとホロリと来そうに………)



小蒔「えっと次は…「須賀 京太郎」を「京太郎さん」に変えて…」

小蒔父「………………………」

小蒔父「……………ん?」



fin?



番外編if【連日連夜メールしてちょっと寝不足の姫様】



小蒔「………………………」ウツラウツラ

小蒔「……………………はっ…」

小蒔「いけないいけない…仕事仕事…」

小蒔「………………………」セッセ

小蒔「…………………………」ウツラウツラ

小蒔「………はっ!いけないいけない…」




初美「…見るからに眠そうなのですよー…」モノカゲ

霞「…やっぱり夜遅くまで電話とかメールとかしてるのかしら…?」

巴「気を付けないと怒られちゃいますね…」

春「……………起こしてくる」スタスタ

霞「んー…この順番に起こしに行くシステムも無理があるんじゃないかしら…」

初美「…この際起こさないのも一つの手かと思うのですよー」

霞「小蒔ちゃんが怒られちゃうじゃない!却下!」

巴「大甘ですねー私達」


………
……


霞「…ふぅ。今日も疲れたわね…。…お風呂にでも入りましょうか」スタスタ

霞「ふっふふんふっふ~♪お風呂~」スキップ

ガララッ

小蒔父「…………………」ゴゴゴ…

霞「ふっふんふ~ふっ」ガシッ

霞「ふぇ?」

小蒔父「…………………………」ズルズル ゴゴゴ…

霞「えっ?えっ?何?」ズルズル


………
……

初美「やっと掃除が終わったのですよー」

小蒔父「…………………………」ズルズル

霞「あーれー」ズルズル

初美「何やってるのですかー…」

霞「はっちゃん!助けて!私理由もわからず引きずられてるのよ!」ズルズル ウワーン!

初美「よくわからないですけど助けるのですよー!」

小蒔父「………………………初美ちゃん?」ゴウッ! ゴゴゴゴゴゴ…

初美「…………………ひっ!」プルプルプル

初美「…こ…今回は…自分で…頑張るのですよー」(震え声)

霞「そんな!?はっちゃん!?ちょっと!?」ズルズル


………
……


小蒔父「………………………」ポイッ

霞「きゃ!」ボスッ

霞(投げられたけど…座布団の上ね…安心)

小蒔父「…………………………」ゴゴゴゴゴゴ…!

霞「……………………」サー…

霞「あ…あの…私…何かしましたっけ…?」ウルウル

小蒔父「………………ちょっと…話をしようか…。…小蒔について…!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

霞「ひいっ!?」


………
……


小蒔父「……で。最近小蒔が眠そうにしてるじゃないか」

霞「…はい…」オドオド

小蒔父「…………やはり約束を守れないか…。…はぁ」

霞(えぇと!?なんとかフォローしないと!)アセアセ

霞「で…でも小蒔ちゃんも自分なりに頑張ってますよ!」

小蒔父「…約束を守れない時点で頑張りなど評価するに値しない」ゴゴゴ

霞「ひぅっ」

小蒔父「それにな…」

霞「……?」






小蒔父「どうだっていいんだよそんなことぉ!」カッ!

霞(えぇー!?)

小蒔父「………霞ちゃんなら知っているだろう…!?」






小蒔父「…須賀京太郎とは…どこの馬の骨だぁぁぁぁ!」

霞「」



小蒔父「私の怒りはそいつにしか向いていない…!どこのどいつだぁぁぁ!」

霞(…ただの男友達だったとしてもこの位怒るわね…。過保護というか親バカというか…)

霞「えっと…どういう関係かまでは…。…小蒔ちゃんから聞いた方が…」

小蒔父「こわぁぁぁい!小蒔の口から男との関係を聞くのが怖い…!」カッ!

霞(ただビビってるだけで私にこんな凄むの!?)

小蒔父「娘の成長がっ…!こんなに怖いなんてっ…!うっ…うっ…うっ…」シクシク

霞(泣かれたー!?)

小蒔父「うわぁぁぁぁぁん!」ビエー!

霞(………………助けてー!!)



fin!



【竜華と寝技の特訓】



竜華「須賀君。ウチは感動している」

京太郎「なんですか藪から棒に」

竜華「オリンピックをな。見たんや」

京太郎「今ですか。特番とかですか?」

竜華「録画や」

京太郎「……今更見たんですか。全国では熱が冷めたところですよ」

竜華「それはどうでもええねん。あんな。寝技に感動したんや」

京太郎「…寝技…ですか?」

竜華「護身術とかに使えそうやろ?知らんけど」

竜華「ってことでウチの安全のために練習付き合ってや!」


………
……


体育館。


竜華「形から入りたいので他の部活が休みの日を狙って体育館を借りてみました」

京太郎「なんと」

竜華「ほな行くで!」

京太郎「部長。ストップです」

竜華「ほえ?」

京太郎「形から入るのはともかく…その体育着はなんとかなりませんか?」

竜華「え?運動するんやから体育着やろ?」

京太郎「いや…その…ジャージとか…」

竜華「なんでこんなアツい日にジャージ着なアカンねん」

京太郎(…くっ!部長は知らないのか!?大きなオモチと体育着は相乗効果により抜群の破壊力を得ることを…!)

竜華「じゃ各自準備体操~」

竜華「後屈~」グイーッ

京太郎(オモチが強調されて…すばらっ!)

竜華「手首足首~」ブラブラ

京太郎(揺れてる!すばらっ!)

竜華「ジャンプー」ピョンピョン

京太郎(…我が生涯に…悔いなしっ…!)


………
……

京太郎「で…どうすれば…?」

竜華「とりあえず寝っ転がってーな」

京太郎「はぁ」ゴロ

竜華「で…たぶんこんな感じに…」ギュッ

京太郎「ぶ…ぶぶぶ…部長!?これはただ抱きついてるだけじゃ…!?」///

竜華「…………せやね」///

竜華「せやったらこうや!」グググ!

京太郎(別に締まってないし…!ただオモチを押し付けられているだけ…!………あー…時…止まらねーかな…)

竜華「せいっ!」フニュ

京太郎「………………………」

竜華「むむむ~っ!」ムニュゥ

京太郎「…………2、3、5、7、11、13、17…」

竜華「体勢を変えて…ふぬぬぬ…!」ムニムニ

京太郎「」

京太郎(これはむしろ地獄だっ…!)(血涙)

竜華「ふぅー。どうやろか?ちょっとよくわからんから須賀君。交代」

京太郎「えっ」

竜華「?」


………
……

京太郎「……じゃ…じゃあ…いきますよ…?」///

竜華「はーい」

京太郎「え…えっと…」ギュッ

竜華「………………………」///

竜華「…だ…!抱きついとるだけやん!」///

京太郎「え…えっと…こう…とか…?」ギュッ

竜華「んっ!」ビクッ

竜華「ア…アホ…!どこ触っとんねん!」///

京太郎「え?今どっか触りましたか?すみません!」

竜華「……………お尻」ボソッ ///

京太郎「え?」

竜華「なんでもない!」///

京太郎「?」


京太郎「ええっと…こう…とか?」グイッ

竜華「…!凄い!動けへん!?」

京太郎「お。成功かな?」※勿論力は弱くやってます。

竜華「ホールドってやつやな」

竜華(………………あれ…?)

竜華(……い…今…ウチ須賀君から抜け出せへん…!?)

竜華(…よ…よく考えたら須賀君が滅茶苦茶近くにいるやん!?)///

京太郎「おー…ホントに抜け出せないんですねー。部長は俺から」

竜華「へっ!?」


京太郎『部長は俺から…抜け出せないですね(恋愛的な意味で)』※竜華ヴィジョン


竜華「…………………え…えと…」///

竜華「……ぬ…抜け出せないです…」///

京太郎「?」

京太郎(なんで照れてるの?)



fin!



【竜華と寝技の特訓】没ネタ


京太郎「じゃあとりあえず横になりますね」

竜華「はーい」

竜華(………………………)

竜華(寝技って言うからには寝ればええの…?)

竜華「いくで須賀君!」

京太郎「はい!」

京太郎(正直痛いのは怖い…!)><


ギュッ


京太郎(………………………)

京太郎(………………あれ?)

京太郎「………部長?」チラッ

竜華「……………………」///

京太郎「…部長?何してるんですか…?」

竜華「…え…?寝技…?」

京太郎「お…俺の腕に抱きついて寝るんじゃただの添い寝じゃないですか!?」///

竜華(………か…勘違いやった…!)///

竜華「まぁええわ。おやすみー」///

京太郎「えっ!?ちょっと!?部長!?」///



番外編【竜華と互いに膝枕】



京太郎「……………………」ポケー

京太郎「………………………」ポケー

京太郎(……すっげぇ眠い…。最後の授業先生の話一時間だったし…眠いまま部活やって…。…ふわああぁ…)

竜華「ほな今日の部活はここまでやー」

京太郎(…………やっと…終わった…)フラフラ

京太郎「……………………」パタ

………
……

竜華「…さーて鍵閉めな………って須賀君何しとんねん」

京太郎「………うーん……」zzz

竜華「寝とるし。しかも寝苦しそうやな…」

竜華「…………………………」

竜華「………よいしょ」ポスッ

竜華「あんな固いところで寝とるからやな。…こうすればうなされへんやろ」

京太郎「………すー…すー…」zzz

竜華「……………………」ナデナデ

………
……

京太郎「…………ん」

竜華「あ…起きた?」

京太郎(…目の前に部長とすばらなオモチ……。……夢か)ポケー

竜華「おーい?須賀君ー?」

京太郎「夢かぁ…」ポケー

竜華「ちゃうでー。夢やないでー起きてやー」

京太郎(夢ならいいかぁ…)ポケー ムニッ

竜華「ひゃっ!?」///

京太郎「……うーん…すばら…」モミモミ ポケー

竜華「~~~~っ!?」///

竜華「ふんっ!」ゴスッ

京太郎「」


………
……

京太郎「………あれ…俺寝てた…?うわ…しかも床で…」

京太郎「あれ…?なんだこれ…?」


部室の鍵閉めておいて
        竜華


京太郎「……………あー。結構ガッツリ寝てたのか…床で」

京太郎(心なしか…腹が痛い気もするけど…)ハテ?






竜華(ど…どどどどないしよ!?)アセアセ

竜華(ついカッとなって須賀君床に転がして出てってもうたけど…。こ…これで風邪引いたりしたら…ど…どないしよ!?)アワアワ

竜華(あわわわわわ…!)アタフタ



………
……


竜華(…心配で寝るの遅くなったわ…)ネムネム

竜華「………………」ポケー

怜「竜華ー?」

竜華「……………………」ポケー

怜「りゅーかー」オーイ

竜華「…………すー…すー…」zzz

怜「えー…」

京太郎「とりあえず部長は俺が起こしますんで、先輩達は部活しててください」

怜「せやなぁ…任せたで須賀君」

京太郎「おまかせあれ!」


竜華「あー…すがくん…かぜとかひいとらん…?」ネムネム

京太郎「へ?大丈夫ですけど…」

竜華「良かった………すー…」フラッ

京太郎「おっと」ガシッ

京太郎「…はぁ。仕方ないですね」ヨイショ

京太郎「……お休みなさい。部長」ナデナデ


………
……


竜華「…………ん…」

京太郎「…あ。起きました?」

竜華(………須賀君に膝枕されとる…?)ポケー

竜華(…あー…夢やなー)ポケー

京太郎「部長?」

竜華「夢やしええかー」ギューッ

京太郎「ぶ…部長…?なんで抱きついているのでしょうか…」

竜華「………すー…すー」zzz フニッ

京太郎「」

竜華「…ぅん……あったかい…すー…ぴー…」zzz ムニッ

京太郎「」

京太郎(………………すばら…!)

竜華「…………ぅん…むー…」ギュッ

京太郎(………すばらだけど端から見たらかなりすごいことになってるよな…)

竜華「…………えへへへ…すー…すー…」zzz

京太郎(…ま。幸せそうに寝てるしいいか…)

竜華「…………………」zzz ムニッ

京太郎(……………。…いいか…起こさなくて…。…すばらっ!)




fin!



【竜華と互いに膝枕】if的な何か。







怜「みーたーでー」

京太郎「何をですか園城寺先輩?」

怜「膝枕ー。ええなーええなー」

京太郎「み…見てたんですか…」

怜「ってことでウチが須賀君を膝枕します」

京太郎「いいんですか?」

怜「ええよー。ほら」ポスッ

京太郎「あー…先輩の膝枕もゆっくり眠れそうな…。快適ですねー」

怜「…………………………」

京太郎「園城寺先輩?」

怜「………………」ウツラウツラ

怜「……すぴー…すぴー…」zzz

京太郎「いやなんでだよ。逆だろ…」

京太郎「仕方ないですね…」ヨイショ

京太郎「…交代です」ポスッ

怜「………すぴー…すぴー…」zzz

京太郎「……………………」ナデナデ

怜「……………ぅにゅ…ふふ……」zzz


fin!



【trick or treat】怜side




怜「須賀君」テコテコ

京太郎「あ。先輩こんにちは」

怜「とりっくおあとりーとや!」

京太郎「あぁ…今日はハロウィンでしたね」

怜「せやせや。とりっくおあとりーと!」

京太郎「これは可愛いオバケがいたもんだなぁ」

怜「か…かわ…」///

京太郎「んー…手持ちのお菓子なんてクッキーぐらいしかありませんけど…」

怜「わーい」

怜「……もぐもぐ……」

京太郎(…やっぱり小動物みたいだよなぁ…)ホッコリ

怜「…む。口の中がパサパサ…須賀君飲み物ない?」

京太郎「あー…多分あるかと…」

怜「とりっくおあとりーと!」

京太郎「一応言っておきますけど…それ言えば何でも貰えるわけじゃないんですよ?」

怜「………………………」

怜「……………いじわる…」プイッ

京太郎「trickですよtrick。はいお水」

怜「…………………おおきに…」プクーッ




fin!



【trick or treat】セーラside




セーラ「きょーたろー…」グスッ

京太郎「どうしたんですかセーラ先輩………ってなんですかその格好」

セーラ「ドラキュラらしいでー」

京太郎「で。なんで泣いてるんです?」

セーラ「クラスのみんなが「江口さんにはこれしかないよ!」って無理矢理着せんねん…。オレ…コスプレなんかしたくないのに…」

京太郎「…………それは許せませんね…!」

セーラ「せやろ…。オレの服没収されてもうて…ドラキュラで一日過ごさないと…」グスッ

京太郎「…全くもって許せませんね…!」

セーラ「きょーたろー…」




京太郎「セーラ先輩にはもっと女の子らしい服が似合うに決まってんだろ!ふざけんな!」ダンッ!

セーラ「…………あれ?」

京太郎「こうなったら直談判だ!先輩だろうが関係ない…!フリフリの服を用意しやがれー!」

セーラ「京太郎!?ストップ!ストップー!」///



fin!



【trick or treat】竜華side




竜華「須賀君ー」トテトテ

京太郎「部長は魔女ですか。似合ってますよ」

竜華「おおきにー。とりあえず………」


竜華・京太郎「「トリックオアトリート!」」


竜華「ってなんで須賀君が言うねん!」

京太郎「とりあえず俺からはクッキーをどうぞ」

竜華「わーい。…でもウチ正直貰うつもりで来たから何もあげれへんよ?」

京太郎「…………ほほう…」

京太郎「……なら……trick or treat……trickですね」

竜華「へ?」

京太郎「イタズラしちゃうぞー…」ワキワキ

竜華「な…ななな…なんやその手の動き…!?」

京太郎「正直その少し露出のある魔女スタイルは反則ですって」ワキワキ

竜華「い……い…!」

竜華「いやああああぁぁぁぁぁぁ!」

※何をしたかはご想像にお任せします。



fin!



【trick or treat】船Qside




船久保「トリックオアトリートです須賀君」スタスタ

京太郎「クッキーしかないですよ?」

船久保「おおきにー」

京太郎「船久保先輩も魔女ですか」

船久保「いざ仮装ってなると魔女しか無かったんですよ」

京太郎「魔女ってなにするんでしょうね?」

船久保「魔法かけるんとちゃいます?」

京太郎「じゃあ折角ですから魔女さんお願いします」

船久保「えぇー…」

船久保「うーん……」





船久保「恋の魔法をかけちゃうぞ!」キャピッ




船久保「」ガタッ

京太郎「先輩!俺が悪かったですから!無茶ぶりしたのは謝りますから窓から飛び降りようとしないでください!」


………
……


船久保「……………………」ムスッ

京太郎(拗ねてしまわれた…)

京太郎「先輩ー…期限直してくださいよー」

船久保「なら須賀君もやりぃや…さっきの」

京太郎「えー…仕方ないですね…」



京太郎「恋の魔法…かけちゃいますよ?…船久保先輩…」ササヤキ



船久保「」

船久保「」ボンッ ///

京太郎「あれ?船久保先輩?おーい?」

船久保「」///




fin!



【trick or treat】泉side




泉「はぁ…」

京太郎「あれ?二条なんで疲れてるんだ?」

泉「あぁ…須賀君ですか。いやぁハロウィンですよハロウィン」

京太郎「ハロウィンがどうかしたのか?」

泉「クラスでハロウィンパーティー紛いのことをやってまして…。といってもお菓子持ち寄って争奪戦するんですけど」

京太郎「俺の知ってるハロウィンじゃないぞ」

泉「ちなみにモブ2ちゃんは大の甘党ですから本気モードでしたよ」

泉「ウチはいくつか取るので精一杯で…」ボロッ

京太郎(争奪戦って…なにしたんだよ…)


………
……


泉「実は部室には着替えに着ただけで…。この後は仮装しながらのパーティーなんです」

泉「まぁウチはこの辺のでええかなー…」

京太郎「なんか色々あるんだな…千里山の部室…」

泉「文化祭は大盛りあがりらしいですよ」

京太郎「っておい二条?なんだそれ」

泉「え?オバケですけど?」

京太郎「なんでオバケ…」

泉「あんまり目立つのもあれですし…」

京太郎「………いや二条はこっちだろ」スッ

泉「………?」

………
……

泉「……ってこれ…!?」

京太郎「似合ってるぞ。アリス」

泉「ウ…ウチはアリスなんて柄じゃ…」

京太郎「そうか?似合ってるし可愛らしいし…アリスでいいと思うぞ?」

泉「……………………バカ」///

京太郎「え!?俺今何か悪いこと言ったか?」

泉「い…言ってないから悪いんですよ!…須賀君のバカ!」ダッ ///

京太郎「…………なんだ?」



fin!



【trick or treat】モブ2side


モブ2「すーがーくーん!」ダダダダダ

京太郎「…ん?あぁモブ2か…」

モブ2「おっとっと…。トリックオアトリート!」

京太郎「あー悪い。クッキー持ってたんだけど切れちまったよ」

モブ2「ガーン!」シオシオ…

モブ2「そこは甘党のウチに取っといてよ…」シオシオ

京太郎「悪かったって」

モブ2「あうぅぅぅ…」

京太郎「………………………」

モブ2「はううぅぅぅ……」

京太郎「………はぁ。わかったよ。それならコンビニでも行こうぜ…」

モブ2「さっすがぁ!」ピョンッ

京太郎(元気じゃねぇか…)



………
……

モブ2「トッポおいしー」ポリポリ

京太郎「…………はぁ」

モブ2「お疲れだね須賀君?」

京太郎「誰のせいだ誰の…」

モブ2「まぁまぁ元気だしてーな。はいトッポ。あーん」スッ

京太郎「………」アー

モブ2「…………ぱくっ」ポリポリ

モブ2「trick」キリッ

京太郎「…………おい」

モブ2「ごめんごめん…。はい。あーん」スッ

京太郎(………こうなったら無理矢理でも食ってやる…!)

京太郎「…あむっ!」パクッ

モブ2「………はむっ」パクッ

京太郎(……勝った…!)

モブ2(……………///)カァァ

モブ2(す…す…すす…須賀君が反対側食わえてる…!?あわわわわわ!)///

京太郎(よし。さっさと食うか)ポリポリ

モブ2(え!?えぇ!?す…須賀君が食べ始めた!?そ…そういうこと!?そういうことなん!?)///

モブ2(こ…このままじゃ…キ…キキ…キキキキキ…!?)カァァ ><

京太郎「よし。サンキューなモブ2」

モブ2「…………あれ?」

京太郎「どうかしたか?」

モブ2「……な…なな…なんでもない!…期待なんかしてない!」///

京太郎「?」

モブ2「………もう!」ポリポリ ///



fin!



【trick or treat】雅枝side




京太郎「監督ー」ガラッ

雅枝「なんや須賀」

京太郎「トリックオアトリートです」

雅枝「…チョコならある」

京太郎「いただきます」

雅枝「職員室で食べる気か?」

京太郎「あ」

雅枝「…はぁ。まぁ別に気にせんけどな」

雅枝「…………食べたら帰りーや」

京太郎「はい…。…もぐもぐ……」

京太郎「そう言えば娘さんには何かあげないんですか?」モグモグ

雅枝「…いらんやろ別に」

京太郎「いやいや…あげたら絶対喜びますって」モグモグ

雅枝「そ…そう…?」ホワホワ


雅枝『ハッピーハロウィーン!』

洋榎『オカーン!トリックオアトリートー!』

絹恵『トリックオアトリート!』

雅枝『しゃーないなぁー。お菓子やでー』

洋榎・絹恵『わぁぁい!オカン大好きー!』



雅枝「…買って帰るか…」

京太郎「いくらなんでも現金すぎやしませんかね。今のは」モグモグ

雅枝「…………………須賀」

京太郎「はい?」

雅枝「…………………チョコ一個返して…ウチも食べる…」オズオズ

京太郎「別に元々監督の何ですし遠慮しないでくださいよ…はいどうぞ」

雅枝「もぐもぐ」

雅枝「よし。気合い入れてお菓子選ぶ…!須賀!ついてきぃや!」ハリキリ

京太郎「えぇー…」



fin!



【泉が宿題を手伝おうと言いだした時の他部員の様子】




竜華(…な…なんや…?泉と須賀君が話しとる…)

怜(気になる…)

セーラ(………………む)

船久保(…ははーん。やりますね下級生…)←大体察した

モブ2(……二人きりで会話とか…。……んー)

泉「な…ナンデモナイデス…」

モブ2(あ。多分ヘタれた。いずみんヘタれた)

………
……

セーラ(…む。また話しとる…)

竜華(あー宿題の話やね…)

怜(ん?今、手伝うって言ったよね?)

船久保(…もしこれで須賀君が受けたらウチも出ていきましょうか。二人きりなんて危ないですし、ウチの方が教えられるし。いやけして教えたいわけじゃなくて…)

モブ2(………いずみんだけじゃなくてウチにだって頼っていいのに!最初に手伝う言うたのウチやん!)

竜華(こ…ここは部長として勉強を教えて…。そして…「部長!ありがとうございます!」→好感!よし!)

怜(………泉に先越されるわけにはいかんわ…。「園城寺先輩…やっぱり頼りになります」みたいな…!)

セーラ(困ってるなら助けるのがスジやろーな。…あ…あと…京太郎も楽しみにしとるみたいやし…そ…その…デ…デデ…デートの…段取りを…)///

5人( ( ( ( (……よし…!行くで…!) ) ) ) )



【怜と自転車二人乗りで登校する、あと他の部員に目撃される】



京太郎「ふわぁぁ…朝か。学校行く準備するか…」

京太郎「…今日は自転車にしてみようかな」

………
……

京太郎「あー…いい風だなぁ…。お?あれは…園城寺先輩ー!」

怜「?須賀君?」

京太郎「おはようございます」

怜「おはよ…自転車?」

京太郎「なんとなく気分で…」

怜「へぇー……………」ジーッ

京太郎「………………………」

怜「………けほっけほっ」チラッ

京太郎「…………の…乗ります…?」

怜「わーい学校まで楽ちんやな。ぶい」

京太郎「はぁ…。じゃあちゃんと掴まってくださいね」

怜(…さ…流石に…抱きつくのは…その…)///

怜「つ…掴んだー…」

京太郎「え?掴みました?」クルッ

京太郎「……流石に…サドル掴むのじゃ危ないですよ…」

怜「…だ…だって…」///

京太郎「おろしちゃいますよー」

怜「わ…わかった!わかったから!」/// キュッ

………
……

京太郎「先輩。今日は風が気持ちよくないですか?」

怜「せやね…。飛んでいってしまいそうやわ…」

京太郎「あはは。じゃあ飛ばないようにもっとしっかり掴まっててくださいね」

怜「こ…これ以上は…ちょ…ちょっと…」/// ボソボソ

京太郎「あ。段差ですよ。掴まっててくださいね」

怜「へっ!?わ…わ!わ!」ギュッ

怜(あ…あったかい…須賀君の背中…)///


………
……

京太郎「さ。着きましたよお嬢様」

怜「う…うん…」///

怜(…あ…あれから…須賀君の匂いとか…広い背中とか…ウチの心音とか…。…気になりすぎて一瞬やったわ…)///

京太郎「あれ?なんか腕熱いですよ?平気ですか?」

怜「へ…平気平気!平気やから!」///

京太郎「ならいいですけど…」



竜華「見てしまった…」

セーラ「同じく…」

泉「錯覚じゃなかった…」

船久保「…………えい」ギュッ

船久保「……いはい…ひゅへひゃはい」(痛い…夢じゃない)

四人( ( ( (……………ずるい…!) ) ) )


………
……


京太郎「こんにちはー」ガチャ

竜華「す…須賀君…?あ…あ…明日の朝…ちょ…ちょーっと…話あるんやけどー…」ユビクルクルー

京太郎「?はい。部室来ればいいですか?」

竜華「ちゃ…ちゃうで…!」///

京太郎「?」

セーラ「京太郎?オレ…明日…ランニングしてから学校行こうかと思てん。…あー…でも疲れるかなー…どうしようかなー…」チラッ

京太郎「珍しいですね。セーラ先輩ならそのまま学校行けそうですけど…」

セーラ「あ…。そ…そうじゃなくて…えっと…」///

船久保「あー…須賀君…明日…早く学校行かなアカンのやけど…」

京太郎「なら監督の車が最適ですね。俺乗ったことないんでどんな感じか後で教えてくださいね」ニコッ

船久保「あー…は…はい…。いや…あの…でも…」///

泉「す…須賀君!ウチ明日…ちょっと荷物が多くて…その…」

京太郎「さ…流石に学校に向かう朝から荷物持ちはちょっと…。まだ眠気覚めてないだろうし…」

泉「あー…いや…そうじゃなくて…荷物が…その…」///

京太郎(なんか皆今日はおかしくないか…?)


fin!



どーでもいい小ネタ


小蒔「…ぐすっ…えぐっ…ひっく…う…うええぇぇぇ…」グスッ

霞「よしよし。泣かないの小蒔ちゃん」ナデナデ

初美「な…何があったんですかー…」コソコソ

春「……………お怒り」ポリポリ

巴「それがね…」ホワホワ

初美「ふむふむ」

巴「あれは酷い雨の降った雪の日だったわ…」

初美「夏なのに!?あと雨ですかー雪ですかー!?」

巴「…その日私は小鳥のさえずりで目覚め、目覚めの紅茶を楽しんでいたのよ」

初美「………ほ…ほう…」

巴「……………………………」

巴「あ。やっぱり晴れだったわ」

初美「もうそれはいいのですよー!?」

巴「そう…よく晴れで星の見える夜…」

初美「あれ!?目覚めの一杯はどこへ!?」

巴「……………………………」

巴「あっ」

初美「今度はなんですかー…」

巴「日本茶だったわ。紅茶じゃなくて」

初美「………………………はい」

巴「そう…その日私は目覚めの一杯に日本茶を飲んでいたのよ…」

初美「……………あっ」

巴「?どうしたのはっちゃん?」

初美「…って言うんじゃないんですかー?」

巴「何言ってるのよはっちゃん?」

初美「…なんでもないのですよー…」

巴「…あっ」

初美「やっぱり言うんじゃないですかー!」ウガー!

巴「その時茶柱立ってたのよ!凄くない!?」キャー!

初美「え…あぁ…凄いのですよー…」

霞「そろそろ漫才止めなさいよ…」

ヒィアウィーゴー!
エークスキャーリバー
エークスキャーリバー
フロムユナイデットキングダムアイムルッキンフォーヘブンアイムゴーイングトゥキャリフォルニアー


霞「何よこの曲…」

小蒔「私の伝説は12世紀から始まった!」

霞「小蒔ちゃん!?」

fin!



番外編if【ついに携帯電話を取り上げられてしまった姫様】




小蒔「…ぐすっ…えぐっ…ひっく…う…うええぇぇぇ…」グスッ

霞「よしよし。泣かないの小蒔ちゃん」ナデナデ

初美「な…何があったんですかー…」コソコソ

春「……………お怒り」ポリポリ

巴「それがね…」ホワホワ

初美「ふむふむ」

………
……


小蒔父「…………………」ゴゴゴゴ…

小蒔「…………………………」

小蒔父「…………………携帯電話。出しなさい」

小蒔「…は………はい…」スッ

小蒔父「………………私の言いたいことはわかるね?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

小蒔「………………はい…」

小蒔父「…状況が改善されるまで没収。いいね?」

小蒔「でっ…でもっ!」ジワ

小蒔父「い い ね ?」ゴゴゴゴ…!

小蒔「…う…ぐすっ…ひゃい…っ…ぐすっ」グスッ

小蒔「…し…失礼しますっ…ぐすっ…」グスッ

小蒔父「…………………………」





小蒔父「この手で小蒔を泣かせる日が来るだなんて…!いっそこの携帯ごと消えてしまいたい…!」

小蒔父(あー…小蒔に…愛娘に嫌われたらどうやって生きていけばいいんだ…!…いや…かといって携帯を返すわけにも…!くっ!)

小蒔父「相談役!相談役!」

霞「…あの…私相談役でもなんでもないんですけど…」

霞(どうしてこの人から威厳あるオーラが出るのかしら…)


………
……


巴「………ってことらしいわ」

初美「なるほどですよー…」

※ちなみに小蒔父がナヨナヨしてるくだりは霞ちゃんしか知らない部分です。




初美「…まぁあの威圧感で怒られたら誰だって泣くのですよー」

小蒔「うええぇぇぇ…か…霞ちゃぁぁん!ぐすっ…ううう…」

霞「よしよし。お仕事しっかりして、成績も元に戻ったら返して貰えるわよ。頑張って」ナデナデ

小蒔「だっ…て…それじゃ…ぐすっ…何ヵ月も後に…なっ…ちゃう…ぐすっ」グスッ

霞「…………………………」

初美「…………………………」

巴「…………………………」

春「……………………………」

霞「確かにそうね…」

初美「改善したらすぐ帰って来ないとですねー…学校の通信簿なんて次まで遠いのですよー」

巴「おかしな話ですね…」

霞「…私達が言うしかないわね」

春(…………自分でもわかってはいるけど……私達は大甘…)ポリポリ

………
……

霞「私が行ってくるわ」

初美「そんな!?一人であの人に立ち向かうのですかー!?」

春「………………怒り状態」

霞「だ…大丈夫よ!行ってくるわ。みんなはここで待ってて」

霞(…ホントに大丈夫よ。だって今頃…)

霞「失礼します。少しお話が…」ガラッ

小蒔父「携帯を返すべきなのか…いやでもそれじゃ教育に…いや…小蒔に嫌われたら…だったら携帯を…いやでも…」ムムム…

霞(………こんな状態だし)

霞(正直「返したほうがいいですよ」の一言で携帯を返しそうね…)


………
……


霞「ただいまー」

小蒔「すぅ…すぅ…」zzz

初美「しぃー。ですよー」

巴「泣き疲れて寝ちゃったみたいです」

春「………………どうだった?」

霞「あー…うん…なんとかなるんじゃないかしら…」

小蒔「……う…ん…お父…様…」ムニャムニャ

初美「寝言ですよー」

小蒔「えへへ…もっと褒めて…お父様…むにゃ…私頑張りました…むにゃ…」ムニャムニャ

霞(………これは溺愛してもおかしくないわね…)


fin!



京セラ小ネタ




京太郎「子役で星蘭ちゃんっていますよね」

セーラ「おるな」

京太郎「可愛いですよね」

セーラ「無邪気やし…子供っていう時点で可愛いもんやな」

京太郎「ウチの部活にセーラちゃんっていますよね」

セーラ「なんでちゃん付けやねん。しかもオレやし」

京太郎「可愛いですよね」

セーラ「……………な…なんやねん…京太郎のあほ…」///

京太郎「ところで子供の話しましたよね」

セーラ「せやな。子役の話からオレの話になったんはビックリやったけど」

京太郎「俺達の子供はどうしましょうか?」

セーラ「ふぇっ!?」///


fin!



番外編【もしも怜とあの恋愛映画をみたら】




京太郎「というわけで…あの映画がレンタル開始したので借りてみました」

怜「気になるから観に来たー」

京太郎「観賞会ですね」

怜(どんなんか知らんけど…竜華だけズルい…!ウチも!ウチも映画見る!)

京太郎(園城寺先輩とこの映画か…大丈夫かな…)

怜「須賀君はよ!はよ!」ワクワク

京太郎「はいはい。隣失礼しますね」ヨイショ

怜(…………あれ?よく考えたら…ソファで隣って…なんか…あれやな…その…あれや…うん…あれやな)///


………
……


「もって…今年の間…でしょう…」

「え…」


京太郎「………………………」チラッ

怜「……………………」

京太郎(…お、意外に…普通に見て…)ニドミッ

怜「………………」ダバー

京太郎(なかったー!号泣してらっしゃるー!)

怜「…………………」ポロポロ

京太郎「あの…園城寺…先輩…?だ…大丈夫…ですか…?」

怜「っ…ごっ…ごめっ…感情移入っ…しすぎ…てぇぇぇ…」ポロポロ

京太郎「え…えっと…」

怜「じ…自分…がっ…ぐすっ…余命とか…言われたらって思うと…っ」グスッ

京太郎「…え…えっと…」チラッ


「余命なんて関係ない!俺と…俺と…!」


京太郎(…どうなることやら…)


………
……


京太郎(…そして…愛を誓った後で…彼女は…)

怜「うわぁぁぁぁん…ひっく…うぇぇぇぇえ…」ポロポロ

京太郎(映画館じゃなくて良かった…)

怜「嫌や…ウチはまだ死にたくない…嫌ぁぁ…」ポロポロ

京太郎「いや園城寺先輩はまだ死なないでしょうに…」

怜「うわぁぁぁぁん」ギュッ

京太郎「……………………………」

京太郎「…………………」ナデナデ




………
……


京太郎(と…まぁ最後は中盤のアレが伏線でハッピーエンドになるんだけど…)チラッ

怜「…………ひっく…うっ…ぐすっ…須賀君…テイッシュ取って…」ポロポロ

京太郎(…凄く感動してらっしゃる…)ハイ

怜「…ずびー…うぇぇぇぇ…!」ポロポロ

怜「嫌やぁ…ウチまだ死にたくないぃ…一人にしないでぇ…」グスッ

京太郎「だ…大丈夫ですから…」アセアセ

怜「ぐすっ…一人…やだよぉ…みんなといたいよぉ…っ」グスッ

怜「うわぁぁぁぁん!」ダキッ

京太郎「うぉぅ」

怜「ぐすっ…ひっく…ぐすっ…っ…ぐすっ…」ポロポロ

京太郎「………………よしよし」ポンポン

京太郎「俺は何処にもいきませんから…。園城寺先輩を一人にはしませんから…」

怜「うええぇぇぇ…」ポロポロ


………
……


怜「やっと落ち着いた…お見苦しいところを…」

京太郎「いえいえ」

怜「須賀君の服…ちょっと涙で濡らしてもうた…ごめん…」

京太郎「そのぐらい気にしないでください。いくらでもどうぞどうぞ」

怜「………ウチ今日泊まってええ?」

京太郎「どうぞどう…って…ええ!?」

京太郎「な…なな…なんでそうなるんですか!?」

怜「ウチ今日は家に一人なんや…親は出張とか泊まりで旅行でおらんし…」

京太郎(病弱な娘一人置いていくのはどうなんだろうか…?)

怜「…せ…せやから…」///



怜「ウチを…一人にしないで…今日は…一緒に…おって…?」



京太郎(上目使いは卑怯ですよ…!)

京太郎「し…仕方ないですね…」

怜「ホンマ!?やった!」ピョンッ

京太郎(……………はぁ)

京太郎(……色々耐えなきゃ…)




fin!



番外編【セーラとPK戦(罰ゲームあり)】




セーラ「きょーたろー!サッカーするでー!」バンッ!

京太郎「ど…どうしたんですかいきなり…」

セーラ「ここにサッカーボールがある…それだけで十分や…!サッカーや!」

京太郎「そもそもサッカーボールなんてどこに…?」

セーラ「監督が持ってたんや。なんでも娘さんから没収したとかなんとか」

京太郎(なんでそれ学校まで持ってくるんだよ…)

セーラ「きょーたろー!サッカー!」

京太郎「ああもう…わかりましたよ…。二人しかいませんしPK戦で良いですね?」

セーラ「おっしゃー!オレのファイアトルネードを見せたるー!」

京太郎「まぁ俺は巷でゴッドハンド京と呼ばれてますから」

セーラ「はははっ」ホッコリ

京太郎「はははっ」ホッコリ



………
……


セーラ「なんでや…!なんで全部読まれとんねん!?」

京太郎「…セーラ先輩の考えてることがわからないわけないでしょう…!」

セーラ「そ…そんな訳が…」

京太郎「さ。罰ゲームですね」

セーラ「は!?」

京太郎「何驚いてるんですか?当たり前でしょう?」

セーラ「な…きょ…京太郎…!?」

京太郎「……船久保先輩!」パチンッ

船久保「承知や!」シュタッ

セーラ「な…なんで指鳴らしただけで浩子が出てくるんや…!?」ガシッ

船久保「はいはいいきますよー…」ズルズル

セーラ「いーやーやー!」

京太郎(…今回は利害が一致したからな…味方にすると頼もしい…)




………
……


セーラ「」

船久保「完成や」

京太郎「ほう…これはまた素晴らしいですね」

船久保「光栄や」

セーラ「な…な…なんで…!」

セーラ「なんでメイド服なんや!嫌や!」

京太郎「罰ゲームですから」

船久保「…………」パシャパシャ

セーラ「ちょっ!?浩子!撮んなし!」

京太郎「………さて。じゃあとりあえずお茶をいただけますか?運動したから喉が…」

セーラ「しゃーないな…行ってくるー」ガシッ

セーラ「………………」ジタバタ

セーラ「なんやねん浩子!離せぇー!」ジタバタ

船久保「今先輩はメイドなんですよ?」

セーラ「だからなんやー!」ジタバタ

京太郎「お茶を」

セーラ「わかっとるわ!浩子が離したらすぐにでも行くから!」ジタバタ

船久保「…………はぁ」

京太郎・船久保「「なっとらんわ」」

セーラ「何がや!?」

船久保「メイドや言うとるでしょうに…」

セーラ「………………………………」

セーラ「………ま……まさか……!?」

京太郎「お茶を」

船久保「お茶を」

セーラ「で…でも…」///

京太郎「お茶を」

船久保「お茶を」

セーラ「うぅぅぅ……!」///

セーラ「……か…!」








セーラ「かしこまりました…ご…ご主人様!」///



セーラ「ひゃぅぅぅぅ……」///


fin!



番外編【竜華と怜と3人デート、二人からの積極的アピール付き】





竜華「ごめーん!」タッタッタ

竜華「はぁ…はぁ…はぁ…」

竜華「ま…待った…?」

京太郎「いえ。俺もさっき来たところですよ」ニコ

竜華「ホンマにごめん!」

京太郎「気にしないでください」

竜華「せ…折角のデートなのに…」ショボン








怜「須賀君はこう言うとるけど…30分待ったんやで」ヒョコ

竜華「ご…ごめん…」ショボン

京太郎「まぁまぁ園城寺先輩…」

怜「………………………………」

怜「そしてウチは1時間待った!」

怜「須賀君も時間通りやし…ウキウキしながら30分早く来たウチがアホみたいやん…」ブツブツ

京太郎「ホントにすいません…」

竜華「…怜が時間より早く来るなんて…よっぽど楽しみやったんやな」

怜「だって須賀君とデートやし」

京太郎「はっくしょん!」

京太郎「……あれ?今何か言いました?」

怜「………なんでもない…」

竜華(…ウチらって大変やな)


………
……


京太郎「ここが新しく出来たケーキ屋ですか?」

怜「せやでー」

竜華「なんでもカップル用のサービスがあるとかないとか…」

怜「…………須賀君」ギュッ

竜華「……………須賀君」ギュッ

京太郎「えーと…両腕を掴まれると歩きづらいんですけど…」

怜「………はぁ…」

竜華「…………はぁ…」



いらっしゃいませー



店員「何名様ですか?」

怜・竜華「「カップルで三人」」

店員・京太郎「「えっ」」

京太郎「いやあの…俺達は別にカッ…」

怜・竜華「「三人!カップルです!」」

店員「…はい」

京太郎「………はい…」

京太郎「あ。部長、先輩。ちょっとトイレ行ってくるんで先行っててください」

店員(…あ…あんな両手に花を手放すの…!?…っていうか今゙部長゙゙先輩゙って呼ん…)

怜・竜華「「カップルですから」」

店員「………はい」





………
……


店員「こちら「カップルケーキ」になりまーす」

京太郎「ハート型のケーキですね」

店員「ごゆっくりどうぞー」

怜(ようはこのハート型の一個のケーキをわけあえってことやな)

竜華(…よーし…!)

京太郎「じゃ食べましょうか」スッ

怜・竜華「「ってこらー!」」

京太郎「?」

怜「須賀君ストップや!」

京太郎「はぁ…」

竜華「…………」スッ

竜華「はい。あーん」

京太郎「え」

怜「こっちも。あーん」スッ

京太郎「えーと…あはは…」


竜華「…………………………」

竜華「…あ…あーん…」プルプル

京太郎「わ…わかりましたから!泣きそうにならないでください!」アセアセ


怜「…あ…あーん…」ショボン

京太郎「お…落ち込むのも止めてください!」アセアセ


………
……


竜華「はい須賀君あーん」スッ

京太郎「えっと…」

竜華「あーん」ズイッ

京太郎「あ…あのー…」

竜華「あーん!」ムニュッ

京太郎「ぶ…部長!当たってます!当たってますから!」///


怜「えい」パクッ

竜華「ええぇぇぇ!?」ガーン

怜「というわけで須賀君あーん」スッ

京太郎(終わらねぇなこりゃ)

京太郎「あ…あー…」

竜華「お返しや!」パクッ

怜「しもたぁぁぁ!」

京太郎(…………………………)

京太郎「そんなに食べたいなら…ほら二人とも」

竜華「なんや?」

怜「なにー?」

京太郎「あーん」スッ

竜華「…………………」/// パクッ

京太郎「ほら園城寺先輩も」スッ

怜「…………………」/// モキュモキュ



怜・竜華( (なんでか知らんけど…なんか物凄く甘いでこのケーキ…!なんでや…?) )///


………
……


京太郎「食べたら少し眠くなりますね…ふわぁぁ」

竜華「せやなー…ちょっとうたた寝しようかなー」ギュッ

怜「じゃあウチもうたた寝ー」ポスッ

竜華(…腕に抱きついてうたた寝する…!どうや!?効いとるか!?)チラッ

怜(さりげなく須賀君に膝枕をしてもらってみる…!)チラッ


京太郎「……ぐぅ…ぐぅ…」zzz

竜華「」

怜「」

竜華「もう…寝てる…やて…」

怜「…なんで今日のウチらのアピールはことごとく潰されんねん…」

竜華「…………………………」

怜「………………………………」

怜「……竜華ー。膝枕ー」

竜華「はいはいおいでー」ポンポン





店員(お…お店なんだけどなぁ…うち…)

店員「て…てんちょぉ…」

店長「…………あまり気にするな」

店員「で…でも…」

店長「人には人の、くつろぎ方がある…この店は…誰でもくつろげる空間にしたいんだよ…」

店員「て…店長…」

店長「ふふっ…柄でもないな…少し休んでくるよ…ホールを頼んだぞ」

店員「は…はいっ!」


………
……


京太郎「…なんだか長居しちゃいましたね」

竜華「謝ったら渋い店長出てきて驚いたわ」

京太郎「で。これからどうするんですか?解散ですか?」

怜「んいやー?このまま須賀君ん家やで」

京太郎「なるほどー」

京太郎「……………………………」

京太郎「……はぁ!?」

竜華「はぁ?って…このままお泊まりやで?」キョトン

京太郎「な…なんですとぉ!?」

竜華「晩御飯はウチ作るー」

京太郎「え…えぇ…!?」

怜「せやったらウチはその間に須賀君と二人で遊ぶー」

竜華「…………………………」

竜華「やだぁ!ウチも遊ぶー!」

京太郎「ま…待ってください!理解がおいついてないです!」アセアセ

竜華「せやから…」

怜「今日は三人でパジャマパーティーや!」





京太郎「はああぁぁぁぁぁぁ!?」





fin!



番外編【親戚の姉帯さんと知り合う】



京太郎「というわけで岩手まで来ました」

京太郎「行く宛もないわけじゃなく…この辺で親戚が待ってるらしいんだけど…」

京太郎(特徴とか知らされてないんだよな…。「見ればわかるから!」ってなんだよ母さん…。俺にそっくりとか…?)

京太郎(………でもそんなやついないし)

京太郎(動き回るもあれだし…待ってみるか…)


………
……


京太郎「…………来ねえし…」

京太郎(何分待っただろうか…………ん?)

?「うぅ…ぐすっ…ぼっちだよー」トボトボ

京太郎(うわ…すげえ背が高い人だな…)

?「どうすればいいのかわからないよー。…ううぅ…」トボトボ

京太郎「あ…あの…何かお困りですか…?」

?「え…えっと…親戚がここに来るはずが…見つけられなくてちょー困ってるよー」グスッ

京太郎(……なんか大きいのに小動物みたいだな…)

京太郎「あ…あのー…相手の特徴なんかは…」

?「あまり詳しく知らされてないんだけど…大阪から来る人だから多分関西弁だと…」

?「だからこっちも関西弁で話かけるよー。えーと…「あなたが須賀君でんがなー?」って言えばいいんだよー」

京太郎「なるほど。よくわかりました」

?「この話かけ方を昨日みんなで話合ったんだよー。それで「トヨネ!コウスル!」って言われたこれにしたんだよー。優しい友達でちょー嬉しいよー」

京太郎(……突っ込むのやめよう)



そんな出会い方。


………
……

豊音「というわけでここがウチだよー」

京太郎「ほえー」

豊音「残念なのが楽しみがテレビぐらいしかないんだよー。後で一緒に見ようねー」

京太郎(なんというか…無邪気というか…)



豊音「須賀君須賀君!テレビ始まるよー!」ウキウキ

京太郎「始まりますね」

………
……

豊音「うわぁぁぁぁん!」グスッ

豊音「ちょー泣けるよー!」グスッ

京太郎「感動的でしたねー」ナデナデ

豊音「うわぁぁぁぁん!ぐすっ…ぼっちじゃないよー…ぐすっ」グスッ

京太郎(……やっぱり小動物みたいだな…)ナデナデ


………
……


豊音「……すー…すー……」zzz

京太郎(そして泣き疲れて眠る…ほんと無邪気な子供みたいな…)

豊音「…ん…むにゃ…ぼっちじゃないよー…みんないるよー…」ムニャムニャ

京太郎「…………………」ナデナデ




Prrrrr!

豊音「んにゃっ!?」ガバッ

京太郎「あ…すみません。俺の携帯電話です……監督からメール……?」

fin!



京怜小ネタ


怜「………………………………」

怜「…………んー」

怜「…………んー…」

京太郎「…どうしたんですか先輩?」

怜「…………な…なんでも…ない…」

京太郎「そ…そうですか…?」

怜「………………………………」

怜(…ね………眠い…)

怜(…勉強して…料理作って…神経使いすぎや…眠い…)

京太郎「…………?」

京太郎「………あ…。…あのー先輩」

怜「…………………………」ウツラウツラ

京太郎「………………先輩」

怜「ほにっ!?……な…なんや?」

京太郎「……………眠いんですか?」

怜「そ…そんなわ…」

怜「……ふわあぁぁ…」アクビー

怜「…訳ないやろ…」

怜「…………ふむー…」ウツラウツラ

京太郎「…………はぁ」

京太郎「先輩ー。部屋まで運びますよ。ここで寝てたら体痛めますし」

怜「…………んー…んー」ウツラウツラ

京太郎「…よいしょっと」

怜「……………………」ウツラウツラ ←お姫様だっこ

京太郎(うわ…軽いなぁー…)

………
……

怜「…………すぅ…すぅ…」zzz

怜「…………む…?」

怜「ふわぁ…。…あれ?なんで私部屋で寝とるん?」

京太郎「体痛めるとアレなんで運びました」

怜「!?」

怜(つまり…!?おんぶとかだっこで運ばれたん!?なのに寝てたん!?アホか私は!)

怜「…………………」

怜「………もっかい寝る!」

京太郎「はいお休みなさい」

怜「…………………………」

怜「……いや今部屋やから意味ないやん。なんやねん」

京太郎「?」

fin!