久「…………」

ゆみ「合同合宿前、この女は私の……ゴホン!私達の京太郎を合宿から外し私達との交遊を妨害した」

久「…………」

ゆみ「以前から、事ある度に京太郎に雑用を強要」

久「…………」

ゆみ「そして雑用先の店員や清澄の生徒に依頼し……私達から京太郎を遠ざけた」

久「…………」

龍門渕メンバー「……」

ゆみ「更にこいつには、立場を利用して京太郎とHをした疑いもかかっている」

ゆみ「その後に何度も!」

久「私はやってない!…………他のも酷いわ」

未春「チッ……」

久「合同合宿に須賀君を参加させなかったのだって、みんなの為だった!」

まこ「………」

久「私だってみんなのために須賀君への思いを犠牲にしてきたのにどうして…なぜ信じてくれないのよ!?」

美穂子「失礼します」ガチャリ

池田「あっ、キャプテン!」

ゆみ「…………」

久「美穂子…………」

美穂子「ここに、証人を召喚します」

深堀「よいしょ…よいしょ……」ズズズズ……

睦月「うわっと!?」

和「あ、あれは………」

透華「ロッカー…………ですわね」

美穂子「須賀京太郎君の墓石よ」

佳織(墓石………?)

美穂子「墓には、亡霊(ファントム)が憑いてるわ」

久「ただのロッカーよ!」

ピッ・・・・・

ロッカー『ギシギシギシギシ!』

久「───!?」

ロッカー『ちょっと、部長!何をするんですか!』

ロッカー『須賀君……いつも雑用ばかり押し付けてごめんなさい』

久「……………」

ロッカー『だからせめて……私の身体で須賀君を癒してあげるわね』

ロッカー『ぶ、部長………』

ロッカー『今だけは…久って呼んで…須賀君…』

ギシギシギシギシ!ギシギシギシギシ!

一「うわぁ………」

ロッカー『ああ、須賀くぅん!いいわ!もっと激しくしてぇ!』

ロッカー『くっ、久!もう俺………気持ち良すぎて……!』

ロッカー『出していいのよっ!私の中にぃっ!須賀君の愛を一杯ちょうだいっ!あっ、ああん!』

ロッカー『で、出る!うわあああっ!』

ロッカー『はああああんっ!出てるぅっ!熱いのがドクドクッてぇ!一杯出てるのおおっ!孕んじゃう!赤ちゃん出来ちゃううううっ!』

まこ「え……えらいことや……!戦争じゃあ……!」

ともきー「許せない……絶対に許せない……!」ギリリ…

美穂子「これが記録を残していたわ」バッ

ぺラ ペラ ペラ ペラ

和「………この写真は」

まこ「京太郎と部長がデートしとる写真…みたいじゃな」

美穂子「あなたの京太郎君にしたこと、私達が京太郎君と会えなかった間の全部を」

久「そんな……勝手に……!?」

美穂子「あなたは部員である京太郎君を自分の身体の上に乗せて肉体関係を作った」

久「須賀君……」

美穂子「それを知った片岡優希は、京太郎を匿った。怒ったあなたはあの子に激辛タコスを食べさせて病院送りにした」

久「違うわ!優希は、自分からあの激辛タコスを食べたのよ!あれは自己責任だわ!私がやったとしても、貴方達になんの権利があるの!?」

美穂子「それだけじゃない」

久「うっ………!」

美穂子「あなたが京太郎君との結婚を考えていたこと、その為にしてきたことを全部…………ハギヨシさんが仕掛けた盗聴機の中と隠しカメラのあなた自身が喋ってくれたわ」

久「……………」

美穂子「ロッカーでHをした日」

久「!」

美穂子「あなたは内木一太を雇い、他校のロリ系の女の子の写真を保証する代わりに京太郎君の弁当に媚薬を仕込ませた」

久「ただの栄養剤だと思ってたのよ!」

美穂子「あなたが私達と合同合宿に来てからも私達に隠れて須賀君と電話していた事も全部調査したわ」

久「……お願いよ」

美穂子「全てクロよ!全て!」

ダァン!

清澄・鶴賀・龍門渕・風越メンバー「ウォォォーー!!」

睦月「犯せぇ!」

池田「こんな奴、犯せぇ!」

文堂「犯れぇ!犯せぇ!」

純「ヤっちまえよ!」

智美「犯せ、ヤリまくれぇ!」

久「ひ、ひいい……」

咲「カンッ!」ゴッ!

久「っ!」

一同「………」

和「私たちに、法は存在しません」

ゆみ「……………」

和「彼女をどうするか。咲さん、あなたが決めて下さい」

咲「……………」

和「始末は私たちがします」

カツッ…カツッ…カツッ…カツッ…

久「うう…………」

咲「………ロッカーを用意しろ。一人分でいい。水と食料も」

和「咲さん?」

咲「ロッカーの中にいてもらおう。京ちゃんが部長を忘れるまで……ずっと」

ゆみ「そいつはいい。なら、早速………おい」

桃子「はいっす」ガシッ

久「やめて!私に触らないで!」ジタバタ

桃子「大人しくするっす!この卑怯者!」

久「私は、潔白よ!あなた達こそ卑怯者よ!」

まこ「…………」

久「咲、悪いのはあなたじゃない!」グググ…

咲「……………」

久「あなたが須賀君にキスしなければ、須賀君とロッカーでしようなんてわたし、思わなかったわ!」グググ…

美穂子「はい、足をあげて」グググ…

久「私は命がけで、須賀君を守ろうとしただけよ!」グググ…

透華「うん、丁度いい大きさですわ。これなら入りますわね」グググ…

久「こんなこと、どうして平気なの…?」

智美「ワハハー、じゃあ閉めるとするかー」ギイイイ…

久「まともなのは……私だけなの!?」

咲「じゃあロッカーの中で反省して下さいね…部長……ううん、竹井久さん♪」ニコッ

久「私は………私は悪くない!」

ガチャン…… カチャッ……

咲「……さてと、じゃあみんな!今から京ちゃんの所に行って部長につけられた汚れを洗ってあげよう!」

一同「おーっ!」

咲「待っててね京ちゃん…今から行くから」

──────

京太郎「それにしても驚いたよ。まさか憧が長野まで来るなんてな」

憧「うん……京太郎に言いたい事があるから来たの…」

京太郎「言いたい事…?」

憧「京太郎…私ね、ずっと前から京太郎の事が好─────!」

ガサッ!

京太郎・憧「!?」

咲「……………ふーん」

ゆみ「これはこれは……」

京太郎「さ、咲………?それに他の皆さんも」

美穂子「あらあら………」

憧「な、何よあなた達…?」

咲「………みんな」ゴオッ!

憧「ひいっ!?」

咲「…もう一つロッカーを用意しろ。水と食料はいらない」

カンッ!