和「買い出しの必要が有る時って、よく須賀君が行ってますよね」

京太郎「まあ男俺だけだしな。力仕事は引き受けないと」

和「それだけじゃないですよね?」

京太郎「へ?」


和「雑用を引き受ける代わりに身体を差し出させる契約を部長としてるんでしょう!」

和「いやらしい…須賀君は最低です!」

京太郎「してないけど!?」



京太郎「確かに部長ならそんなこと言い出しそうな気はしないでもないけど、流石に受けねえよ」

和「でもやっぱりそういう事言いそうって思ってるんじゃないですか!」

京太郎「言いそうって思っても俺はやらしくないっての」

和「そんなこと言いながらいつも私のおもち見てますよね」

京太郎(やべえバレてた)


和「そうやって視線だけで極限まで焦らして、私からおねだりさせる策略だったんでしょう?」

和「いやらしい…須賀君は最低です!」

京太郎「なにそのエロ漫画みたいな策略!?」



京太郎「つーか何でこんな話になったんだ」

和「ゆーきが須賀君の毒牙に掛かる前に何とかしないといけないからじゃないですか」

京太郎「? なんでここで優希の名前が出てくるんだ?」

和「いつもこうやって抱きつかせてるじゃないですか!」ギュッ

京太郎「ちょっ!?」

和「ほんとに嫌なら引き剥がせばいいじゃないですか。いつも嫌がるフリしてささやかな膨らみを楽しんでるんでしょう?」ムギュムギュ

京太郎(現に今ささやかどころじゃない膨らみを楽しんでるから反論できねえ)


和「そして最初からこうやって自然な流れで私に抱きつかせて欲情させるつもりだったんですね?」ムニュムニュハァハァ

和「いやらしい…須賀君は最低です!」

京太郎「だから俺をどんなエロ孔明だと思ってんだよ!?」

京太郎「大体そう言う和はどうなんだよ!」

和「何ですか、自分を棚に上げて私を淫乱ピンク呼ばわりする気ですか?」

京太郎「そう言われても仕方ない言動だっただろ…」

和「例え今押し倒されても心までは須賀君の物になりませんからね!」

京太郎「だからそのエロ漫画みたいなセリフ言うのやめろって」


和「そこまで言うなら試してみればいいじゃないですか…!」

和「男性器に負けるなんて、そんなオカルトありえません!」

京太郎「何で無駄にフラグ建てんの!?」




和「……何で何もしないんですか!」

京太郎「いや、今の流れで手を出す度胸は流石にねえよ」

和「スガ君だけにサスガに?」

京太郎「なんかもう…疲れてきた…」

和「お疲れですか? ちょうどそこにベッドがありますから『ご休憩』します?」

京太郎「今日はちょっと、もう帰るわ」

和「私もついにお持ち帰りされちゃうんですn」バタン


和「なるほど、放置プレイで徹底的に焦らす作戦ですか」

和「………アプローチの仕方間違えましたかね」

カン