番外編【モブ2×京太郎】


※パラレルです。本編の時系列では起こっていません。


モブ2「須賀君さっきの対局…ノルマ達成おめでと」

京太郎「おう。ありがとなモブ2」

モブ2「毎回須賀君を目の敵にしとるけどなかなか追い付けへんなぁ…。…この際夜道で後ろから刺したろか」

京太郎「まさかの本気で倒しに来る!?」

モブ2「冗談やて。須賀君はいい反応してくれるわー」

モブ2「そーいや須賀君って先輩達と仲ええな」

京太郎「まぁ何かと初日から親切にして貰ってるしな。いい人達ばかりで良かったよ」

京太郎「昨日なんて自分達の時間をさいてこの辺を案内してくれてさ。色んな所連れてってもらってさ」

モブ2「ず…ずるい!ずるいで!」

モブ2「あ…。い…今のはちゃうで!?も…勿論須賀君がやで!す…須賀君が先輩達と観光するんがずるいんやで!」

京太郎「わ…わかってるって…」

モブ2「うー…ウチも行きたい!」

京太郎「って言われても…先輩達に頼んでみるか?」

モブ2「で…でも…せ…先輩の手を煩わせるわけにはいかんなぁ…。せ…せやから…須賀君で我慢するわ…須賀君一緒に行こ」

京太郎「…俺の意思は無視かよおい」

モブ2「い…いやなん…?ウチとじゃ…」

京太郎「いや…そういうわけじゃねーけど…」

モブ2「!ほな決まりや!ぶ…部活終わったら校門で待っとるさかい!来てーな!絶対!絶対やで!」バシバシ

京太郎「わかったわかった。だから叩くなって…」

モブ2「よっしゃー!次の半荘も頑張ったるでー!須賀君!あっちの卓行こ!」

京太郎「はいはい。わかりましたよお姫様」

モブ2「……………」///

京太郎「あれ?おいモブ2?」

モブ2「う…ううう…うっさいわアホ!」///

京太郎「えええ!?」


fin!



番外編【セーラを女の子扱いして可愛がる】



某日


Q「まずは集まっていただいたことに感謝します」

Q「この会議の内容は他人には知られては行けないため匿名で行いますね」

I「意味があるかは微妙ですけどね」

T「ほんで議題はなんなん?ウチ病弱やしはよしてーな」

R「そのアピールやめ」

Q「ところでなんでウチはQなんでしょーね?Fが妥当ちゃいますの?」

K「あまり言うとバレちゃいますって。船…Q」

Q「今馴れ馴れしく船Qって言いました?怒ってええ?」

K「気のせいです!言い直したせいでそう聞こえただけです!」

Q「…ほな。続けますね。被験者江口セーラ。どうやったら常時乙女モードになるのかの話し合いです」

I「急に話し合う気が出てきました」

K「俺も一度見ましたけど可愛かったですね」

T「ウチらはもう乙女モードに違和感感じるレベルやけどなぁ…」

R「せやねー。中学の頃からあんな風やったし…」

K「でもぶちょ…。…………」

Q「…………………」

I「…………………」

K「…………………」

K「……でも部長は可愛いと思いますよね?乙女モード」

T(あ、開き直った)

Q「…というわけで何か案がある人」

K「…最初は俺が行きましょう…!」

I「策があるんですか?」

K「お任せあれっ!」




京太郎(…というわけで俺はセーラ先輩を女の子扱いで可愛がる!これでいく!)


京太郎「セーラ先輩」

セーラ「なんやねん京太郎。暑いから雑用は手伝わんでー」グデー

京太郎「先輩…。先輩は可愛い女の子なんですからもうちょっと慎みを持ってください…」

セーラ「……でなんのようや」

京太郎「暑いのでアイスでも買いに行きませんか?」

セーラ「アイス…行くで!」


………
……


セーラ「京太郎ー俺はイチゴなー」

京太郎「着いてから言ってくださいね先輩」

セーラ「お。なんや奢ってくれるんやな」

京太郎「女の子一人ぐらい奢れなくて何が男ですか」

セーラ「~~~!」ムズムズ

セーラ(な…なんか調子狂う…)

セーラ「な…なんでいきなりアイスに誘ったん?」

京太郎「…船久保先輩に聞いたんですけど」

セーラ「浩子に?」

京太郎「今日はカップルデーらしくて」

セーラ「ぶっ!」

京太郎「可愛い女の子と行くと割り引きらしいんですよ」

セーラ「な…ななな…な!?」

京太郎「ところで先輩はイチゴアイスですか…女の子らしくて可愛いですね」

セーラ「…て…てて…撤回や!チョコミントとかそんなんでいい!」

京太郎「そうやって少し背伸びするところも可愛いですねセーラ先輩」

セーラ「~っ!」///

京太郎「あ…でもそれなら女子制服の方が良かったか…?」

京太郎「まぁでもセーラ先輩はそのままで充分可愛いですし大丈夫ですよね」

セーラ「…あ…あわわ…」///






………
……


京太郎「セーラ先輩食べないんですか?」

セーラ「た…食べるけど!あ…あんまジロジロ見んといてや…恥ずいやん」///

京太郎「照れてる先輩も可愛いなぁ」

セーラ「お…おおお…オレ調子悪い今日は帰る!」ガタッ

京太郎「あ!じゃあ待ってください!…これでよしっと」

京太郎「アイスつけたままじゃ可愛い顔が台無しですよ?セーラ先輩」

セーラ「…///」ボフン

京太郎「…あれ?先輩?先輩ー?」


………
……


京太郎「結局乙女モード以前に目を合わせてくれません…嫌われたんですかね…?」

船久保「目を合わせたら顔真っ赤にして爆発するからじゃありません?」


fin!



番外編【充電】



京太郎「あー…疲れた…。まさか部室の掃除中にGと格闘することになるとは…。まぁコールドスプレー持ちの俺に敵うわけは無いけどな」

怜「こんちわー…って須賀君だけかいな」

京太郎「HRが異常に早いんで…大体こんなぐらいですね俺は」

怜「ふーん…。とりあえず座らせてーな。ウチ疲れてしもうて」

京太郎「あ、じゃあ退きますね」

怜「ええよそのままで」

京太郎「へ?」

怜「実は昨日岩手のほうから「充電」って電波を受信したんや」

京太郎「なんのことかさっぱりです」

怜「というわけで」ポスッ

京太郎「お…園城寺先輩…!?俺の上に座るんですか!?」

怜「……………須賀君」

京太郎「はい?」

怜「あんま叫ばんといて…耳痛うなるわ」キーン

京太郎「あ…すいません」

怜「………………須賀君」

京太郎「今度はなんですか?」

怜「安定感がないわ」

京太郎「と…言いますと?」

怜「そのままの意味や。このままやったらいつか落ちてしまうわ」

京太郎「あー…でも…どうしようも無いですし…」

怜「……………須賀君」

京太郎「はい?」

怜「…腕」

京太郎「腕?」

怜「ウチの前まで腕回してーな。…それやったら落ちんやろ?」

京太郎「そうですね…よいしょっと…これでいいっすか?」

怜「おおきに」

怜(………………………)

怜(………………………)

怜(……あれ?これって端から見たらウチがただ須賀君に抱き抱えられとるだけやないの?)

怜(………………………)カァァ
※段々顔の下から赤くなってく感じ

京太郎(……段々と先輩の顔が赤くなって来たけどこれが「充電」なのかな?たしかにバッテリーの充電みたいだし…)

怜「………………須賀君」

京太郎「はい?」

怜「やっぱ退いてーな…。は…恥ずい…」///


fin!



番外編【竜華のおもちこねこね】



竜華「須賀君!」バン!

京太郎「どうしたんですか部長。珍しく早く部活にきて…何を…ってなんすかその格好」

竜華「今日は怜が通院の日やから早いんや。…何ってエプロンとバンダナに決まっとるやん」

京太郎「いやそれは見ればわかりますけど…」

竜華「だーかーらー。ウチもお掃除手伝うっちゅーことやで!」

京太郎「あー。なるほど。それは嬉しいです。ありがとうございます」

竜華「お礼を言うのは終わってからやで!ほなお掃除開始やー!」


………
……


京太郎「まぁすぐに終わっちゃうんですけどね」

竜華「なんでや…元から綺麗過ぎるやろ…。須賀君毎日頑張りすぎや…」

京太郎「誉め言葉として受けとりますね」

竜華「しゃーないわ…エプロン脱ぐか…」シュル

竜華「…ってあれ?なんか引っ掛かっとる?取れへん」グイー

京太郎「ぶ…部長。俺が解きますから…あまり強く引っ張ると切れちゃいますよ」

竜華「……てい!」グイ! シュル

竜華「やった!解けたでー……ってあれ?」

京太郎「部長危ない!」ガシッ


ドターン


京太郎「いててて…部長大丈…」ムニッ

京太郎(…むに?)

京太郎(…えっと…部長が倒れそうになって…俺が下敷きになることで部長に怪我が出るのを防いだ…んだよな?)ムニムニ

京太郎(部長が俺の上にいるから部長の頭しか見えないけど…このむにっとした感触は…何?)ムニッムニッ

京太郎(…むぅ。わからん。…だがこの柔らかさはすばら…。癖になりそうな感じの…。自室にクッションとして欲しくなりそうなぐらいの…)ムニッ

竜華「…い…いつまで…やっとんねん…アホォォォ!!」ゴスッ!

京太郎「」キゼツ

竜華「な…ななななな…何すんねんアホ!ウ…ウチ…もうお嫁に…い…行かれへんやん…。す…須賀君のアホー!!」///


fin!



番外編【体力のない怜の足として、移動にお姫様抱っこをするようになった京ちゃん】



怜「…部室まで遠いわー…。…須賀君が通るまで待と」

京太郎「………」テクテク

怜「あいやまたれい」

京太郎「どうしました園城寺先輩」

怜「連れてってーな須賀君…」

京太郎「またですか…仕方ないですね…よいしょ」ダキカカエ

怜「ほなれっつごー」ゴー

京太郎「お任せくださいお姫様」


………
……

別の日


京太郎「さーって。部活に行くか…」


ピロリロリン


京太郎「ってメール?こんな時に?」


from 園城寺先輩

no title

本文
助けて須賀君…教室から遠いわ…部室



京太郎「…よし行くか」


………
……


京太郎「失礼しまーす。園城寺先輩いますか?」

モブ「え?園城寺さん?えっと…あ!あそこだね」

京太郎「ありがとうございます。園城寺先輩ー迎えに来ましたよ」

モブ「!?」

怜「おおきに…」

京太郎「じゃ行きましょうか」ダキカカエ

モブ(え?お姫様だっこ?え?爆発すればええのに)

怜「ちょ!いくらなんでも教室では恥ずいわ須賀君!」

京太郎「園城寺先輩が呼んだんじゃないですか。止めませんよー」

怜「ううう…」///

京太郎「あ。どうせならこのまま二人で帰ります?」

怜「な…何ゆーとんねん!?」///


fin!



番外編【世話してもらうために京太郎家に入り浸る怜とそれについてきて京太郎と一緒に家事をする竜華】



怜「というわけでお邪魔するで須賀君」

京太郎「いや全然わかんないっす」

竜華「せやから…今日は学校で懇親会やろ?みんなお昼は親がいないやん」

京太郎「そうですね」

竜華「せやから怜のお昼をウチが作るんやけど…その間怜が暇やん?」

京太郎「て…手伝いはしないんですね…」

竜華「ウチは包丁使うんやで?危ないやろ!怜が怪我したらどうすんねん!」プンスカ

京太郎(…手伝わせてもらえないのか)

怜「ちゅーことで…ほなどないしよ?→誰かもう一人おればええやん→セーラは?→さっき電話したけど出えへんかった。山で虫取でもしとるんちゃう?(適当)→ほな須賀君やな→せやな。どうせ暇やろ(適当)→今に至る」

竜華「まぁ浩子や泉も考えたんやけどね。…ほな浩子はどうや?→…多分門前払いやな。浩子やし→やったら泉は…→多分セーラと一緒に虫取やろ(適当)→やっぱ須賀君か→安定やな。…と」

京太郎「とりあえず後で二条とセーラ先輩に謝ってくださいね」


………
……


京太郎「あ。部長そっちの食材取ってもらえますか?」

竜華「これ?」

京太郎「あ、その隣です」

竜華「はい須賀君」

京太郎「ありがとうございます」

竜華「あとこれ切り終わったで。こっち入れとくな」

京太郎「助かります」

怜「…………………」

怜「…あの…ウチも何か手伝いを…」

竜華「無茶して倒れたらどないすんねん!怜は休んでてええよ」

竜華「あ。須賀君玉子どこ?」

京太郎「冷蔵庫の一番上の…」

竜華「あ。あったあった」

怜「……………………」

怜(………暇やわー)




怜「す…須賀君?ウチ…何か手伝いを…」

京太郎「そうですねー。スプーンとか運んでおいてください。これなら軽いですし」

怜(その気遣いスキルは今は無用や!須賀君!)


………
……


京太郎「部長。なんで園城寺先輩は拗ねてるんですかね?」

竜華「怜~。ウチら何かした~?…何とか言ってや…」ショボン

怜「……………」プクーッ

京太郎「とりあえず食べましょうか」

竜華「と…怜…?ほな食べよ?ね?」

怜「………………」プクーッ

竜華「…ほ…ほら!怜、あーん」

怜「………………」プクーッ

竜華「…アカン…ウチもう生きていけへん…」

京太郎「ぶ…部長!?」

京太郎「園城寺先輩?とりあえず食べないと体に悪いですよ?」

怜「……………………」

怜「………」パクッ

京太郎「あ。食べた」

竜華「ウ…ウチの時は食べへんかったのに…須賀君に負けた…」

怜(…須賀君のあーんは食べな損やろ)モキュモキュ

京太郎「なんかこうしてるとアレですねー。家族みたいですねー」

竜華「母より父になついた娘…がくっ」

怜「…竜華。片づけは一緒にやろうな」

竜華「!怜…。…怜ぃー!」ダキッ

京太郎(うーん。微笑ましい光景だ)


………
……


京太郎「あ…あの…部長…俺に何か手伝いを…」

竜華「皿洗いぐらいやったるって。ウチら客なんやし須賀君はゆっくりしててーな」

京太郎「お…園城寺先輩…何か…手伝うことは…」

怜「…特に無いで。くつろいでてええよー」

京太郎(……………暇だ)


このあと京太郎が拗ねたりする?タブンネ


fin!



番外編【それなりの好感度のレギュラー5人と京太郎と好感度MAXなモブ2】


通学路


ダダダダダダ…!


モブ2「てぇぇりゃぁぁぁ!須賀君捕らえたりぃー!」ガシッ!

京太郎「ごふっ!」

京太郎「おい…モブ2…後ろからどつくなと…何度言えば…」

モブ2「だってー。麻雀で追い付けへん分、通学路で背中みたら…これはもう倒すしかないやろ」キリリ

京太郎「な…何言ってんだコイツ…」

モブ2「それに部活じゃ先輩達ばっかでウチにはかまってくれへんし…ええやんこのぐらい」ボソッ

京太郎「ん?なんか行ったか?」

モブ2「いーえ。なんでもーないでー」

京太郎「?」

………
……

怜「竜華ー」

竜華「なんや?」

怜「朝なー」

竜華「うん」

怜「モブ2が須賀君に後ろから抱きついとるの見てしもうて」

竜華「」パリーン!

セーラ「」ガタッ

泉「へ…へぇー」

船久保「きょ…興味深いですね…」

怜「竜華…それ備品のコップやで」


ガチャ


京太郎「こんちわー」

5人「」ガタガタガタッ

京太郎「…どうしました…?全員立ち上がって…」

泉「須賀君、モブ2は一緒じゃないんですか?」

京太郎「ん?モブ2?…さっき「今日の部活で追い付いたるからな!覚悟しぃや!」って言いながらトイレ行きましたけど…?」

竜華「一緒に来てたんやね…?」

京太郎「来る途中でバッタリ会いまして…。というかアイツはどうして俺をあんなにも目の敵にするんですかね?」

セーラ「…?部活以外にもなんかあんの?」

京太郎「昨日は「麻雀がダメならゲームや!」ってゲーセンに連れていかれて…。一昨日は「料理対決やで須賀君!とりあえずこのお弁当を食べや!」って弁当渡されて…」

怜(……これは…)

竜華(…強敵…)

セーラ(…出てきおったか…)

泉(…こうなったらこっちも…)

船久保(負けられませんね…)



モブ2「須賀君!今日は…」

京太郎「あー…悪い。今日の部活後は先輩達に誘われてるんだ」

モブ2「そ…そうなんか…。残念やなぁ」シュン

京太郎「…………」ワシワシワシ

モブ2「わぁっ!ちょ…須賀君!?髪くしゃくしゃにせんといて!」

京太郎「なんで落ち込んでんのかよくわかんねーけど…また明日な!モブ2」

モブ2「もぉー。…わかったわ。また明日な須賀君。……あとこれは仕返しや」ガシッ!

京太郎「だから後ろからどつくなっての…」

モブ2「仕返しやもーん」

モブ「それに…いつか後ろからやなくて…横に並んだるで…」ボソッ

京太郎「なんだって?」

モブ2「なんも言ってない!耳鼻科行けや!」///

京太郎「ひでぇ!?」

竜華「なんや…楽しそうやな須賀君…」

京太郎「あ…先輩!助けてくださいよ…モブ2が…」

セーラ「オレもやるー!」ガシッ!

京太郎「え?」

竜華「楽しそうやしウチもー!」ガシッ

怜「ほな失礼して」ガシッ

京太郎「園城寺先輩まで!?」

泉「ふ…船久保先輩?」ウズウズ

船久保「なんや…後輩…」ウズウズ

泉「空気を読むんわ…大事ですよね…?」ウズウズ

船久保「…私調べやと…空気の読める女=いい妻になる…と出てますね」ウズウズ

泉「将来良い妻になれる…それやったら仕方ないですね…」ガシッ!

船久保「良い女になりたいんやから仕方ないですね」ガシッ!

京太郎「ちょっ…ちょっと!?全員で掴まないでくださいよ!?」



fin!



番外編【一日乙女モードどころか幼女モードに入ってしまったセーラ先輩】



京太郎「どうしてこうなった…」

船久保「テヘペロ!」

船久保「乙女モードにしようとネットで見た催眠術を…」

京太郎「だったらなんで…」

京太郎「なんでセーラ先輩がこんなことになってんですか!?」

セーラ「おれせーら!きょーたろーあそぼー!」


………
……


セーラ「とき!りゅーか!」

怜「…これなんや?」

竜華「…浩子が悪いらしいで」

セーラ「あんね!まーじゃんしよーぜー!まーじゃん!」

怜「出来るんか」

竜華「意外やな」


………
……


セーラ「…おとーふやな…いらない!」ジーッ

京太郎「白ってバラしちゃうあたり子供って感じですね」

セーラ「おとーふ!」パクッ

泉「!ダメです!先輩!ぺーっしてください!それはお豆腐ちゃいますって!」

竜華「…麻雀無理やろ」

怜「微笑ましいなぁ…」

泉「先輩ってばぁ!」グイー

セーラ「あうー」グイー

泉「はぁはぁ…やっと取れた…」

セーラ「う…う…うぇぇぇぇ!いずみがおれのこといじめるー!」ビェェェ

京太郎「なにやってるんだよ二条!」エプロンデガラガラヲカタテニ

泉「須賀君こそその格好なんやねん!?」





………
……


京太郎「はーいセーラ先輩ー。こっちですよー」

セーラ「きょーたろー!」トテトテ

セーラ「てい!」キック!

京太郎「ぎゃあああ!飛び蹴りの威力が半端じゃないぃぃ!?」

船久保「夜になれば戻るらしいですよ須賀君。それまで頑張ってください」

京太郎「無理です!」

セーラ「きょーたろー!ひーろーごっこしよー!おれひーろーな!きょーたろーはかいじゅうな!」

京太郎「嫌な予感が…」

セーラ「みらくるぱーんち!」

京太郎「痛い!」

セーラ「せーらきーっく!」ゲシッ

京太郎「もう俺の体が悲鳴をあげてる!」

セーラ「きゃめるくらっち!」

京太郎「なんで知ってんだぁぁ!」メキメキメキ


怜「ふう……麦茶美味しいな?」

竜華「せやね。暑い夏には一番や」

泉「あ。私も頂けます?」

船久保「どうぞどうぞ」

泉「ふぅー」


京太郎「助けてくれないんだ!?」

セーラ「ひっさつ!まーじゃんしゅーてぃんぐすたー!」ポイポイポイ

京太郎「先輩!痛い!牌はマズいですって!」ビシッ!ビシッ!

※良い子は真似をしないでね!


セーラ「きょーたろーつかれたー…おんぶー」ピョン

京太郎「うわぁセーラ先輩!?」

セーラ「…すぅ…すぅ…えへへ…きょーたろーだいすきぃ…」ムニャムニャ



fin!



番外編【いつの間にかモブ2と一緒に登下校してる京ちゃんとそれを知ったレギュラーの反応】



京太郎「今日は部活休みか…。何すっかなー放課後」

モブ2「ホンマやねー。暇やわー」

京太郎「だよなー。……ってなんでお前俺のクラスにいるんだよ」

モブ2「今日は須賀君を倒せへんやん?せやから不完全燃焼しとったら須賀君を見かけたわけやな」

京太郎「…なるほどな。じゃあどっか行くか?」

モブ2「え?」

京太郎「いや…どこかで暇潰すか?って話を」

モブ2「え…ええの?」

京太郎「?ダメなのか?」

モブ2「そ…そんなことない!行く!行くで!」

京太郎「んじゃ行くか」

モブ2「うん!」


………
……


京太郎「で…どこいく?」

モブ2「…どこでもええよ」

京太郎「え?そうなのか?」

モブ2「…須賀君と一緒やし」ボソッ

京太郎「ん?悪い、聞いてなかった。なんだって?」

モブ2「なんでもあらへんよ~」


………
……


竜華「須賀君ー?」

怜「明日の部活の連絡やでー」

セーラ「っておらんな…」

モブ「須賀君ならモブ2ちゃんと帰りましたよ?」

船久保「…!なんやて!?」

泉「ど…どどどど…どうしましょ?」アワアワ

怜「泉。慌てたらアカンよ落ち着かな」

泉「先輩。それはモブさんですよ。ウチはこっちです」

竜華「お…追っかけよ!」

セーラ「どこにいるかもわからんっちゅーに」

竜華「ひ…浩子!」

船久保「ちょっと…こんな不測の事態はデータにないですね…」

竜華「す…須賀君カムバーック!」

モブ(連絡ってそんなに重要なんかな?)


fin!



番外編【部室の扉を開けたらそこには着替え中の船Qが!】



京太郎「さーて。HRが早く終わりすぎて暇だし…掃除するか」ガチャ

船久保「え」

京太郎「あ」

京太郎(…またやってしまった…!)

京太郎(…着替え中の船久保先輩(下着姿)…それに隣に置いてあるのは…メ…メイド服!?なんでそんなものが!?)

京太郎(…はっ!?「誰もいない部室」「普段からは想像もつかない船久保先輩とメイド服」…ここから導き出される答えはっ…!)

※この間0.001秒

京太郎「……俺。誰にも言いませんから」ニコッ バタン

船久保「す…須賀君!?ちゃうで!?勘違いせんといてください!」

京太郎「大丈夫です。俺…先輩がどんな趣味持ってても気にしませんから!ではごゆっくり!」ドアゴシ

船久保「勘違いですー!」


………
……


京太郎「え?文化祭の衣装?」

船久保「そーです。ウチのクラスはメイド喫茶なんや。…予算とか管理しとったら「浩子はメイド長にピッタリやね!」と言われてしもうて」

京太郎「な…なるほど…。で…ちょっと試しに着てみた…と」

船久保「誰も来ないと思ったのに…須賀君が」

京太郎「俺のクラスのHRは超早いですからね…。…ということはもう少し早くくれば船久保先輩のメイド姿が見れたのかー。残念」

船久保「ウ…ウチのメイド姿なんて見る価値もないでしょうに…」

京太郎「そんなことないですよ。きっとお似合いでしょうし」

船久保「な…何ゆーてますのん!?ウ…ウチなんかが…そんな…」///

京太郎「残念だなぁ…」

船久保「……………見てみる?」///

京太郎「え?」

船久保「ウ…ウチのメイド姿…見てみる…?」///

京太郎「え?」

京太郎「えええぇぇぇ!?」



to be continued?



番外編【久、来襲。皆と顔合わせ】



ピンポーン

京太郎「はい?」ガチャ

久「やっ」

京太郎「………………」バタン

京太郎「…疲れてんなぁ…俺。幻影が見える…」

久「ちょっと。誰が幻影よ!誰が!」ダンダン!

京太郎「……………」

………
……

京太郎「で…どうしたんです部長?」ア ムギチャ デイイッスカ?

久「そりゃあ須賀君に会…ゴホン。大会前に武者修行よ」アリガトウ スガクン

京太郎「あー…ならちょっと部長に電話してみますね」オカシ トカ ナクテ スミマセン

久「私ならここにいるんだから電話する必要ないじゃない?」オカマイナク

京太郎「いや千里山の部長にですよ」クツロイデテクダサイ

久「ああ…。そっちね」ベッド ボフー

………
……

竜華「……わかったわー。ほな部室で待っとるでー」ピッ

竜華「…緊急事態や!浩子!泉!セーラ!怜!」

怜「なんや竜華…。うるさいで…」

竜華「須賀君が女の子連れてくるって…!」

泉「」ガタッ

セーラ「」ガタッ

船久保「」ガタッ

………
……

京太郎「というわけで…」

久「よろしくお願いします。長野の清澄高校麻雀部部長竹井久です」

竜華「部長の清水谷竜華や。…須賀君とは仲良うさせてもらってます」

怜「園城寺怜や。竜華の2倍は須賀君と仲ええで」

セーラ「オレは江口セーラや。京太郎とは親友みたいなものやな」

京太郎「なんで皆さん自己紹介に俺との交友度語ってるんですか!?」

久「愛されてるわねー須賀君。ちなみに須賀君は私のペットみたいなものよ(雑用的な意味で)」

京太郎「部長もこの状況を楽しんでややこしくしないでください!」

怜「……………」スッ

京太郎「お…園城寺先輩…?」

怜「須賀君……お手」プクーッ

京太郎「ちょっと先輩!?」


fin!



番外編【咲さんが直々に遠征に来てくれたよ!】

咲「」ニコニコ

京太郎「さ…咲…?なんでここに…?」

咲「千里山の人達に興味がわいちゃって…遠征に来ちゃった。えへへ」

京太郎「そ…そうか…」

………
……

咲「じゃあ早速お願いしますね!」

竜華「お手柔らかに」

怜「お願いします」

セーラ「ほな始めるでー」

咲「…カン。もいっこカン…ツモ。リンシャンドラ8」ニコッ

咲「カン。ツモ。8000オール」

咲「カン。もいっこカン。18000は18300を責任払いですね」ニコッ

竜華「…と…とんでもうた…こんなに早く…」ガクガク

怜「宮永さん強いなぁ…ありがとうございました」ガタッ

咲「ん?どこいくの?」

怜「え?残念やけど竜華がとんでもうたし…終わりじゃ…」

咲「やだなぁ…」

咲「まだ一人とんだだけじゃないですか」ニコッ

怜「え…?」

………
……

咲「ありがとうございました!」

竜華「…うっ…ひっく…ううう…」ガタガタ

怜「…あ…う…」

怜(…ダブルまで使ったのに…全く止めれへんなんて…)

セーラ「…ぐすっ…アカン…アカン…」ブルブル

京太郎「さ…咲…お前…」

咲「あーあ。折角遠征に来たのに…。千里山の人達って強くないね京ちゃん」

京太郎「咲!」

咲「こんなとこに居たって強くなれないよ京ちゃん。…私ならもっと強くしてあげられるから…長野に…帰ろう?」ニコッ

船久保「ま…待ってください!先輩達の仇を…!」

泉「そうです!ウチも…!」

咲「…五月蝿いなぁ…弱いくせに…」ゴッ!

船久保「…!」ペタ

船久保(なんや…この空気…。い…威圧…?それだけで…ウチはしりもちついた…と?)ガタガタ

泉「…………」フルフル

咲「…震えてるじゃないですか…。…弱いんですね?…やっぱり京ちゃんは此処じゃダメ。帰ろう?…京ちゃん?ね?」


fin!



番外編【竜華とカバディ】


竜華「須賀君カバディって可愛くない?」

京太郎「へ?…名前の響きが…ですか?」

竜華「せやけど…。カバさんの可愛い版みたいなもんちゃうの?」

京太郎「違いますよ。カバディって言うのは…」

………
……

竜華「じゃあそことここがコートな。ウチ攻撃やるでー」

京太郎(どうしてこうなった…?)

竜華「ほないくで須賀君!」

京太郎「ええい!こうなったらヤケだ!」

竜華「カバディカバディカバディカバディ…」

京太郎「くっ!」ダッ

竜華「カバディカバディカバディ!」タッチ

京太郎「しまった!」

竜華「よし。自コートに戻ったで!得点やな」

京太郎「次は俺が攻撃ですね」

京太郎「スウーッ。カバディカバディカバディカバディ……」

竜華「ぷっ!」

京太郎「カバディカバディ…!笑ってる隙にっ!」ダッ

竜華「し…しもたっ!…くっ…これで1vs1やね須賀君」

京太郎「さぁ次は先輩ですよ」


竜華「行くで!カバディカバディカバディカバディ…」

京太郎「!」

京太郎「今だっ!」ガシッ

竜華「カ…な…なんや!?」

京太郎「相手をコートに返さないために相手を捕らえるのも作戦の一つなんですよ!部長!」←後ろから抱きつく

竜華「なんやて!?」

竜華「くっ!なんとか抜け出さないと…!」グイグイ

京太郎「無駄です!俺のホールドは完璧っ!抜けだせやしません!」

竜華「このぉ…!」グルッ

竜華(…アカン!これじゃ前と後ろが逆になっただけ…抜けだせへん!)

京太郎「あ」

竜華「え?」

京太郎「えっと…」←竜華が後ろ向いたせいで普通に抱き合う形

竜華「…あ…あ…」←ただ抱きつかれてる形

竜華「……あう ///」プシュー

京太郎「あっ!?部長!?部長!」


数日後。

「部室でのカバディは禁止やで!」

泉「…なんです?この貼り紙…?」

船久保「さぁ?」


fin!



番外編【船Qとメイド服】



船久保「と…というわけで…着ました」コソコソ

京太郎「着たのはいいんですけど隠れられるとヘッドドレスしか見えませんよ?」

京太郎(いや…壁からヒョコッと出てるのも可愛いけど…)

船久保「…で…でもでもでも…ウチのメイド服なんて…得しないやん…?」

京太郎「いいえ」キリッ

船久保「でもでも…どうせウチは…似合わんし…」

京太郎「…そんなんじゃ文化祭は失敗ですよ!船久保先輩!」

船久保「!」

京太郎「練習だと思ってください!さあ!」

船久保(せ…せや…。…練習…練習…練習…)

船久保「お…お帰りなさいませ…旦那様…」ニコッ

京太郎「…なるほど。そうか…船久保先輩はメイド長…ですもんね…」

船久保「な…なんです須賀君!ウ…ウチが…頑張ってるのに…」

京太郎「どうせならただのメイドもお願いします!俺しかいませんし!」

船久保「え…えええ!?」

京太郎「お願いします!」

船久保「しゃ…しゃーないですねぇ…」///

京太郎(やった!完璧っ!)

船久保「あ…あ…。…お…お」///

船久保「お帰りなさいませ!ご主人様!」キャピ

京太郎(…ふむ。今時のメイド喫茶らしい…猫ポーズ…。…しかもそのポーズをとっているのは船久保先輩…。…アリだな。あとはおっぱ…いや多くは望むまい)

船久保「す…須賀君…何か言ってください…」///

京太郎「え?ああ…。…可愛かったですよ。船久保先輩」ニコッ

船久保「あ…あう…あうあうあう…」カァー ///

船久保「す…須賀君の天然ジゴロ!阿呆!」ダッ

京太郎「あっ!船久保先輩!」


<ヒ…ヒロコ…。ソ…ソノカッコウ…?

<セ…センパイ!?ミ…ミントイテクダサイ!

<ケンキュウノシガイガアリソウヤナ!

<イ…イヤァァァァ!!


京太郎(メイド服でいきなり部室を飛び出すなんて…どうしたんだろ船久保先輩?)


fin!



番外編【竜華に膝枕してもらおう】



京太郎「俺見たんです!昨日の帰りに公園で園城寺先輩に膝枕する部長を!だから俺にもお願いします!」

竜華「な…何言うとんねん須賀君…!?」

京太郎「こうなったら!麻雀で勝負です!俺が勝ったら膝枕を!俺が負けたら膝枕を!」

竜華「結局膝枕やん!なんでや!」

京太郎「えーと…負けたショック?」

………
……


京太郎「愛は勝つ!」ビシッ!

竜華「だ…大三元…やて…!?」

京太郎「というわけでお願いします!」

竜華「しゃ…しゃーないかぁ…約束やし…」

………
……

京太郎(…こ…これが夢にまでみた膝枕…!)

竜華「須賀君苦しくない?」アタマナデナデ

京太郎「問題ありません!」

京太郎(し…しかもこのアングルからなら部長のおもちが見放題じゃないか!すばら!)

竜華「まぁ…麻雀頑張ったんやし…労りも必要…やな。ゆっくり休んでええよ」ナデナデ

京太郎(あ…ヤバい…。…頭撫でられて…眠…。…もう少し…おもちを…ぐう…)

竜華「須賀君?…寝てもうた。うふふっ。可愛い寝顔やなぁ」

竜華「…須賀君。マネージャーの仕事。いつもお疲れ様やで」ナデナデ

京太郎「う…ううん」

竜華「ちょ…寝相が悪いんか安定してないんか知らんけど…あ…あんま動かんといて…!髪の毛がくすぐったい…」

京太郎「う…ん…」

竜華「うううう…」

竜華「くすぐったい!くすぐったいて!」モジモジ

京太郎「……ん」ピトッ

竜華「ひゃ!…須賀君!太股触らんといて!び…びっくりするやんか!」

京太郎「すーっ。すーっ」zzz

竜華「…はぁ…」

竜華(…まぁ…今日ぐらいはいつもの頑張りに免じて許したるわ…)ナデナデ

竜華「これからもよろしくな。須賀君」ニコッ


fin!



番外編【好感度MAXの竜華と怜】



京太郎「…ふぁぁぁ。眠…」

バッ

京太郎「うわっ暗っ!なんだ!?」

「だーれだ!」

京太郎「………もう。悪ふざけは止してくださいよ園城寺先輩」

怜「おう…バレた…。なんでやろ…声は竜華やったのに…」

竜華「ウチもおるでー」

京太郎「部長の可能性も考えましたけど…。手が部長より小さかったので…」

竜華「手でわかるんか…」

京太郎「昨日あれだけ「手を繋ぐ手を繋ぐ」と言ってて聞かなかったじゃないですか」ハァ

怜「…ん?昨日?手を繋ぐ…?」

竜華「…………」メソラシ

怜「…竜華?」ジト

竜華「アカン!逃げるで!」ガシッ

京太郎「えっ!?ちょ…うわぁ!」

竜華「なんで昨日デートしたことバラすんや!」

京太郎「え?いや…デートって言うより買い物に行っただけじゃ…?」

竜華「あーもう!」ウガー

京太郎「あと部長!腕掴むの止めてください!その…柔らかい感触が…」ボソボソ

竜華「~っ!」///





………
……


怜「というわけでやね」

京太郎(ま…まさか食堂で捕まって屋上まで連れていかれるとは…)

怜「…昨日は竜華とデートしたん?」

京太郎「デートって言うよりただ買い物の荷物持ちを…」

怜「…はぁー。…まぁええわ。で、ウチが言いたいのは…」

怜「そ…その…昨日竜華と…その…あの…」

京太郎「?」

怜「せ…せやから…今日…は…その…ウチと…その…」///

京太郎「?」

怜「どこか…遊びに…行かへんかなーって…」///

京太郎「今日ですか?空いてますからいいですよ?」

怜「ホンマ!?」

京太郎「うわっ!」

怜(よし…やるで…やったるで…!竜華にだけは負けてられへん!)メラメラ

怜「お…お昼にしよか」

竜華「怜ぃー!」ダッ

怜「あ、竜華」

竜華「ここにおったんやね…。教室におらんからまた倒れたんじゃないかと…」ウルウル

怜「………………」

怜「…ありがと。竜華」

竜華「怜…」




怜「さ。気を取り直してお昼にしよか」スッ

京太郎「…先輩?その箸はなんでしょうか…?」

怜「あーん」

京太郎「なっ!?」

竜華「なっ!?」

竜華「ウ…ウチも!ウチも!これウチ手作りのお弁当や!あーん!」

京太郎「え…えっと…」

怜「えい」←口を開けた瞬間に入れ込む

京太郎「むぐっ」

京太郎「…………」モグモグ

京太郎「美味しいです!…でも危ないから止めてくださ…」

竜華「次ウチやで」←同じく入れ込む

京太郎「はむっ」モグモグ

京太郎「あ、これも美味しいですね。ですけど危険な…」

怜「はい」

京太郎「むぐ」

京太郎(あれ?ループしてないか?)モグモグ


………
……


京太郎「美味しいかったです。なんか…ありがとうございました。ホント二人とも良いお嫁さんになれると思いますよ」

竜華「えっ」

怜「えっ」

竜華「ちゃ…ちゃんと20になったら……そ…そしたら…ウチはいつでも…」ゴニョゴニョ ///

怜「ウ…ウチやって…ちゃんと…その…ご両親にご挨拶を…」ゴニョゴニョ ///

京太郎「?」


fin!



番外編【泉の肌と足と手を褒めて泉まっかっか】



京太郎「あのさぁ二条?」

泉「なんです?」

京太郎「王様ゲームの時に…」

泉「あ…あまり掘り返さんといてください…」

京太郎「悪かったって。ちょっと魔がさしたんだ。…でその時見たけどさ」

泉「な…なな…何を…」

京太郎「いや足」

泉「足っ!?」

京太郎「凄く綺麗な足だった。二条って肌綺麗だよなー。なんか手入れとかしてんの?」

二条「え…ま…まぁ…多少はしてますけど…特殊なことは…特に…」

京太郎「へー。まぁ男の俺にはよくわかんねーけど…」

泉「ま…まぁ…わかっても怖いですけどね…あはは」

京太郎「それにさ」テ ヲ トル

泉(…なっ!?)

京太郎「二条…手も綺麗だな」

泉「そ…そうですかね…?」///

京太郎「しかもスベスベだしな」

泉「すすすす…須賀君!や…やめて!は…恥ずい…」///

京太郎「…よく見たら顔とかも綺麗だよな」ズイッ

泉「っ!」

泉(ち…近っ!顔…須賀君の顔…近っ!)///

京太郎「ん?なんか赤いぞ二条?大丈夫か?」

泉「だ…大丈夫…です…けど…」

泉(というか…綺麗って言われた!?顔が綺麗って!?)

京太郎(ホント肌綺麗だよな…二条)

泉(あわわわわ…)///

京太郎「頬っぺたとかもスベスベだし」ナデ

泉「…………………」プシュー ///

京太郎「あれ?二条?」

泉(ウ…ウチには…刺激が…強すぎますーーー!)パタ ///

京太郎「ちょっ!?おい!二条!?」


fin!



番外編if√【合宿中に怖い話を聞いてトイレに行く途中でお漏らししちゃう竜華】




【ゲスなネタが含まれています】



廊下からスタート。


竜華「ううう……」モジモジ

京太郎「部長?大丈夫ですか?」

竜華「…い…いちおぅ…」プルプル

京太郎「じゃあ急ぎますよ?」

竜華「い…急ぐのはアカン!…そ…その…」///

京太郎「?…まぁ焦らず行きますか」


………
……


京太郎「着きましたよ部長」

竜華「…あう…」モジモジ

京太郎「部長?」

竜華「すっ…!須賀君こっち見んといてぇ!」

京太郎「へ?」

京太郎(その時俺には聞こえた。聞こえてしまった。部長の鼻を啜るグスッという音に紛れて…何か…水が滴り落ちる音がするのを…)

京太郎「部長?」

竜華「い…いやっ!見んといて!見んといてぇぇぇぇ!」シャアアアア

竜華「ぐすっ…いやぁ…いやぁぁ…ひっく…いやぁ…」

京太郎「…………部長」

竜華「す…須賀君…いや…来ないで…見ないで…いやや…」グスッ

京太郎(…床は水浸しだった。部長は恥ずかしさからか濡れるのも気にせず座り込んでしまった。…独特の匂いが辺りを包んだ)

竜華「うわぁぁぁぁん…いややぁ…ぐすっ…いやぁ…」

京太郎(…部長を顔を手で覆ってそのまま泣きじゃくっている。…仕方ない。この歳でお漏らしなんて…誰だって恥ずかしい。…でも)

京太郎「部長。失礼します」

竜華「うぇ…?」

京太郎(俺は気にせず、部長を…所謂…お姫さま抱っこした)

竜華「いやっ!止めてっ!止めて須賀君っ!」

竜華「止めて!汚い…汚いからぁ…」グスッ

京太郎「…たしか自由に使える洗濯機と乾燥機が向こうにあったな…」タッ

竜華「もう止めてぇ!須賀君!ウチもういやや!」

京太郎「大丈夫ですよ」

京太郎「何があっても。俺は部長のそばにいますから」ニコッ


………
……


京太郎「とりあえず…この洗濯機でパジャマの下と…その…下着は洗っちゃってください。俺は…廊下拭いてきますから」

竜華「いやぁ…ウチ…もう…いやぁ…」グスッ

京太郎(俺は…このまま…部長を一人…放っておけなかった…)

京太郎「部長」ダキッ

京太郎「俺は…部長の味方でいますから。ずっと…」ギュッ

竜華「すが…くん…」グスッ

京太郎「行ってきますね」ニコッ


………
……


京太郎「部長」

竜華「…うぇぇ…ぐすっ…」

京太郎「乾くまで何も履いていないのもアレですから…俺のバスタオルですけど。どうぞ」

竜華「ひっく…ぐすっ…うぇぇ…もう…いや…」

京太郎「部長。落ち着くまで…そばにいますから」ギュッ

京太郎(俺はうずくまって泣いている部長を後ろからそっと…抱きしめた)

竜華「ごめん…すが…ぐすっ…くん…ごめん…ぐすっ」

京太郎「俺は…貴女の味方ですよ」ナデナデ

竜華「う…うわぁぁぁぁん!」



こうして竜華ヤンデレ依存√?

fin!



番外編【レギュラーが男湯に】



京太郎「あっー…。極楽極楽ぅ…」

京太郎「しかし…男湯を独り占め出来るのはは素晴らしい!…けど寂しい気もするなぁ…」

ガラガラ

京太郎(ん?向こうの方にある戸でも開いたのか?)

………
……


竜華「しっかしこの浴場広いなぁ」

セーラ「ソウデスネ…」←竜華にシバかれた

船久保「まさか源泉を引いてるとは…しかも何種類かを全部回れる…と」

泉「そこらの温泉もびっくりですね」

怜「…で?ここが最後?」

竜華「みたいやな。突入ー!」ガラガラ


………
……


番台「あ」

番台「女湯と男湯は奥の源泉巡りコースで繋がってますから源泉巡りの際は水着を着用してください…」

番台「っていい忘れたなぁ…ま。いっか。めんどくせーし。知らんし」


………
……


竜華「なんや最初の所と同じつくりやなぁ」

セーラ「ちょっとここの効能とか見てくるわ」スタスタ

京太郎(…なんか先輩の声が聞こえるけど…幻聴だよな。男湯だし)

セーラ「あれ~?表示板はどこやー?」テコテコ

京太郎「ブーーーッ!」フキダシ

京太郎(なんでやねんっ!な…なんでセーラ先輩が男湯にっ!?と…とりあえず隠れよう!)コソコソ


セーラ「ないやん…。まぁええか。竜華ー、怜ー、浩子ー、泉ー。ここ一番広いでー!」

竜華「ええとこ見つけたなぁセーラ」

怜「心地ええわ…」

泉「しっかし…全然人がいませんね」

船久保「そりゃそうや。人が来ない時間を見計らったんやし」

セーラ「せやったんか」

京太郎(な…ななな…なんで男湯に先輩達がいるんだよ!?)イワバノカゲ

京太郎(…部長のおもちすばらっ!…じゃなくて!)

京太郎(これは非常にマズいのでは!?なんとかこっそり抜け出さないと…)

セーラ「誰もいないから泳げるでー」バシャバシャ

竜華「最初の所でも泳いどったやんセーラ」

セーラ「あて!」ゴン

船久保「そういえばあんな形の所にさっきもぶつかりましたね。偶然ですねー」

泉「セーラ先輩危ないからやめてください」

セーラ「問題ないでー」

怜「ウチも泳ぐー」

竜華「あ!こら怜!」

怜「大丈夫やってー。そこの岩場に行くだけやからー」スィー

京太郎(…岩場に行くだけか…。……………って)

京太郎(だ…大丈夫じゃねぇぇぇぇぇ!!)

京太郎(ヤバい…園城寺先輩がこっちに来る!?これは…潜るしかない…!?)

怜「あー…ゆったりやわー」

竜華「怜ー。どうせならみんなで語らおうや」

泉「いいですね」

船久保「先輩もこっち来てください」

セーラ「はいよー」バシャバシャ




京太郎(来るなぁぁぁぁぁ!!)センスイ

京太郎(うわぁぁぁ!みんなが邪魔で抜けられない!)ムニュ

竜華「ひゃっ!ちょ…ちょっと怜!?いきなり太股触らんといてーや」

怜「?触っとらんよ?」

京太郎(や…やっちまったー!)サワ ムニュ

泉「ちょっと船久保先輩!?なんで腰を撫でてるんですか!?」

船久保「自分こそ…いきなり内太股タッチとかなんやねん!」

京太郎(ヤバい!そろそろ息が…!)

怜「なんやセーラ?人のお尻触らんといてー」

セーラ「怜こそ腰回り抱きつかんといてー」

怜「え?ウチの手はここやん」フリフリ

セーラ「え?」

竜華「え?」

泉「え?」

船久保「え?」

怜「え?」

京太郎「……うえっ!ゲホッ!ゲホッ!危ねぇ!死ぬところだった!あー…三途の川が見えた!危ない危ない…」ザパッ

竜華「」

怜「」

セーラ「」

泉「」

船久保「」

京太郎「あ」

京太郎(………………死ぬ前に言っておこう)

京太郎(…全員…すばらっ!)

みんな「きゃああああ!変態ぃぃぃぃ!!」ブン

京太郎「みぞおちっ!!」


fin!



番外編【泉と京ちゃんの手が強力接着剤でくっついちゃってとれないよ!!(恋人つなぎ)】



京太郎「ア○ンアールファ!」

泉「ど…どうしたんですか須賀君…?」

京太郎「今の状況はそんな感じってことだ」

泉「ま…全く…。…どうしてこんなことに…」

京太郎「悪いな…。丁度文化祭の準備をしてたんだ」

泉「あ…謝らないでください。…いきなり手を取ったウチも悪いですから」

京太郎「で?買い物に付き合えばいいのか?」

泉「そ…そのつもりだったんですけど…その…こ…これじゃ…」///

京太郎「…あ…」カァァ

泉「と…とりあえず…どっかで洗いましょか!」///

京太郎「そ…そうだな…。確か給湯室ならお湯が出るな…」スタスタ


………
……


泉「…………………」///

京太郎「………………」スタスタ

京太郎(あー…なんつーか…気まずい…)

泉「…………………」ソワソワ

泉(な…なんか…話さなきゃ…!)

京太郎・泉「「…あ…あの…!」」

京太郎「あ…悪い…二条」

泉「いえ…す…須賀君からどうぞ…」

京太郎「えーと…に…二条…?」

泉「は…はい…」

京太郎「その…す…好きな食べ物…とか…聞いても…」

京太郎(うぉぉぉぉ!?俺は何を聞いているんだ!落ち着け!いくら場繋ぎでも適当すぎるだろ!)アワアワ

泉(な…なんで好きな食べ物!?須賀君が…つ…作って…くれたり…?)///


………
……

京太郎「な…なるほどー。さ…参考になったわー…」

泉「じゃ…じゃあ…ウチから…」

京太郎「お…おう…」

泉「えぇと…す…須賀君の…好きな…食べ…物…とか…?」

泉(ウ…ウチは何を!?テンパり過ぎです!)アワアワ

京太郎(こっちも好きな食べ物!?に…二条が作ってくれるとかそういう展開!?)

………
……

京太郎「そう言えば…二条…?」ジャバジャバ

泉「あちっ!…な…なんですか…?」

京太郎「あ、悪い!火傷してないか!?」

泉「だ…大丈夫です…」

京太郎「良かった。…二条は買い物の予定があったんだよな?」

泉「はい…。スーパーに買い物が…。…(文化祭のものを作る)材料が必要でして」

京太郎「そ…そうか…。ならこの後ちゃんと買いにいこうな」

泉「お願いします」

………
……

モブ「お…おい!みんな!俺…給湯室で聞いちまったんだけど…須賀と二条さん同棲してるぞ!」

「な…なんだってー!?」

モブ「夕食に須賀の好きな食べ物作る話してた!この後その材料を二人で買いにいくって話を!」

「な…なんだってー!?」

京太郎「ふー。それじゃあな二条」ガラガラ ←買い物帰り

泉「はい須賀君。また後で(部活で)」

京太郎「おう。後でな」

「ざわざわざわ……」

京太郎「?」


fin!



番外編【船Q一人っきりになって寂しがるあまり部員に集合のチェインメール】



船久保「…………………」

船久保「…………………」

船久保「……………部活に誰も来ませんね」

船久保「………なんでや?」

船久保(…ま…まぁ?ウチは?大人な女性を目指すわけですし?皆が来るまでに?何か仕事をしておくとか出来るわけで?)

船久保「……………データでも纏めましょか」

………
……

船久保「………………誰も来ない」

船久保「……さ…寂しくなんか…な…な…ない…で…?」

船久保「………………」スッ


→新規作成

to 須賀君

本文

寂しい


船久保「いやいやいやいやいや」ピッピッ


to 須賀君、部長、園城寺先輩、セーラ先輩、二条泉

本文

このメールを部員に回してください!
全員部室に集合です。
このメールは受信したら部員に回してください。

因みに回さずに止めてしまうと校内ランクが3つぐらい下がると監督が言ってました。


船久保「いやいやいや…これはタチが悪いですわ。止めましょ」ピッ

船久保「あー…。暇ですねー」ピッ

船久保「あっ!?間違えて送信してもうた!?あんなメールを!?しもた!」

船久保「えぇっと…!とりあえずホントに送っちゃったかどうか確認を…!」

船久保「………え?…こ…こここ…ここ…こっち!?こっち送っちゃった!?」///

………
……

京太郎「ん?メールだ?」

from 船久保先輩

本文

寂しい


京太郎「えっ」


fin!



番外編【フナQとかあんなビジュアルと中身でどこ萌たらええねん…って言われてるのを聞いてしまった船Q】



「今年の麻雀部ってレベル高いらしいぜ」

「まぁ強豪校だしな」

「ちっげーよお前。女子の顔のレベルに気まってんだろ」

「ああ…。そういや校内新聞にレギュラー載ってたけど確かに可愛かったな」

「たださ…フナQとかあんなビジュアルと中身でどこ萌えたらええねん…」

船久保「………………」

………
……

京太郎「こんちわー」ガチャ

船久保「っ!」

京太郎「あれ?船久保先輩…今日は早いですね?」

船久保「せ…せや…っく…ねん…。た…たま…には…ぐすっ…」

京太郎「………先輩…?」

船久保「な…なんや…すがくっ…ううっ…」グスッ

京太郎「せ…先輩…?ひょっとして…泣いてるんですか?」

船久保「ちゃうもん…な…泣いてるわけ…ひっく…う…」

京太郎「…何があったんですか?…俺で良ければ聞きますよ」

船久保「すっ…すがく…んっ…う…うぇぇぇ…」ポロポロ

京太郎「…………先輩」

船久保「…ぐすっ…う…ふぇ?」

京太郎「…俺は…先輩の味方ですからね?」

船久保「…う…う…うわぁぁぁぁぁん!!」ダキッ

京太郎「……………」ナデナデ

船久保「……須賀君」

京太郎「はい?」

船久保「………おおきに…」///


………
……

京太郎「……………なるほど」

船久保「…ウチ…そんなに…魅力ない…?」

京太郎「船久保先輩」

京太郎「しっかりしているところ。意外にお茶目なところ。実は寂しがり屋で、でもそんな姿を他人に見せないよう陰で泣いてる…そんなちょっと弱いところ。俺に優しく麻雀を教えてくれるところ…」

船久保「す……須賀君…?」

京太郎「ありますよ。先輩の魅力。…最も俺なんかの評価じゃ心細いかもしれませんけど…」

船久保「…せやね」ボソッ

船久保「…おおきに須賀君」

船久保(…ウチをちゃんと見てくれてる…。…ならそれだけでええわ…。…須賀君は…ちゃんと見てくれてる。それで充分や)

船久保「………ホンマに…おおきに。須賀君」

fin!



【船Qが海でおもち格差にどう思っていたか独白】


<デハオジャマシタノデスヨー
<…サヨナラ ポリポリ


船久保「ご縁があればまたいつかー」フリフリ

船久保「…………」

船久保「…………はぁ…なんかどっと疲れた…」

船久保「……海は楽しかったですけど…須賀君と言ったら永水の人と仲良く遊んでるし、先輩と一緒に遊んでるし…」

船久保「あ、でも追いかけっこはしましたね」

船久保「…にしてもなんやアレ…!永水…!なんやあの胸!詰めとんのか!?」

船久保「何食べたらああなんねん!鶏飯とかか!?」

船久保「それでスク水とかどんだけアピールすんねん!…あ…渡したのウチか」

船久保「……ウチだって頑張ってるのになぁ…ちゃんと栄養とってるし…牛乳とか…あと腕立てとか…」

船久保「……なのに…」ストン

船久保「ううう………」

船久保「……石戸さんとか…半分ぐらい分けてーな…。…肩凝るやろ?辛いやろ?必要ないと思うんやろ?」

船久保「…やっぱり須賀君も…大きいほうが…」

船久保「……………」

船久保「…………あれ?」

船久保「なんでウチ須賀君の評価なんて気にしてるんでしょ?」


fin!



【園城寺怜、愛宕洋榎、荒川憩がいる卓に京太郎が挑戦】



京太郎「というわけで強くなりたいんです!お願いします!」

憩「任せてーぇ!ウチらも練習になるし」

京太郎「え?ウチら?」

憩「まぁまぁ入ってー」

京太郎「え?ああ…はい…」

憩「紹介するわー」

憩「大阪の強豪姫松のエース、愛宕洋榎ちゃん!」

洋榎「せやで!ウチこそ愛宕洋榎!世界最速最強の洋榎と言えばウチのことや!よろしくな!」ババーン

憩「そして同じく大阪の強豪……千里山のエース園城寺怜ちゃん!」

怜「よろしくな須賀君」

憩「ウチらがお相手しますーぅ!」

京太郎「ちょっと待ったぁぁぁぁぁぁ!!」

憩「な…何!?」ビクッ

京太郎「俺が練習試合を頼んだ理由…言いましたよね!?」

憩「個人戦を前に学外の人と打ちたい…先輩達には内緒で………やろ?」キョトン

京太郎「わかってるじゃないっすか!?…だったら園城寺先輩呼んじゃダメですよ!」

憩「怜ちゃん。須賀君に嫌われとるで」

怜「しょっくやわー」ボウヨミ

洋榎「可哀想やろ!この女タラシ!」

京太郎「えぇっ!?」


………
……


憩「ほな始めましょーぉ」

京太郎「よろしくお願いします」

洋榎「ウチが親やな!起家とは縁起がええわ。サイコロころころころころり~」カチッ

怜(…相手は姫松のエースに個人戦二位…頑張らな…!)





怜「リーチ…!」

洋榎「!」

京太郎(先輩の…リーチ…!)

憩(んー。鳴かなアカンのやっけ…。…なら)

憩「カン!」

京太郎(…!?先輩にリーチに暗カン!?…なんで…)

憩「………………」タンッ

京太郎「あ…っ!…ポン!」

憩(…ウチの手じゃ鳴かせられへんような気がしたからなぁ…。カンに頼って正解やったね)

洋榎「なぁー。なぁー?このリー棒立てるんどーやるん?ウチもやりたい!どーやるん!?」タンッ

怜「…いや…立てれば立つやろ?」

洋榎「えっ!?ホンマ!」ビシッ

洋榎「……………立たへんよ」

怜「変やなぁ…」タンッ

洋榎「それ…ロンや」

洋榎「リーチが仇になったなぁ…12000」

怜「……はい」

………
……

京太郎「いよっしゃ!リーチです!」タンッ

京太郎(…良いぞ…!258の三面待ち…裏が乗れば倍満…俺に流れが来てる!)

憩「あ。ロンですーぅ」

京太郎「え?」

憩「タンヤオ三暗刻ドラ3で18000でーす」222555888

京太郎「」

………
……

洋榎「リーチ!」

怜(……………)タンッ

憩「洋榎ちゃんリーチは怖いわー」タンッ

京太郎(…!一発はマズいな…現物)タンッ

洋榎「こい一発!…ってなんでここで北やねん!」タンッ

怜(…………あ。避けられへん)タンッ

憩「じゃじゃーん。実は北を持っとるんやー!」タンッ

洋榎「な…なんやてー!」

京太郎(…スジがあいてるしな…)タンッ

洋榎「ロンや」

洋榎「リーチチートイタンヤオで6400の二本場は7000……裏乗らないんが残念やな」

京太郎「チートイ…!スジとか関係無かったか…」

洋榎「どや?流石やろ?かっこええやろー?憧れるやろー?せやろー。スジ引っかけの洋榎とはウチのことやからなぁ…その気持ちもわからなくはないわー」




………
……


怜「一発ツモメンタンピンドラ1や!3000・6000!」

洋榎「…リーチ一発…か。本領発揮って感じやな」

憩「さっきまでズラせてたんですけどねぇ」

洋榎「え?ズラしてたん?知らんかったわ」

憩「一人だけ協力してくれなくて大変やったんですー。謝ってーなー」

洋榎「すいません……ってなんでやねん!」

憩「ノリツッコミやー!洋榎ちゃんさっすがーぁ」

洋榎「せやろー?…ほな続きやろうやー」

京太郎「…あの…」

洋榎「なんや少年?洋榎ちゃんに人生相談?」

京太郎「いえ。…その…俺飛んだんで…終わりっす…。…続きは…ないっす」

洋榎「………………」

怜「………………」

憩「………………」

洋榎「三麻せーへん?」

怜「それやな」

憩「須賀君お腹空いたーぁ…買い出しお願いしますーぅ…」

京太郎「あーもう!結局こうなるのかよぉぉぉぉぉぉ!!」ダッ

憩「……いやー。面白い子やねぇ」

怜「…あげへんでー」

洋榎「いいツッコミが出来そうな臭いがしたで…。…化ける…!」

怜「あげへんでー」

憩「……怜ちゃんって須賀君のこと好きなん?」

怜「………………へ?」

憩「初の男子部員なんやろ?そこんとこ詳しく聞かせてーなぁ」

洋榎「鍵は閉めたでー」

憩「さっすが仕事が早いことで有名な洋榎ちゃーん!」

洋榎「せやろー?流石やろー?」

憩「さあ」←悪い顔

洋榎「さあさあ」←悪い顔

怜「…あ…あう…あうあう…。…た」

怜(助けてぇぇぇぇ!須賀君ー!!)



fin!



【船Qが従姉妹と遊ぶ】



船久保「ほな。何かしましょうや」

洋榎「言うてもウチらやったら麻雀しかあらへんやん?」

絹恵「あー…サッカー中継やっとるー」チラッ

船久保「…けど麻雀やったら三麻になってまいますね」

洋榎「遊ぶってムズいなぁ浩子」

絹恵「あー…そう言えば作家が昨夏にサッカーしてるっておもろい文章やなー」チラッ

船久保「………………」

洋榎「…別におもろないで」

絹恵「お姉ちゃん。サッカーがしたいです」

船久保「どストレートに来ましたね」

絹恵「ちゃんとカーブも蹴れるわ!」

洋榎「いや、そう言う意味ちゃうやろ…」


………
……


船久保「さぁ始まりました第一回FK対決。キーパーは愛宕絹恵。対して対戦相手は愛宕洋榎。後ろには船久保浩子が控えてます。実況は私船久保浩子でお送りします」

洋榎「ほな…行くで…!」ゴゴゴ

絹恵「止めたる…!」ゴゴゴ

船久保「ほな…FK対決…第一球目…」ピーッ!

洋榎「うぉぉぉぉぉぉ!!タイガーシュートォ!」

船久保「愛宕洋榎選手の豪快なシュートが放たれたぁー!」

絹恵「お姉ちゃん…もうちょっと右上の角とか狙わな」パシッ

洋榎「しょ…初心者には無理やろ…」

船久保「次はウチですね。仇は打ちますんで」

絹恵「こいっ!」

船久保(…さっきプロサッカー選手がFKをどこに蹴るかの統計を纏めて、シュートフォームもトレースしたんや…!簡単には負けへんで!)

船久保「おりゃー!」

洋榎「さぁ船久保浩子選手のシュートが放たれたー!対して愛宕絹恵選手の取った策は…!?」

絹恵「コースはええけど…まだまだ甘い球やなぁ。球威がないで」パシッ

洋榎「……もう終わりにせーへん?微塵も楽しくないわぁ…」

船久保「…全くもって入る気がせえへん…」

絹恵「えへへ…なんかすんません」ツヤツヤ

洋榎「まぁ楽しそうで何よりやけど」



洋榎「ちゅーわけで原点回帰で麻雀するんやけど」

船久保「ウチ…姫松の部室入っていいんやろか…」

洋榎「やっぱし麻雀は4人やからな!あと一人は後輩でも捕まえればええわ」

モブ「先輩こんにちはー」

洋榎「確保や!」

絹恵「堪忍な!お姉ちゃん…言い出したら聞かへんねん!」ガシッ

モブ「へ?」

洋榎「これで四人や!」

………
……

洋榎「ツモ!4300オールや!」

モブ「あ…あう…。飛んでもうた…」

船久保「流石の強さですね…姫松の稼ぎ頭」

洋榎「せやろー?流石やろー?」

絹恵「…………………」

洋榎「…およ?何落ち込んどるん?」

船久保「どうかしましたか?」

絹恵「あ…いや…。やっぱり…お姉ちゃんは凄いなぁ…て。追い付くのにどのぐらいかかるんやろかー…って」

船久保「そんなこと言ったらウチだって三位ですよ…まずは二位に追いつかなあきまへんわ」

洋榎「……絹」

絹恵「………………」

洋榎「…何弱気になっとんのや。来年になったらウチは引退…勿論恭子も…」

絹恵「…………うん」

洋榎「ほな誰がその後姫松引っ張ってくんや?」

絹恵「………え?」

洋榎「あー…そのー…なんや?…うーんと…」

船久保「…期待されてるってことですやん」ゴニョゴニョ

絹恵「え…?ウチが…?…お姉ちゃんに…?」

洋榎「ウ…ウチちょっとお花摘んでくるわ」ソソクサ

船久保(…なんでアンタが照れとんのや。顔真っ赤やんけ)

絹恵「…え…えへへ。…嬉しいなぁ…」

船久保(…こっちはこっちで抑えきれてないし。…この二人は全く…)

船久保(…自分にも同じ血が流れてると思うと…どっちなのか気になりますね…。…どっちでも面倒ですけど)

船久保(…ウチにもこんな相手がいたら…。…やっぱり面倒ですね…)

船久保(…でも…)

絹恵「…えへへ」ニコッ

洋榎「た…ただいま…」マッカ

船久保(…こういうのも悪くないんちゃいます?)

fin!



番外編【怜と竜華に腕枕】



京太郎「先輩。この本を試したいんですが」スッ

竜華「なになに…『麻雀力アップ!~膝枕編~』…?なんやねんこれ」

怜「著書の『Dr.ダイジョーブ』とか言う人も聞いたことないで…」

京太郎「この本によると『他人を膝枕している人間は麻雀力が高い傾向にある』とされてるんです。…言われてみれば…部長とか、あと永水の石戸さんとか…」

怜「ってことで膝枕させてくれ…と。なんやそれ…」

竜華「怪しいにもほどがあるやろ…」

京太郎「そこをなんとか!お願いします!」

………
……

竜華「というわけで」

怜「…いや。おかしいやろこれ」

竜華「…確かに右にウチで左に怜…ってなんやねんこれ」

京太郎「いや…二人同時にやれば二倍の効力が…!と思いまして」

怜「それはないと思うんやけどね…」

竜華「…でも…なんとなく眠くなってきたわ…」

怜「…そもそも須賀君制服やん?ズボンやん?…竜華に比べると柔らかさがないんや。寝れへんよ…」


………
……

竜華「……すぅ…すぅ…」zzz

怜「………くぅ…」zzz

京太郎(…結局寝てるし)

竜華「………う…うん…」ゴロ

怜「…うー…」ゴロ

京太郎(…………………)

京太郎(…寝返りでこっちを向いたせいで…その…おもちがこっちを向いたわけで。…手を伸ばせば…そこにあるわけで)

京太郎(…それにちょっと頑張れば…覗きこめるわけで………いやいやいや!何を考えているんだ俺!)

京太郎(…堪えろっ!耐えろっ!…打ち勝て!自分に…!欲望に!)

怜「…す…須賀君…」

怜「いつ…も……ありが…とう…な…すぅ…」zzz

竜華「すが…くんは…頼…れる…なぁ…ほんまに…」zzz

京太郎「ふ…二人してどんな夢見てるんですか…。褒めたって何も出ませんよ」ナデナデ

怜「…ん…んん…」モゾモゾ

竜華「…みゅ…ん…」モゾモゾ

京太郎(…なるべく動かないでください!耐えられくなっちゃうから!)

………
……

竜華「…ん…ふわぁぁ。…寝てたぁ…」

怜「…うう…?あれ…?ケーキどこや…?…あ…おはよう竜華…」

竜華「怜…?…せや、須賀君が膝枕してくれたんやっけ…」

京太郎「」マッシロ

竜華「な…なんか燃え尽きとるんやけど…」

怜「血の涙流しとるで…」

京太郎(地獄のような天国だった…)


fin!



【怜と竜華に腕枕 リテイク】



怜「須賀君。バンザーイ」

京太郎「えっ?」バンザーイ

怜「ふむふむ…」フニフニ

京太郎「な…なんですか先輩…二の腕なんて触りだして…」

怜「ウチ今眠いんや」

京太郎「はぁ」

怜「せやけど竜華が監督と話しに行ってておらんから…代わりになるものを…と」

京太郎「はぁ」

怜「で…須賀君を見たときなんとなく二の腕が柔らかそうだったんや。というわけでお休み」

京太郎「いや…!待ってください!これって腕枕ってやつじゃないですか!?…だ…大体…横向いたら女の子の寝顔があるなんてそんなすばらなことを…」

怜「…すぅ…すぅ…」zzz

京太郎「って早っ!?」

………
……

竜華「ただいまー」ガチャ

京太郎「あ、おかえりなさい部長」

竜華「」ピシッ

竜華「須賀君…!怜に何したんや…!」

京太郎「誤解ですよ!?」

………
……

京太郎「というわけです」

竜華「…なるほど。…ふむ」フニフニ

京太郎「………部長…?」

竜華「…ウチ監督との話し合いで疲れとんねん。ついでに腕枕の心地が気になんねん。…せやから失礼」ゴロン

京太郎「えっ!?部長まで!?」

竜華「…くぅ…くぅ…」zzz

怜「…すぅ…すぅ…」zzz

京太郎「部長も早っ!?」

京太郎(ひ…非常に困った…)




………
……

怜「ん…むぅ…うぅ…」ゴロゴロ

竜華「んー…むにゃ…うー」ゴロゴロ

京太郎(な…なんか…安定してない感じ?体勢変えようとしてるし…)

怜「…むぅ…すぅ…」ギュッ

竜華「…うぅ…くぅ…」」ギュッ

京太郎(…だ…だだ…だ…)

京太郎(…抱きつかれたぁぁぁぁぁ!!)

京太郎(落ち着け京太郎!気を強く持つんだ!お前なら耐えられる!)

竜華「……んー…」ムニュ

怜「……すー…すー」フニュ

京太郎(…すばらぁぁぁぁぁ!!今なら死んでもいいっ!おもち柔けぇぇぇ!押し付けられてるなんて…時間が止まればいいのに…!)

………
……

竜華「……ん…んにゃ…あ、寝とったぁ」ポケー

怜「んー?…今何時やぁ…?」ポケー

京太郎「あ、起きました?…まだお昼過ぎですよ。13時30分ってところかと…」

竜華「…?」←京太郎に抱きついてる

怜「?」←京太郎に抱きついてる

竜華「…んな…な…ななななっ!?」///

怜「な…ななな…なんでウチら須賀君に抱きついとんの!?」///

竜華「ウ…ウチら…な…何でこないなことになっとるんや!?」///

京太郎「何で…って…先輩達が…」

怜・竜華「「きゃ…きゃあああああ!!」」ドゴッ

京太郎「ぐふっ!?」

怜「りゅ…竜華!?どないしよ!?」アワアワ

竜華「と…怜!…と…とりあえず須賀君から離れなアカンな!」アワアワ

京太郎(…り…理不尽だ…。…でも見返りはちゃんとあったし…。…おもち…すばらっ…!)


fin!



番外編【船Qが京ちゃんとサッカー観戦】


京太郎「しっかし意外でしたよ。船久保先輩もスポーツ観戦とかするんですね」

船久保「いえ…正直に言いますと従妹がチケットくれたから来た…というのが正しいですね。結局試合もデータでしかないですし」

京太郎「…冷めてますねー…。…しかしいいんですかね従妹の人は…日本代表の試合なんてチケット争い激しいでしょうに」

船久保「受け取った時は最後まで「ウチが行く」ってゴネてましたけどね。姉が「用事だからしゃーないんや」って」

京太郎「…まぁそういうことなら楽しみますか」

………
……

船久保(………所詮スポーツなんて…これまでの実績と選手の能力、作戦によるデータ化が可能ですからね。見ても楽しくないですよ)

船久保(…お。ゴール際行った…。……なんで!?)

京太郎「あー…惜しかったですねー。今のシュート」

船久保(なんでや!?あんたデータではシュート成功率75%のハズやろ!?なんでここで外すんや!?)

京太郎「……船久保先輩?」

船久保「阿呆…。左サイド空いとるやろ…なにやっとんねん…!」ブツブツ

京太郎(…お?なんだかんだで見入ってますね?)

………
……

船久保「今の向こうが反則やろ!なんで日本がイエロー取られるんや!」ウガー

船久保「よぅし決めた!よくやったわ!今のシュートは良かったでー!」パチパチ

船久保「あぁぁキーパーなにやっとんねん!?今のは左やてウチでもわかったわ!」

船久保「ええよええよ…いいパスや…!……よっしゃ入った!ナイスアシストや!」

船久保「きゃー!日本!日本!日本!」

京太郎(…ガッツリのめり込んでますね船久保先輩。……お。ナイスゴール)

………
……

<ピピーッ!!


船久保「今どっちや!?試合終了が先か?ゴールが先か?」

京太郎「ゴールだと思いたいですね…」

京太郎「…………3vs2!日本勝った!?」

船久保「いやったぁぁぁぁ!やったで須賀君!」ギュッ

京太郎「よっしゃぁぁぁ!」ギュッ

「そこのカップルさんよぉ!感極まってるのはわかったから抱き合うなら他所でやりな!羨ましい!」

船久保「…え?」///

京太郎「…あ」///

「見せつけてくれるじゃねーか羨ましい!」

船久保「い…いいいい…行きましょ須賀君!」///

京太郎「そ…そうですね!」///


fin!