淡「誕生日ぃ?」

京太郎「そ。確かお前今日じゃなかったか?」

淡「んん…?んー…?」

京太郎「違ったっけ?」

淡「うんむむむむむ…あっ、ホントだ!私今日誕生日だ!」

京太郎「おいおい…本人が忘れてどーするよ…」

淡「いーじゃん別にー。私が祝うわけじゃないんだしー」

京太郎「それはそうだけどな…で?」

淡「『で?』ってなに?」

京太郎「いや、何か欲しいもん無いかって。やりたいことでもいいけどさ。1年に一回の行事なんだ、欲しいもんねだってもバチは当たらんだろ」

淡「んー、欲しい物ねー……ないかも?」

京太郎「へ?何も?」

淡「何も」

京太郎「マジで?」

淡「だってー、やりたい事って言ってもやりたかった事が麻雀だしー、欲しい物って言ってもお菓子ぐらいしかないしー…何かって言ってもねー………ないね!」

京太郎「つまり誕生日プレゼントは要らないと?」

淡「あ、それは何かヤダ!損した気分するもん!」

京太郎「じゃあ何がいいんだ?」

淡「んんんー…そう言われてもなー…何もなー…あ、晩御飯奢ってくれたらそれでいいや」

京太郎「晩飯って…」

淡「どーせキョータロー金欠でしょ?」

京太郎「いや、確かにそうだけど。はっきり言わなくても良くねぇ?」

淡「だったらいーじゃーん、安上がりで済んでさー」

京太郎「別に良いけど…良いけど何かさぁ…」

淡「服とかアクセサリーとかもいいけどさ、やっぱり人間丼一杯のラーメンとかの方が幸せじゃん。温かいしお腹膨れるし」

京太郎「わかるようなわからないような…」

淡「もー、めんどくさいなー。気安い仲で気安いご飯を気安く食べるっ!それ以上の幸せなんて無いの!わかったらほら!早く食べにいこっ!」グイグイ

京太郎「わかったわかった、準備するからちょっと待てって」

淡「んふふー、ラーメンがいいかなー?お茶漬けがいいかなー?あ、ピザもいいなー♪」

京太郎「のっけからお茶漬けはさすがにおかしいだろ…」


カンッ