淡「きょーたろーおっはっよー!」

京太郎「おうおはよう」

淡「んふふーきょーうはいい日だねー!!」

京太郎(予想通りテンションたけーなー)


京太郎「いてっ」

淡「どうしたの?だんじょうび?」

京太郎「…は?」


淡「今日は淡ちゃんバースでー帰ろっかなー!」チラッ

京太郎「いや歩いて帰れるだろ」


淡「いーわーおーぅとーなーりーてー!!」チラッ

京太郎「君が代はそんなにテンション上げる歌じゃないだろ…」





放課後

京太郎「淡ー部室いくぞー」

淡「…………私のことは放っておいてください」ションボリ

京太郎「うわめっちゃいじけてる」

京太郎「ほらほらいくぞー」

淡「…………うん」



京太郎「ほい入れ」

淡「………うう」ガチャ

虎姫・京太郎「「「「「誕生日おめでとう!!」」」」」パーン

淡「あわぁっ!!?にゃにっ!?」ビックー

誠子「淡の誕生日だからさ、パーティーだよ」

尭深「先輩たちにも来てもらったよ」

菫「これは京太郎の発案だ。京太郎に感謝しろよ?」

照「はやく。はやくケーキ」

淡「きょーたろーほんと?」

京太郎「そうだよ。淡こういうの好きそうだし」

京太郎(決して淡のぼっちさ加減に心を打たれたわけではない、多分)

淡「そうなんだ!うわぁ!うわぁ!!」

京太郎「今日の淡はテンションの落差が激しいな」

淡「って誕生日知ってたなら朝反応してくれてもよかったじゃん!」

京太郎「ほらこういうのってサプライズのドキドキでビックリだから」

淡「なるほど!」

京太郎「うわアホだこいつ」

淡「むっ!」

照「京ちゃんはやく。はやく京ちゃん」

京太郎「はいはい今行きますよー。よし淡遊んでないで早くケーキ食べよう」

淡「…うん!」

菫「これは…美味しそうなケーキだ」

誠子「待ち切れませんねー!」

尭深「飲み物の準備は既に」

照「ひょうひゃんのへいひほいひい」モグモグ

淡「ねえきょーたろー」

京太郎「ん?」

淡「……ありがとっ!」

カンッ

なおこのケーキは当然のように京太郎お手製