変なものが見えるようになった。それは何かというと「数字」である。

数字そのものは変でも何でもないのだが、それが妙なことに、人の頭の上に見えるのだ。

気が付いたのは今朝、顔を洗ったあと鏡の中の自分の頭上にぽっかり浮かんだ「0」の数字を見た時。

その後、朝食で親と顔を合わせたり、登校中に道行く人たちを見たりするうちに、

どうやらこの数字はすべての人の頭に浮かんでいて、しかもそれが見えているのは自分だけらしいことが分かった。

ともあれ、数字が見える事は一応受け入れることができたのだが、今度はその数字が何を意味するのか気になり始めた。

沢山の人がいればいろんな数字が浮かんでいるかと思ったのだが、そんなことはなく。

登校中、それなりに多くの人を見かけたが、大概数字は俺と同じ「0」で、たまに「1」の人がいるくらいだった。

(『1』の人は何か特殊な能力の持ち主だったり……なんてな)

そんな取り留めのない空想を巡らせているうちに学校に到着し、教室に入った。

「おはよーさん」

既に登校していたクラスの連中に声をかける。浮かんでいるのは軒並み「0」だった。

どうやらこのクラスは平凡人の集まりであるらしい。そして、その中にいる俺も「0」の平凡人。

「おはよう京ちゃん」

そこへ、背後から平凡な幼馴染の声。

俺は、挨拶を返そうと無造作に振り返り――


          ┏━━┓
          ┗━┓┃
          ┏━┛┃
          ┗━┓┃
          ┏━┛┃
          ┗━━┛

        ,. : : ―――-- 、
       /: : : : : : : : : : : : : ヽ、
        .': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: ,: : : : :{: |: : ,:l: : |: : }: : : : :,
     .': :.|: : :|: :/_j:_/:.!: : |-/、: : : : : :.
     {: : |: : :|イ} }:/}/|: /}/ }:ハ:| : {、: :.
     |: : :、 : 从ィ斧  /  イ斧Y:{: | ヾ}
     |∧: r从:{ Vり     Vリ |∧{
       Ⅵ、 \ :.:.:.:  '   :. 八 リ
       ヽ}`ー、   ` ´  イ
          从}≧=-- く
      ,-r―--イ}     |::〉--―、:、
      / {、::、::::::〈___/::/イ   ヾ
      {- 乂\::、::{  /::イ/:/- 、 ,
      | Ⅵ\:> ∨-<:_//   Ⅵ
      |  /   ¨「__7 ̄´ { /   イ::|
      |  {   /: :∧    /   /:::|
      | 八 /: : : :∧   ,   /_-'」
      |   Ⅵ_:_/ : 〉 /    ,:

――絶句した。

「……」

「京ちゃん、どうかした?」

驚きのあまり固まっていると、咲は怪訝な顔をして、こちら覗き込んできた。

「……ああいや、なんでもない。おはよ」

平然を装って答える。

咲は不得要領の表情だったが、やがて自分の席について本を読みだした。

その様子は、普段の咲と全く変わることはない。

咲がいつも通りである以上、この数字は「普段の咲が持つ、他者に比べてずば抜けている特徴」を

反映しているものと考えるのが妥当だろう。

(咲のずば抜けてる所ねぇ……迷子になる頻度? 

……いや、違うか。あいつの迷子っぷりが、たったの3で済むはずがないし。あと考えられるのは……)

思案の末、結局候補に挙がったのは麻雀と、読書だった。

もしかしたあの数字は、麻雀の実力を数値化したものだとか、あるいは今週読んだ本の冊数だとか、

そういったものを表しているのかもしれない。

しかし、その予想は間違いであることが間もなく判明することになった。

1限目後の休み時間に和と優希を見かけたのだが、二人とも「0」だったのだ。

その一方で、他のクラスの男子に「1」の奴が二、三人いた。

これはどう考えても、数字=麻雀の実力説ではありえない。

ならば有力なのは数字=読書量説かと思い、読書好きが多そうな図書室を見に行ってみれば、

見事に全員「0」で、こちらの説もあえなく潰えてしまった。

(うーん、いい線行ってると思ったんだが、的外れだったかー)

少し意気消沈して教室に戻ると、そこには俺をさらなる混乱に陥らせる事態が待ち構えていた。


――咲の数字が増えていたのである。


「なあ、咲」

「な、なにかな京ちゃん」

「ちょっと聞きたいんだけどさ、お前、この休み時間のあいだに何かあったのか?」


            ┏┓┏┓
            ┃┃┃┃
            ┃┗┛┃
            ┗━┓┃
                ┃┃
                ┗┛
             ____
          ,. : :´: : : : : : : : :`: : . 、
       ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : .、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : \: : \___,
     ': : : : : : : : : : : : :|: : : :|: : |、-:、: : ヽ: :_:ヽ ̄
     /: : : : : : : : : : : : : :l: : : :|: : | ヽ} ヽ: :}: :、 `\
    .': : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : | ,イ、 }从: : 、
    |: : : : : : : : : {: : : : : : :从:{\{ { r、 イ:{、:}\
    {: : : : : : : : : :∨: : : : : : 、` ` : ヾ} 乂__
   ,'|: : : : : : : : : : :∨: : : : : 、\  、   :.:.:.:.: {
   / ',: : : : : : : : : : {^\: : : : :\` :.:.:.:.:.:.    ;
    ∧: : : : : : : : : 乂 \:、_: :\  , ~~ ,
    {  、: : : : : : : r、: :  ̄「`\  ̄       ,
      \__: 、 ∨: 从   ::......___,..イ==- 、
        `ー-_、\ }: : { \    / ̄´:::// `_ヽ::\
       と二二_ヽ ∨、:ミ    /:::::::::::// /  \::\
        /ィ-r、  }:::「'   _/:::::::::::/イ /    ∨:::::.
        ´ ,、 Ⅵ   ,:::|_/ /:::::::::://:,Ⅵ       ∨:::}
          ∧::、 ,:  Ⅵ、   /::::::::::/イ:/ 〉       ∨'

「な、ナニかって、何のこと!?」

「あ、いや。何もなければいいんだけどさ」

「う、うん。何もないよ、ナニもなかったよ」

……謎は深まるばかりである。

その後、数字のことは気になりつつも、手がかりはなく良い考えも浮かばず、

結局何の進展もないまま、放課となったので、俺は部室に向かった。

部室の扉を開け、中に入ると、他の部員はまだ誰も来ていない――

「ん?」

――かと思いきや、部室の一角に数字が浮いている。

近づいてみると、ベッドがこんもりと盛り上がっていた。

浮いている数字は「6」。咲だ。

「おーい、咲ー。寝てんのかー」

「……」

声をかけるも、反応がない。

咲はこちらに背を向けた体勢で横になっていて、顔が見えない。

覗きこむように近づいてみると、髪から覗く耳が真っ赤になっており、

聞こえてくる息遣いが何やら、荒い。

もしかして、熱でもあるのだろうか。

流石に少し心配なので、布団の上から咲の肩をつかんで揺すりつつ、声をかけた。

「おーい、咲。もしかして体調悪いのか? 大丈夫か?」

すると、布団の中の咲はびくりと身を震わせて、


          ┃┗━┓
          ┃┏┓┃
          ┃┗┛┃
          ┗━━┛ < カチッ…
          ┏━━┓
          ┃┏┓┃
          ┗┛┃┃
              ┃┃

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::: \.........`ー、         ゙、
.   / /:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::: \.:::::、::::::\::::::::::::`ー、     ゙、
 /   /:.:.:.:.::::::::::::: 、::::::、::、:::ヾ:、:ヽ::::::ヽ::::、:::::::::_,`>    ゙、      「んっ……あっ」
    i:.:.::.:.:::::: :i.::::::,:゙、:::::゙、::、::::゙、>'ヽ、::::゙、ヽヾ' \      ゙、
___ i:.:.:::::::i ..::::!:::::|ヽヽ:::::| ゙、V::!'´ヽハ::|::::::``ー=-       ゙、
    |:.: ::::|::::::::i:!::::i ,:i;-‐/ |ハ! !i'´ ̄リヽ:、ヾ´ _, -‐ ´     ゙、
-―- ! :::::::::|::::::::::゙、Xゝィノ  ノ     ;;;;;;;;; ゙、|ヽ!          ゙、
    ゙、、:::::::i::::::::::メ、. >,::''´     、 ""  } ___        ゙、
    ゙、、::::::i:::::::::、゙、 i!  ;;;;;;;;    __   /            /
   '´ ゙、::::::゙、、:::::゙、ヽ、 """    し'   /           /
  /  ゙、::::::::゙、ゝ、_:\_            /|         ____
 /     |::/ヽ::::ヽ  ̄ _,、__ _   __ ノ\r-----――'´:.:.:.:.|.|.:.|`ヽ.、
 /     レ / レヽ:: ̄:::::::::::`ヽ       \、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.|.:.:|  ゙、\
゙、      /   ./ `ヽ/リヾ!゛`〉       r'\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.|.:.:|  ヽ ゙、 \
 ゙、ヽ        /       /:.:ヽ、_  /` _,..-‐'ヽ:.:.:.:.:.:.:.://:.:i  \゙、|
  ゙、 ヽ       /        /:.:.:.:.:.:.:.:`ー-<      \:.:.://:.:./ /  \

――なんと俺の目の前で、数字が1増えた。


……本当に何なんだろうか、この数字は。


カン





おまけ


京咲@帰り道


咲「ふーん、人の頭に数字、かぁ。……へんなの」

京太郎「『へんなの』は余計だ。で、はっきり言ってお前の数字が一番謎なんだよ」

咲「私?」

京太郎「そう。他の人は『0』かせいぜい『1』なのに、お前の数字だけやたらでかいんだよ。

     今朝見たときは『3』だったんだ」

咲「ふーん」

京太郎「しかも、お前の数字はなんかどんどん増えてくんだよ。最初の休み時間に『4』になって、

     昼休みに『5』になって、最後の休み時間に『6』になってさ」

咲「え……」

京太郎「んで、放課後の部活の時はさ、俺が来たとき咲はベッドで寝てただろ?

     見たらなんかお前顔赤いし息荒いしで、熱でもあんのかなと思ってさ、

     一応揺さぶって声かけたら、目の前で数字が『6』から『7』に増えて――」

咲「……!」

京太郎「――そんで今に至るって感じなんだが……って、咲?」

咲「~~っ///」

京太郎「???」


もいっこカン

※数字は一日当たりの回数ということでお願いします