穏乃「ささささむいいいいいいい」ガタガタ

憧「そんな格好してたら寒いのは当たり前でしょ」

穏乃「だって朝は良く晴れてたからお昼には暖かくなるって思ったんだよぉ!」ブルブル

憧「天気予報で昼前から寒気が入って午後はいっそう冷えるって言ってたでしょーが」

穏乃「うう~」

ガラッ

京太郎「おーっす。いやー今日は冷えるなー」

憧「ホントにねーってアンタ、それはちょっと厚着しすぎじゃないの?」

京太郎「ああ、これ? いやぁ、丁度いい厚さのやつがちょっと見当たらなくってさー」←大きめのダウンジャケット着用中

穏乃「……!」

京太郎「お、穏乃。お前すごいな、こんな寒いのにその格好――」

穏乃「きょうたろぉおおおお!」ダダッ

京太郎「!?」

穏乃「入れてえぇええええ!」

京太郎「うおっ!? 何なんだいきなり――」

穏乃「うりゃ」ガバッ

京太郎「――ってこら、お前何ジャケットん中潜り込んでんだ」

穏乃@遡上中「もがもが」モゾモゾ

穏乃「んむー!」ジタバタ

京太郎「頭つっかえてんのか……ちょっと暴れんなって、今ファスナー開けてやるから」

ジー

穏乃「ぷはっ」

穏乃「あーあったか~生き返る~」

京太郎「うわーすっげぇだらしない顔」

穏乃「と思ったけどまだ脚寒いなぁ……あっ、そうだ!」

穏乃「ていっ」ピョン

京太郎「っとと……って、ダ●コちゃん人形かお前は」

穏乃@抱き付き中「えへへ~」

憧「……なーにやってんのよあんたら」

京太郎「いやー、何というかカンガルーにでもなった気分だわこれ」

穏乃「あー確かにそうかも」

憧「じゃあ何、シズが子供であんたが母親ってわけ?」

京太郎「おう。『こんにっちは~しっずちゃん♪ わったし~がママ~よ~♪』ってな」

穏乃「えー」

憧「ないわー」

京太郎「そっちから振ってきたんだろーに」

穏乃「あ、どうせなら子守歌歌った方がお母さんっぽいと思う」

京太郎「子守歌ねえ……『ね~んね~ん、ころ~り~よ~、おこ~ろ~り~よ~♪』」

穏乃「……」

京太郎「『し~ずちゃんは~、よいこ~だ、ねんね~し~な~♪』……こんな感じか?」


穏乃「ZZZ…」


京太郎「」
憧「」


カン