アラフォー「あちゃーついに負けちゃったかー(棒読み)これはお祝いしないとね」

アラフォー「あちゃー潰れちゃったかー(棒読み)お酒はまだはやかったね」

アラフォー「あ、丁度こんなところにお城みたいな建物が(棒読み)」



アラフォー「まずズボン脱がして…」

アラフォー「わっ!こ、こんな形なんだ…」

アラフォー「えっとえっと、どうするんだっけ!?」

アラフォー「と、取り敢えず突っついてみよう!」

アラフォー「きゃあ!ピクってした!」

アラフォー「どうしよう…どうしたらいいんだろう…」



アラフォー「えっと、こういう時はなんて言えばいいんだっけ?」

アラフォー「い、いただきます?」

アラフォー「いやいやいや、ちがうちがうちがう」

アラフォー「うん、性的な意味で食べたりなんか……須賀くんが酔いつぶれてるからって……」

アラフォー「…………からって」




アラフォー「…………何やってるんだろうね、私」

アラフォー「いい歳して、十も年下の男の子に本気になっちゃって」

アラフォー「麻雀ばっかりしてたバチが当たったんだろうね」

アラフォー「……めんどうくさい女で、ごめんね」

京太郎「いいですよ。そういう面倒臭いのが好きなんですから」

アラフォー「え……お、起きてたの!?」

京太郎「小鍛治さんは、素敵な人だと思ってるんで」

アラフォー「い、いいの? 27にもなって休日は実家でゴロゴロして、
お母さんにメロン切ってもらうような怠惰な生活なのに……」

京太郎「そういう子供っぽいところ、嫌いじゃないです」

アラフォー「京太郎くん……健夜って呼んで……///」

京太郎「健夜……」

● ● ●

こーこ「っていうのはどうです?」

アラフォー「いい……それ、凄くイイ……!」

京太郎「人をあらぬ妄想の題材にするの止めてくれませんか二人とも」