穏乃「おーい、京太郎!和!早く早く~!」ピョンピョン

京太郎「おー、わかってるぞ~!……和、大丈夫か?」

和「お、思ってた以上にキツいんですね……登山……」ゼェ…ハァ…

京太郎「でもあと少しだぜ?……あ、あれなら手を貸すか?」

和「い、いえ。自分で登りきってこそだと思いますので……」フゥ…ハァ…

京太郎「ん、了解だ(ざ、残念……和とのスキンシップチャンスは簡単には手に入らないか)」トホホ…


穏乃「ほい!とうちゃーく!」

京太郎「おお、高いなぁ……そして流石秋の山、景色が綺麗だぜ!」

穏乃「でしょ?二人に是非見せたかったんだ!」ニッコリ

和「……確かに、これは絶景……紅の……」

穏乃「ああ!レッドカーペット!」

京太郎「言いたい事は分かるけど、それだと別の意味合いになるだろ!」

和「……」ブルッ

穏乃「? どうしたの、和?なんか、顔色が……」

和「いえ、少し肌寒くて……」

京太郎「最低限の防寒具は着てきたけど……汗が冷えちゃったか」

穏乃「あうぅ、無理させちゃったかなぁ?」

和「須賀くん、その……」

京太郎「ん?」

和「先ほどはお断りしましたけど……手、お借りしてよろしいでしょうか?」スッ

京太郎「え?おう、まぁ……?」スッ

ギュッ

京太郎「の、和!?////」

和「……あたたかいです……須賀くんの手……」スリスリ

京太郎「あ、ああ……登ってからポケットに手を突っ込んであっためといたから……/////(これはなんという幸運!ああ、和の手ちっちゃくて柔らかくて……近いから髪から良い匂いが……!)」

穏乃「……ぬ、ぬぅ~」モヤモヤ

トントン

京太郎「ハッ……なんだ穏乃?」

穏乃「……わ、私にも……」チラッ

京太郎「……右手なら空いてるぞ?」スッ

穏乃「ありがとう!」

ギュッ

穏乃「わぁ~!あったか~い!」スリスリ ウェヒヒヒヒ…

京太郎「おう、意外と体温低いな穏乃」

和「……須賀くん、その……良ければなんですけど」モジモジ

京太郎「ん?どうしたんだ?」キョトン

和「身体全体を暖めたくて……その、抱きついても?」

京太郎「!?」

穏乃「あっ、だったら私も!」

京太郎「穏乃まで!?」

和「ダメ、ですか?」

穏乃「京太郎の体温、もっと感じたいかなって……」

京太郎「(お、落ち着け……ふだんならラッキーだと飛び付く所だが、ここは慎重に!)」

ヒュー!

和「ヒャンッ!?」ビクッ ギュッ!

穏乃「寒ッ!?」ビクッ ギュッ!

京太郎「おおう!?」ビビクンッ

和「ご、ごめんなさい須賀くん……寒さで思わず……」

穏乃「わ、私もごめん」

京太郎「い、いや大丈夫だぜ?////(和のおもちが左腕に!穏乃もパッと見無いけど、抱きつかれて分かる……女の子特有の柔らかい膨らみが!……嬉しい、男冥利に尽きる……んだが)」

他の登山客1「……(若いなぁ……)」

他の登山客2「……(羨まけしからん!)」

灼「……(ちくわ大明神)」

他の登山客3「……(誰だ今の)」

京太郎「(めっちゃ見られてて恥ずかしい!これなんて羞恥プレイ!?////)」

和「……(須賀くんの身体、筋肉質で固くて……逞しいです、少し変な気持ちになりますね////)」ドクンドクン

穏乃「……(ずっと、三人でこうしていたいな……大好きな人たちとずっと一緒にいたい……////)」ドキドキ

なお、しばらくこの羞恥プレイ(京太郎のみ)は続いたらしい。

カンッ!!