俺の幼馴染はぽんこつだ。

 本の虫という言葉がよく当てはまっていて、一番の優先順位が読書だ。

 放っておけば一日中でも本を読んでいるし、下手をすれば登下校中にも本を読んでいる。

 ひどい時には昼飯を食べずに外に出て、日向ぼっこをしながら本を読んでいる。

 そしてお日様にやられて寝過ごして、昼食を食べずに午後の授業なんてこともある。

 そのくせお腹が空いているのかしかめっ面で授業を受けて、机に伏しているなんてこともあった。


 「咲。よっ、学食行こうぜ」

 「京ちゃん。これ今日返却日だから読まないと」

 「学食でも読めますよ?」


 そんなだからなんだかんだ言って学食に誘うのはこいつのためだ。

 授業中にお腹を鳴らされちゃたまったもんじゃない。


 「ようこそお姫様」

 「誰が姫だ」

 「カモ連れてきたぞーつ」


 こいつを麻雀部に連れてきたのもこいつのためだ。

 俺以外に友達がいないなんて笑えない。


 「むむむ」

 「咲。登下校中に読むなよ。危ないよ?」

 「もうちょっと」

 「じゃあ、俺の腕に掴まってろよ」


 こうして登下校を一緒にするのもこいつのためだ。

 クラスメイトが事故なんて笑えない。

 距離が近いといい匂いがする。全く色気のないくせにこいつも女の子なんだな。

 「咲ー」

 「京ちゃん」

 「麻雀部に入って一週間だけど、もう慣れた?」


 なんてところで寝てるんだお前は。

 一応、花の女子高生でしょーが。何かあったらどうする。


 「咲ー」

 「京ちゃん」

 「あのな」


 全く、いつだって咲はふらふらする。

 仕方ないから、付き合ってやるよ。


 「咲」

 「京ちゃ……あ、あなた」

 「……やっぱり、いつも通りでいっか」


 むくれるなむくれるな。

 仕方ないから、本当に仕方ないから、一生面倒見てやるさ。



 カン